飯田たけし 見敵必殺

志士の気概を以って世に提言 地域社会から安全保障まで、なんでもありでやります

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全148ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

幸不幸

同じことをして

不平不満たらたらの人と

鼻歌交じりの人がいる


同じ景色を見て

アラを探す人と

美しさを見出す人がいる


同じことをされて

足らないことを指摘する人と

満足する人がある


不満の種を探す人と

感謝の種を探す人


悪しきことを探す人と

良き事を探し出す人


同じ富士山でも



そのゴミの量だけ見る人あり

木花咲耶姫を見る人あり


マイナスで見るか プラスを見るか

欲求で見るか 感謝で見るか


条件は同じでも

幸不幸は 人それぞれ


やはり 心こそ全てなのだ

反省

正しいことしてると
自負してて

善行の自信があり

義務を果たしている
誇りがあった

だが いつのまにか変質する

自我我欲に堕ちる訳ではないが
実績やら名声やら立場やら
そんな しがらみに
からめとられてしまう

高邁な理想は 
いつのまにか変質し

変質したことすら
自分では分からない

残っているのは
妙なプライドに 
上から目線

心は 正し続けなければ
変質する
生きている限り 自我我欲は出るのだ

だからこそ
反省と心の探究か
必要不可欠なのだ

○ 言葉

いい足りなくて 伝わらず

つい 言い過ぎて墓穴を掘る


一部だけ 切り取られれば 誤解され

多くを語りすぎても 聞いてはもらえない


言葉は不自由だ


でも逆に


たった一言に あふれるばかりのメッセージが乗る

簡単な説明に イメージが無限に広がる


言葉は魔法でもある


語る人の 思いそのものが無限の仕事をする


良き言葉に 良き未来がひきつけられ

悪しき言葉には 未来が閉ざされる


良き思いと 良き言葉

すなわち

八正道による「正思」と「正語」なのだ

ひも付き

 ひも付き


ODA(政府開発援助)で 

日本企業が仕事を取る「ひも付き援助」

「汚れている」とばかりに非難の嵐にあった


国家の善意に見返りを求めると

どうやら 人類の敵になると思う人がいる


でも個人の善意や善行が

完全に見返りを求めないことは

これは難しい


見返りを求めない愛こそ

本物の愛だ

だが本当に これが可能だろうか


愛を与えた時

感謝を求めないだろうか

感謝されなければ 非難したくならないだろうか


善行をなした時

評価され 誉められることを期待しないだろうか

無視されたら 不平不満を持たないだろうか


愛も善行も 程度の差こそあれ

ひも付きだ


ひも付きの愛は

単なる取引

ひも付きの善行は

ただの投資


誰にも知られずとも

非難の嵐が襲おうとも

坦々と愛と善行に生きるならば

その人は すでに偉人である


愛は風の如く


透明で 吹き渡った後に

その痕跡すら残さないのだ


○ 腹が立った

久しぶりに 腹が立って

叱り付けてやろうと思いました


まあしかし その小言 何とか飲み込んで

しばらく時間を耐えました


そして 自分の感情を抑えて 

冷静に第三者の眼で見てみると

はずかしながら

私の身勝手さが見えてきました


こうなると もう怒れません

叱るどころか

自分の不手際が 見えてきます


こっちには こっちの見方

あっちには あっちの見方


誰しもが 自分を中心に 物事をとらえます


腹が立ったら 相手の見方で考えてみる


こんなこと 知っていましたが

まあ 分かってはいなかったのですね

怒りの毒すら コントロールできない自分


知ること 分かること 実践できること

全部異なり その境界線のハードルは高いです


凡夫は 凡事徹底で 

コツコツ行くしかありません


道なお遠し・・・

全148ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事