ブログ@同志社山岳同好会

同志社大学公認団体「同志社山岳同好会」のブログです。
こんにちは、17年度の寺部です。今回は19年に入ってはじめての岩トレを行ったのでその報告です。

【日時】 3/12(火)・13日(水)
【メンバー】 17年度:早川・寺部・太田
【練習内容】 12日(ザイル2本使用)
         Y懸尾根:寺部(トップ)−ザイルA−太田(セカンド兼トップ)−ザイルB−早川(セカンド)
         Y懸の頭:ビレイ確認及びアップダウン
       
         13日
         Y懸尾根:早川(フリー)、太田(トップ)−寺部(セカンド)
         Y懸の頭:ビレイ確認、及びアップダウン
       
ここ最近京都では一日のうちでも晴れたと思ったら雨が降ったりとコロコロと空模様が変わる、ある意味春らしい不安定な天気が続いています。
そのような中、今回の練習は年明け最初ということもあったので尾根の状態や動作の確認、そして新たなトップの育成を目的に行いました。(幸いにも天気は練習中は持ってくれました...)


12日はトップ育成のためにザイル2本を使い、まずは太田に1本目のザイルのセカンドとして登ってもらい、その後もう一つのザイルで早川をセカンド役にトップ練習を行いました。
登る方は昨年度まで散々やってきたので危なげなくこなしていましたが、ビレイなどの動作や気も配る事柄などはセカンドとは違うため苦労しているようでした。

またこの日はY懸の頭に昨年夏からあった蜂の巣の存否についても気がかりでした。
去年9月上旬のY懸尾根の景色を一変させた台風にすら耐えた蜂の巣だったので半分あきらめモードでしたが、なんとその姿は影も形もありませんでした。
自然に落ちたのか何方かが除去したのかはわかりませんが、ありがたい話です。
そのためY懸の頭にてトップビレイの動きの再確認やアップダウンを行い、この日は帰って春合宿の準備へ。

イメージ 1



Y懸の頭にて

13日は早川監督の下、初めから太田にトップとして登ってもらいました。
2日連続の練習だったため少し集中力など心配でしたが、心配を他所に前日から目覚ましいほどに動きが改善されており今後の練習への弾みになったのではと思います。
最後に前日同様、頭にて動作確認やアップダウンを行い、2日続いた練習を終えました。

イメージ 2

出町柳駅前にて 確実に春が近づいてきていますが、まだ岩肌などは冷たかったです...

文責・写真:寺部

この記事に

開く コメント(0)

スキー合宿in白馬

こんにちは。1回生の橋本です。
毎年恒例である白馬のスキー合宿について報告させていただきます。
【日時】2月16日〜2月19日
【場所】咲花ゲレンデ、Hakuba47 Winter Sports Park
【メンバー】早川(17年度)、太田(17年度)、上田(18年度)、門(18年度)、橋本(18年度)

2日間スキーをしたのですが、2日とも天候に恵まれ、最高のコンディションで滑ることができたので気持ちよかったです!
1日目は夜行バスだったため、あまり眠ることができず、疲労が残った状態でしたが、疲れを忘れるくらい全力で滑りました。

イメージ 1


初日は咲花ゲレンデでスキーをしました。
私はスキー未経験者のうえ、鈍臭いので1日目だけで多分20回くらいコケました。加速すると怖くて、常にへっぴり腰で滑っていたため傍から見たら相当かっこ悪かったと思います。

イメージ 2


今回も「昇勢館」に宿泊させて頂き、楽しい時間を過ごさせて頂きました。昇勢館を営んでいらっしゃる和田さんから、同好会OBさんの話をたくさん聞かせていただきました。話を聞く限り、OBさんは素晴らしい経歴の持ち主の方が多く、改めてOBさんの偉大さを感じました!
また、昇勢館のご飯は品数が多く、とても美味しかったです。下宿生でろくなもの食べてない私たちにとって健康的な食事がとても有り難かったです。

2日目はHakuba47でスキーをしました。
2日目にはみんな上達していて、私も林間コースをスイスイ滑れるくらい上達しました。

イメージ 3


3日目は白馬村を散策しました。
長野オリンピックで使われたスキー台を見に行きました。

イメージ 4

イメージ 5


ひぇ〜!こんなに高いところから選手は飛んでいるのか...!

