飯田たけし 見敵必殺

志士の気概を以って世に提言 地域社会から安全保障まで、なんでもありでやります

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全137ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

○ 悲しみ

愛が 悲しみの時がある


他人の苦しみや悲しみが

我が事のように思えて

同じく苦しみ

同じく悲しむ


この世の中には

幸福ばかりが 溢れているわけではない

不幸な人

悲しみに沈む人

苦しみを得た人 与えられた人


栄える悪徳の中に居て 魂が苦しむ人もいる


それらの苦しみ悲しみを

自分のものとして感じる

これが仏教的には「同悲同苦」だ

慈悲という言葉に通じるのだろう


一方で

父性的な愛や 厳しい愛も存在する


だが表面的には 厳しく父性的な愛だとしても

その心の中では 見えない涙を流しているのが

本当の愛の姿だろう


愛は 感謝であったり

力であったり

喜びであったり

奇跡であったりと

様々な顔を持ち 尽きることのないテーマだ


だが

傷に そっと手をかざさずには居られない

「同悲同苦」の涙が


いつもどこか底流に 

流れている気がするのだ

開く コメント(0)

○ 全ては

お金は 儲けるよりも 使うほうが難しい

宝くじに当たっても 使い道には困る

車を買うか 家を買うか

はたまた 一時の贅沢三昧

生きたお金を使うのは

本当に難しい


智慧だってそうだ

自分のためにだけ使えば

それこそ 立派な詐欺師になれる

騙すまでいかずとも

他人を手のひらの上で躍らせることくらい

智慧を使えば簡単だろう


お金のある人

家柄のいい人

地位のある人

賢い人


みんな 自分のためだけに使えば

良くって ただの人

悪くすれば 神さまから叱られる


全ての「資産」は 愛のため


愛のために 使えば

智慧だってお金だって

全ては 黄金色に輝く


何も 全て捨てろというのではない


ただただ 動機を愛に置くだけだ


「愛のため」ならば 

全ては 光り輝くのだ

開く コメント(0)

○ 利自即利他

何だかんだ言って

本当は 金儲けだけ考える人もいる


一方で声高に 福祉を叫ぶ人

もちろん 悪い金持ちからの再分配だ


誰かが成功すれば

誰かが損をするから

負けてるほうに お金を回せ


そんなもんだろうか


でも 仏教では「利自即利他」を説く


自分の幸福が 他の人の幸福にもつながる

そんな教えがあるのだ


松下幸之助さんの大成功は

大樹となって 多くの人を養った

本田宗一郎さんの大発展もそうだ


餓鬼地獄の成功者もいるだろうが

自分の成功が他の成功に

自分の幸福が他の幸福に

そんな成功者も 確実に居る


醜い欲から距離を置き

清貧の中に生きる選択もある


しかし 心清ければ 確実に失敗するというわけではない


心清らかでも 豊かに成功することは可能だ


この世の欲を越えた成功は

愛の成功


「利自即利他」は 愛の成功なのだ


開く コメント(0)

○ ゲーム

人生は 長いロールプレイングゲーム


初期設定は

国籍に時代 

地域と家族構成 

経済力に

容姿に能力だろうか


それに後天的な努力の絶対量を

感性・知性・悟性のどれに注ぐか


周囲の応援を得られるかどうかの

運と 茶目っ気


これで 人生ゲームが続く


職業の選択に

結婚するか否か

子供は何人

どの地域に住む


人生ゲームは 選択の連続だ


そして 大きな人生の岐路は

何度も用意される

戦うか 尻尾を巻くか

抗するか 屈従するか


万人の取る 平安の道を進むか

あえて 火中の栗を拾うか


平安の道は 得るものも少ないが

火中の栗を拾えば ボーナスポイントは莫大だ


人生ゲームが終わって 残るのは

記憶という宝物と 経験値

勝利や敗北から学んだ智慧

勇気を奮った 決断に

そして 

もらった愛と 与えた愛


どうせなら ワクワクするようなゲームを


敗北しそうだろうが

失敗しそうだろうが

みじめになりそうだろうが


選択と決断がなければ

ゲームはぶち壊し

やらない方が まだましだ


せっかく始めた 人生ゲーム

どうせなら 最大限の ワクワクを


どんな年齢でも ゲームはまだ終わっていない

これから来る ボーナスステージは

逃さすにゲットしましょう


結果は人それぞれ

でもワクワク感は誰でも味わえる


人生はゲーム

この世は 仮の世だ

開く コメント(0)

滑走路

上ばっかり向いて 
生きていると

大抵のことでは 
満足できなくなる

与えられてるのに

足らなくて
不満で

他人を責めて
社会に不満で
時代を呪ったりする

でも 本当は
生きてるだけで めっけもんだ

生活を送れるだけで
三度のご飯が 食べられるだけで
住む所があり
寝る場所があるだけで

それだけで
涙を流して
感謝する人がいる

上を見上げるのは大事だが
時には 
踏みしめる大地を感じることも
また 大事だ

天空高く飛翔するには
飛び立つための滑走路は
どうしても 不可欠なのだ
 

開く コメント(0)

全137ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事