ここから本文です
哲学日記
泥沼から脱出するまで一気につき進め。休息は泥沼を抜けてからとるものだ。

書庫全体表示

ターン・プッタタート家で出家する(在宅出家の仕方)より引用させていただきます。

 雌鶏はね、卵を温める時しっかり温めるだけで、ヒヨコが生まれることを考えません。雌鶏は自然な方法で正しく卵を抱き、土を引っ掻いたり、卵を抱いたり、向きを変えたり、温めたり冷ましたり、そうすれば、雌鶏が「生まれなさい、生まれなさい」と期待しなくても、ヒヨコは自然に生まれます。ヒヨコが生まれることを期待して、「生まれなさい。生まれなさい」と念じている雌鶏がいれば、それはどうしようもないバカな雌鶏です。

人も同じです。「俺、俺のもの」である期待の考えをしないで、その行動に関わる知性で正しく働いてください。「生まれろ」、「出て来い」、「結果が現れろ」、「手に入れ」、「儲かれ」、「こうなれ」、「ああなれ」というのは、「俺。俺のもの」の話なので苦しいだけです。



 自然の法則で正しくすれば、自然に結果が出て来、期待ですれば散漫になります。簡単な例は、宝くじを買っても期待で精神病にならないで、買ったら買っただけにし、時が来たら当たっているか外れたかを調べます。しかしこういうのが好きじゃない人がいて、買ってくるとバカになって期待し、座って期待し、寝ても期待し、最後には本当に神経の病気になります。



 『幸不幸は神様が作るのではありません。幸不幸は古いカンマによって生じるのでもありません。そして幸不幸の原因はないのではなく、原因はあります。原因は、因果の法則で正しく行動したか、誤って行動したかであり、因果の法則に反した行動をすれば苦が生じ、間違わなければ苦は生じません。因果の法則で間違っている行動するのは、感情が触れた時です。

触がある時は、因果の法則で正しい行動をしなければならない最も重要な時です。

そうすれば苦は生じません』。
 サティをこのようにできれば、家で出家することは、どこのお寺で出家するよりも善いです。

[引用終。文中強調処理は私です]




 目的は抜苦。唯一の正しい行動は、すべての触にサティを入れること。当然難しい、マスターするまで練習あるのみ。因果法則を確信し、結果を思わない。以上!

 人生は実に、かくのごとくシンプルだ。








[関連事項]
サティの実践方法→ヴィパッサナー冥想


(過去記事増補編集再録)

この記事に

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事