Romantic Nightlife

地元でぬくぬくしています

日記

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
おはようございます!
まずは宣伝となりますが、所属させていただいている大阪あすとろぐらふぃ~迷人会の2019年カレンダーが発売されます。
2019迷人会卓上カレンダー
「久遠」〜KUON〜
画像使用数16+1(シークレット)
100mm×150mm 月齢・三大流星群日程入り
専用ハードケース付き

頒布開始時期:10月1日予定(幾分発送は早く出来るかもです)
頒布価格:  500円(税・送別)
すいません送料が上がってきており今年は送料等別になります。
ご希望の方おられましたら、下記の注文フォームからお申込み下さいませm(__)m


今月は月頭から充実したスケジュールを遂行してきておりまして、2日午前0時半出発で5日朝6時に帰着の、「能代現場確認ついでにロケハンと撮影もしちゃう?車中3泊4日の弾丸秋田北部ツアー」を熊に襲われる事なく無事完遂。そして8日土曜日は、「予報良くないけど俺たち星空に飢えてるんだぜ房総ツアー」に参加、10日月曜日は、「日曜に機材車から引き揚げちゃったけど晴れを求めて愛知県の山奥行っちゃおうツアー」をソロで行って来まして、11日火曜日は14時半に帰着して出張先の君津へ移動してから、房総の天体撮影の有名人Sさんと某同好会のNさんの3名での飲み会に参加し、睡眠2時間半の身でしたが19時から22時まで酒を交わしつつ天体談義で盛り上がりました。

まずは房総編ですが、11時半の更新を確認して芳しくない予測ながらも、前日の予測と衛星高頻度動画を比べて予測外れて晴れてたっぽいので、この日関東で一番晴れるかも知れない確率の高そうなあそこへまたしても出発しました。
この日は8月の遠征時3人で貸切だったのとは違い、さすらい、kuuさん、どらごんさん、ykmさん、やまぎりさん(到着順)と5人くらいで合わせて10人くらいのフィーバーでした!
一番乗りした割には、
イメージ 1
車内でこんな工作や、
イメージ 2
車外でも継続して工作していたので

北が晴れてる極軸合わせタイムを逃してしまいました(;^ω^)
北極星周りの雲が薄くなってやっと合わせたのが22時・・・
まあ、新月近い夜だから大丈夫でしょ!と余裕を見せていたのですが、南西から怪しげな雲が近づいてきました。
やまぎりさんが、「すさみ地域突然の強い雨に注意って情報きましたよ!」と教えてくれましたが、いや、それ和歌山です(^o^) いすみ地域っすここ(笑 とツッコミ入れてましたが、ポツポツきたかと思った直後にザー!!!皆慌てて雨養生に奔走しました(;´Д`)
そんな訳で断続的に5回くらい雨の襲来を受けてしまい、1枚7分露光のNGC7331の増し撮りしていた私は撃沈・・・1枚か2枚使えそうな像あったかな?って感じでした。

最初の雨が降る前、この星屋さん大フィーバーな状況に、通りかかった車の人が「今夜何があるんですか?」私「新月近くて晴れそうなのここらだけなんで天体撮影です」通りかかった人「え!新月発生って発表あったんですか!?」うちら一同・・・・・。普通の人には新月って珍しい事象なのですね(汗 それとも新しい月が誕生すると勘違いしたのかも?

2時半頃、このままじゃお土産なし確定してしまう!どうせ7分の間に雲カットインして使い物にならない撮影を続けるより鏡筒ちぇんじ!という事で
イメージ 3
赤緯体と同化してますが、CGXにアポゾナー載せて21Pを撮影しました(笑
実はこの鏡筒チェンジでアクシデント発生しまして、アリ溝締付けネジが緩まない・・・どらさんも応援してくれましたがあきまへん(^_^;) しかしそこへ救世主登場!やまぎりさんが鼻歌混じりでふふふ〜ん♪てな感じで緩めてくれました(脚色あり)
握力55kgでビクともしなかったので、リンゴを潰せるくらい有るんではなかろうか!

