全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

私の住んでいる杉塚の区で公民館の立替工事を来年予定されていて、そのために昨年不用品で解体した2階建てのプレハブを再度組み立てることとなりました、
家の近くの土場に置いていたのですが、これを区で持つ共同のの土地に建てることになりました
あくまでも架設ですが、ある程度の強風にも耐ええる基礎でなければなりません
それで木杭に、木の土台にこれに何箇所かアンカーでとめて固定しています
道具に関しては無論コウチャンがあらゆる道具を持ち出しています
職種が多種にわたりますので大工道具や建築の道具、土木の道具やユンボ等一通装備していますので問題ありませんでした、しかし,解体したのが1年以上前で図面もなく、解体した時の写真が何枚かあるだけでした、区から人は出してもらうのですが、あくまでも、この手のプロは誰もいなくみんな作業員1,2に過ぎないのです、
ここでコウチャンの唯一の助け舟は実の兄の存在でした
今年区の役委員をしていて、この組立てに参加してくれていて、補佐的に動いてくれたことです
兄は今年定年しました、、長年機械の設計の仕事をしていましたので、構造については読めるのです、私も、建設機械の修理屋ですので構造から修理してゆきます
兄は設計で私は実務者と言ったところでしょうか
クレーン操作や玉がけ等無論免許もすべてありますので後はするかしないかの問題です
後友達の大工を呼びました、後は中で作業する実務者です、家のまさやくんです
こうして1つのチームを組み組み立ててゆきました
当然全般の安全管理は責任者の私がクレーン操作をしながら見てゆきました

最終的は受けた私が最後まで仕上げて行くのですが、その中でしたことの無い区の人々を使い作業を指示して行く難しさがありました、あくまでもボランティアですのでいつものように強い口調ははけないのでした、しかしつい安全上不適切な場面を見ると声を荒上げてしまいました。

作業はあくまでも集中と真剣勝負、些細な妥協や、おおちゃくは許さないコウチャンです
作業員に怒鳴りつけるのです、
こうして4日間にわたる作業は雨の中けが人も出ずに無事に終了しました

子供のころいつも兄の後を追いかけていたコウチャンですが、久しぶりに兄弟で作業するのもいいもんだなともいました、兄がいなければ作業工程がさらに延びたことと思います

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事