DABHAND PRODUCTIONS

未来や過去の「何」ではなく、今の「如何に」を問う。

全体表示

[ リスト ]

My Sweet Home...

イメージ 1

「人が死んでのちに残るのは、集めたものではなくて、散らしたものである。」
                             ジェラール・シャンドリー


ここ2〜3年でしょうか、私が親とまともに話すことができるようになったのは。
それまでは、親が嫌いでした。嫌な部分ばかりが目について、
尊敬できるところなんかない、と思っていました。
親に干渉されたくないと抵抗していました。
自分の可能性を潰されたくないと、粋がっていました。
親の助けがなくても生きていけると、自信をもっていました。

私は自分の力で生きているつもりでした。

今想いかえすと、なんて自己中心的な考え方だったのかと、恥ずかしくなります。
親との関係が改善されていったきっかけが、何だったのか覚えていません。
でも、その頃からか、「より良く生きるとは?」という問いを真剣に考え始めていた気がします。

そして、その答が分かりました。
人を幸せにする努力をする
そんなこと、ずっと前から分かっていたことかもしれません。

人間誰しも、より良く生きる方法を知っているんです。
でも、それを実行できないだけなんです、プライドとかが邪魔して。

森本レオさんがドラマ「ロング・バケーション」の中で言っていました。
壁取っ払っちゃって下さい。」 と。

私は、自分の壁を取り壊している最中です。
そうさせてくれているのは、私の信じる神様であり、キリスト・イエス様です。

今年は家族みんなでハッピーって言いたいです。




それで、何事でも自分にしてもらいたいことは、ほかの人にもそのようにしなさい。
                             マタイ7:12

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事