イメージ 7
EOSkissX7-HKIR Apo-Sonnar135mmF3.2 ISO3200 light120s

5枚ずつ10枚撮ったんですが、SI8のメトカーフが画像マッチングに失敗で使えず1枚で処理しました。

スカイフラットを撮り、撤収作業終えて出発したのが6時半頃、大原漁港の朝市で朝食を食べてから仮眠して
イメージ 4

ロケハンで2度も進行不可能な道でバックするはめになりつつ帰宅しました。。
イメージ 5

イメージ 6

面ノ木編 coming soon !


開く コメント(14)

おはようございます。
台風21号及び北海道大地震で被災された皆様、お見舞い申し上げます。
一日も早い復旧・復興を願います。

昨日Facebookに投稿した後、ブログもアップした気マンマンでしたが気のせいでした(汗
突然、手待ちで空けてる君津の現場に用事が出来て慌てて出かけて記憶が曖昧になっていた模様です・・・。
先日テスト撮影した直焦点画像とタイムラプス動画の処理がやっと終わりました。直焦点の画像はビヨーン&ノイジーなので大きくするの厳禁です!それとなるべく遠くから眺めましょう(;^ω^)

イメージ 1
NGC7331とステファンの5つ子
2018.9.3 21h30m〜23h09 7/15frame(420s)
ORION U.K. 300mm主鏡 パラコア2 F4.6
EOSKissX7-HKIR(ISO1600)
秋田県山本郡藤里町
ヒストグラムの位置は気にせず5分か6分にして歩留まり上げて枚数稼いだほうが良かったのかも知れませんね^^;

イメージ 2
2018.9.3 19h33m〜23h07 601frame(20s)
TAMRON SP15-30(18mm)F3.2
EOS6D-HKIR(ISO3200)のうちの雲が少なかった撮り始めの一コマ
もうちょっと望遠にして両サイドの木を写らなくすれば良かったんですが、セットする場所が足元不安定で真っ暗な場所なので、安全な駐車場でズームとピントを合わせてテープ固定してから運搬したので^^;タイムラプス動画はトリミングして作成しました。真ん中やや左に写ってる山は駒ヶ岳(藤駒岳)です。

イメージ 3
雲が絶え間なく湧いて流れていた左下が薄くて残念なぐるぐるとなってしまいました。

イメージ 4
寝落ち4時間した後、回収してから月出てるのに肉眼で見えてた天の川を撮ってみました。第二駐車場は道路渡った所にあるので、電線と電柱が残念ですね。。

ちょっと控えめの処理で仕上げてみました。

薄明開始して明るくなるまでタイムラプスにしてみました。月光のゴースト?が途中まで映ってます。

前回の記事で肘折温泉に寄り道した事を報告しましたが、その後に台風の風と寒冷前線通過に伴う横風・雷雨・睡魔に襲われ、朝6時帰着となってしまいました。
0泊4日の遠征は暫くしたくありません(ノД`)・゜・。





開く コメント(16)

おはようございます!
非常に強い台風21号が本日、四国・関西・北陸を通過して日本海を進む予報です。進路にあたる所にお住まいの皆さんくれぐれもご用心そして必要であれば早めの避難を!

尚、今回も記事長いです\(^o^)/

土曜日に月頭の安全祈願を終えてから、君津出張を抜けて帰社帰宅して調整に出していたCGX赤道儀を午後引き取り、娘の誕生日祝いをした直後に爆睡しまして、起床したら仕事の打ち合わせ・現場確認のために秋田県能代市に向かうと決めてたので有言実行と20時に寝て23時半に目覚めましたが、0時半に出発しました。
夜中から明け方の高速はトラックと高速バスが9割で、誰もがキープレフトを守る古き良き時代を思い出しながら順調に7時過ぎには秋田県に入り、母の墓参りしてからロケハン(なんの?笑)に行きました。
男鹿半島、藤里町、森吉の3カ所が能代から近いので候補にしていましたが、男鹿半島は風吹く予測、森吉はまたぎの里なので熟考して藤里町を選んだ次第です。
土曜に地元のホムセンでクマ除けの鈴を探しましたが、ペットコーナーの猫の首輪に着いた鈴しか見つからないので店員のお姉さんに「もっと大きい鈴ないですか?」と聞いたところ「ワンちゃん用ですか?」私「私のです( ̄д ̄)」吹き出されてしまいました(笑 変な性癖持ってる訳では決してありませんからね。。
イメージ 2
北秋田市の鷹ノ巣にあったダイソーで無事ゲットして山へ出発!

