ブログ@同志社山岳同好会

同志社大学公認団体「同志社山岳同好会」のブログです。

テント泊(比良)


18年度の西馬です。6/2(土)、6/3(日)に行ったテント泊(比良山)について報告させていただきます。
更新遅れてすみません。

[日時] 6月2日、6月3日≪1泊2日≫
[メンバー] CL:太田(17年度)、SL:早川(17年度)、記録:西馬(18年度)、上田(18年度)、橋本(18年度)、
        門(18年度)、
[行程] 1日目 京都駅=比良駅〜イン谷口〜北比良峠(BC)〈3.4P〉
       2日目 BC〜武奈ヶ岳〜BC〜カラ岳〜釈迦岳〜イン谷口〜比良駅=京都駅〈6.45P〉

《1日目》
イメージ 1
快晴。新入生3人にとっては2回目のテント泊。また、新たに加入した門くんにとっては初の山行でした。新歓合宿といい、よく天候に恵まれています。
僕は唯一土曜授業後なので若干不機嫌でした。(個人装備:第2外国

語の辞書)
イメージ 2
比良駅にて。声をかけられた比良の方にイン谷口まで送っていただきました。(少々不安でしたが)
この場をお借りしてお礼申し上げます。ありがとうございました。
イメージ 3

13:30 イン谷口発
イメージ 4
1日目の行程は3Pほどでしたが、新入生はあまり疲れを見せず、楽しんで登っていました。数回目の山行にして慣れてきたのかもしれません。

15:50 北比良峠
イメージ 5

イメージ 6
とても綺麗な景色だったのではしゃいでました。

イメージ 7
今回の山行では北比良峠で昼・夕・夜・朝の絶景を眺めることができました(上の画像は朝)。夜には北斗七星まで見ることができて最高でした!!!

《2日目》

4:45 北比良峠発
5:00 八雲ヶ原

アタック装備で武奈ヶ岳まで新歓合宿よりも比較的良く寝れたのでハイテンションで登ってます。
写真にセンスを感じる...

イメージ 8

6:10 武奈ヶ岳

イメージ 9

イメージ 10
無事に山頂まで着き、雲海まで見ることができました。

7:10 八雲ヶ原
7:30 北比良峠

イメージ 11
水汲みをしている時にイモリに遭遇
かわいい

8:55 北比良峠発
9:10 釈迦岳
10:45 神爾の滝

イメージ 12
迫力がすごい!!!

11:45 イン谷口

《感想》
イメージ 13
今回の山行も無事に下山することができました!
天候のおかげで終始景色が良くて最高でした!!

文責 西馬
写真 参加者全員













この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

17年度の太田です。5月27日に行った岩トレーニングについて書かせていただきます。
早川の岩トレのブログを期待していた皆様申し訳ございません、彼は忙しいのです。僕も忙しいのですけれども。

【日時】5月27日(土)
【メンバー】海老名(14年度)、早川(17年度)、太田(17年度)、寺部(17年度)、上田(18年度)、橋本(18年度)
【練習内容】Y懸尾根 早川(トップ)ー太田(ミッテル)ー上田(セカンド) 寺部(トップ)ー橋本(セカンド)
       北尾根1P目 アップダウン 1セット
       北尾根 海老名(トップ)ー早川(ミッテル)ー寺部(セカンド)
                      I_小川(ミッテル)ー太田(セカンド)

 今回初めて新入生を岩トレに連れて行くということで、怪我をしないかという不安とどんな動きをするのかという期待が入り交じっていましたが、海老名さんや小川さんの協力もあり、無事にY懸尾根を登りきることができて大変よかったです。新入生は岩トレを楽しかったなどと述べており、よかったなぁと思う反面、去年岩トレをみじんも楽しいとは思えなかった自分と比べて驚愕の念も抱きました。インドア系とアウトドア系の差ですかねぇ。
イメージ 1
毎回思うのですが犬の散歩みたいですよね。
イメージ 2
本日のベストショット。こんなんかっこいいに決まってるやん。これを見てトップをとれるようになろうと心に決めました。


 `頭`にはかなり人がいて予定通りの場所でアップダウンが行えなかったのが残念です。しかし、北尾根の1P目にて短いながらも行うことができ、次回からも`頭`が混んでいるときにも行える可能性が広がりました。
イメージ 3
岩に張り付いてる小川さん。長年のブランクがあるはずなのにひょいひょい登ってしまうので残念でした。もうちょっと手間取ってくださったら、見ていて面白かったのに。

