DABHAND PRODUCTIONS

未来や過去の「何」ではなく、今の「如何に」を問う。

LOMO (写真)

[ リスト | 詳細 ]

リラックス。
そんな写真撮りたいな。
記事検索
検索

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 次のページ ]

指差呼称よし!

『若者の多くが「考える」という人間生活の基本をないがしろにし、「風にそよぐ葦」のようになっている。』

森田実さんのお言葉です。
ここ最近、わたしも「考える」能力が低下しているのか、「書く」という作業がやたらと遅い。
情報を吸収するだけで、その情報を自分なりに処理して、新たに生み出す(書く)ことができない。

来年はもっとプロダクティブな労働者を目指したいです。


イメージ 1


王は正義によって国を建てる。
しかし重税を取り立てる者は国を滅ぼす。
            -- 箴言29:4 --

ゆるゆるです。

イメージ 1

関西地方で大規模な停電があったようですね。
その影響で、大阪市営地下鉄は最大25分間、運転を見合わせたとのことです。

相変わらず、日本の公共交通機関は対応が早いですね。
それに比べてNYの地下鉄ときたら、遅れるわ、急に走ってる路線かえるわ、
鈍行が急に快速になったり、ちょっとした雨で走れなくなるわ、
日本じゃ考えられないようなことが多々起こります。
アメリカらしいといえば、そうなんですけども……。

そして、ただいま全面スト突入中。
経営者&労組、両者の意見が分からないでもない。
でもその前に、サービスを向上させる努力をするべきじゃないのか?!と思う。


地下鉄が止まっているので、今はLIRRという不便な路線を使っている。
その帰りの列車の中で、アメリカらしい光景を目(or耳)にした。

電車が混んでいた為、なかなかドアが閉まらないでいると、
車内アナウンスで次のようなコメントが流れた。

"Please let the door close. I can't leave without my clothes."
「ドアを閉め(クローズ)させてください。服(クローズ)がなきゃ出発できません。」

こういうゆる〜い感じのアメリカは好きです。


The Transit Strike
関西で68万軒停電、送電線トラブルで 原発も自動停止

豚と人間

イメージ 1

「この国を変えよう!!」のこうしさんから人間性バトンを受け取っていたのを忘れてました。
できるだけ率直に、自分の人間性を言葉にしてみます。


1. 人間性バトンを廻してくれた方に対しての印象をどうぞ☆

    温かい人。物腰が柔らかい人。勤勉。


2. まわりから見た自分はどんな子だと思われますか?5つ述べよ☆

   (1)目標をもって行動し
   (2)チャレンジ精神旺盛で
   (3)忍耐力がそこそこあって
   (4)そばが好きな
   (5)肉体労働者。

  ホントにこう見られてるかは分からないです。
  自分には見えてない部分ってたくさんあるだろうし。
  

3. 自分の好きな人間性について5つ述べなさい☆

   (1)いつも笑顔を絶やさない
   (2)怒りに遅い
   (3)不平、不満、陰口を言わない。
   (4)率先力&行動力があるひと
   (5)自分の否を素直に認めて、謝れる人。


4. では反対に嫌いな人は?

3と正反対の行動。


5. 自分がこうなりたいと思う理想像は???

   (1)自分を賞賛せず、誇り高ぶらない。
   (2)誠意を持ちながら、強い決断力を持つ。
   (3)すべての人に対して、思いやりと礼儀正しさをもつ。
   (4)不平を言わず、感謝の心を常に持つ。
   (5)たくさん人を励まし、元気づける。


6. 自分の事を慕ってくれてる人に叫んで下さい☆

今年もお世話しました(?) よいお年を。
   

7. そんな大好きな人達にバトンタッチ!!(15人)

15人もいないわぁ〜。

イメージ 1

『七つの社会的罪』Seven Social Sins
1.理念なき政治 Politics without Principles
2.労働なき富 Wealth without Work
3.良心なき快楽 Pleasure without Conscience
4.人格なき学識 Knowledge without Character
5.道徳なき商業 Commerce without Morality
6.人間性なき科学 Science without Humanity
7.献身なき信仰 Worship without Sacrifice

マハトマ・ガンディー  Mahatma Gandhi



ガンディーの言葉は、どれも心にぐさっと刺さる。
ただ単に、彼の言葉に共感できるからというものではなく、
自分の弱さが露わにされる、そんな感覚にさせてくれるからだろう。

そういう点では聖書の御言葉に近い。

しかし、聖書は人間の愚かさ・弱さを気づかせてくれること以上に
人のこころを豊にし、道しるべになり、真実といのちを与えてくれる。



疲れた者には力を与え、
精力のない者には活気をつける。
若者も疲れ、たゆみ
若い男もつまずき倒れる。
しかし、主を待ち望むものは新しく力を得、
鷲のように翼をかって上ることができる。
走ってもたゆまず、歩いても疲れない。
                    イザヤ書40:29−31

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事