Romantic Nightlife

地元でぬくぬくしています

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
おはようございます!
出張先の秋田県北部や青森県の観光記事ばかりでジャンル合ってない更新が続きましたが、工事がほぼ完了して戻ってきたので遠征に行ってきました。
素波里や北欧の杜、星の村天文台で撮った画像処理はまだ全く進んでおりませんが(汗
11月中旬からステナビを使って46Pウィルタネン彗星とM45のコラボ撮影計画を練っておりましたが、14日金曜日は行こうと思っていた房総半島の予報がSCW真っ黒、windy真っ白と両極端・・・南から西にかけて暗いのは天城・福島県浜通り地方ですが、天城も予報が芳しくなかったので浜通りを目指す事にしました。

11月10日に星の村天文台で開催されたSさんの天体撮影講座に参加した後、駐車場で撮影した(翌日朝から休日出勤だったので0時頃撤収)時に、今度がっつり撮影でご一緒しましょうと話していたSさんに連絡をとり、天候と空の暗さが良い場所で21時過ぎに合流しましたがあいにくの曇天です。。
SさんとBさんは既に機材展開を終えて晴れるのを待っていましたので、私も展開してみましたが晴れる気配は全くなく雪までちらついて来る始末。。
そんな中、0時頃どん曇りの別の場所からYさんが合流し「晴れるとこ移動した方が良いんでないの?」との一言で協議し、移動賛成3人となり撤収して移動となりました。
Bさんは3台展開した機材の事もあり置き去りとなってしまいました^^;
裏道を駆使して香川県より広いいわき市の端から端へ1時間で移動展開し、1時半頃から撮影開始できました^^
先ずは、ふたご座流星群の極大は少し過ぎていましたが、展開早い固定撮影でタイムラプス用にTAMRON SP15-30mmで800枚撮った中から

イメージ 1
一番明るかった流星
EOS6D-HKIR TAMRON SP15-30mm(F3.2 15mm)
三脚固定 ISO4000 15sec

ふたご座流星群ピーク直後からのタイムラプス(泣

イメージ 2
シリウスの明るさといわき市の明るさが印象的でした(笑

イメージ 3
EOSKissX7-HKIR Apo sonnar T*2/135(F3.2)
EQ5GOTO ISO1600 180sec
痕つきの流星が入ってくれました^^

6時過ぎに撤収を終えて、来年仕事するかも知れない某発電所の様子を表から眺めて湯本にある、さはこの湯(230円)に浸かってからバイパスのPAで8時間近く仮眠と休憩をして、18時頃勿来でラーメンを食べてから最初に行った地に一番乗りして展開していると、前日にBさんの車内にこっそり侵入してビックリさせていた猫が、車の私が見えない側に体当たりして大きな音をさせてビックリさせてくれました^^;
程なくしてBさんが到着しSさんも21時過ぎに到着して、この夜は一晩中無風快晴に恵まれました^^まあ放射冷却で-8℃前後まで冷え込みまして、

イメージ 4
CGXの敷石にしていた煉瓦が凍てついてしまい、剥がすのに苦労しました^^;

イメージ 5
EOSKissX7-HKIR TAMRON SP15-30mm(F3.2 15mm)
CGX赤道儀 ISO3200 15sec×830枚のうち7枚を比較明合成
ふたご座群は翌日に明るめのがそこそこ流れるイメージだったんですが、極大日に時間100個超えの乱射で弾切れ起こしたみたいでした。。

イメージ 7
EOS6D-HKIR Apo sonnar T*2/135(F3.2)
EQ5GOTO ISO1600 240sec×2枚 恒星コンポジット

イメージ 6
240sec×17枚 メトカーフコンポジット

おうし座の分子雲に近い所を早い速度で北上していたので、2枚コンポジットが限界でした。
メトカーフはコラボしていると目がまわりそうです。。

46Pウイルタネン彗星タイムラプス

そして46P彗星を撮り終わってから、車内で主鏡マスク製作の続きで爪押さえのボルトを通す穴を加工して取付て、薄明開始まで1時間を切って時間がないので光軸調整とピント合わせをざっくり合わせで撮影始めようとした所、Sさんが「まだ時間はあります!ゴミ量産するよりもキッチリ合わせた方が幸せですよ^^」と声をかけ、手伝っていただきましたm(__)m
慌てて大事な事を疎かにしちゃダメですよね^^;