【まとめ】
今回の合宿は、普段の山行とは違って自炊もしなくていいし自由で楽だったので、たまにはこのような合宿もアリだなと感じました。雪山には登らないため、雪を被った白馬の山々は新鮮で、とても綺麗でした。
昇勢館の方々にとてもお世話になり、合宿を楽しむことができました。本当にありがとうございました!

この記事に

開く コメント(0)

日帰り山行(金剛山)

18年度の上田です。
12/1に行った金剛山のご報告です。
【日時】12月1日(土)
【メンバー】CL:門(18年度)、記録:上田(18年度)、SL:橋本(18年度)、寺部(17年度)
【行程概要】
富田林駅=水越峠〜カヤンボ(ダイヤモンドレール)〜一ノ鳥居〜山頂広場〜一ノ鳥居〜伏見峠〜ロープウェイ前=河内長野駅

【概要】
去年のことなのであまり覚えていませんが、久しぶりの登山だったのでワクワクしていたことは覚えています。
10:35 登山口出発

イメージ 3


寒いのは嫌いなのでやっぱり山登りは夏がいいなーと思いました。
10:57 金剛の水飲み場
12:47山頂

イメージ 1

金剛山は小さい子どもから年配の方まで幅広く登れる山なので頂上にはたくさんの人がいました。
お待ちかねのお昼ごはんはクノールのコーンスープでした!
橋本さんがクノールのコーンスープの美味しさについて熱く語り出したのは面白かったです。

イメージ 4

金剛山はずっとこんな感じの茶色いイメージの山道が続いていました。
15:08到着

イメージ 2

門くんが後ろ向きに歩き出していました。
いつも変わったことをしてくれるので見ていて飽きないです(^^)

イメージ 5

橋本さんとそこにいた柴犬。
これだけ可愛がって撫でていたのに、撫で終わって私たちに放った言葉が「やっぱり猫だな。」でした。
犬もかわいいのにな〜。

【感想】
金剛山は登るのは3回目ぐらいでしたが、夏にいっぱい山に登っていたので前より余裕で登れたのは嬉しかったです。
そして金剛山は景色を見る山というかは、地元の人たちの体力づくりのための山という感じを受けました。
また、途中で1回生全員が読図をミスって道を間違えそうになったので、やっぱり読図は地道にやっていかないとダメだなと思いました。
そして次は葛城山にも登ってみたいと思いました。

この記事に

開く コメント(0)


17年度の早川です。
11/23〜25に行ったEVE合宿(箱根外輪山縦走)のご報告です。

【日時】11月23日(金)〜25日(日)(1泊2日+夜行バス1泊)
【メンバー】 CL太田(17年度)、SL寺部(17年度)、早川(17年度)、西馬(18年度)
【行程概要】 0日目 京都=(夜行バス)=
         1日目 小田原=箱根湯本駅〜奥湯本入口〜箱根関所〜芦ノ湖キャンプ村C1
         2 日目 C1〜金時山〜明神が岳〜明星が岳〜箱根湯本

遅くなりましたが、EVE祭の期間を利用して行った、EVE合宿(箱根外輪山縦走)の報告をさせて頂きます。
【0日目】 
22:30 京都駅近鉄改札前集合
22:58 京都駅八条口

京都駅に集合してバスを待っていたら、なんと永井さん(15年度)が差し入れを持ってきてくださいました!!本当にありがとうございました!やはり山行前の見送りがあると、俄然やる気が湧いてきますね〜
イメージ 1
                                                      「インスタ映えない写真」
いい写真ですね〜
全くもってインスタ映えしてないですね〜