 僕にとってはここからが本番でした。
早川や寺部は剱岳に向けて北尾根で練習することに。

・伏線1 朝 バスにて
海老名さんに対して「いやー、一回ぐらい北尾根?登ってみたいんですよねー。早川に高度感がすごいって聞いたんで」
この発言がこれからおこる悲劇につながるとは誰が予想できただろうか。

・伏線2 昼 北尾根でのアップダウンに向かう途中
早川に対して「一回ぐらい北尾根登ってみたいわ。高度感すごいんやろ?」
この発言がこれからおこる悲劇につながるのは誰でも予想できるのではないだろうか。書いていて思いましたが、高度感がすごいとか、ボキャブラリーが貧相すぎますね。

海老名さん「太田はどうする?」
正直、指が疲れて痛く、足も震えていたし帰りたかったのですが、ここまで伏線を張っておいて回収しないわけにはいかないという謎の義務感により、断るという選択肢が考えられなかったので覚悟を決めて(あきらめて)登る事にしました。
海老名さんがトップで2本のザイルをもって登り、早川と小川さんがミッテルで、寺部と僕がセカンドで登る事になりました。

1P目 蚊が多く鬱陶しかった。登りやすかった気がする。あんまり覚えてない。

2P目 蚊が多く鬱陶しかった。登りにくかった気がする。あんまり覚えてない。

3P目 蚊が減ってきた。足の置き場が少なく大変だった思い出。ここが一番の難関らしいです。僕は意外にもするっと登る事ができました。まぁ、最後に登るから皆の足の置き場所を見ていただけなんですけども。
イメージ 4
寺部が苦戦している姿。見ていて面白かったです。

4P目
イメージ 5
誰がどう見てもここが一番の難関やん。
高度感がすごいって素直に恐いって言えよ、と早川にやつあたりしながら登ったはずです。
久しぶりに自分が高所恐怖症だったという設定を思い出しつつ、足を疲労と滑ったら死ぬという恐怖で震わせながら登りきりました。
途中で窪みがあったのでそこで勇気を振り絞りヤッホーと叫んだのですが思ったより響かなかったし、登り切った後寺部に「ついに発狂したかと思った」と言われ、二度とやるもんかと固く誓いました。`ついに`ってなんやねん。

【感想】
 新入生を初めての岩トレに連れて行き想像していたよりも動きがよく、将来有望だなぁと感じました。また、岩トレを楽しんでくれて自分のことのように嬉しかったです。また、僕も一回生の時は楽しくなかった岩トレも二回生になると自分ができなかったことができるようになる感覚がとても楽しく感じられ、岩トレの面白さを見つけることができました。
このときは剱岳に行くつもりは無かったのですが、案外北尾根が楽しかったので、剱岳にも挑戦しようかなと帰り道には思うようになっていたので、だんだん山の魅力に惹かれているのかもしれません。

文責:上にも書いていますが太田
写真:こちらも太田 

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

日帰り山行 (伊吹山)

18年度の橋本です。5月20日に行った日帰り山行について報告させていだだきます。
[日時] 5月20日
[メンバー] CL寺部 (17年度)、SL太田(17年度)、記録橋本(18年度)、上田(18年度)、西馬(18年度)、OS小川
[行程]
京都駅=近江長岡駅〜伊吹山登山口〜伊吹山山頂〜伊吹山登山口〜近江長岡駅
[行動記録]
8:50近江長岡駅〜10:00登山口〜10:45 1合目〜11:25 3合目(P1)〜12:25 7合目(P2)〜13:08伊吹山山頂(P3)〜15:10 5合目(P4)〜16:10 1合目(P5)〜16:40登山口〜18:00近江長岡駅
天候に恵まれ、きれいなお花畑を見ることができました。
イメージ 1

イメージ 5

誘惑だらけの山頂でした!これほど充実している山頂は初めてでした。
イメージ 2

ゆびで指しているのは山頂で買ったヨーグルト
イメージ 3

イメージ 4

昭和を感じさせる看板(近江長岡駅)
イメージ 6

天気が良かったためか登山客が多く、5合目あたりから山頂まで少し混んでいました。2回目の山行である新入生にとっては慣れない部分も多少ありましたが、みんなが楽しみながら登山することができました。


文責 橋本
写真 参加者全員

この記事に

開く コメント(0)

岩トレ(5/6)

17年度の早川です。5/6に行った岩トレの報告です。
【日時】 5/6(日)
【メンバー】 岡本(14年度)、寺部(17年度)、早川(17年度)
【練習内容】 ・Y懸尾根2本
          1本目:早川―寺部、監督 岡本
          2本目:寺部―早川、監督 岡本
         ・Y懸頭アップダウン5回×2セット
イメージ 1
帰り道のカニ(写真これしかありませんでした...)

