ここから本文です
好き勝手に感想文を殴り書きほざくブログです

書庫全体表示

記事検索
検索

全130ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 1

はコチラ。前回紹介しきれなかった面々も一気に御紹介。

佐藤雅弘
イメージ 2イメージ 3
49話メカ作画のみ
Production I.G出身のアクションアニメーター。今作では主に原画として大活躍。
メカ作画回はメカの破損表現の生々しさが凄い。
他作画及び原画「陸奥圓明流外伝 修羅の刻」攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX等。

入江健司
イメージ 4イメージ 5
2話。                                                ↑キクヒメおやびん姉御
他作画「テニスの王子様」「SAMURAI 7等。

浜名孝行
イメージ 19イメージ 20
5話。                                                ↑ミスターうるち
亜細亜堂、Production I.G等で活躍。アニメーター時代は申し分ない実力者として活躍。デフォルメされたキャラを少ない枚数で動いているように魅せるAプロ調の作画が得意本作及び「メダロット魂では監督補としても作品を支える。
他原画「21エモン」、監督「獣の奏者エリン」「テニスの王子様」等。

古賀誠
イメージ 6イメージ 21
46話のみ。                                         ↑メダロット博士
「MASTERキートン」の項目でも紹介したマッドハウスを代表するアニメーターの一人。
今回は1話から原画に参加。作画回は衝撃の過去回。

関口雅浩
イメージ 7イメージ 8
11話                                                  ↑辛口コウジ、スミロドナッド
IGタツノコ(Production I.G)等で活躍。
他作画「フルーツバスケット」「Serial experiments lain(シリアルエクスペリメンツレイン)等。

宮地聡子
イメージ 11イメージ 12
21話。                                              ↑サケカース
3話から原画に参加。特に21話のすれ違い回は...。
他共同キャラデザ「NOIR ノワール」「MADLAX マドラックス等。

窪敏
イメージ 9イメージ 10
19話
1話から原画に参加。「メダロット魂では最終回39話も担当。
他作画「テニスの王子様」「ふたつのスピカ等。

江森真理子
イメージ 13イメージ 14
47話のみ
眼がすっごいキラキラしてた回。
他作画「今日からマ王!」「満月をさがして」等。

鷲田敏弥(鷲田敏也)
イメージ 15イメージ 16
24話
Debris札幌を率い参加。
他作画「ノエイン」、共同作画「HELLSING(ところともかず)」等。

岡辰也
イメージ 17イメージ 18
3話
他作画「モノノ怪」「墓場鬼太郎」等。

朴炯仁
イメージ 22イメージ 23
6話のみ
かつて「超時空要塞マクロス」作画崩壊を引き起こし視聴者を恐怖のどん底に叩き落としたスタープロを代表する作監。
でも今回はPILGRIM ENTER TAINMENTってスタジオだし、そんな悪くなくね?いやーコレはコレで味わいがあって良いじゃないですか〜。それにクレジットには作画の守岡をはじめ錚々たるメンツがいるので作画は後半から良くなる…と思いきやAパートもBパートもところそころ怪しい箇所があって困惑。
もしかして「ふしぎの海のナディア」における島編・アフリカ編の如く外注先から来たものを森岡たちが修正?謎です(詳しくは「ふしぎの海のナディア」-作画比較③へ)。
メダロットたちも光沢や陰影がなくのっぺりすることも。

「メダロット」は本当に巧いアニメーターがありったけ集まっている作品で、実力のある人が本気でグリグリ動かしつつキメ顔やギャグ顔を炸裂させ個性を楽しませてくれる良い作品でもあります。
それでもこの回だけ妙にガタガタしていたと言いますか。まあこの程度は許容範囲です。本気で地獄だった「マクロス」に比べりゃどうってことありません。

この記事に

イメージ 1

「メダロット」は、1999年〜2000年にかけて世紀末を彩った傑作の一つ。

小型ロボット「メダロット」たちが繰り広げる一瞬の攻防・とにかく熱い物語とバトル!
そこに監督の岡村天斎たちが中心となりアイデアを盛り込んだコメディや家族関係や社会問題やら色々ディープな話もブッこむスタッフたち本気の真剣勝負。

作画陣も信じられないくらい豪勢な面々がBee Train(ビィートレイン)制作の本作に集結。
動き的には基本スライド演出やバンクが多様されるのですが、そこで稼いだ分を重要な瞬間に叩き込む!