【1日目】
8:13 小田原
8:34 箱根湯本
9:25 奥湯本入口
12:22 箱根関所
15:37 芦ノ湖キャンプ村 C1〜

僕自身久しぶりの関東上陸で若干興奮しながらバスを降りました。関西勢の太田君と西馬君はちょっと緊張気味でいたね(笑)
イメージ 2

箱根湯本はさすが日本有数の温泉街らしく、大変賑わっていました!僕はすぐに温泉にはいりたくなっちゃいました(笑)
イメージ 3
                                                          「出発前の男たち」
いや〜、いい感じですね〜。これから二日間で18時間歩く覚悟がひしひしと伝わってきます!
今回は晴れ男・太田君がCLだったこともあり、快晴でのスタートとなりました。この日は箱根の街中を歩いたり、山中を歩いたりの繰り返しでした。
イメージ 4
                                                 
「あわてんぼうのサンタクロース」
山行の休憩中にサプライズでサンタクロースが現れました。
クリスマスの一か月も前に現れたこのサンタクロースはメンバーにプレゼント(ブラックサンダー)を配ってくれました。おいしかったです。
イメージ 5
                                                     「箱根の山から現れた男」
イメージ 6
                                                  「芦ノ湖のほとりに佇む男たち」
この日は山道だけでなく、アスファルトの上を歩く時間も長かったため、多少足を痛めるメンバーもいましたが、なんとか明るいうちにキャンプ村に到着しました。芦ノ湖キャンプ村は人気のキャンプ場のようで、周りのおしゃれなキャンパーに囲まれテン泊しました。いつか僕もあんなキャンパーになろうと心に決めました。
イメージ 7
                                                       「過去最高のテント場」
夕食は定番のカレーライスにウインナー乗せて食べました。疲れた筋肉にはたっぷりたんぱく質を摂取させることが大事ですね。しかし、SLのT部君はウインナーの油がしみ込んだ残り汁を一気に飲み干すという奇行に。よほどたんぱく質がほしかったんですね。
イメージ 8
                                                         「ウインナーの出汁」



【2日目】
5:05 C1発
7:05 富士見台
8:38 金時山
11:07 明神が岳
12:32 明星が岳
13:47 塔の峰
14:50 箱根湯本

出発時はかなり冷え込んでいました。SLの寺部君は行動前にお腹を下してしまうというハプニングに。それでもすぐリカバリーして出発。さすが会長ですね。
夜が明けてくると同時に目の前に富士山が見えてきました。遮るものがなにもなく、最高の展望でした!やっぱり富士山は日本一の山ですね。O田君は興奮し過ぎて、童謡「富士山」を熱唱していました。
イメージ 9
                                                           「朝焼けの富士」
イメージ 10
                                                     「御殿場の街並みと富士」
しかし、またまたハプニングが。先程お腹を下した寺部君が今度は靴擦れを起こしてしまったのです。みんなが動揺する中、当の本人は冷静に処置し再び山行を開始しました。やはりさすが会長。不屈の闘志ですね。
雄大の富士の景色が僕たちにパワーをくれたからでしょうか。10時間近くに及ぶ長丁場&ハプニングがあった行程でしたがコースタイムより早く終了することが出来ました。また、西馬君も今回の参加メンバーの中で唯一の一回生でしたが、問題なくこの行程を歩ききってくれました!本当に頼もしいですね。

【総括】
今年最後の合宿であり、一年を締めくくる山行でした。今年は初夏から秋まで何度も北アルプスに足を運んでいましたが、アルプス以外の山もいいなぁと実感させられる山行でした。また、今回のような比較的長距離の行程や、ハプニングに対処しながら無事終えられたことは自信になり、来年につながる山行になりました。
イメージ 11
   
文責 早川
写真 メンバー全員                                           

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

岩トレ(11/10)

