気軽に楽しむカウンセリング

わかりやすくて気軽な「色」と「心理」のお話をあなたに!!

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

8月8日は特別な日

北京オリンピックの開会式は

2008年8月8日 午後8時8分にスタートするのだそうな・・・。

昔から末広がりで縁起のいい数字と言われてるそうだけどここまでやる!?と思うぐらいの気合の入り方のようです。

もともと中国では8月8日に生まれた子供は一生お金に困らないと言われているらしいけれど、それに加えて今年はオリンピックも開催される特別な日(中国でオリンピックなんて100年に一度!!と中国の人達もインタビューで言っていた)なので出産予定日の近い中流階級以上の妊婦さんは今日産む努力をするらしい。

「時間がかかりそうなときは帝王切開!!」と妊婦自らがインタビューに答えていました。

今頃は中国の産婦人科はオリンピックを見る暇もなく大忙しなのでしょう。

新感線☆がお気に入り

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

劇団☆新感線にハマってます!!

前から好きな劇団でしたが、人気の劇団なのでなかなかチケットが取れず悔しい想いをすることもたびたびでした。
それがゲキシネ(芝居の舞台を映画のように撮影したものです)をやるようになって、以前見逃した芝居も観れる!! しかも一度観た芝居でもゲキシネを通すとまた違った表情なんかが見れていい感じ。

5月から「メタルマクベス」「SHIROH」とミュージカル仕立てのゲキシネを続けて見て、とどめは新宿コマ劇場での新作「五右衛門ロック」を見てきました。

江口洋介さんや松雪泰子さん等、普段主に映像の仕事をしている好きな役者さんが出ていて、しかもハチャメチャな展開の楽しい芝居!!
堪能しましたー。

いつもは衣装や背景などカラーの仕事に関わることを注意してみるようにしているのに、そんなことを忘れてしまうほど楽しめました。

ひとつだけ、ゲキシネの会場で芝居のときのパンフ販売してくれないかなぁと切に願っています。

効果的な話し方とは?

前回のブログで「話す内容より話し方が大事」と書きましたが、では自分の話し方とは・・・と改めて考えてみました。

私は普段「キャスターっぽい」とか「ナレーターっぽい」話し方だと言われることが多いです。
もともとは声が大きい方でかなり早口でしたが、仕事の時は意識して(多少訓練もして)中低音の声とゆっくりとただしリズムのある話し方に変えていきました。

これは以前のリスクコンサルタント時代のプレゼンにもとても有効でしたし、現在のカウンセラー・アドバイザーとして「相手の話を引き出す」とか「共感を生む」といった話し方のベースになっています。

一方で大人数に対して「場の空気を作る」とか「感動や熱意を伝える」ということは普段の自分とは切り替えていかなければなりません。

その時に私の中で今使っている・参考にしている事を2つご紹介!!


ひとつは統計心理学のバースデイサイエンス。

3タイプに分かれる人の基本分類「人柄重視」「結果重視」「直感重視」に基づいて相手のタイプに合わせて話すという実習があります。
私はこれを相手のタイプがわからない場合でも応用しています。

初対面の相手や通常の挨拶には「人柄重視」バージョンで。
プレゼンや重めのカウンセリングには「結果重視」バージョンを。
商品の良さや熱意を伝えるときには「直感重視」バージョン。

これがなかなか効果的です。


もう一つがコミュニケーションマジック。

相手に感動や驚きをもたらすために、自分は冷静にタイミングを計算をしなければならない。
普通のマジックと違って、観客と会話をしながらどれだけ巻き込んでいけるかがコミュニケーションマジックということです。
(残念ながら私はまだ出来ませんが・・・人のを見ているだけでも参考になります)

この2つのツールを使いながら効果的な話し方に磨きをかけていこうと思います。

話す内容か、話し方か?

このところブログ更新をご無沙汰していました。

書くことがなかったのかというとそんなわけではなくて、とりあえず50タイトル書いたから気が抜けたのか、ただただ自分に余裕がなかっただけです。
情けない・・・。

また、新たな気持ちでがんばります。

さて、先日続けて行ったセミナーでのこと。

最初のセミナーは「デトックスとアンチエイジング」
日本でまだデトックスという言葉がほとんど知られていない時代に、アメリカで学んでこられて関連書籍を16冊も出しているお医者様(いわゆる研究者としては専門家)がスピーカーです。

参加者のほとんどが男性ということもあり、美容関係に偏ることなくわかりやすく話をしていただいた・・・はずなのですが、声の調子が単調で聞き取りにくくあまり印象に残りませんでした。

その二日後に聞いたのは複数企業が協賛した資産運用セミナー。
スピーカーはテレビのキャスターとしてもお馴染みの蟹瀬誠一さんです。
専門家としてではなく一投資家の立場からのお話でしたし、時間は正味1時間ですからたいして深い内容はないのですがやはり話し方がうまい!! おもしろい!!

内容よりまず話し方だ!! と改めて感じた出来事でした。
内容がなければ余計にね。

本の見た目

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

6月も本当に雨の多い月でしたね。
梅雨だから仕方がないとはいえ・・・。

今日も仕事で出かけていたのですが、目的地に着くまでに既にずぶ濡れ。
その後の打ち合わせ中、不快な気持ちがあることは否めません。
本当は大雨の日は外に出ない!!としたいところですが、そうはいかないのが仕事ですね

さて、雨で外に出たくないからというわけではないのですが、先日注文していた本の入荷があってそれを取りに行った時に本のまとめ買いをしてしまいました。 重いのに・・・。

もともと本も本屋さんも大好きで、人と待ち合わせをして10分以上早く着きそうな場合は近所の本屋にブラッと入るのが習慣のようになっています。

同じ時期でも本屋さんによって(たぶん店員の趣味も大いにあると思いますが)平積みにしてある本が違っていて楽しめます。

起業をすると決めてから漫画と小説は封印しているので(ゲームも)買うのはもっぱらカラーの仕事関連かビジネス書なので作家で選ぶなどということはないわけで、大量の新刊書からどうやって選ぶかというと

まず「タイトル」と「装丁」
それから「帯書き」と「ポップ等・書店員のコメント」

タイトルと装丁は言わば本の見た目。
多くの知らない本の中からまず手に取るにはその「見た目」で惹かれないといけません。

帯書きとコメントは口コミに当たりますね。
本を読んだ人・第三者と思われる人からの推薦ですから、見た目が良い上に推薦があればかなり興味をそそられます。
(女性の品格がベストセラーになって少しした後、ミスユニバースで優勝した日本人をレッスンした人の翻訳本には「ドメな品格よりインターナショナルな美女に!!」というようなポップが書いてあって、かなりウケました)

これでパラパラとめくってみて気になる言葉なんかがあれば購入です。

これって私がやっているカラーコンサルでお客様になっていただく流れとほぼ一緒なのですね。
そこで自問自答「私はちゃんと出来ているか?」

まだまだです。がんばります。


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事