脱脂粉乳世代

ブログ消しました。 再開です。過去記事はhttp://okonnba.blog29.fc2.com/

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全936ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

https://ryukyushimpo.jp/news/entry-720180.html

イメージ

愛楽園自治会が所蔵するカルテの一部。最下段の備考に断種を示す「vasketomie(ワゼクトミー)」と記されている (画像の一部を加工しています)

 出来上がった畝を見下ろし、くわに手を置いて一息入れていた時だった。突然、背後から男性職員2人に羽交い締めにされ引きずり出された。必死にもがく男性を押さえ、職員は耳元で言い放った。「おまえの番だ」。連れて行かれた場所は手術室だった。手術台に寝かされた男性はふんどしを看護婦にはぎ取られた。指で性器をぱちぱちとはじく看護婦の顔には薄笑いが浮かんでいた。

 沖縄県名護市済井出にあるハンセン病療養施設「沖縄愛楽園」に強制隔離された男性(97)は、1947年ごろ、強制された断種の様子を初めて証言した。今も家族にすら明かせない体験を語るその口調は怒りに満ちていた。「人間のやることじゃない」

 ハンセン病は以前「らい病」と呼ばれ、病名そのものに偏見が含まれていた。国は1907年、「ライ予防ニ関スル件」を公布し、31年に「癩(らい)予防法」を制定した。沖縄を含め、全国で患者の強制隔離を進め、「患者根絶」を図った。愛楽園は1938年、設立された。沖縄戦と米統治を経て、今も147人の元患者が暮らす。

 不妊手術を強制された男性は20代前半で愛楽園に隔離された。園で出会った女性と恋仲になり、25歳で結婚した。

 男性は、隔離された人々への強制不妊が施されていたことは知っていた。愛楽園では園内で暮らすことや、結婚を条件に断種を実施した。入所者名簿を基に、看護婦や職員が対象者を呼び出して施術した。呼び出しに応じないものは探し出して手術台へ連行した。

 当時、愛楽園は一つの村のような広さがあり、強制的に連れてこられた人々と医師らの居住区はそれぞれ分かれていた。「断種しないと園におられなかったから、呼び出しに応じた人もいた。だけど、私は園内を逃げ回っていた」

 「妻に腹いっぱい食べさせてやりたい」。おびえながらも、農作業に汗を流す日々がしばらく続いたが、園が男性を見逃すことはなかった。
 あれから70年余。男性は屈辱的な光景が今も脳裏を離れない。「国にとってね、私らは人じゃなかった。恥よ。恥の子供を残させんと考えていたんだろう」。コンクリートの手術台に男性は全裸で押さえ付けられた。医師は有無を言わさずメスを入れた。

 愛楽園内にある病棟。命が宿り膨らんだおなかをめがけ、看護婦が針を突き立てた。薬剤を注射され、母親のおなかから死産で出された赤ちゃんは真っ黒に変色していた。愛楽園は男性への断種だけでなく、妊娠した女性の堕胎も強制していた。

 1950年、9歳で愛楽園に収容された金城幸子さん(77)=うるま市=はのちに回復者として実名を公表し、ハンセン病をめぐる社会の責任を長く訴えてきた。その中でも、金城さんにとって強烈な記憶として残る出来事がある。入所以来、金城さんを妹のようにかわいがってくれた女性から聞いた話だった。

 その女性が妊娠すると、愛楽園の医師らが堕胎させようと注射をおなかに打ったが、赤ちゃんは生きたまま母胎から産まれた。だが、看護婦は赤ちゃんを体重計の皿に置き、そのまま放置した。赤ちゃんは母親を求めるかのように、小さな手足を懸命にばたつかせた。しかし、誰も手を差し伸べず、赤ちゃんはやがて動かなくなった。「治療されてたら今も生きている命だ」。見殺しにされた赤ちゃんを思い、金城さんの涙は今も止まらない。

 ハンセン病患者・回復者の女性は妊娠すると、家族や知人を頼って園外に逃亡し、周囲に知られないよう出産するしかなかった。堕胎させられた赤ちゃんの遺体は、親が自ら園内に埋めた。

 51年、9歳だった金城さんは愛楽園内の小屋に偶然入った。普段は施錠され、試験室と呼ばれる場所だった。内部は薄暗い。目を凝らすと、壁際の棚には複数のガラス瓶が置かれていた。中に入っているのは、人間だということが少女の目でも分かった。瓶の高さは30センチほど。胎児だけでなく大人の大きさの手、内臓のようなものまで、それぞれの瓶に入っていた。「こんなことが許された。まるで動物だ」。その衝撃は金城さんの中で怒りに変わった。

