DABHAND PRODUCTIONS

未来や過去の「何」ではなく、今の「如何に」を問う。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全17ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 1

ホワイトカラーエグゼンプション(White-Collar Exemption)なる制度をご存知でしょうか?
アメリカで用いられている制度です。日本でも、労働基準法の改正案の一部として、2007年の国会に上程される予定です。

ホワイトカラーとは、白襟(White Collar) を着て働く人、つまり、オフィスで働くサラリーマンを指します。(反対に、工場などで働く肉体労働者をブルーカラーと呼びます。)エグゼンプションとは免除という意味です。Tax Exemption(免税)なんて具合に使われるので、ホワイトカラーエグゼンプションもサラリーマンに対する課税の控除かと思いましたが、全く違いました。

日本経団連の『ホワイトカラーエグゼンプションに関する提言』の中では労働時間等規制の適用除外と呼んでいます。要は、サービス残業を合法化する制度です。

日経連の主張はこうです。
ホワイトカラーは「労働時間の長さと成果が比例しない」から、1日8時間労働という枠を取っ払って、役割&成果に応じて給料を支払っていこう。そうすれば、ちゃんと働いている人が報われる。考えてるんだか、休んでるんだか分からんような奴に給料は払えん。

聞こえはなかなかいいです。
でも、実際は、経営者の人件費削減の手助けをするだけで、雇われている側は、なんの特にもなりません。なぜなら、現時点で、多くの人が成果を挙げるためにサービス残業をしているから。労働政策研究・研修機構によると、月間50時間以上の超過労働を行う人の割合は21.3%にのぼるといいます。そして、超過労働を行う理由で最も多いのは「そもそも所定労働時間内では片づかない仕事量だから」(61.3%)だそうです。こんな状況で、サービス残業が合法化されたら、たまったもんじゃありません。

更に「対象となる職業が曖昧」です。どっからどこまでがホワイトカラーなのか明確に定義されていません。アメリカでは、工場や建築現場のチーム・リーダーもホワイトカラーに該当するそうです。
時間に代わる評価指標もきちんと定められていません。曖昧さだらけです。

こんな制度を日本が真似したら、いっそう貧富の格差もアメリカのようになってしまうでしょう。
ホワイトカラーは、実は、白襟 (White-Collar) ではなくて、白色 (White Color) を表しているのかもしれません。
ホワイトカラー(白人)が、余計なお金を使うのをエグゼンプション(免除)するための法律。

みなさん、どう生きていきます?

開く コメント(62)

My Sweet Home...

イメージ 1

「人が死んでのちに残るのは、集めたものではなくて、散らしたものである。」
                             ジェラール・シャンドリー


ここ2〜3年でしょうか、私が親とまともに話すことができるようになったのは。
それまでは、親が嫌いでした。嫌な部分ばかりが目について、
尊敬できるところなんかない、と思っていました。
親に干渉されたくないと抵抗していました。
自分の可能性を潰されたくないと、粋がっていました。
親の助けがなくても生きていけると、自信をもっていました。

私は自分の力で生きているつもりでした。

今想いかえすと、なんて自己中心的な考え方だったのかと、恥ずかしくなります。
親との関係が改善されていったきっかけが、何だったのか覚えていません。
でも、その頃からか、「より良く生きるとは?」という問いを真剣に考え始めていた気がします。

そして、その答が分かりました。
人を幸せにする努力をする
そんなこと、ずっと前から分かっていたことかもしれません。

人間誰しも、より良く生きる方法を知っているんです。
でも、それを実行できないだけなんです、プライドとかが邪魔して。

森本レオさんがドラマ「ロング・バケーション」の中で言っていました。
壁取っ払っちゃって下さい。」 と。

私は、自分の壁を取り壊している最中です。
そうさせてくれているのは、私の信じる神様であり、キリスト・イエス様です。

今年は家族みんなでハッピーって言いたいです。




それで、何事でも自分にしてもらいたいことは、ほかの人にもそのようにしなさい。
                             マタイ7:12

開く コメント(0)

