ここから本文です
哲学日記
泥沼から脱出するまで一気につき進め。休息は泥沼を抜けてからとるものだ。

書庫全体表示


Vanilla Sky - Intro Scene HD
 1997年のスペイン映画「オープン・ユア・アイズ」はトム・クルーズが2001年「バニラ・スカイ」としてリメイクした。



 オープン・ユア・アイズ(目覚めよ)の真の意味とは?
目覚まし時計の声でないくらいは誰でもわかる。
そんな説明に映画を作ったりはしない。





現実とは「悪い夢」だと気づいた者が「良い夢」を作り出す。
善い夢を見ているのは、悪い夢を見ているよりはましだといえる。

しかし、その両方とも夢に過ぎないと気づいた者は、すべての夢から覚めることを願う。
人生で一番の大事は、善い夢を見ることではなく、
夢から覚めることだ。


ここまでは良い。

せっかくここまで間違わずに正しい道を進んできたのに、大多数の者は次の一歩で大きく踏み外し、あっという間に奈落の底にもろとも転落していく。




「目覚める」とは、結局

苦しい現実を喜んで生きようと自分で決心しなおすことだ

という、アホみたいな結論になる。
賢愚の別なくみんな口をそろえてそういう結論になる。
映画もそういう結論になっている。






なんじゃそらそら!





 夢から覚めることが、単にまた最悪の現実に戻って全力でのめり込むことなんかであるはずないだろう。

ちょっと冷静に考えたらわかりそうなもんだろうに。





「目覚める」とはそんなことではない。


ブッダの教えをよくよく聞けば、
「目覚める」の真の意味がきっとわかる。



(ブッダの感興のことば26・17 より引用します)

見られたことは見られただけのものであると知り、聞かれたことは聞かれただけのものであると知り、考えられたことはまた同様に考えられただけのものであると知り、また識別されたことは識別されただけのものであると知ったならば、苦しみが終滅すると説かれる。

(引用終)




 「目覚める」とは、

見られたことは見られただけのものであると知り、聞かれたことは聞かれただけのものであると知り、考えられたことはまた同様に考えられただけのものであると知り、また識別されたことは識別されただけのものであると知

ることだ。


自然状態の人間は、生まれてから、さあいよいよ死ぬというその瞬間まで、色・受・想・行・識に執着するのが性だから、このブッダの教えをすぐわかる者はもちろん少ない。
しかし、よくよく考えれば、やがてわかることとおもう。

自分から火中に落ちる蛾のように苦に夢中な人間


この記事に

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事