休日に歩いて遍路

四国遍路の番外霊場やへんろ道の紹介です

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

65番 三角寺 (2-1)


最初のころは伊予三島に宿をとって戸川公園からお寺に上っていましたが、最近は伊予三島高速バス停を区切りにして太陽の家の前を通るルートが多いかな

朝一番730分の高知発で伊予三島高速バス停、840
三角寺にお参りして別格13番仙寺にお参りすれば66番雲辺寺の手前、佐野の民宿岡田
寺に寄らなければ66番を打って香川県側の民宿青空屋
 
こう書きましたが佐野の岡田までは高速バス停を9時出発では遅いかもしれません
実際前回、バスで高知からきて岡田に泊まった時には平山バス停あたりで
6時くらいになります」と電話を入れると
「椿堂を過ぎたらもう一度電話して」との返事
椿堂で電話をしてその先で5時前にピックアップしてもらいました
そのまま歩いていたら6時を過ぎていたかも

岡田まで行くのなら伊予三島を7時前くらいに出なければならないかな
寺に寄らないで青空屋までなら大丈夫でしょうけれど、いずれも夏場のことですね
今頃の季節、夕方3時半以降の山道歩きはお勧めできないですから
 
今回は最終日だったのでインター近くの宿をとり、三角寺、仙寺でゆっくり、帰りは堀切峠を通って初めて通る平山へと降りる道を探して平山のバス停を区切りにしました

平山バス停は本数はそれほど多くないですが伊予三島駅行きが16時ちょうど
日曜を除く月〜土には1810分にも
また翌日(次回)帰ってくるのに三島駅を743分で平山には813分に着くバスがあり便利です
 



さて、お寺の紹介

イメージ 1

イメージ 2

この辺で中ほど

イメージ 3

山門

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

鐘楼門なので鐘をついて入りましょ

イメージ 10

歩いていてお寺の鐘が聞こえると「近くまで来たな」と一安心するものです
おびんずる様はこんなところに

イメージ 11

正面は本坊

イメージ 12

左に曲がり一番奥に本堂

イメージ 13

門のすぐ左にはトイレ
昨年出来たばかりできれいですよ

イメージ 14

奥まで進むと本堂の前に手水

イメージ 15

イメージ 16

本堂

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28

イメージ 29

イメージ 30

本堂の前にはいくつかの道標
本堂わきに

イメージ 32

「奥の院まで五十八丁」

正面、手水の横にも

イメージ 31

イメージ 33

イメージ 34

実は昔は三角寺には大師堂はなく、現在の仙寺が大師堂
そして奥の院と呼ばれていました
 
後ろにある山脈を地蔵峠(H730m)で越えて五十八丁(6322m)
山の反対側にある大師堂にお参りしていたのですから大変です
 

で、手遣りの方向は

イメージ 35

境内南東角に奥の院への道の入り口があります

イメージ 36

イメージ 37

大師堂は山門と本堂の間にあり一段高い場所に

イメージ 38

イメージ 40

イメージ 39
 
 
イメージ 41


 

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事