文責 早川
写真 寺部  

この記事に

開く コメント(0)

新歓合宿 大峰山 (5/4,5)

17年度の板野です。5/4(金)、5/5(土)に行った新歓合宿を報告させていただきます。
【日時】5月4日、5日
【メンバー】CL寺部 SL早川 記録板野 太田 上田(新)西馬(新)橋下(新)OS海老名
【行程】1日目 京都駅=下市口駅=弥山登山口〜弁天ノ森〜弥山小屋(C1)
      2日目 C1〜八経ヶ岳〜明星ヶ岳〜栃尾辻〜門前山〜天川川合=下市口=京都

イメージ 1
1日目 登山口にて
左から、海老名、早川、橋下(新)、上田(新)、太田、板野、西馬(新)


イメージ 2
1日目 道中 ※我々は天理大学でもなければワンゲルでもありません。


イメージ 3
1日目 弥山山頂にて


イメージ 4
イメージ 5
1日目 C1にて(寺部、太田、西馬)
楽しそうで何よりです。


イメージ 6
イメージ 7
1日目 C1にて(海老名、早川、板野、橋下、上田)
こうして2つのテントをみると分かりますが、いつも写真撮る人って大体決まってますよね。


イメージ 8
1日目 夜ご飯です。下界でもなかなか食べることのないようなイタリアンな料理でした。
山で食べれば尚更美味しいですね。高級料理店のレベルを超えたんじゃなかろうか。
でも、付いてくるのは白米なんですよねえ、、、。


イメージ 9
イメージ 10
2日目 今年度も綺麗なご来光をみることができました。


イメージ 11
2日目 下山中
早川が読図を教えているところです。


イメージ 12
イメージ 13
2日目 下山後
疲れて寝ていますねー。


イメージ 14
2日目 帰りの電車での黄昏寺部氏です。
いつもネタ提供ありがとうございます。


【感想】
まず一番に何事もなく無事メンバー全員が下山できたことは良かったことです。
一回生は皆体力もあり、弱音を吐くこともなく完遂してくれました。
これからの期待ができる後輩たちが入ってくれて感謝と安堵の気持ちでいっぱいです。
上回生たちも後輩を連れてテント泊をするのは初だったので、とても緊張したことでしょう。
僕はしました。それでもしっかりと注意するところは注意し、教えられることはしっかりと
教えれていたと思います。
これからは今回の山行のメンバーに加えて、新入部員2人を加えて頑張っていきます。
よろしくお願いします!



文責 板野
写真 メンバー各位



この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

金毘羅 岩トレ(4/29)

17年度の早川です。4/29(日)に行った岩トレの報告をさせていただきます。
【日時】 429日(日)
【メンバー】 岡本(15年度)、寺部(17年度)、太田(17年度)、早川(17年度)
【練習内容】 Y懸尾根 早川(トップ)寺部(ミッテル)太田(セカンド)、岡本
        Y懸頭アップダウン 5セット×
        Y懸尾根 寺部(トップ)早川(セカンド)、岡本
 
先週に引き続き岩トレに行ってきました。久しぶりに岩トレを行ったメンバーもいましたが、しっかりと予定通りの練習をこなすことができました。次回の岩トレも新入生を安全に連れていくことを意識して頑張ります!
イメージ 1
 Y懸頭下より
イメージ 2
Y懸頭より
イメージ 3
同じくY懸頭より
イメージ 4
Y懸尾根より

【新入生のみなさんへ】
山岳同好会の入会締め切りは 5/18(金)となっています。


まだまだ入会できますので、山岳同好会に興味のある方やどんな活動をしているのか気になる方はお気軽に下記の連絡先にご連絡ください!!


LINE ID :hths10042356(新歓責任者 早川 成)


Twitter : d_sangaku

文責 早川
写真 岡本、太田

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

金毘羅 岩トレ(4/22)

17年度の早川です。4/22(日)に行った岩トレの報告をさせていただきます。
【日時】 4月22日(日)
【メンバー】 海老名(14年度)、寺部(17年度)、早川(17年度)
【練習内容】 Y懸頭アップダウン5本×2セット
        Y懸尾根×2 
          ・1本目 早川―寺部、 海老名(3P途中まで)
          ・2本目 早川―寺部―海老名(ザイル2本使用)

今回は約3週間ぶりの岩トレに行ってきました。アップダウン時のザイルワークやトップでの動きなど、前回より成長が感じられる部分もありましたが、ちょっとしたミスや動きに手間取った部分もありました。また、今回はY懸尾根が非常に混雑していたため予定通りの練習は出来ませんでしたが 、その分そういった状況の時の動きを学ぶことが出来ました。

