気軽に楽しむカウンセリング

わかりやすくて気軽な「色」と「心理」のお話をあなたに!!

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

赤い城 黒い砂

イメージ 1

ブログの背景を変えてみました。良かったら感想下さいね。

久しぶりに「赤い城 黒い砂」という舞台を見てきました。

色の名前のタイトルですがそこに惹かれたわけではなく、
片岡愛之助さん、中村獅童さん、黒木メイサちゃんが主演だったから。

一度舞台をみたいと思っていたけど見たことの無い人たちだったし
原作はシェークスピアで演出も栗山民也さんだったから、期待していたんだけど・・・。

正直ガッカリ&はてな?の舞台でした。(もう終わってるから書いてもいいよね)

所々いいなと思う箇所もあったのに、そのまま物語に入り込むことが出来ない
ジレンマ・・・。

役者さんは悪くないと思うのに何が原因なんだろう。

一つは役者さんの病気降板があったらしいので
(津嘉山さんといういい声の私の好きな役者さんです)
稽古不足もあったのかな?

ラストシーンのいいところで舞台を動かしてるスタッフが見切れちゃう興ざめも
あったし。

あとは脚本の問題かもしれません。

結局良い役者さんだけでも、良い脚本だけでもダメで両方がうまくバランス取れて
いないといけないって事です。

舞台だけでなく何事も・・・でしょうか。

 

HP with VIVIENNE TAM

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

この赤いもの、なんだと思います?


これはヒューレットパッカードのミニノートPCのVIVIENNE TAMバージョンなのです。

もともと、PCって機能重視で色やスタイルにこだわってるのはVAIOぐらいだなぁって
思っていて、ただVAIOは値段が高い・・・。
そんなに機能に差が無いのにスタイルにこだわって高い値段のものを買うのは、本末転倒。

カラーコーディネーターとしては、色は本来の機能にプラスアルファのもの・付加価値で
そのためだけに極端に値段が高くなるのは違うかな・・・と思っています。

でもこのミニノートPCはかわいい上に安かった!!

自宅のPCもノートですが、大きくて重くて持ち歩きには不便だったのでミニノート欲しいな
と思っていたところに、先月の入院で欲しい気持ちが倍増してて見た一時間後には買って
いました!!
ちなみにキーボードも比較的大きくて使いやすさも合格です。

女性達にはとっても好評♪
男性人は「ふーん」みたいな感じですが・・・。

今は外でPC使うのが楽しくてテンションあがってます。
布のケースが汚れやすいので、それだけ気をつけなくちゃ!!!

快挙目前でしたが

何が快挙かというと、センバツで私の故郷岩手県の高校が優勝しそうになったこと。

私が高校生だったはるか昔から、岩手県っていうのは勉強もスポーツもイケてないので
何かが「日本一」とか「全国一」になる(かも)なんていうことに慣れていないのです。

過去の記憶には夏の甲子園一回戦で7回まで大量リードしていたのに9回で大逆転されたとか
そういうことばっかり残ってるんです。

だから、負けて当たり前と思っているところに「いけそう?? いけるかも???」と思うと
花巻東高校は出身高でもないし実家からは遠いので見たことすら無くても「頑張れ!!!」
っていう気持ちになっちゃうんですよね。

今回は決勝戦で負けてしまいましたが、0 -1の惜しいスコアだったし次の夏の甲子園が
楽しみになりました。

高校生ぐらいのときは、精神的なもので大きくパフォーマンスが変わるもの。

今回のセンバツで自信をつけてもらって、少しは「勝って当たり前」の人の気持ちを
味わってみたいところです。

イメージ 1

週末にポルノグラフィティのコンサートに行ってきました。

芝居はよく観にいきますが、コンサートやライブはかなーり昔にコネでチケット取ってもらって
海外アーティストを何回か観にいったことがある程度・・・。

はっきり言ってコンサート素人なのです。

そんな中ポルノグラフィティは何年か前から気になっていて「コンサート行ってみたいなぁ」と
思っていたのですが、もちろん(?)アルバムの曲を全部知ってるとかファンクラブに入っているほど
気合が入っているわけでもなかったのでなかなかチケットが取れず。

今回は、さいたまスーパーアリーナが広かったからたまたまラッキーでチケットが取れたんだと
思います(たぶん)。

年齢層も幅広く、男性の野太い声もたくさん聞こえる中、慣れないながらも3時間のコンサートを
ほぼ立ちっぱなし、歌いっぱなし、踊りっぱなし(!!)で楽しんできました。

久々のストレス発散です!!

ちょっとだけ・・・咽喉は大丈夫か!?とか気にしてましたけど、どうやら大丈夫みたい。
これで全快確定かな!?

緊急入院

先週から今週まで生まれてはじめての緊急入院をしてました・・・。

今まで入院はおろか点滴さえしたことの無かった私ですから、自分が一番驚いちゃいました。

事の起こりは3月5日の木曜日。

夕方ぐらいからなんとなく「ちょっと喉がいがらっぽいなぁ」って思ってはいたのです。
もともと扁桃腺が弱いのですが、いつもうがいとのど飴、ハーブシロップと喉スプレーの4点セットで
のりきれてるから大丈夫だと思っていました。

ところが次の朝、前日よりかなり悪化していて物が飲み込みにくいのです。
それでも「土日の前に薬だけもらいに病院に行っておこう」ぐらいの感覚でだったのですが、
いつもかかりつけの内科に行っても、熱も無い・扁桃腺もリンパも腫れてないしどこが悪いのか
わからない!!!

そこで喉の奥が腫れてる感じがするということで耳鼻咽喉科を紹介されていったところ
「咽頭蓋」が炎症を起こしているということがわかりました。
気管に食べ物とかが入らないように弁の役目をしているあれです、あれ。

かなり腫れてるけど点滴で良くなるだろうと言われたのですが、その病院では経過が
見れないといわれ、またまた紹介状をもらって今度は東京医大へ。

そこで点滴打ってもらって、さあ帰れるぞと思っていたら「即効性のある点滴なのに
腫れが引いてない!! 悪化したら呼吸が出来なくなるからこのまま入院して下さい!!」

えっっっていうか、へっって感じでしたよぉ。
何しろ喉が腫れてる感覚はあるものの、熱もないしだるくもないし他の症状は一切無いんですから。

だからしぶしぶ入院したものの、その後「別の階にいるときに倒れたりしたら処置が遅くなって
死ぬこともあるからこの階から出ないで」と言われた時は本当にビックリしてかるーいパニック
状態です。

自分の状況が把握できてないという感じで、そういう時って普段は考えないようなことを考えたり
するものですね。

とりあえず1日10時間の点滴と24時間呼吸を計って・・・という状態を経て無事に退院してきました。

結局原因はわからずじまいなのですが、いろいろと普段考えないことを考える時間だったという意味
ではいい経験だったかも・・・。
病気はしないのが一番ですが、病気になったときは健康なときにはわからない経験をすることもある
ということですね。

また、明日から頑張って仕事しましょう♪


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事