ここから本文です
D-Spls! 「D」さん題あり
ディー・スペシャルスの仕事(&遊び)の記録、宣伝等などオフィシャルお気楽ブログです(笑)。

突然爆音




いやあ、いきなりめちゃくちゃ寒くなりましたね‥みなさま体調崩されてませんでしょうか? 寒さに弱い店主「D」です


お預かりのスバル360のメンテが終わり、テスト走行中に登坂でアクセルを踏み込んだら突然爆音になりまして‥。


エンジンルームを覗き込んでも、車体をリフトアップしても異常は見当たらず。室内からメンテナンスハッチを開けましたら‥原因がありました。


イメージ 1

エキパイにぽっかり穴が。

こういう場所で穴が開くのはたいていアールの外側です。排気ガスの遠心力でアール外側が熱を持つんですね。

修理しやすい場所でよかった。


イメージ 2

そのままパッチを当てて終了。

TIG溶接のなせる業ですな。半自動やアーク溶接ではマフラーを取り外さずに溶接すると大惨事になります‥

確認から修理完了まで30分でした。




この記事に

4.80-10 バイアスタイヤ




ハーレーなどのモーターサイクル用ビンテージタイヤを作っている、オールステートタイヤさんがスバル360に新車採用されていた4.80-10バイアスタイヤをリプロダクションする企画を発表されました。

ルックスはこだわりの「マルチサ○ビス」風を再現されるそう!
現代の技術で再現される、新品バイアスタイヤ。もちろん公道使用・
車検OK! タイヤメーカーさんの企画なので信頼性も高そうです!

145-10ラジアルに満足されていないみなさん、いかがでしょうか?
スバル360ではボンネットに収まるスペアタイヤはこのサイズしかありませんしね。 

クラウドファンディングで製作費が集まらなかった場合は実現しないかも‥!? 募集期間は今日から62日間です。



よろしければ是非ご賛同くださいませ!


イメージ 1





この記事に

Aladdin




遅ればせながら(?)我が家にアラジンストーブを導入いたしました。


前から欲しかったのですが、いろいろ調べてるとついつい古いモデルのほうに目がいってしまうのは旧車乗りあるあるですね。 80年間製造しているらしいアラジンストーブではなおさらです。


せめて丸い受け皿のものがいいなあ〜とヤフオク参戦するも送料の懸念で追い切れず‥。


悔しいので近くのリサイクルショップめぐりをしていると、期待してなかったお店に(失礼 )うお!2台!好みのグリーンの丸皿の37型と現行モデルに近い39型があるじゃありませんか。


で、連れて帰ってしまいました〜!




イメージ 1


帰ってきて早速の火入れ。 綺麗なブルーフレームです。

価格は送料入れてのヤフオクと同じくらいかな。 2週間の保証付


耐震装置付きの丸皿、1973〜74年ころの日英合作の37型です。ノブの下のステッカーが残っていたら MADE IN ENGLAND の文字があったでしょう。(たぶん。いろいろ調べた結果。間違ってるかも。) 



それから芯の手入れをし、窓のマイカを交換し、より健全なブルーフレームになりました。


イメージ 2

灯油ストーブなのに青い焔。 見ていると癒されますね。



暖まるまでちょっと時間かかるけど、寒い冬どんとこい!




この記事に

フードスプリング




必要に駆られればこんなものも作ります。 スバル360のフロントフードのキャッチのところに着く持ち上げスプリング。 これが切れるとフードワイヤを引いてもボンネットが開きません‥

後期のスバルは比較的よいのですが、スリットタイプのボンネットの車両は雨水で錆びてしまうのですね。


イメージ 1


その気になれば意外と自作できる部品です。 ホームセンターで売ってる1.1〜1.2ミリのピアノ線が材料。 コツはセンターから左右対称に作っていくことですね。ラジペンやプライヤで曲がります。

写真は一番難しいコイル部分。ドリルキリを使ってますが、この後すぐに8ミリ丸棒に変更‥



形になりました。

イメージ 2


右が見本、左が製作品です。


イメージ 3

このあとライターであぶって焼入れします。ワイヤが青く変色したらストップ。(まあ、焼き入れしなくても使えますがね‥。)
錆びないようシルバーに塗って完成です。



イメージ 4

コイルの詰めがむずかしくちょっと開いてますが、充分実用に耐え、また言わないとわからない程度の出来になりました。 取付け後にねじって形を整えられます。


お困りの方‥もし見本を借りられるならば、頑張ってみては? 