17年度の早川です。
11/10に行った岩トレのご報告です。

【日時】 11/10(土)
【メンバー】 中野(16年度)、早川(17年度)、門(18年度)、北村(18年度)、橋本(18年度)、山口(18年度)、藤岡さん(OB)
【練習内容】 午前:Y懸尾根 早川―橋本 中野―門
        午後:Y懸尾根 早川―山口 中野―北村

今回の岩トレは一回生にとって2回目のY懸尾根でした。
久しぶりのY懸尾根でしたが、岩登りやロープワークはミス無くできました。声かけで若干課題が残ったものの来年につながる岩トレとなりました。

文責 早川

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

岩トレ(11/4)

17年度の早川です。
11/4に行った岩トレのご報告です。

【日時】 11月4日(日)
【メンバー】 海老名(14年度)、早川(17年度)
【練習内容】 北尾根×1

今回は北尾根でトップをとるための練習を行いました。
足場の不安定な場所でのビレイ構築に時間がかかってしまい、課題の残る岩トレとなりました。
また、前日の雨で日陰の北尾根が少し濡れていたこともありテンポよく登ることも出来ませんでした...
Y懸尾根よりもより高いレベルの岩トレを行える北尾根でトップをとれるよう努めて参りたいと思います!

文責 早川




この記事に

開く コメント(0)

岩トレ(10/21)

17年度の早川です。
更新大変遅くなりました。。。

【日時】 10月21日(日)
【メンバー】 海老名(14年度)、寺部(17年度)、太田(17年度)、早川(17年度)、上田(18年度)、門(18年度)、西馬(18年度)、橋本(18年度)、小川さん(OB)
【練習内容】 ストップ訓練(北尾根取り付きにて)、Y懸尾根1本(寺部―上田、太田―西馬)、北尾根1本(海老名ー早川)

 今回はトップが落下した場合、セカンドにどれくらいの負荷が加わるかを経験するためのストップ訓練を行いました。
1回生は予想していたよりもしっかりと止めることができていて、頼もしかったです。(僕がはじめてやった時は吹っ飛ばされそうになったのですが...)
ストップ訓練後のY懸尾根を登った2パーティも問題なくY懸尾根を登れたようです(^^)
でも僕が登った北尾根は相変わらず怖かったです(>_<) 怖くても自信を持って登れるようになりたいものですねぇ。
イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 1

文責 早川
写真 メンバー

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

日帰り山行(伊吹山)

久々のブログ執筆となります、15年度生の永井です。
1021日(日)に14年度生の岡本(大学院生)と共に伊吹山へ行ってきました。
【日時】1021日(日)
【メンバー】CL・記録:永井(15年度)、岡本(14年度)
【行程】京都駅=近江長岡駅=伊吹登山口〜伊吹スキー場跡〜伊吹山頂〜伊吹スキー場跡地〜伊吹登山口
【概要】
伊吹山でお花畑を見て、薬草の湯に入りたい!と思い立ち、計画したこの山行、中々メンバーの予定が合わず、最終的にメンバー2人だけの山行となった。
イメージ 1
 伊吹山頂から、金糞岳方面を眺める。見渡す限りの青空である。

京都駅から電車とバスを乗り継ぎ、伊吹登山口へ。天気が良かったので登山口にはたくさんの人がいた。登山口で「入山料300円」なるものを任意で払って登り始める。懸念していた前日の雨によるぬかるみもなく、順調に登っていく。気温は20度後半くらいで、半袖がちょうど良いくらいの温かさだった。2合目まで登ると、樹林帯が開けて、雲一つない最高の秋空が見えてきた。頭上にはパラグラインダーが飛んでいる。18,000円くらい払えば体験できるそう。
イメージ 2
3合目より

伊吹スキー場跡地を抜けると、本格的な登山道に入る。遠くには平べったい伊吹山の山頂が見える。こうしている間にも気温はどんどん上がっていき、10月とは思えない暑さになってきた。琵琶湖を見下ろしつつ、他のパーティーを抜いたり、抜かれてりしながら登っていく。ちなみに、期待していたお花畑は時期が外れているので全く咲いていませんでした。そらそうか。
イメージ 3