イメージ 8
EOSKissX7-HKIR Bkp130OTAW
EQ5GOTO ISO3200 240sec×2枚
主鏡マスクを完成させて撮ったのは38Pステファン・オテルマ彗星です。
2年以上ぶりくらいですかね?久々に日の目を見たbkp君ですが星色強調しすぎて光条が・・・。

そして翌日の日曜は帰宅して大人しく自宅で夜を過ごし、月曜は待ちに待ったカリフォルニア星雲も135mmに納まる構図で撮れる日です!
房総は夜半過ぎから雲が出る予報だったので、久々の天城へ(3年ぶり?)向かいますが、月没が1時半頃なので下道とバイパス縛りで130kmの道程を移動しました。
途中ホムセン・ワークマン・宇佐美のマックスバリューで夜食買い込み・伊東のはま寿司で軽く夕飯を食べながら5時間かけて到着してみると、月夜の平日なのに嬉しい事に先客さんがおひとり様^^横浜からやはり彗星狙いで来られていたSさんです。
銀塩で撮影されていて、去年デジタルでの撮影デビューされたベテランさんでした^^
そして、もうひとかた月没に合わせた2時過ぎに到着と言う計算しつくした時間に登場したのは、あみかんさんです!
忙しく展開されてる所にお邪魔して初めましての挨拶をしまして、その後撮影入ったタイミングで見えざる者の話なんかしちゃってすいませんでした^^;タイミング良く車のドアが閉まった時は心臓止まるかと思いました・・・。
あの広い駐車場で星屋3人での撮影は贅沢でした^^西風強くて大変でしたが(汗

イメージ 9
EOS6D-HKIR Apo sonnar T*2/135(F3.2)
EQ5GOTO ISO1600 240sec
1枚物での処理じゃないとテクがないもので、どうにもなりませんでした。。
がっつりノイズ取ってます^^;


イメージ 10
彗星撮る前に暇なので、bkpでカシオペヤ座のツィーをISO1600-300秒で撮ってみましたが、mpcc3でもゴースト出ますね。。M48接続だとスペーサーリング噛まさないと光路長合わないらしいのでポチりました^^

年内はもう現場での仕事はないので、未処理の画像処理を楽しみ?ながら年越しできそうです^^

追記:天城での46P彗星を3枚で再処理してみました。光害かぶりの補正の塩梅がわからなくゲシュタルト崩壊気味ですが、このエリアを撮った方の画像を参考にしましたがM45の東側とかまだかぶってますかね?・・・
イメージ 11


開く コメント(18)

おはようございます!
ネタは満載なのにノートパソコンの小さいモニターと色再現性がアレで画像処理は全くもって手を付けていません\(^o^)/
25日は24歳のピチピチをお供にまたしても八甲田ロープウェイと酸ヶ湯に行ってきまして、弘前城も初めて行ってきました。22日から23日のドカ雪で景色が一変してました^^
イメージ 1
山頂駅から1mオーバーの新雪を掻き分けて汗だくで樹氷の幼虫を撮りました

イメージ 2
護国神社のもみじが見事な幹っぷりでした

イメージ 3
青森市街や夏泊半島、下北半島も微かに見えました

イメージ 4弘前城は期待に反して〇〇ぼかったです。。(おこられちゃいますね

そして12月2日は3時半過ぎに出発して目指すは乳頭温泉郷の中で一番有名な鶴の湯温泉へ!
鷹巣から田沢湖へ抜けるには国道105号が最短ルートだし、ナビもそう指示するので峠越え区間ありますがなんとかなるだろうと楽観的に進行。
道の駅あにの辺りからブラックバーン、圧雪アイスバーン、ミラーバーンが勢揃いでお出迎えしてくれて嬉しい限りでした\(^o^)/

イメージ 5
薄明開始からだいぶ経った頃にやっと田沢湖畔にたどり着いて、金星と月と朝焼けのコラボ撮影をしまして

イメージ 6
ご来光を拝んでから温泉へ向けて再出発です!