イメージ 1
五色湖ですが、ダム管理棟は日曜なので無人・・・ダム管理用道路の外灯が常夜点灯すると予測し却下^^;

イメージ 3
山奥へ進むにつれ川幅も狭く益々綺麗になっていきました^^

イメージ 4

イメージ 5
駒ヶ岳登山口駐車場へ到着。縦走登山のお迎えが1台待機していました。標高782mで吹きっ晒しではないものの、携帯電波ある所まで20km、連続雨量60mmで通行止、熊怖い!という事で却下^^;

イメージ 8
峨瓏の滝をスローで撮ってみました。28mm F22 ISO100 1sec

下山しながら腹減ったなあと時計を見ると14時近く。。東北道の前沢SAでかき揚げそば食べてから飲まず食わずだったので、事前に調べていたレストハウスに寄ってみると、時間が時間なので馬肉ラーメンしか作れないとの事ですが、背に腹は代えられないのでお願いして食べてみると凄く美味しい!!
イメージ 6
代金払いつつ交渉してみると、駐車場使用して良いとのお返事いただきました^^
ゆとりあ藤里ってホテルの温泉が日帰りで入れるので、温泉に浸かって運転の疲れを癒し1時間ほど仮眠してから18時前に再到着。
タイムラプス星景を先にセットして日暮れ頃から撮影開始して巨砲をセッティング。北極星が見え始めたので極軸を合わせようとしていると、1台の車がやってきました。
パートさんから星空の写真撮りに来た人がいると連絡を受けたオーナーのおばちゃんで、駐車場に1個ある外灯をわざわざ消しに来てくれたとの事!でも●●●●な為消す事は出来ませんでした。ラーメン食べただけの一見客にこんなに親切にしてもらって恐縮しましたが更に・・・
「お腹空いてるでしょ?ケンタッキー買ってきたからレストハウス内で食べましょう^^コーヒーも入れるから!」あの、私元々涙もろいんで泣きそうになりましたよ(ノД`)・゜・ ごちそうさまでした薫おばちゃん^^
極軸合わせて撮影準備したりと忙しくなるタイミングでしたが、30分ほどなんでここが星空が綺麗って知ったのか?(グーグルマップと光害マップで探索しました)、とかお互いの身の上話などして、この辺りにはケンタッキーないのはわかっていたので疑問に思い聞いてみると、能代まで買いに行ってくれた模様。。
写真良いの撮れたら送りますねと約束して撮影準備に復帰しました。

極軸を合わせてからBYEで星像を小さく追い込んでからバーティノフマスクを付けて更に追い込もうとすると像が何か変です。考えられるのは一つ、山道走りまくった事による光軸ずれです。夜間屋外での光軸調整は色々と大変なんですよね^^;
調整してからピントを追込み終えると月の出時刻近くになっていましたが、山から顔出すまで往生際悪く撮影していると薄雲襲来・・・。結果3,4枚しか撮れてない気がします。

ここ藤里町は光害マップで暗い空である事を承知で選んだ訳ですが、標高160mなのに浄土平と同じくらい?いや、天の川が北から南へ全部濃厚に見えたので、国内で体験した星空の綺麗さNo.1だと思います!全天低高度まで真っ暗でした(≧▽≦)

タイムラプス機材も撤収し1時半頃出発して能代の現場付近に2時半頃到着し仮眠とってから5時頃フラットを撮ってから現場へ行き、安全教育を受け昼休みにタイムラプス用画像を確認してみましたが、撮り始めの夕暮れは写ってますがその後はダークの様な真っ黒画像が1000枚ほどあるのみ・・・迷人会トークで報告すると小石さんから「バルブじゃなくマニュアルで撮ったのでは?」とのコメントが。調べてみたらその通りだったと思われる物証が(汗 皆さんタイムラプス用撮影の時はモードを再確認しましょうね^^