イメージ 1
アップダウンの様子
イメージ 2
新緑の大原

文責 早川
写真 海老名 早川

         

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

新入生へ

こんにちは、同志社山岳同好会です。
新入生のみなさん、ご入学おめでとうございます!🌸🌸🌸
お天気も良く、最高の入学式日和でしたね
皆さんさまざまな希望を胸に同志社大学に入学されたと思います。そして、これからの大学生活で様々な経験をされると思います。そんな大学生活で充実した時間を過ごすために、我が同志社山岳同好会に入ることをおすすめします!!
皆さんに、僕たち山岳同好会がどのようなクラブなのか、どんな活動をしているのか、さっそくご紹介していきたいと思います。

山岳同好会って何をするサークル?
→日本中の様々な山々を登りに行くことを目的に活動してるサークルです。
イメージ 1

 
どんなふうに活動してるの?
→平日は週12回程度集まってトレーニングをしたり、山で活動するために必要なことを勉強をしたりしてます。
→週末は近くの山でのロッククライミングや、日帰りで京都近郊の山に行ったり1泊2日でちょっと遠出したりしてます。
→授業の長期休みには、遠出してテントを使った3〜6泊くらいの長期合宿に!
→またそれ以外にも“個人的に行きたい”って山にメンバーを募って出かける「個人山行」なんてこともやってます。
イメージ 2

イメージ 3


 
山登りが初めて人でも大丈夫?
大丈夫です!メンバーの大半が大学に入るまでは登山未経験者です。
イメージ 4

イメージ 5


 
山以外にはどんなことしてるの?
メンバー間で声をかけてご飯とか観光にでかけたり、よくあるイメージのサークル活動もしてます。
また冬には希望者でスキーに行ったりもしてます。
イメージ 6

イメージ 7


お金って結構掛かるの?
→最初だけちょっとお金が掛かるのは否めません。
※けれど1度買った装備はちゃんとメンテナンスすれば、長く使えます!
※貸し出せる装備も結構あるので徐々に装備を揃えていくことも出来ます!

イメージ 8

山岳同好会がどんなサークルかおわかりいただけましたか?少しでも興味を持たれた方は今出川キャンパスのB29ブースまでお越しください!もっと詳しく山岳同行会の魅力をお伝えします!!
また、僕たちは新歓イベントもご用意しています。日程は、
・4/8(日) 大文字ハイキング&ランチタイム
・4/15(日) 金勝アルプスハイキング
です。どちらも楽しいハイキングですので是非お越しください♪
また、興味はあるけど忙しくてブースに行けなかったという方は下記の連絡先にご連絡ください。丁寧にご説明させていただきます。

Twitter: d₋sangaku
ラインID: hths10042356〈新歓責任者 早川 成(経済学部 2回)〉

文責 早川
写真 同好会メンバー

この記事に

開く コメント(0)

金毘羅 岩トレ(3/31)

17年度の早川です。
3/31に行った岩トレの報告をさせていただきます。

【日時】 3月31日(土)
【メンバー】 永井(15年度) 中野(16年度) 寺部(17年度) 早川(17年度)
【トレーニング内容】 ・Y懸尾根 1〜3P:早川―寺部―永井〈ザイル2本使用〉 4P〜Y懸頭 早川―中野 永井―寺部
             ・アップダウン確保練習
             
今回の練習は今年度最後の練習となりました。前回に引き続き、早川、寺部がトップをとる練習を行いました。来年度は新入生を連れていく立場になるということもあり、一層身も心も引き締めて練習を行いました。

イメージ 1
寺部(17年度)
イメージ 2
早川(17年度)
イメージ 3
春の大原(Y懸頭より)

文責 早川
写真 中野
                                   

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

17年度の早川です。
3/27(火)に行った岩トレの報告をさせていただきます。
【日時】 3月27日(火)
【メンバー】 海老名(14年度) 寺部(17年度) 早川(17年度)
【トレーニング内容】 ・ストップ訓練
             ・アップダウンの確保練習(5回×2)
             ・Y懸尾根×1(早川―寺部―海老名で、ザイル2本を使用)
             ・フェース

今回の岩トレは寺部(17年度)、早川(17年度)が初めてストップ訓練を体験しました。落下したトップをストップするのは想像以上に大変でした。また、8環やATCなどの器具も使ってストップ訓練を行いましたが。明らかに肩ビレイよりも止めやすいことがわかりました。
また、今回はフェースにも挑戦しました。こちらも想像以上に大変でしたが、なんとか登りきることができました。
イメージ 1

イメージ 2
ストップ訓練の様子
イメージ 3
アップダウンの様子
イメージ 4
フェースを登っている様子

文責 早川
写真 寺部 海老名      

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事