 愛楽園交流会館などによると、園内の強制断種・堕胎は戦前から行われてきた。断種と堕胎の強制は繰り返されてきたが、「vasketomie(断種)」と記された患者カルテが複数枚残っているだけで、多くはカルテに記載されなかった。ホルマリン漬けの胎児について証言する元患者も多い。しかし、その内容や目的、現存するか否かなど今も未解明な点がほとんとだ。実態が闇から闇に葬られることへ、元患者らの懸念は根強い。

 愛楽園自治会は2007年、産まれることを許されなかった赤ちゃんたちを慰霊する「声なき子供たちの碑」を園内に建立した。子どもたちを悼む琉歌が刻まれた。「天と地の恵み しらん水子たや やみの世の嵐 うらみきるな」(天地の恵みを受けずに逝った子よ 縁無き世相を恨まず蓮上の華となり 咲いてくれることを父母は祈っています)

 断種を強制された男性は70年がたつ今も、怒りと悔しさで叫び出しそうになる。堕胎された友人の子を布できれいに巻いて一緒に園内に埋葬したこともある。「国による殺人さ。あんた、どう思うね」。男性は赤く腫らした目でこう問い掛けた。 (佐野真慈)
    ◇   ◇
 名護市済井出の愛楽園開園から11月で80年を迎える。19、20日には県内で7年ぶり2回目となる全国「第14回ハンセン病市民学会総会・交流会」も開かれる。回復者の証言などを通し「らい予防法」廃止から22年が経過してもなお残る回復者や家族の苦しみを探る。

転載元転載元: ニュース、からみ隊

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

ZNN

佐野SAストに続こう 合同労組 群馬


ストライキにより営業がストップし、ロープが張られた佐野サービスエリア内部の売店(栃木県佐野市)

お盆の帰省ラッシュ真っただ中の東北道・佐野サービスエリア(SA)上り線で、8月14日未明からフードコートと売店の営業が一斉にストップした。労働者がストライキに入ったのだ。テレビや新聞が一斉に報道し、日本中に知れわたった。

 佐野SAはコンビニと同じく365日24時間営業。休む間もない過酷な業務だ。運営する株式会社ケイセイ・フーズは、岸敏夫社長夫婦がほぼ全株を握る。栃木県佐野市に本社をおく片柳建設グループの企業だ。

この片柳建設グループは経営が傾き、3カ月前からメーンバンクの群馬銀行から新規の融資をストップされた。借金返済も滞った。佐野SAも、信用不安により7月25日前後から商品が納入されなくなり、8月には倉庫から在庫がなくなってしまった。

この状況を打開しようと納入業者との折衝に必死で当たったのが、今回のストライキの中心人物である総務部長だった。彼の信頼で商品の納入も再開された。しかし、社長はその約束をほごにしようとした。そればかりか、そのことを糾弾した総務部長に対して8月13日に解雇を通告。14日に始まったストライキはこれを受けた全労働者が抗議の出社拒否=ストライキに立ち上がったものだった。


食堂の自動券売機には「中止」の張り紙
経営陣退陣などを求める「従業員一同」の訴え

突然の事態。正確に言えば労働組合の結成もなされておらず、お盆休みでどこにも相談もできなかったという。とにかく全国の市民・労働者に知ってもらいたいと、部長を始め労働者が慣れないフェイスブックやツイッターでの拡散を開始して、事態は大きく知れわたった。社長はスト破りを動員して、業務の一部再開を強行した。

 初めは当事者も、ストライキは数時間で終わると思ったという。しかし、労働者の生活と団結をかけて闘いは進んでいる。労働者の闘いはこのようにして始まるのだ。

立ち上がった労働者に、国鉄闘争を闘う私たちが、労働組合とストライキ、団結の希望と展望を示す時だ。全国でこうした闘いと結びつき嵐のような闘いを巻き起こす、その中で11月労働者集会の大成功を切り開こう!(群馬合同労組・清水彰二)




イメージ




転載元転載元: 宝の山

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

「同窓会に行く妻」に心を乱す夫たちの意外な本音(上)

8/24(土) 6:00配信

ダイヤモンド・オンライン

 配偶者が数年ぶり、あるいは数十年ぶりの同窓会に出かけていく――。快く送り出したものの、そこで何が行われているのかはなんとな〜く気になるものである。しかし、あからさまに気にするのもカッコ悪い。でも気になる。複雑な心理、あなたにも経験があるのではないか。(取材・文/フリーライター 武藤弘樹)

