ホヤ・カルノーサ(開花開始) 2008


科属名:ガガイモ科ホヤ属
和名 :サクララン
ラベル:Hoya carnosa "ma(r)ginata"


今朝は咲いていなかったが、夜帰宅すると半分くらいの蕾が開き始めている。
通常の花は開花はかなり短い時間、特に夜に行われ、前日まで蕾だった物が翌朝開花していることが多い。
まだ良く分からないが、このホヤはゆっくりと時間を掛け開花するのかもしれない。
しかも夜に開花するとは限らないようだ。

イメージ 1

昨晩(7/31 0:11)はまだ開花は始まっていなかったが、


イメージ 2

今晩(7/31 21:43)帰宅して見ると半分くらいの蕾が開きかけている。
写真で見かけるのは、もっと白いが、咲きかけはこの様にピンク色が強いのか?


イメージ 3

クローズアップ。


この記事に

開く コメント(1)

収穫前の様子 (2008)

収穫前の様子 (2008)


収穫後ばかり撮ってもマンネリなので実が生っている様子を。


イメージ 1

きゅうりなのだが一種の生理障害なのだろうか?
家族からは瓢箪ではないのかと散々言われる。


イメージ 2

こちらは比較的まともなきゅうり。
左は"イボ付き支柱"、右がきゅうり。


イメージ 3

ピーマンの様子。
順調。

イメージ 4

ししとう。
毎年、安定している。


イメージ 5

なす。アブラムシを食べてくれるからと大目に見ていた天道虫にやられた。
葉はご覧のようにすかすか。実も一見してそれと分かるギザギザ模様があちこちに現れ、引き攣った様になり形も悪くなる。
来年は天道虫も可哀想だが、捕殺するしかないかも。

この記事に

開く コメント(0)

収穫4、5、6 (harvest 2008)


7月は雨が少なく、気温が高い日が多かった。
野菜はその後も順調に育ち、収穫が増えてきた。


イメージ 1

収穫は7/6(日)。
左側、ピーマン2個。
ミニきゅうり1個。普通のきゅうり2本。
右側、ししとう4個、インゲン8本。
ミニトマト(トマトベリー)1個。
きゅうりは形が悪い。ひとつはまるで瓢箪のよう。
もうひとつは形は悪くないが、収穫がやや遅かった。


イメージ 2

収穫は7/15(火)ころ。
ミニトマトは次々と成り、家族が適当に採っては食べてしまう、毎年恒例の状態に。
一本の苗からトータルで何個の収穫があるのか確かめたいが、今年も無理な状況になった。
トマトベリーは皮がやや厚く硬い印象がある。
味は通常のミニトマトと変わりは無い。


イメージ 3

収穫は7/20(日)。
左側、ししとう14個、インゲン9本。
右側、ピーマン1個、なす5本、ミニトマト11個、中玉トマト1個。
ししとうが面白いように採れる。
インゲン、ピーマン、ししとうは煮浸しにして食べる。


この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事