ここから本文です
哲学日記
泥沼から脱出するまで一気につき進め。休息は泥沼を抜けてからとるものだ。

書庫全体表示

読書の仕方

(ショウペンハウアー みずから考えること 石井 正訳)から引用します。

紙のうえに書かれた思想は、一般に、砂にのこる歩行者の足跡のようなものにすぎず、なるほど、その人のとった道はわかるけれども、その人が道すがら眺めたものを知るためには、だれしも自分自身の眼を用いなければならない

(引用終)






 その著者の足跡を、自分自身の足でできる限り丁寧に一歩一歩たどって歩いてみる。その人になったつもりで
(このつもりを真剣にやることが大事だとおもう)

すると滅多にない事だが、紙のうえに直接書いてなくても、その人が道すがら眺めたに違いないものが、自分の眼に見える瞬間が来る。


この時、一種のヴィパッサナー実践になっているとおもう


これこそが読書の醍醐味だ。


大量の流行本をななめ読みする輩の知るところではない。







https://philosophy.blogmura.com/buddhism/ ←(哲学・思想ブログ)仏教人気ランキング

(過去記事増補再録)

この記事に

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事