出発から3時間ほどで伊吹山頂に到着。売店でソフトクリームと日本百名山バッジを買って休憩する。山頂からは、琵琶湖や鈴鹿山脈の山々、米原・関ヶ原の町並みが一望できた。30分ほど休憩し、山頂でお昼寝をしたい誘惑を抑えて下山を開始する。登山客が多かったため、下りは所々で渋滞が起きていた。2時間半程度で下山し、山麓の「ジョイ伊吹」で薬草の湯につかり、帰宅した。
イメージ 4
三角点にて
イメージ 5そして、下る。

久しぶりの日帰り山行だったけど、やっぱり仲間と一緒に行く山登りは楽しいな。

写真:岡本
文責:永井

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

テント泊 〈 比良 〉

御用納めまで残すところあとわずかとなりました。さぞかしご多忙のこととお見舞い申し上げます。
お初御目にかかります、18年度生のやまぐちと申します。今回は10月27日から28日にかけて行われた比良山テント泊の報告をさせて頂きます。

・山域:滋賀県比良

・日程:10月27日(土)28日(日)一泊二日間

・メンバー:CL:寺部(17年度)、SL:太田(17年度)、記録:山口(18年度)、上田(18年度)

・行程 :
1日目 京都駅=比良駅〜イン谷口〜ダケ道〜北比良峠(C1)〈3.1P〉
2日目 C1〜イルブキノコバ〜武奈ヶ岳〜コヤマノ岳〜金糞岳〜堂満岳〜イン谷口〜比良駅=京都駅〈5.4P〉

1日目

13:05 比良駅出発

イメージ 1

新入生である僕にとっては初めての宿泊山行、右も左も分からぬ憂慮する気持とは裏腹に、比良の空合いは麗かな快晴に恵まれていましたー。比良駅からイン谷口までの道中は、そんな陽射しに照らされて、上冬と名ばかりにとても暖かい温度でした。

14:20 P2 ダケミチ

イメージ 2

紅葉を見る都度に、色づくのが早い木と遅い木があるのって可愛いなぁって思います。比良山が見せてくれる山紫水明に感嘆しながら、少しずつ休憩を挟みながら北比良峠へと向かっていきました。

16:05 北比良峠

イメージ 3

北比良峠に到着し始めてからは青空に雲がかかりはじめ、標高が高いというのもあると思いますが、つよい風が吹いているのを感じました。テントを張る作業は実践において初めてでしたが二回生の先輩たちがやさしく教えてくださいました。ただ風がつよいので少しでもテント用具を手放すとほんと、飛び逃げてしまいそうです。

イメージ 4

夕飯の時間には、太田先輩が食べたいとおっしゃって豚バラ鍋を作り、とても嬉しそうに食されていました。
地上においても調理というものはむずかしいのに、限られた器具や材料で料理をするというのは至難の業ですね。釜飯も一緒につくりましたがそちらはどうも、食べたことのない新しい味に出来上がりました。

イメージ 5

就寝前。風の音がひたすらにテントをノックし続ける夜でしたが、此の期に及んで熟睡する気も毛頭なかったのでむしろそんな野性的な音も乙なものだな。なんて考えてるうちに爆睡していました。

2日目

07:15 イブルキノコバ

イメージ 6


08:02 P3 武奈ヶ岳到着

イメージ 7

武奈ヶ岳山頂から見下ろす市井の風景は素敵で、すこしちっぽけにも感ぜられましたがそんなことは心地の良い天候と風によってどこかへと消えてしまいました。
セルフタイマーで写真を撮るのって大変ですねー。