この記事に

輪廻転生




当店作業場の屋根下には使わないものがたくさんあって、お預かり車両の駐車スペースがない! これじゃいかん!

少しずつ部品取り車を断捨離しようと思ってます。



手始めに事故車として引き取ったスバル360のドンガラ処分。取れる部品はすべて取ってあります。部分的にボディパネルを切り取って使おうと思えば使えなくはないけど、キリがない‥。捨てます。



イメージ 1


軽いスバル360のモノコックボディは1/4に切ると一人でトラックに積めます。

鉄屑屋さんでこのドンガラ1台で1,780円くれました。


今までお疲れさま。 鋼材に生まれかわってまた頑張ってね!



この記事に

10月のC&C




ちょっと前ですが、またオートプラネット主催の"Cars&Coffee"にいってきました。
今回は750ニンジャで‥初のバイク参加。


イメージ 1


まだまだ暑いくらいのいい天気、バイクも多かった。


イメージ 2



しばらくするとスゲーのがやってきた!











イメージ 3


どーーーーーーーーーん!! カウンタック5000QV!! 

美しすぎる、永遠のスーパーカーです。来てよかった!



イメージ 4

見てくださいこのタイヤ、このハイトで35偏平です! 345/35ZR15こんなサイズは他のタイヤ選べないですな‥。なんて漢(オトコ)らしい!



イメージ 5

変わってこちらは初期のワゴンR。今地味に欲しい一台。ピカピカノーマルで乗りたいな。これもある意味名車ですよね。つい‥パチリ。



イメージ 6

今週のビックリドッキリメカ、ロードスターFBのハイリフト! なんじゃこりゃ! トランクぶった切ってスペアタイヤを積んだりとセンスあふれるモディファイ。 でも駆動系はノーマルっぽい‥ 



イメージ 7

こちらは極悪ズーマー! 鬼太タイヤ&ロンホイだけかと思いきや、なんとエアサスローダウン! なんちゅうか‥発想が豊か。柔らかい頭があれば不可能はないんですね!?



イメージ 8

MVアグスタF4とZ2カフェのアンバランスコンビ。このカフェかっこいい!旧車會風スタイルじゃなく、ピシッとした黒いツナギとフルフェイスで峠を走りたいカスタム。 F4は派手めなツナギで峠を走りたいですな 



イメージ 9

気になる現代バイク、MVアグスタのドラッグスター。倒立フォーク&プロアームにスポークホイールがイカス!



イメージ 10

いい顔してる2台 



イメージ 11

う〜ん、バンブルビーカマロも欲しいなあ!



いい目の保養になったのでした。また来月



この記事に

大きな作業




やっと異常に暑い時期が済んだと思ったら、今度は台風ラッシュですね。 立て続けに大災害がやってくる大変な年です‥。
被災されたみなさまこころよりお見舞い申し上げます。



1年半近く順番をお待ちいただき、お預かりから間もなく1年経とうとしている‥お客さまのスバル360を現在集中して作業しております。

イメージ 1


エンジンを降ろし‥
クランクベアリング総交換、シリンダ計測及びホーニング、ピストン各指定膜厚コーティング、各オイルシール・ベアリング・ガスケット類の交換、ファンダンパーリジット化、前後エンジンマウントラバー交換、各部ガラスビーズでサンドブラスト、シュラウドはパウダーコーティング、ミッションシンクロ計測、各部増し締め、キャブオーバーホール、オイルポンプオーバーホール及び吐出量計測、そしてエンジンルーム及び全部品洗浄‥。