イメージ 7
日帰り入浴は10時からですが、あの佇まいを無人で撮影するには朝しかないと睨んでいた通り、宿泊客の方々が居ないタイミングを見計らって撮影できました^^
日帰り入浴客でごった返す事務所で2番手でお金を払い、混浴露天風呂に2番のり!
最初のうちは男湯状態で20人ほどでしたが、女湯露天風呂や内湯が狭いらしく夫婦や家族、カップルで大賑わいの露天風呂となりました。私はボッチだったので機会作って家族で来てやると誓いました(笑 ちなみに女性はバスタオル巻いて入ってましたよ(*'ω'*)
宿泊は風情と入りたい時に入浴できる本陣が人気みたいですが、
イメージ 8
冬にランプ1個と布団だけでは寒すぎると思われるので、別館の山の宿が良いんじゃないかな?と妄想(追記 囲炉裏があるので大丈夫?みたいです。本館や2号館、新本陣等もあるけど高いみたい^^;

そして、山の宿でやっと食事にありついて(道中コンビニ皆無)
イメージ 9
ご飯おかわり自由なので3杯も食べ、この後出て来た岩魚塩焼きと追加で山芋のとろろをペロリといただきました^^

この後出発してすぐにヘアピンコーナーでスタックしましたが、対策は万全だったので脱出し
イメージ 10

イメージ 11
雪掻いたら落ち葉だらけでした。。そりゃ滑るよ

たつこ茶屋で味噌たんぽ食べたり、たつこ像を撮影したりして帰途につきました。
湖畔で撮影中の人々が途切れるのを待っていると、バッグにスマホを角度調整して立てかけてセルフタイマー撮影しようとしているカップルをはっけん!その人を頼らない努力が気にいったので、撮ってあげました。こっちより、左からの方が駒ヶ岳がバックに入るから良いと思いますよ!って余計な提案したら困惑してましたが(汗

スタックするまでと悪戦苦闘しているドラレコ動画編集してみました。





開く コメント(12)

青森県弾丸ソロツアー

おはようございます!
前回記事から3週間近く経過しましたが、その間に直焦点撮影3回、固定星景撮影1回していました。車検や仕事の資機材取りに会社戻った帰りに星の村天文台行ったり・・・
でも、先週月曜から土曜までちょっとありまして空白の1週間でして画像処理が全然進んでおりません(汗
なので、フレッシュなネタから投下と言う事で昨日18日の観光ネタを。。

0時半頃目が覚めて、仕事・趣味・家族と色々と考え込んでたら気が滅入ってきたのでこりゃイカン!と3時頃にカメラとレンズとタオル抱えて出発!(SDカード入ってなくて一度戻ったのはナイショです
いつもの通勤経路で能代東ICまで出て、黄金崎までは未知の国道101号線を北上し、まずは十二湖に到着!
一番有名な青池近くの駐車場にとめて、まだ夜明け前で人っ子一人いないし熊怖いので、前回撮影後ぐちゃぐちゃにカゴに突っ込んでいたケーブル類を整頓して暇つぶし(笑
空が白んで来てから、ヘッドライト・熊除け鈴・撃退スプレー・クロスレンチは嵩張るので車載ホイールナットレンチを忍ばせて、700mほど歩いて青池へ。
落ち葉や鳥のガサガサ音に((((;゚Д゚))))ガクガクブルブルしながら20分ほど待機しましたが、生憎の曇天なのでこれ以上待っても同じと考え撮影しました。

イメージ 1
晴れていればもっと鮮やかな群青色を拝見できたと思いますが、説明看板によると現代の科学でも何故この池がこのような色になるのか解明されていないみたいです。

イメージ 2
鶏頭場の池を眺めるさすらい氏って感じで撮ってもらった感じがしますが、ぼっち観光なので、ベンチに置いてスマホアプリでリモート撮影です(泣
夜明け直後のこの時期の十二湖は正に貸切り状態なのでオススメですよ^^