またキャラクターの質感にしても、デフォルメされた動かしやすいものだからこそ実力が試された現場でもあります。

松竹徳幸
イメージ 2イメージ 3
52話のみ。↑左から甘酒アリカ、純米カリン、主人公の天領イッキ、メタビー
キャラクター・デザイン、OPの作画も手掛けた名アニメーター。作画でも最終回52話を飾ります。今回は1話だけの参加とはいえメカの重量感や“涙”が輝っていました。また師の中島敦子から受け継いだキャラの可愛らしさと色気。
カラスミさんの肢体もやたら肉感良くてエロかったです。
他作画「逮捕しちゃうぞ(古橋一浩)」、ゲームアニメーションキャラデザ「テイルズオブ」シリーズ、原画「らんま1/2」「NARUTO -ナルトシリーズ等。
「メダロット魂」でもキャラデザ及びEDのみ作画。

鈴木博文
イメージ 4イメージ 5
51話のみ                                            ↑ブラス
メカデザイン及び松竹と共にOP作画、エンディングアニメーションを手掛けた実力派。
本作では主に原画としてメダロット同士が激突するロボトルのアクション面を支える大きな屋台骨に。作画は鈴木も1話のみながら影のタッチ等が良い。
松竹とは「逮捕しちゃうぞ」等でも組んできた仲。
他メカデザ及び原画「R.O.D、キャラデザ及び作画NARUTOシリーズ等。

古川尚哉
イメージ 6イメージ 7
1話
ガイナックス出身。今回は記念すべき1話を飾りメタビーが目覚める瞬間の躍動!
他原画及び作画(ビデオ版から追加されたスタッフとして)「新世紀エヴァンゲリオン」、原画「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEXシリーズ等。

今石洋之
イメージ 8イメージ 9
14話のみ。
ガイナックス出身のハチャメチャアニメーター。金田伊功フォロワー。今回は1話から原画に参加。作画回は作中屈指のドタバタ回。演出・絵コンテ・原画も一部手掛け、とにかくイッキもアリカも仰々しい見栄の効いたポーズで時折妙にリアルな体つきになりハジケまくったキレの良さ・動く動く走る走る。金田的破天荒なアクションを炸裂させやりたい放題遊んでました(褒め言葉)。
メタビーの頭部にあるバレル(銃身)は普段穴がある(バレルブレーキと呼ばれ銃身の過熱を防ぐために穴から生じた熱を逃がす)仕様ですが、今回は動かすことを最重視したためか穴が消えたり出現したり。まあこれだけ動かしてくれるなら穴の一つや二つ問題ないっすね。
他作画「フリクリ、監督「キルラキル」「天元突破グレンラガン等。

守岡英行(神坂公平)
イメージ 10イメージ 11
4話
スタジオコメット、ガイナックス等を渡り歩くアニメーター。
今回はイッキの突き飛ばされ具合からして凄いカリン初登場回から参加。
他キャラデザ及び総作監「まりあ†ほりっく「さよなら絶望先生」シリーズ等。

湖川友謙(藍葉古卯/園田美世/花畑まう/下井草伊井乃弼/小国一和/亥間我子/重塚我子/江塚我子/駅間我子)
イメージ 12イメージ 13
15話。イッキたちの後ろの二人は、天領チドリ、天領ジョウゾウ、右の画像はロクショウ
タツノコからサンライズまで幅広く活躍し、ビーボォーを設立し数多くのアニメーターを育てた大ベテラン。硬質かつリアリティ溢れる作画、色気のある眼差し、重厚な芝居が得意。
今回は「戦闘メカ ザブングル」で鳴らしたデフォルメタッチから切れ味鋭い動きでアクションをキメる良い仕事振り。
ただ作品によってムラが激しく、相性が合うか合わないかで評価が大きく左右される人でも。
アオリ厨。別名義魔。様々なアニメに乱入し異常に浮いた作画で視聴者を困惑させる常習犯。
他作画「伝説巨神イデオン」「銀河鉄道999、原画「科学忍者隊ガッチャマン」等。

