美術工芸『千華』

お茶に関する道具などの紹介です

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全61ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

お天気が良いおかげで 夜には月が綺麗に見えます。
まもなく満月ですね。
 

さて、新宿京王百貨店6階茶室「京翔」にて開催中の『萩焼 兼田 知明作陶展』。


今日は茶碗を3点 ご紹介させて頂きます。
 

イメージ 1
「萩梅花皮茶盌」
 

イメージ 2
「青萩茶碗」
 

イメージ 3
「萩夏茶碗『疾風』」
銘の如く 荒々しさを感じます。
 
写真でお伝えするのが難しいのですが 
梅花皮の美しさ、青萩の優しいブルーグレーの色合い、そして何より 
手にした時の優しく温かい風合い。

兼田先生のお話もとても優しく心地よく感じます。

萩焼の魅力を十二分に感じる事が出来ます会場へ是非お出掛けください。

ホームページ https://art-gallery-chika.com/「千華の友」にて
作家のご紹介もしております。合わせてご覧ください。

東京は初夏の陽気となりました。
強くなってきた陽射しに照らされた樹々の緑がとても綺麗ですね。
 
さて、新宿 京王百貨店6階茶室「京翔」にて

本日より『萩焼 兼田 知明作陶展』が始まりました。


早速 ご紹介させて頂きます。
 

イメージ 1
茶碗、水指、花器、食器など沢山の作品が展示してございます。
 

イメージ 2
会場中央の存在感のある花器
 

イメージ 3
近くでご覧ください。
「萩刀刻花器」
 
スポーツ選手のように背の高い兼田先生ですが 
笑顔で優しくお話してくださるのがとても印象的です。

萩焼の土の温もり、先生のお人柄を感じる事が出来る会場へ是非お出掛けください。

ホームページhttps://art-gallery-chika.com/にて作家のご紹介をしております。
合わせてご覧ください

松本充央陶展

長過ぎたGWも残りわずかとなりました。
リフレッシュ出来た方、
お疲れになった方、
お仕事だった方…

皆様 どの様なお休みだったでしょうか?
 
さて、ご紹介が遅くなりましたが ただ今 京王百貨店6階 「美術・工芸サロン」にて
『松本充央陶展』を開催しております。
 

イメージ 1
今回は通路に面した展示会場ですので
お気軽にご覧頂けます。
 

イメージ 2
「粉引湯呑」
「黒彩釉土瓶」
 

イメージ 3
「黒彩釉楕円鉢」
 

イメージ 4
「白彩釉面取酒次」
「白彩釉面取ぐい呑」
 
元料理人だったと言う松本先生の作品は使いやすく どんな料理にも合いそうです。
そんな作品がとても人気で 毎日たくさんのお客様で賑わっています。

是非、会場で手に取ってご覧ください。

58() 迄開催しております。
※最終日は午後4時に閉場致します。

ホームページhttps://art-gallery-chika.com/にて作家のご紹介をしております。
合わせてご覧ください。
災害の多かった「平成」が終わり 
「令和」と言う新しい時代になりました。
 
1人でも多くの方が「幸」と感じられる様なそんな時代になると良いですね。
 
皆様にお付き合い頂いておりますこちらのブログは
今日で300回になりました。

季節の茶道具を始め 
若手作家の素敵な作品などをこれからもご紹介させて頂きたいと思っております。
宜しくお付き合いください。
 
本日は『令和』に因み 茶室の展示を致しましたので ご紹介させて頂きます。
 

イメージ 1
「柳緑花紅」
当たり前の様な4文字ですが美しさが想像出来ますね。
自然を感じ 美しさを感じ…
心に余裕を持った日々を過ごしたいです。
 

イメージ 2
「令和」の色紙と「梓」が描かれた茶碗
「梓」は新天皇陛下のお印です。
 

イメージ 3
銘「彩鳳」
彩鳳とは5色の羽を持つ美しい鳳凰の事で 鳳凰はめでたい事の前ぶれに現れるそうです。
「令和」のスタートに良いですね。
 
改元を祝い おめでたいお道具で一服の是非お茶をお楽しみください。
 
「令和」最初の展示会となります
『松本充央 陶展』が52日より始まります。

新たな作風で 今年も使いやすく生活に馴染みの良い作品を多数展示致します。
またこちらでも作品のご紹介をさせて頂きたく思っております。

ホームページhttps://art-gallery-chika.com/でもご紹介しておりますので合わせてご覧下さい。

GWいかがお過ごしでしょうか?
 
「平成」が終わろうとしています。

時代の変化の対応力が鈍って来る歳になりましたが  
古き良き文化、新しいものを取り入れる柔軟性も持って 
「令和」の時代も茶道具、工芸品のご紹介をさせて頂きますので
よろしくお願い致します。
 
新宿 京王百貨店6階 茶室「京翔」にて開催中の
『坂井直樹(金工)・八柳隆秋(染色)工芸二人展』のご紹介を本日もさせて頂きます。
 

イメージ 1
坂井直樹「湯のこもるかたち」
斬新なデザインの鉄瓶です。
 

イメージ 2
八柳隆秋「はるかの月」
 

イメージ 3
坂井直樹『「侘び」「錆び」の花器』
鉄の作品ですので 「錆び」という字のネーミングも愉快。
影も楽しめる花器です。
 

イメージ 4
八柳隆秋「blue moon
静かな夜の新月を見ているようで美しいですね。
 
430()[最終日は16:00閉場]迄開催しております。
GW前半のお出かけに是非お立ち寄りください。

作家のご紹介はホームページhttps://art-gallery-chika.com/にて掲載しております。
合わせてご覧ください。

全61ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事