イメージ 3
そして計ったかの様に黄金崎の不老不死温泉の営業開始時間直前に到着!
20年ほど前に鰺ヶ沢出張の時に一回来てたんですが、内湯で体を洗ってから服を着て露天風呂へ行かねばならないシステムになっていて面倒でした。
男湯だったのが混浴になっていて、?なんでだろう女湯あるんじゃ混浴には絶対ならんだろうと思っていましたが、宿泊されていた先客と話して謎は全て解けました!
昔はサンセットタイムも日帰り客も入れた記憶があるんですが、今は日帰り客は16時までしか入れません。そして混浴風呂は南側!そうです、夕焼けと海との絶景を見ながら入浴できるのは混浴側だけなのです。聞いた所によると女性は湯浴み着を借りれるらしく、男にはない・・・女性陣が日没して退散するまで男性は出るに出れなかったそうです(笑 ちなみに高い側の女湯から源泉からの湯が流れてくるので、推定35℃くらいのぬる湯なので出るに出れなくても大丈夫そうです(;^ω^)
見られるのが好きな嗜好をお持ちの方は、是非宿泊してみて下さい(爆

9時頃に再出発して、海の駅ふかうらでやっと食料を確保!(能代市街抜けてからはコンビニ皆無でした)
イメージ 4

イメージ 5

酒の肴も購入して、帰宿後堪能しました^^真ん中のは真タラのタラコ醤油漬です。

次に立ち寄ったのは千畳敷ですが、潮吹き岩ってネーミングに興味を示し
イメージ 6
豪快に潮を吹く瞬間撮影するために10分近くカメラ構えてしゃがんでました(汗
この後カメラ濡れちゃう〜ってくらい大きな波が来たのですが、絞り最大で長秒露光したのに白飛びしてました・・・

その後、20年前の出張でお世話になった鰺ヶ沢駅前の某旅館が現存している事を確認し(ここの女将さん豪快な方で、風呂あがりはいつも真っ裸で館内闊歩していました\(^o^)/
そしてばあちゃん亡くなってから暫く飲み食いできないほど落ち込んでいたというわさおに会いに行きまして、
イメージ 7
盛大に吠えられました(汗
元気になったみたいで良かった良かった^^ほんとぶさかわでした(*'ω'*)

この後に岩木山スカイライン行こうと思っていましたが、5日で営業終えたとの事なので竜飛崎に向かいましたが、時間的に18時の夕飯までに帰るのが不可能と判断して五所川原で方向転換。

イメージ 8
はい、八甲田ロープウェイに乗って初雪を堪能しました!
寝そべってローアングルで撮影していたら、ロープウェイ一緒だった北海道からのご夫婦に「大丈夫ですか!?」と声掛けられてしまい、お詫びに夫婦での写真撮って差し上げたら、「プロに撮ってもらえるなんてよかったわね〜^^」と言ってましたが、スマホ撮影だし素人ですが何か?とは言わずに話合わせておきました(爆
小学生の男の子ふたりが半ズボンで走り回っていたりと、賑やかな山頂駅周辺でした^^

イメージ 9
青森市街から下北半島、岩木山まで一望できました。北海道は霞んで見づらかったです。。
この後麓の駅まで下りて山頂方面を臨んでみると、雲に覆われていたので吹雪に見舞われていたと想像します(;^ω^)良いタイミングでした!

イメージ 10
酸ヶ湯の千人風呂に入るのも24年ぶりでしたが、張り紙されるくらい混浴マナーが悪化していたらしく女性は皆、玉石湯(男女別の湯)に入っているみたいでしたが、入り待ちの男共が脱衣場からのスロープに近い湯舟で芋洗い状態で浸かっていました(;^ω^)
でも、矛盾する張り紙もありまして、冷水出る蛇口が3つある所に「この冷水を中心にかけると元気になります」と。いやいや、混浴風呂で元気にしちゃまずいでしょ(爆
イメージ 11

入浴後に15時まで営業の喫茶コーナーに滑りこみセーフで間に合い、ソフトクリームを食べながら70代と思われる店員のお姉さんと酸ヶ湯の変遷と今年の塩害による紅葉の色づき不良についておはなしして、帰途につきました。

さあ満月期に向かって、ネタは山ほど抱えているので処理頑張ります\(^o^)/


開く コメント(12)