● 同窓会に赴く妻 見送る夫の胸中は

 同窓会をきっかけに関係をスタートさせる男女はちらほらいるらしい。確かに見ず知らずの相手が対象の合コンよりかは、よく知っていて甘酸っぱい青春を共有した相手のいる同窓会の方が、気持ちが盛り上がりやすい面はあるのかもしれない。

 自分が参加する側なら「あの頃のあの子は今どうなっているか」くらいを考え、やましい気持ちを抱いている人はもっと具体的なあれこれを思い描いて参加するのであろう。

 ではさて、妻が同窓会に参加するとき、夫たる自分はどのような心持ちで彼女の背中を見送るのであろうか。「妻が不倫なんぞするわけない」と安心しきっているのか、それとも妻の不倫が心配なのか、あるいはそうしたことが念頭に浮かばないほど無頓着でいられるのか。

 既婚女性数人に話を聞いてみたところ、どうやら夫が妻の同窓会参加に心を乱していると見て取れるケースが、程度の差はあれ散見された。妻の不倫を心配するとまでいかなくとも、妻が自分の知らない青春時代を知っている男友達と会ってくること自体がなんとなく面白くないご仁も、それなりにいるのであろうと推測される。

 妻から見て、そのとき夫はどのような様子であったのか。いくつかのエピソードを紹介するので、ぜひ自分に立場を置き換えて登場する夫との類似点、相違点を発見して楽しんでいただきたい。

● 飲み下しがたき妻の同窓会 機嫌を損ねる夫の風景

 目撃談の中で1番多かったのは「夫の機嫌が悪くなる」であった。妻たちは夫の変調を発見し、そのことによって自分の同窓会参加が夫の心を乱していたことを知るのである。

 「帰ってからしばらく口をきいてくれなくなりました。そんなに浮かれていたつもりはなかったけど、そういうふうに見えていたのかな?」(Aさん/34歳女性)

 「無口だけど物音が荒くなって、『ああ、いつもの不機嫌なときのパターンだ』と。私にはいいが子どもの前でも平気でその調子なので、それを控えてほしいと伝えるとどこかに出ていってしまった」(Bさん/37歳女性)

 「帰宅すると在宅していたはずの夫がいなくなっていて、スマホでどこにいるか尋ねると『外。食事も外で済ませる』と返ってきて、私と距離を取りたいのがあからさまだった。夫をつまらない気分にさせてしまった申し訳なさと、たまの同窓会なんだからそれくらい大目に見てくれたってという思いが混ざって複雑な気分に」(Cさん/39歳女性)

 1人の人間の“機嫌が悪いときのパターン”は大体決まっているので、結婚生活を少し重ねれば互いのそれを把握できる。如実にわかる不機嫌が同窓会帰宅後の妻に浴びせられているのだから、妻はそれと気づく他ない。

 夫らが妻に不機嫌を伝えるつもりでそうしているのか、または胸中悟られないようにしようと努めつつ残念ながら不機嫌が漏れ出てしまっているのか。どちらにせよ少なくとも妻は夫の不機嫌を十二分に承知しており、それによって申し訳なさや不満を内心募らせる。無言の夫婦ゲンカのようなものである。

 なお、Aさんからはこんな感想があった。

 「普段夫は私になんの興味も示さないマシーンのような人で、最近は夫に異性として見られない自分を受け入れつつありました。『それも仕方ないのかな。そういうものなのかな』と。

 けれども同窓会きっかけであんな反応を示す夫を見て、『私になんの関心もないわけではない』ということがわかって、それが本当に意外な発見でした。まあそれを思えば、夫の無口の不機嫌もかわいいものです」(Aさん)

1/2ページ

最終更新:8/24(土) 6:00
ダイヤモンド・オンライン

転載元転載元: nk8**6eのブログ

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

秋の日本株、いよいよ「黄金の大相場」がやってくる

8/20(火) 7:01配信

現代ビジネス
NYダウ大暴落の「深層」

 お盆の盛りにNYダウが800ドル安と今年最大の下げ幅を記録し、「長短金利逆転(逆イールド)」と呼ばれる現象にその要因を求める報道が相次いでいる。

役所があえて教えない、申請すれば「もらえるお金・戻ってくるお金」一覧

 いわく「逆イールドは景気悪化の予兆であり、これが株価を暴落を引き起こした」というような内容だ。

 もちろんその理屈をすべて否定するつもりはないが、今回のNY大暴落について筆者は別の見解を持っている。私の相場観をいわせてもらえば、この大幅な下げが起きたことで、むしろ今年年末に向けて「大相場」の気配が強まったと思わずにはいられないのである。