昨日エンジンを掛けることができました。

イメージ 2

うん、いい感じ



あとは‥
ガソリンタンク切開清掃してコーティング、ブレーキマスター・全ホイールシリンダオーバーホール、ブレーキホース交換、バックプレートをガンコート塗装、ホイールはパウダーコーティング塗装、タイロッドエンドブーツ交換、フロントハブベアリング交換、ドラムクリーニング、ベンチレータゴム・ルーフゴム交換、ヒータブロア取り付け、ボディ各部板金修理、車検取得 ‥で完了。



お客さまとの期限は今月末‥! 間に合うだろうか!?
このところこれに掛りっきりなので納車するまで収入がない‥!
いろんな意味でヒヤヒヤなのです‥ 



Sさま、頑張っております! もう少しお待ちくださいませ〜。




この記事に

走ってきました




今週月曜日、岡崎のキョウセイドライバーランドで行われた、タイムトンネルトライアル(通称TTT)を当店のスバル360「あおいレーシング」で走ってきました。


イメージ 1




何とか完成させたロールバー(あり合わせの材料で作ったペラペラなアルミ製だけど、ノーマルFRPルーフよりはマシでしょう?的な。基本的に転倒対策です‥)。

キャブの調子が悪くアイドリングが定まらない。けど走り出せばまあまあ‥今まで通りな感じでした。しかし今使っているKOSOは以前のOKOよりも大分質が悪いな〜‥同じPWK のパチもんなのに。



イメージ 2



で‥結果ですが、70SⅠクラス出走8台中‥6位。
今回はこれぐらいで許してやろう 


「RD-1」を鋭意製作しつつ、それまでの間は「あおいレーシング」で走ることにするとしましょうか。


TTTレポートお楽しみに。


この記事に

来週のTTT




この夏の酷暑もあって、「RD-1」プロジェクトは進んでいません‥ みなさんごめんなさい 


イメージ 1





それなのに次の月曜はもう秋のTTTジムカーナです‥。

で、結局とりあえず今回は「あおいレーシング」を走れるようにして、お茶を濁します!?

イメージ 2

二年放置だったので、ブレーキをオーバーホールして‥



イメージ 3

ポイントを替えて、ついでにアーシング(怒涛の22sq!笑)を施しました。

あとは今週末にキャブオーバーホールしてガソリンを入れ替えたら、とりあえずOK。 時間があったらロールバーを作りたいな。





イメージ 4

Fセンターサスペンションは丸太というふざけた仕様であります‥


雨降らないといいなあ、コンバーチブルだから‥。





この記事に

震動と整備性




まだまだ暑い日が続きますね‥。だめだ‥バテてます。ダレてます 


車検で入庫したヤングSSのセルモータのメンテなんですが、いやあ〜ヤングSSは整備性が悪い‥。 キャブを外さないとセルモータが外せません。SOLEXという名のツインキャブを外すのがまた知恵の輪なんです。

このような切断スパナをヤングSS・SSTとして使ってます。

イメージ 1

余っている工具なんかも断捨離しないようにしましょう。加工用に使えるかもしれませんよ‥(だから片付かない‥ 




ついでにクラックの入っているマフラーの修理。 スバル360は基本的にマフラーにクラックの入りやすいクルマです。それがヤングSSになるとより顕著! 高回転で乗る仕様だから仕方がないのですが、割れと修理のいたちごっこになります。 排気漏れしていると車検に受かりません。

イメージ 2




この車両はこんなところも外れてました。これはちょっと珍しいですね。火花の飛ばないTIG溶接ならばケースを取外さなくても修理可能です。

イメージ 3

なお、クラッチ側のメッキされているマフラーブラケットはかなりの確率でみんな割れています。 このクルマも過去に修理されていたのがまた割れていました。
機会があれば確認されるとよいですよ。



あ、このヤングSS、委託販売させていただくかもしれません‥ 



この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事