09:36 P3 金糞岳 手前の尾根

イメージ 8


13:40 P6 比良駅 到着

イメージ 9

堂満岳から下山するまでの山道はとても険しく斜面が急でした。大木も台風の影響を受け打ち崩されていましたので注意して下る必要があります。しかし無事に下山できたので安心しました。そういえば今回の道中いちばん盛り上がったのは「しりとり」ではなかったでしょうか。博識な先輩たちと言葉巧みに繰り広げる言葉の戦争はとてもスリルあるものでしたー。

さいごに、初めての宿泊を伴う登山でしたが全員、けがもなく体調も崩さず下山できたことが喜ばしく、それに加えて他人と息を合わせ決して平坦でない道を登り下りることから学ぶことはたくさんありました。

以上になりましたが気ぜわしい毎日、体調をくずされませんよう、お祈り申し上げます。

写真 : 参加者
文責 : 山口

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

日帰り山行(大台ケ原)

お久しぶりです。
18年度の上田です。今回は10/14に行われた日帰り山行(大台ケ原)の報告です。

【実施日】10月14日(日)

【メンバー】CL永井(15年度) 記録 上田(18年度) 中野(16年度) 川口(13年度)

【行程】
11:30 大台ケ原駐車場~12:11日出ヶ岳~13:40大蛇ぐら~14:15 シャクナゲ坂~15:23大台ケ原駐車場(Bコース時計回り)

天気:くもり

今回は4回生や大学院生の先輩たちと行く山行ということで、どんな先輩たちなのかを知ることができるチャンスだと思って1回生でしたが参加することにしました。
それと今回は電車ではなく、ドライブで大台ケ原まで行きました。川口さんのマリオカートを思わせる運転にしょっちゅうナビが忠告していましたが、無事に大台ケ原駐車場に着くことができました。

また、天気はずっと霧がかっているような感じだったのでどの写真もぼや〜んとした雰囲気になっていますがご了承ください。

日出ヶ岳からの景色はこんな感じでした。

イメージ 3



大台ケ原は枯れ木が多いので非日常な感じがしました。

イメージ 1


永井さんがサトシのコスプレで山に来てくれました。ところどころで中野さんが永井さんをいじっていて、永井さんもそれにちゃんと応えてくださるので面白かったです。ポケモンゲットの図

イメージ 2


大台ケ原はずっと緩めの階段が続いている感じで歩きやすく、ピクニック気分で登れる山でした。

イメージ 4


途中にあった吊り橋
ここはスリルがあって個人的にはエキサイティングスポットでした。

イメージ 5


ところどころに鹿が樹皮を食べてしまった形跡があります。シカ害と呼ばれるこれらの被害により大台ケ原では木が枯れてしまっています。

イメージ 6


最後に記念撮影をしました。

イメージ 7


[補足]
〜写真がなくてごめんなさい〜
お昼ご飯の時間では先輩方に頂いた柿の葉寿司が美味しかったです。
1つだけシャリの中に髪の毛が入っていましたがこれも田舎のご愛嬌だと思い、美味しくいただきました。
大蛇ぐらは標高が1600Mあるらしく、断崖絶壁でここもエキサイティングスポットでした。今回は霧で景色があまり見えませんでしたが、晴れていたら大峰連山が一望できるそうです。それと「大蛇ぐら」の「ぐら」の字が漢字で変換できなかったのでひらがなになっています。読みづらかったらすいません。
帰りのドライブではDJ中野さんが流すBGMでカラオケ大会が行われました。そこで永井さんがしぶしぶ「世界に一つだけの花」を歌ってくださいました。永井さんの貴重な歌声が聴けて良かったです。
それから温泉で汗を流してから天理ラーメンを食べました。白菜が入っていて美味しかったです。
また、夜の山道でのドライブは新鮮でドキドキしました。大学生っぽいことをしたがりな私にとってはいい経験になりました。ドライバーの川口さんありがとうございました。
今回の山行は食べてばっかり車に揺られてばっかりで、山がおまけかな?と感じられるほどゆるい山行でしたが楽しかったです。
文責 :上田
写真: 参加者一同

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事