さらに原画陣もありえないくらい豪華絢爛。まず、

井上俊之(某、井上俊之、上井敏之)
イメージ 14
OP原画
日本アニメーション界を支えるアクションアニメーターの一人。
今作では原画マンとしてOPに参加。デッカく生きる漢たちと岩の屹立振り!
他総作画監督「電王コイル」、作画「東京ゴッドファーザーズ」、原画「魔女の宅急便」「GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊等。

安藤真裕
イメージ 15
OP原画
格闘アクションにかけて指折りの実力を誇るアニメーター。
飛んで跳ねて回転からの強烈な一撃!今作でも絵コンテ及び原画として活躍。
他作画及び原画「おにいさまへ…」、原画「クレヨンしんちゃん ヘンダーランドの大冒険、絵コンテ及び演出鋼の錬金術師(水島努)、監督花咲くいろは等。

吉成曜
イメージ 16
26話原画
マッドハウスを経てガイナックス、トリガー等の原画で八面六臂の活躍をこなすアクションアニメーター。納期をちゃんと守る方の吉成。メカアクションや戦闘、特に爆発にかけては極度のデフォルメで強烈なインパクトを放つ「吉成爆発」が必殺武器。
今作では1話から原画マンとして腕を振るい、特に26話の覚醒回におけるメダフォースのバンク原画はこの人の仕事。
兄貴の吉成鋼とは「ヴァルキリープロファイル」で共同キャラデザを手掛ける。
他メカ作画及び原画「新世紀エヴァンゲリオン」、原画天元突破グレンラガン等。

板野一郎
イメージ 17
45話原画
サンライズ、ビーボォー、アートランド等、数多の現場で伝説を創った最強アニメーター。
「機動戦士ガンダム」「超時空要塞マクロス」といった作監が過労で倒れ生死の境を彷徨う・スタッフが何人も逃げ出すほどの修羅場を幾度も潜り抜ける。自らも死にかけながら進化を続けニュータイプに覚醒。ミサイルといったありとあらゆる飛行物体を生き物の如く縦横無尽に動かす「板野サーカス」を編み出し日本アニメに革命をもたらした男。
今作でも参加話数こそ少ないものの、自らが主催するスタジオのD.A.S.Tを率いコウジが覚醒するキッカケ&ブルース・ドッグの意地が詰まった45話の傑作回を手掛ける。
他板野サーカスが完成したアクション原画「伝説巨神イデオン」「超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか、作画宇宙の騎士テッカマンブレード等。

磯光雄(原画「ポケットの中の戦争」「新世紀エヴァンゲリオン、監督「電脳コイル」等)、
西尾鉄也(双堂健(キャラデザ及び原画NARUTOシリーズ、原画「フリクリ」等)、
松本憲生(他作画「逮捕しちゃうぞ(古橋一浩)」、原画NARUTOシリーズ等)、
浅野恭司(作画「攻殻機動隊 SAC」、キャラデザ及び総作監「進撃の巨人」等)、
千葉崇明(作画「進撃の巨人」シリーズ、メインアニメーター「ギルティクラウン」等)、
木崎文智(作画「攻殻機動隊 SAC」、監督「バジリスク〜甲賀忍法帖〜」等)、
鈴木卓也(作画及び原画「サムライチャンプルー」、メカ作画「勇者王ガオガイガー」等)、
芳垣祐介(作画及び原画「天元突破グレンラガン」「パンティ&ストッキングwithガーターベルト等)、
吉田隆彦(作画「ハチミツとクローバー」シリーズ、「N・H・Kにようこそ!」等)、
小倉陣利(作画及び原画「フリクリ」「彼氏彼女の事情」等)、
関口加奈味(作画「鋼の錬金術師(水島精二)」、キャラデザ及びOP2作画「ヒカルの碁」等)、
山口賢一(原画「彼氏彼女の事情」、作画攻殻機動隊 SAC等)、
砂田茂樹(原画「化物語」「新世紀エヴァンゲリオン」等)、
山口明子(共同作画「かぐや姫の物語」「この世界の片隅に」等)、
樋口香里(共同作画「メイドインアビス」「攻殻機動隊 SAC」等)、
中村豊(原画「カウボーイビバップ」「天空のエスカフローネ」等)、
大塚伸治(作画「スペースコブラ」、原画「フリクリ」等)、
神本兼利(「フルメタル・パニック!」「だがしかし」等)、
高田晃(作画「灰羽連盟」「夏目友人帳」等)、
大塚健(作画「金色のガッシュ・ベル!!」「機動武闘伝Gガンダム等)、
井上鋭(作画「ロミオの青い空」、共同「君の名は。」等)。

