ここから本文です
哲学日記
泥沼から脱出するまで一気につき進め。休息は泥沼を抜けてからとるものだ。

書庫全体表示



 誠実の最も深い意味とはなにか。




 誠実とは、あらゆる瞬間を0から出発し続けることだ。


 型にはまった既成概念を全て捨て、
今ここを生きる。

これが誠実の最も深い意味だ。








 不誠実とはなにか。

 当然今ここを生きないことだが、具体的にいうと、思考の仕方に経済効率を取り入れ、考えの一部乃至全部を過去の型どおりの有り物で代用して済ませること、これが不誠実だ。

 自分の思考を既製品で代用して楽に効率を上げ、得したつもりになってるが、
実際には、
かえって効率を下げ、思考の質も著しく落してる。


しかし、いよいよ死ぬというその瞬間まで、その不誠実が常に自分を傷つけていることに気づかない。











[181201追記]
オスカー・ワイルドの言葉による不誠実と誠実の例。

[不誠実]
Most people are other people. Their thoughts are someone else’s opinions, their lives a mimicry, their passions a quotation.

 ほとんどの人は他の人です。 彼らの考えは他の誰かの意見であり、彼らの生活は模倣であり、情熱は引用です。




[誠実]
Be yourself; everyone else is already taken.

 自分自身でいなさい、
他人の席はすでに埋まっているのだから。



(私訳)


https://philosophy.blogmura.com/buddhism/ ←[にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ]

(過去記事増補編集再録)

この記事に

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事