開く トラックバック(1)

魂の時代

イメージ 1

『国富消尽――対米隷従の果てに』《吉川 元忠 (著), 関岡 英之 (著)》という本が、森田実さんや、天木直人さんのウェブサイトで紹介されています。いかに日本が、アメリカの都合のいいように使われているかを解説している本です。私はまだ読んでいないのですが、次のようなことが書かれているらしく、一刻も早く読むべきだと感じています。

日本企業買収に使われているお金は、そもそも、日本から出ている。

   日本が大量のお金を、アメリカに貸し、それが回りまわってその一部が日本に戻ってきて、
   日本企業を買いまくっている。債権国日本の企業が、債務国アメリカに買収されている。
   日本の超低金利政策も後押している。

外資にナイーブすぎる日本

メディアは「外資に見放されたら日本はおしまいだ」などと言っているが、日本はそもそも
   債権国でお金が余っている。

民営化イデオロギーに踊らされる財界

「官から民へ」は、国民の「民」でも、「民主主義」の「民」でもない。民間会社や民間金融
業者の「民」を意味している。民営化とは「公から私」へ、であって、「官から民へ」のすり
替えは、官尊民卑に反発する世論の取り込みのためのもの。


「経済とはお金の流れだ」とよく言われますが、お金がアメリカに流れている(これからもっと流れようとしている)状況で、小泉内閣の言うように「景気は回復」しているのでしょうか。中小企業の景気は依然として厳しいものですし、国民の負担は増すばかりだし、郵政民営化による行政サービスの低下と外資の進出と、国民全体によろこばれる回復は何もありません。


私たちのお金がアメリカに吸い取られていくのを見てみぬフリをする時代は終わりました。
何を変えて、何を変えてはならないか、その事を私たち一人一人が考えるという時代です。

そして、「魂の時代」であると斉藤一人(さいとう・ひとり)さんが述べています。「魂の時代」には、魂を育てること、心を豊にして生きること、を真剣に考えて、会社も家庭も個人の生活も、築きあげていかなければ、真に豊な社会は生まれないのだと。

今年も残り350日です。
その残りの日数を、一日でも多く笑って過ごせるよう、
世の中の変化にきちんと対応していきたいですね。

開く コメント(0)

開く トラックバック(1)

<新年と新事業>

われらにとりては、新年必ずしも新ではない。旧年必ずしも旧ではない。
霊これ新である。肉これ旧である。キリストこれ新である。この世これ旧である。
肉を捨てて霊に行き、この世を去ってキリストに至るよりほかに、旧より新に移る道はない。

この世の人はただ変化を要求する。
彼らが新と称するは、新にはあらずして変化である
年が変わればこれを新年と称し、政府が変わればこれを新政府と呼ぶ。
しかし新ではない変である。ただ変わったまでである。しかもその実質が変わったのではない。

ここにおいてか真の新なるものはこれをこの世より望むことはできない。この世はいつまでも旧である。
年は幾たび改まるも、内閣は幾たび更(か)わるも、この世はやはり古き旧の世である。
輪換は革新ではない。更生のみ、真の革新である

一人の人がキリストを信ずる時に、真の革新は始まるのである。

内村鑑三

1908年1月 『聖書之研究』より


イメージ 1


人は新しいぶどう酒を古い皮袋に入れるようなことはしません。
                   マタイ9:17



開く コメント(0)

指差呼称よし!

『若者の多くが「考える」という人間生活の基本をないがしろにし、「風にそよぐ葦」のようになっている。』

森田実さんのお言葉です。
ここ最近、わたしも「考える」能力が低下しているのか、「書く」という作業がやたらと遅い。
情報を吸収するだけで、その情報を自分なりに処理して、新たに生み出す(書く)ことができない。

来年はもっとプロダクティブな労働者を目指したいです。


イメージ 1


王は正義によって国を建てる。
しかし重税を取り立てる者は国を滅ぼす。
            -- 箴言29:4 --

開く コメント(0)

全17ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事