午後に現場確認と打ち合わせをして現場を15時過ぎに後にして温泉に入ってからレストハウス白神でリベンジです!
まだタイムラプス用画像は確認しておりませんが、巨砲での画像は確認しました。深夜移動→ロケハン→撮影→仮眠→仕事→撮影と言うハードスケジュールでさすがに疲労困憊して、順調に撮影進んでいる事を確認してから車中で仮眠した所、4時間気絶してました(;^ω^) 南中とっくに過ぎて赤道儀はイナバウアー状態で自動ストップ。画像確認すると4枚目からなんか暗いぞ?調べたところ、乾燥空気のホースがテンション掛かって抜けていたので結露していたと推測・・・何やってんだろうねまったく(怒

イメージ 7
ガイドは調整前と比べて格段にRAが安定したと思います^^

イメージ 9
初日のタイムラプスで撮れたのはこんな感じの夕暮れまで。露光1secでインターバル20sec状態になってたからね〜(;´Д`)

イメージ 10
レストハウスをバックに機材満載のハイエースをぱちり。仕事で来たとは思えませんよね(;^ω^)
画像は後日掲載記事書く予定です^^

追記
そのまま帰っても勿体ないので、大潟村を通って男鹿半島を周ってきました。
イメージ 11
八望台からみた二ノ目潟と戸賀湾

イメージ 12
八望台駐車場は広大で外灯ないので、風が強くない夜は絶好の撮影ポイントかもしれませんね!

イメージ 13
道の駅おがにある「東洋一の海岸線にある男鹿のレストラン」って長い店名でブランチ。男鹿の天然甘海老と紅ずわいがにの二色丼を食べました。
イメージ 14
そして同じレストランでデザートに食べた「ぶりっこソフト」
ノーマルなミルクソフトにしょっつるで漬けたぶりっこをトッピングしてあり、甘いソフトに微かなしょっぱさで変化をつけてます(笑
綺麗な施設だったんですが、それもその筈で今年の7月1日にオープンしたばかりみたいです。このレストランのお姉さん美人さんなので、男鹿半島に用事ある方は是非寄ってみて下さい(*'ω'*)

イメージ 15
秋田道を走行して東北道に向かっていると、カーナビがまさかの途中下車を命令してきて国道13号で山形県を縦断させられました(マジ)
疲労回復にちょっと寄り道して肘折温泉にきています^^
台風来るって言うのに何考えてるんでしょうね私(汗

開く コメント(16)

おはようございます!
今年4月に一泊二日で昼神温泉ステイで5年ぶりに家族旅行に行き、旅行のメインはヘブンス園原で満天の星空を見る事!だったのですが、月が大きく月没までは居残れない運営形態だったので、昨秋に出張で福島市行った時に強行撮影で行った浄土平の満天の星と濃厚な天の川をいつか見せてあげたいと思っていたのを実現すべく、例年大型連休は仕事で埋まるのですが、今年は15日から18日まで空いたので行ってきました。
2泊3日の予定で15・16日は福島駅近くのビジネスホテルステイ、夜の天気が芳しくなさそうだったので旅行前日に急遽浄土平から標高で300m下にある秘湯の幕川温泉の宿を17日に私以外の3人予約しました。私は夜通し浄土平なので^^;
私は宿2泊、浄土平でほぼ徹夜、18日夜は仮眠とりながら翌朝3時まで運転の過酷なスケジュールをこなしてきまして、2泊5日総走行距離1460kmと言う結果を残しました(;´∀`)
イメージ 1
初日に世界のガラス館の隣で地ビールソフトクリームを堪能^^

イメージ 2
元祖喜多方ラーメンの源来軒でランチ^^

イメージ 3
五色沼を散策していると、こんな看板が。。

イメージ 4
ホテルにチェックインして夕食を食べに向かう途中、吾妻小富士方面を望む
ちなみに二日目の夕方同じ感じの頃に浄土平行きましたが地獄平でした・・・
その様子はこちらです。



イメージ 5
低温調理法で和牛レバとロースを生に近い味わいで楽しめました^^

イメージ 6
2日目は初日に予約したガラス館でのグラス製作体験をした後、若松で赤べこの絵付けをして終了。この日の夕飯は馬刺し盛合せと冷酒飲み比べで舌鼓^^

イメージ 7
3日目は大内宿に行ってきました。雪積もった頃に写真撮りに来たいです!