おはようございます!
昨日は日曜で休みで3時頃目覚めてしまい、外を見てみると雨止んでる!?
ってな訳で紅葉と水面を前景にした星景タイムラプス向きの場所でテスト撮影しました。
道路端なので街灯があり影響あるか心配しましたが、ヘッドライト攻撃もさほど影響ないみたいなので、晴れで風なくガスもなく月明かりの威力が小さくなった頃に本番撮影してみたいと思います!終盤暗くなってきた時に、実は雨降ってます^^;

その後ちょっと時間早過ぎだけど、牧場の朝は早い!ってイメージあるので、薫さんが話通してくれている薫さん(男性)に挨拶しに行きましたが、
イメージ 1

イメージ 2
羊たちしか居ませんでした(笑
暫くじっとしていて手を叩いてみると、寄ってきました^^
とりあえずまだ時間が早いので、一旦宿へ戻って昼前に再出撃しましたが、日曜はお休みだそうです。。平日は仕事だから来れないんだよな〜・・・。

イメージ 3
展望台から東方向

イメージ 4
西

イメージ 5

イメージ 6

広大で良い感じでした^^
光源もなく周囲は小高い山や木々で囲まれているので、ガスさえ湧かなければ絶好の星景撮影ロケーションです\(^o^)/
この後、素波里神社を参拝し
イメージ 7

イメージ 8
不動滝を見に行って

イメージ 9
イメージ 10
ダムサイトを通って素波里園地へ向かいます

イメージ 11
白神ラーメン→ホゲットジンギスカン→だまこ餅鍋→白神ラーメンときたので
馬肉うどんをいただきました!ふきの煮付とおしんこも美味しかったです^^
4時間近く居座ってしまいましたが(薪取りに実家行ってくるから待ってて言われたのもありますが)パートのおばちゃんや営繕・冬場の雪下ろしを頼んでるおっちゃん(ライバル?)とも楽しくお話して親睦を深められたので良かったかな^^
雨が止むのを待って

イメージ 12

イメージ 13
もみじがちょうど良い色づき加減で、対岸には雨の日に現れる滝も出現!

イメージ 14
秋田北部・藤里町の人限定の婚活パーティーが3日に開催されるみたいです。
16時過ぎた頃に3日お願いしますとお願いして帰路につき

イメージ 15
峨瓏の滝の木々の色づきを確認して

イメージ 16
前の晩に入浴した時に上着忘れた和みの湯に寄り道して宿へ帰りました。

イメージ 17
藤里町に入る前に国道7号の道の駅ふたつい対面にあるファミマに寄って行かないと色々と困る事になります。
ガススタは能代市や北秋田市含めて24時間営業はここだけでしかも安いです!

https://youtu.be/3L4vBVSMPSY
ドラレコ動画1
https://youtu.be/iOpwwr-XofE
ドラレコ動画2
ドラレコ動画3

イメージ 18
昨日はこの巡回コースを早朝と、昼から夕方にかけて2周しちゃいました(笑
あーちゃーさんお待ちしております!ご安全に!!

開く コメント(16)

こんばんは!珍しくこんな時間にブログ記事書いてます。
夏頃から仕事に趣味にネットに全身全霊かけて走り回っていたら、皆さんが心配されていた通りプルトニウム切れを起こしたらしく、先週木曜あたりからくしゃみ・鼻水・喉の痛み・咳と、熱以外フルコースを満喫していましたが、今朝から急性蓄膿によるとみられる断続的ながら強烈な偏頭痛に襲われて、タイミング悪く朝礼・昼礼の開始直前に発症してしゃがみ込んでいたら強制退場くらっちゃいました(汗
宿に帰って安静にしてなさい!と元請所長に言われて、37kmの道のりを運転していたら完徹遠征後の帰路以上の睡魔に襲われて・・・高速終点から少し先のファミマで緊急PITINして小一時間気絶してました(;^ω^)
午前に耳鼻科で処方された薬が効いてしまったみたいです。注意書き良く読まんとですね。。