続きはへ。

この記事に

世代間闘争


尾上松之助の主演「国定忠次(国定忠治)の颯爽とした英雄としての国定忠次
vs
伊藤大輔&大河内傳次郎「忠治旅日記(忠次旅日記)」の人間臭く破滅していく国定忠次


林不忘「丹下左膳」の容赦なく人を斬りまくるニヒルなアンチ・ヒーロー左膳
vs
山中貞雄丹下左膳余話 百萬両の壺のコミカルなホームドラマ左膳


大隅正秋(おおすみ正秋)「ルパン三世」の容赦なく人を殺し色を好むアンチヒーロー的ルパン
vs
宮崎駿「カリオストロの城」の人を殺さない心優しき普遍的ヒーローなルパン


ブロッコリー企画のゲーム&かなん(大月悠祐子) の漫画「ギャラクシーエンジェル」におけるシリアスな展開と恋愛を味わうギャラクシー隊
vs
浅香守生「ギャラクシーエンジェル」のドタバタでカオスなギャグアニメ的ギャラクシー隊


どれも風邪引きそうなくらい温度差が激しい。でも、みんな違ってみんな良い、面白いのがまた。

この記事に

イメージ 11

はコチラ。

今回は前回紹介しきれなかった面々を紹介。

崔ふみひで(崔文英)
イメージ 3イメージ 4
14話
みゆきプロ出身。
他作画「みどりのマキバオー」、キャラデザ及び原画しゅごキャラ!シリーズ等。

田中良
イメージ 1イメージ 2
20話
スタジオたくらんけをはじめ様々なスタジオを渡り歩くアニメーター。「幽白作画組。
前回の終盤で登場人物の面がみんなスーパーリアル麻雀みたいになってた人。
今回も他作品での仕事振りがアレなだけに水着が無駄に気合入ってました。
他作画ゲンジ通信あげだま、ゲームキャラデザ及び作画スーパーリアル麻雀シリーズ等。

星和伸
イメージ 5イメージ 6
2話
主に原画マンとして活躍するアニメーター。「幽白原画組。
他原画「みどりのマキバオー」、作画「 ぐるぐるタウン はなまるくん。等。

西田正義
イメージ 7イメージ 8
18話

吉原正行
イメージ 9イメージ 10!?
41話のみ
スタジオ・ライブ出身。「ナイフの墓標」及び「劇場版」の原画、「幽☆遊☆白書でも原画マンとして活躍した実力者…なのですが、今回の仕事は里穂子に一体何の恨みがあるんだってくらい異常に浮いた作画に仕上がってました。
クオリティ的にはもの凄いんですよ。緻密な造形、ぬるぬるした生物的な動き、異様な雰囲気をまといながら生々しさを追求しすぎて正直今まで見てきた絵柄と違いすぎ&全く感情移入出来ないんで別のアニメでやって下さいこの野郎と思った人も少なくないはず(誉め言葉)
他絵コンテ及び演出攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEXシリーズ、副監督「東のエデン」等。

この記事に

イメージ 1

「NINKU -忍空-」は、1990年代を飾った傑作の一つ。

忍者と空手が融合したかのような架空の武術忍空を極めし戦士たちが激しい死闘を演じる冒険活劇。風を操りブッ飛び突っ込み吹き飛ばし、大地を砕いて潜り込む。
血みどろの戦争が繰り広げられた過去、戦後に生き残った者たちが再び殺し合わなければならない宿命。

アニメ版は桐山光侍の原作の雰囲気を取り込みつつ、桐山が休載魔なこともあってオリジナルの物語を展開。巨大な軍事帝国に己の肉体一つで立ち向かう!ユーモア回で息抜きも多々あり楽しい作品でもあります。