イメージ 9
ねぎ1本で食べるねぎそばとイワナの塩焼きでランチ!

イメージ 8
食後のデザートはもちろんソフト^^1人で全部食べてないですよ!後ろの女性は赤の他人です。

17日夜は月没近い時間には晴れ渡り、風も夕方には収まる予報でした^^
ところが、日中に大内宿を観光して幕川温泉に家族を17時過ぎに下ろしてからセッティングに浄土平に上がったところ、平均10m以上時折20m近い暴風が吹いている有様で、テーブルの脚をその辺に転がってる大きい石を重しにして固定し、パソコンや鏡筒はバランス調整だけしたら外して車載して夕飯堪能し終わった頃合いとなった19時頃迎えに行きました。
20時半過ぎに家族を乗せて浄土平に到着しても暴風は吹き荒れたままでしたが、車高の高いハイエースを風よけにして気温7℃台ですが(最低5℃まで下がりました)満天の星空と濃厚な天の川を堪能する事ができました^^
ノートPCの画面を娘に風で閉じないよう抑えてもらい、アポゾナーのピント調整したり手伝ってもらった後、22時半頃に宿へ送り届けて三度浄土平へ・・・
ちなみに宿からも濃厚な天の川は見えてました(;^ω^)
夕方セッティングされてた千葉から来た方は強風で諦めて撤収していき、だだっ広いビジターセンター裏の広大なエリアには、センター真裏に東京から来られていた24インチドブソニアンの方、西端にはその方と数十年来の星友と仰ってた川越からこらえていたPentaxの屈折で撮影されてた方の3人だけ!
とり急ぎタイムラプス撮影のセッティングをして北天の星景で撮り始めましたが、縦構図だったので地上部分が入ってしまい、メイン駐車場を出入りする車のライトや歩く人のライトが入っていたし、福島市街の光害が北東方向低空にあるので、いつもの南天天の川付近に切り替えて撮影したところで事故発生!
突風に煽られて三脚ごとぶっ飛んでしまいました・・・浄土平に轟くところだった私の絶叫は強風で大丈夫でした(;^ω^)
すぐさま確認した所、カメラはペンタ部に小傷ついた程度で動作はしました。出目金レンズもフードに傷がついた程度でレンズは無事でした^^光軸もその後の画像で判断する限り無事だと思います?

イメージ 10
薄明開始後に21P彗星を撮っている状況。この直前まで寝落ちしてたのは内緒です

イメージ 11
赤道儀の三脚は固定皿下に5kgのウエイトぶら下げ、カメラ三脚はぶっ飛んだ後に低アングル撮影モードに変更してウエイト乗せ

イメージ 16
IC1396周辺
EQ5GOTO赤道儀 強風によりノータッチ
EOSkissX7-HKIR Apo-Sonnar135mmF3.2 ISO1600 light180s×37枚
dark12枚 flat32枚 flatdark32枚
SI8でコンポジット、レベル調整、デジタル現像
PSCCで各種調整、強調処理

イメージ 12
21Pジャコビニ・チンナー彗星
EOSkissX7-HKIR Apo-Sonnar135mmF3.2 ISO3200 light120s×37枚
dark8枚 flat32枚 flatdark32枚

撮影予定表だと、はくちょう座の網状星雲を撮るはずでしたが、強風下での無駄なオートガイド調整と家族を宿に送る時に車の盾がないと赤道儀ごとぶっ飛びそうな風だったので、無駄と思い撮影してませんでした^^;
スカイフラットを撮って撤収作業を終えて、7時頃宿に到着して朝風呂に入って朝食を食べさせてもらい1時間ほど仮眠してから、

イメージ 13
再度浄土平へ行って、吾妻小富士一周してきました!福島市街や安達太良山方向は雲もなく景色を堪能して

イメージ 14
若松市街に行って会津バーガーでランチした後

イメージ 15
夕方から鶴ヶ城を見学して帰途に就きました。
会津西街道を南下して甲子道路で白河に抜ける直前にあるスパに寄って入浴&夕食&仮眠1時間。再出発するも睡魔に襲われ始めたので黒磯PAで1時間ちょい仮眠して、妻実家の湘南某所に3時に到着しました(;´∀`)