21日の日曜は全休だったので、
イメージ 2
この祭りを見に8時40分に宿を出発しました。実は17日にホームセンターへの買い物に出たついでに足を伸ばしてお土産を渡しに薫さんの所へ行ったんですが(付き合い始めたばかりの恋人に会いに行く様ですね^^;)、厨房奥の部屋に居たのをパートさんに呼んでいただいたところ、「私にお客って誰だい?」と面倒臭そうに登場してきましたが、目が合った瞬間笑顔に変わりまして・・・キュンときちゃいましたよ(*'ω'*) 
でもタイムリミット迫っていたので後ろ髪ひかれつつ滞在2分でとんぼ返りしました(泣
イメージ 3
素波里から藤駒へ向かう道で、サル軍団が道路を占拠して退かないのでクラクション攻撃したら、ボス猿に威嚇されました( ̄д ̄) 構ってる暇ないので横をすり抜けましたけど(^^)v

イメージ 4
祭りが始まるまでレストハウスできのこ汁とコーヒーを頂いてましたが、先日プレゼントしたぐるぐる写真飾ってくれてました^^ もうちょっとディスプレイの仕方考えた方が・・・と指摘はしませんでしたよ(汗

イメージ 5
イメージ 6
ギャラリーはほぼ町民の皆さんでして、演舞も地元民、バルーンアートショーと歌まねの翔子さんは北秋田市鷹巣出身みたいで、アットホームな祭りでした^^
午前の部が終わった直後にレストハウスに飛び込んで、社員と二人分の白神ラーメンを注文して食べていると、予想通り次から次へとお客さんが入店。。
戦場の病院の様に忙しそうな薫さんは話する暇なんてなさそうだったので、紅葉狩りに出かけました。

イメージ 7
藤駒岳(駒ヶ岳)黒石沢登山口へ向かう途中の堰堤と紅葉のコラボ

イメージ 8
登山口から15分ほどのトレッキング感覚で行ける田苗代湿原から望む山頂付近

イメージ 9
紅葉真っ盛りを背景に

下山してレストハウスに向かうと、ちょうど16時頃でお客さんもほぼ帰って厨房は洗い物真っ最中だったので30分ほど待っていると、きりたんぽ鍋作るから食べて行きなさいと嬉しいお言葉!しかし薫さんは疲れているし宿も日曜も夕飯ある旨伝えて、コーヒーを頂きながら1時間半ほどおはなしして帰りました。
近くの牧場の管理人に話通してあるから、そこでも時間ある時撮影してみたらいいわよとの事なので、暇みて管理人さんに逢いに行ってロケハンしないとです^^
男性だけど私と同じ名前よ!って言ってたのでどんなおっちゃん?じっちゃん?なのか楽しみです(≧▽≦)

さて開けて月曜未明の2時頃目が覚めて、表を見てみるといつもより濃いガスでがす状態。。でも、風邪の症状も良化してきたし極大直後の月没後にかけてみるか!と出動です。
ところがここ北秋田市は盆地で米代川や田んぼからの湿気に起因する朝霧のメッカなので、北欧の杜行ってもダメでガソリンは警告灯点灯してるけど夜間開いてるスタンド皆無な状況だったので、やみくもに走り回る事ができない事態・・・
グーグルマップで目星つけていた翠雲公園に賭けるしかない!と到着してみると、ガスはあるけど薄いからイケる!!
お手軽な固定撮影なので即展開&撮影始めましたが、月没前から天頂付近が微かに見える程度にガスが濃くなってしまい・・・
ガスまみれのタイムラプスを迷人会トークに貼ったところ、b.s.r-eさんから「26秒くらいのとこに写ってませんか?」と指摘されて元画像確認したところ写ってました!
確かにノートPCのSSD残が1GB切っていて元画像表示するとメモリ不足の為うんちゃらって警告出て見れなかったので、後半の画像は調べてなかったんです(;^ω^)

イメージ 1
2018/10/22 3:50 Canon EOS6D-HKIR TAMRON15-30SP(15mm)F2.8
ISO4000 15sec
Suiun-Park Kitaakita-City Akita pref Japan

リゲルの西に写っているのがそうですが、散在ですね。。
シリウスより明るかったと思われるだけにガスが悔やまれます。。
この後4時40分まで撮影して宿に社員迎えに戻り、4時59分にギリギリ出発時刻前に到着して無事仕事に向かえました\(^o^)/

今週はおとなしくして(抗生物質処方されてるから禁酒)体調万全に復帰するよう、全力じゃなく半力くらいの力加減で頑張っていきたいと思います!


開く コメント(10)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事