本作最大の醍醐味は何といってもバトル。時にバンクや止め絵を交えつつ、一瞬の躍動に縦横無尽・荒々しく動きまくり凄まじい一撃を炸裂させる。
スタジオぴえろ制作の「幽☆遊☆白書から引き続き参加した者に加え、とにかく“動かす”ことにこだわった凄腕たちが一堂に集結。各アニメーターがリアルタッチとデフォルメのバランスを巧く取りつつ充実したアクションを堪能させてくれます。

「幽白」の頃も動くときはかなり動かすことにこだわっていた作品でしたが、全盛期だった冨樫義博の緻密で線も多く洗練された絵を週間放送のアニメで動かすというのは並大抵のことでは無かったのです。動きを優先するあまり回によってはムラが激しい時も(主に新房昭之の演出回は気合の入れどころが間違っていたとしか思えない)あり、オマケに放映中に「ナイフの墓標の制作にスタッフが何人も関わり気が付けば本編も「NINKU」的作画になっていたり視聴者はビックリしたでしょうね。
その並大抵じゃない現場で修練を重ね修羅場を潜り抜けたスタッフたちが魅せに魅せる!

千葉道徳
イメージ 2イメージ 3
1話。↑左から風助(フウスケ)、ヒロユキ、里穂子(リホコ)
中村プロ出身。監督の阿部記之(阿部記之)作品には「幽☆遊☆白書の頃から作画監督として活躍し中盤の作画を支える存在に。
本作では記念すべき1話を飾り手堅い仕事を披露。北山真理がキャラクターデザインを手掛けた主人公たちを西尾らと共に見事に動かしていました。女性キャラの色気も抜群。漢たちの死闘も素晴らしく特に19話は刮目!
他キャラデザ及び総作監「バジリスク 〜甲賀忍法帖〜、キャラデザ及び作画「機動戦士ガンダム00シリーズ等。

西尾鉄也(双堂健)
イメージ 4イメージ 5
7話作画。↑橙次(トウジ)                     ↑藍朓(アイチョウ)
スタジオぴえろ、Production I.G等で活躍する凄腕アニメーター。
「幽白の頃から原画マンとして並々ならぬ実力を発揮。今作ではゲストキャラデザからOPアニメーション、作画、原画まで幅広く手掛け前作以上の凄まじいアクションを披露。
「ナイフの墓標及び「劇場版」でもキャラデザ及び作画を担当。
他キャラデザ及び作画「攻殻機動隊S.A.C. 2ndGIG」NARUTO -ナルト- 疾風伝、キャラデザ及び原画NARUTO -ナルト、原画フリクリ FLCL等。

高橋資祐
イメージ 6イメージ 7
5話
「幽白からの作画参加者の一人。タツノコ出身、サンライズを経てスタジオドオタクを設立。弟子を引き連れて様々な作品で活躍するベテラン。前作も初期から関わり頭一つ抜けた仕事振り。今作も重みのある良い画で魅せてくれます。
他作画超電磁マシーン ボルテスV」「みどりのマキバオー」等。

榎本明広
イメージ 10イメージ 11
3話
「幽白作画組。葦プロ出身で様々なスタジオで活躍する腕利きの一人。
前回は終盤当たりまでどんどん進化を続けていた男。今作も良質の作画で貢献。
他作画「るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-」「こちら葛飾区亀有公園前派出所」等。

井上敦子
イメージ 8イメージ 9
4話
「幽白作画組。しわや表情のつけ方が絶妙な腕利き女性アニメーター。
他作画「みどりのマキバオー」、原画BLEACH(ブリーチ)等。

神戸洋行
イメージ 14イメージ 15
13話
「幽白原画組の一人。動画工房出身。
今回は作監として大いに活躍。最終回55話も担当。
他メカ作画「フルメタル・パニック!、作画バジリスク、監督「俺の妹がこんなに可愛いわけがないシリーズ等。

若林厚史
イメージ 12イメージ 13
29話
「幽白作画組。タツノコ出身。作画組の中ではかなりの問題児。動かすことにかけてはイキイキとしたアクションでズバ抜けています。ただやたらグニグニしすぎで顔も凄い変形する。新房昭之の演出回でやりたい放題やって視聴者を大いに困惑させたことも(飛影と武威は犠牲になったのだ...)。
が、実力は確かで今回は激しいアクション回で本領発揮しまくり唸らせてくれます。特に29話は必見。
他作画NARUTO -ナルト「みどりのマキバオー」等。