タイムラプスは3回撮りましたが、評判の良かった横構図北天を貼ります。
明るくなるまで撮りたかったんですが、SD一杯で終了してました^^;

浄土平タイムラプス4回目 北天横構図
EOS6DHKIR TAMRON15-30SP(15mm)F3.2 ISO6400 15sec 350枚

タイムラプス用ならJpegで記録すれば32Gでも一杯撮れるので、次回からそうします^^;

開く コメント(22)

夏シーズン遠征2回目

おはようございます!
かなりの方々は盆休みに突入したと思いますが、私は今日から3日間湘南某工場にて三日間通いで工場休止時にしかできない修理対応をしに行きます。
題して「夏の湘南と言ったら海!ビキニ!浜でビール!でも仕事なのねん^^;」
てな訳で、昨日もいつも通り君津某所で仕事ではありましたが、盆休み中の夜の天気が芳しくない予報なので先週末と同じ夷隅市某ダムへ撮影に行ってきました。
前日までのSCWとは打って変わって23時頃まで雲量多い予想となってましたが、そんなの関係ねえ!俺は翌朝5時に宿に帰らなきゃならんからスカイフラット撮って帰って間に合うのは(後述)ここしかねえ!!ってな具合に所長権限発動させて15時に早上がりして(仕事のキリですよ念の為)出発しました。
今回は時間的に余裕あるので亀山ダム経由での下道ルート。亀山ダム近辺で良い場所あればもっと近いんですけどね^^;
途中の分岐でナビ画面にねお丸峠が表示されていましたが、タイムラプス撮る都合上やはり某ダムだよねとスルーしました。。
セッティング終わって暫くまではフィッシャーマンが居たのですが、薄明終了前頃からは定番のぼっちです。ZARDのMVを流しながらビールを飲み北極星出現を待ちます^^
しかしながら、到着時は青空の領域の方が多かった空はかなりの雲量に・・・しかも定番の北極星近辺だけ朝潮のように雲が土俵上に残り続けまして、小一時間ヨダレ垂らしながら寝落ちしてました(汗
全て整ってからタイムラプス撮影を始めて直焦点の対象であるバンビ付近が晴れるのを待っていると、同業の方到着!ぼっちじゃなくなり助かりました^^タカハシMT160、ビクセンSXP、D810Aで撮影されていましたが、ブログは面倒なのでやってないと仰ってました。
その後、13枚程度対象を撮ってましたが高度10度近くまで沈んでしまったのでチェンジしたのは秋のど定番200万光年先のお隣の銀河ですが、構図決まって5分の試し撮りしている最中になんと2度目の寝落ち!!15枚分くらいの時間が目覚めたら経過していました・・・。
撮影途中3人ほどの流星目的の方々とソロで来た流星女子に色々と質問されたので、直焦点撮影について説明して布教活動を精力的にこなしました^^
直焦点撮影の画像処理は仕事と家族旅行終わってから後回しにして、今回はタイムラプス動画とペルセ群の流星コマを^^;
もう少し西に振って撮りたかったのですが、ダムの禁止事項を書いた看板がフレームインするのを嫌った結果です。(暗いから関係なかったかも)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

火星の脇をかすめたの以外は見ておりません!最初のコマはライムラプスの試し撮りに写ってまして、流星観望グループの方によると流星痕も見えたらしいです。。
最後のコマは困った時のコートハンガーの近くの、や座からわし座を貫いてますね^^

2018/8/10 22:27~2:06 616frame time-lapse Canon EOS6DHKIR
TAMRON15-30SP(15mm)F3.2 ISO3200 20sec at Chiba pref Japan

宿帰着時間を守るには4時過ぎには出発する必要があったのですが、フラット撮るには暗いので、移動時にダーク16枚→風呂→助手席シートからドア開放でフラット撮影→朝飯→現場へGOとせわしなかったです(汗

開く コメント(20)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事