また本作のアクション面の大きな支えになった原画陣も豪華絢爛。まず、

松本憲生
イメージ 16
2話原画
タツノコ出身。なかむらたかし&うつのみや理フォロワー。りょーちもの師匠の一人。
少ない線画で流れるように決めまくるアクション、煙や破片といったエフェクトの達人。
「アニメーションは動いてなんぼ」に心血を注ぐアニメーターの一人で、徹底的に省略した中割を積み重ね映像になった瞬間、津波の如く畳みかける!大量に描かないと死ぬ病。作画クオリティが尋常じゃないアニメは大体この人がいると思えばいいかも。
他作画「逮捕しちゃうぞ(古橋一浩)」「ポポロクロイス物語」、原画「らんま1/2」NARUTOシリーズ等)。

吉成鋼
イメージ 17
14話原画
作画に尋常ならざるこだわりを持つスーパーキチガイアニメーター
ゲーム「サクラ大戦3 〜巴里は燃えているか〜のOPにおけるダンス場面の鬼神がかった仕事振りをはじめ、数々の伝説の持ち主。
受け持つカットはどんなに時間が掛かろうと仕上げから撮影まですべて自らの手で行わないと気が済まない性分。故に納期を守ならないこともしばしば。
弟の吉成曜とは「ヴァルキリープロファイル」で共同キャラデザを手掛ける。
他原画「魔法少女リリカルなのは」、キャラデザ及びOPアニメーション「WHITE ALBUM(ホワイトアルバム)等。

中澤一登(中沢一登)
イメージ 18
14話原画
様々なスタジオを渡り歩く名アニメーター。原画マンとしても指折りの実力者。
キャラデザ及び総作監「サムライチャンプルー」、作画及びキャラデザ新天地無用!等。

吉成曜(メカ作画及び原画「新世紀エヴァンゲリオン」、原画天元突破グレンラガン等)、
松竹徳幸(他作画「逮捕しちゃうぞ(古橋一浩)」、キャラデザ「テイルズオブ」シリーズ等)、
鈴木博文(メカデザ及び原画「R.O.D、キャラデザ及び作画NARUTOシリーズ等)、
守岡英行(キャラデザ及び総作監「まりあ†ほりっく「さよなら絶望先生」シリーズ等)、
長谷部敦志(作画「カードキャプターさくら」「桜蘭高校ホスト部」等)、
遠藤麻未(作画「らんま1/2」「うる星やつら」等)、
高岡淳一(作画「MONSTER(モンスター)」「DEATH NOTE(デスノート)」等)、
工原しげき(作画「天空のエスカフローネ」「宇宙の騎士テッカマンブレード」等)、
鈴木藤雄(鈴木ふじを(作画「∀ガンダム」「みどりのマキバオー」等)、
古川尚哉(原画「新世紀エヴァンゲリオン」攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEXシリーズ等)、
香月邦夫(作画「GUNSLINGER GIRL」「ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン」等)、
大久保宏(作画及び原画「地球少女アルジュナ」「ノエイン」等)、
井上みゆき(作画「超音戦士ボーグマン」、原画「NARUTO」シリーズ等)、
砂田茂樹(原画「化物語」「新世紀エヴァンゲリオン」等)、
君島繁(アクション作画弱虫ペダル」シリーズ、共同作画「この世界の片隅に」等)、
伊藤秀次(原画「ストレンヂア 無皇刃譚」、作画及び原画「KEY THE METAL IDOL」等)、
姫野美智(「ベルサイユのバラ」「聖闘士星矢(セイントセイヤ)」等)、
伊東伸高 (作画「サムライチャンプルー」、キャラデザ及び総作監「四畳半神話大系」等)、
中村豊(原画「カウボーイビバップ」「天空のエスカフローネ」等)、
菅野宏紀(作画「カウボーイビバップ」「鋼の錬金術師」シリーズ等)、
富岡隆司(「ジェネレイターガウル」、原画「鋼の錬金術師」シリーズ等)、
福島喜晴(原画「らんま1/2 熱闘編」「うる星やつら」等)。

「ナイフの墓標」にのみ、
うつのみや理(宇都宮智(「御先祖様万々歳!」、原画幽☆遊☆白書等)も参加。

他のメンバーについては

この記事に

全130ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事