 なぜか。まずは現状の相場を正しく分解してみよう。

 8月15日の午前中から私のもとには、今後の相場について多数の問い合わせがあった。そもそも7月下旬から相場の動きが激しくなり、乱高下する局面が続いていたし、お盆の休みで羽を伸ばしているときに今年最大の下げ幅を記録したのだから、心胆寒からしめる相場であったことは理解できる。

 そこにきてアメリカ市場で「長短金利逆転」という、将来の景気悪化の「シグナル」とされる現象が起きたことで、一部の投資家たちは一種のパニックに陥ったのだろう。それは一面では事実だが、じつはそれだけでは今回の株価急落をすべて説明できるわけではないということに気が付いている人は少ないのではないか。

 なにより、現在の市場関係者の間では、米国経済について「将来の景気懸念」をさほど深刻にとらえられている様子はない。つまり、今回の暴落は逆イールドとは別の要因が強く作用したと考えるほうが自然なのだ。

 ではそれはなにか。端的にいえば、今回の急落相場はヘッジファンドが主導した「催促相場」であると見るべきだろう。

 実際、こうした動きは相場が波乱含みとなった7月末から際立っていた。

催促相場

 詳細に見ていこう。

 まず、NYダウは7月30日に2万7198ドルを付けてから大きく下落し、8月5日には2万5717ドルまで落ち込んだ。一方、その翌日には2万6000ドルに回復し、8月8日には2万6378ドルまで戻すと、その後は一進一退だったところ、突然14日には800ドル下落という今年最大の下げ幅を記録。一気にNYダウは2万5500ドルを割り込んだ――というのが直近に至るまでの株価推移である。

 この間に何が起こっていたかを改めて振り返ると、FRB(米連邦準備理事会)が7月31日のFOMCで「中途半端な利下げ」を決定し、トランプ大統領がパウエルFRB議長への「激しい批判」を繰り広げていた。

 そして、14日の大暴落を受けてトランプ大統領は再び、「愚かだ」とパウエル議長を攻撃している。ブルームバーグやCNBCなどの報道もまた押しなべてパウエル議長に厳しい視線を注ぎ、そうしたムーブメントに寄り添うように、マーケットでは株価下落が起きている。

 要するに、いま起きている急落相場というのは、マーケットがFRBに対して迅速で十分な利下げを要求する典型的な「催促相場」だと見るのが自然だ。

 ではFRBがそれに応えるメッセージを出したり、FOMCでマーケットを納得させるだけの十分な利下げを行えば株価は回復するかといえば、じつはそう簡単でもない。

 いま注目すべきなのは、ウォール街のヘッジファンドが「株価がどの水準まで下がれば」「買戻しに入るのか」という点に尽きる。

 この視点から今後の見通しを考えると、じつはとても興味深いシナリオが見えてくる。

1/2ページ

最終更新:8/20(火) 7:01
現代ビジネス

転載元転載元: nk8**6eのブログ

開く コメント(1)[NEW]

開く トラックバック(0)



森さやか NHK国際放送局 気象アンカー、気象予報士

このところソーシャルメディアで「#PrayforAmazonia (アマゾン川流域に祈りを)」なるキーワードが話題となっています。

今アマゾンで記録的な山火事が発生していることを受けて、海外のセレブをはじめ、多くの人々が声を上げているのです。

ブラジル国立宇宙研究所によると、ブラジルでは今年初めから今月20日までに、74,155件もの山火事が発生しているとのことです。そのうちの半数以上はアマゾンで起きています。ブラジルの山火事は、例年のこの時期と比べて84%も多く、さらに2013年の観測開始以来最大とのことです。

本来であればアマゾンの山火事シーズンは8〜11月で、9月にピークを迎えます。
まだピークに達する前のこの時期に、前代未聞の数の山火事が起きているというのです。

広がる山火事の煙

山火事の煙は2,700キロ離れたサンパウロにも到達し、昼間にもかかわらず、市内は暗闇に包まれました。煙はペルーやボリビアといった近隣諸国、さらに大西洋にも広がっています。

なぜ山火事が多発しているのか

なぜ今年はアマゾンで、これほどまで山火事が多いのでしょうか。

ブラジルの気象局によると、雨の量は昨年よりも多いとのことです。

ではなぜかというと、急速に増加する森林伐採が関係しているようです。そしてその背景には、環境保護よりも開発を優先する現政権の政策があると言われています。
 
現在のブラジル大統領であるボルソナーロ氏は「トロピカル・トランプ」というあだ名
を持つほか、「チェーンソー・リーダー」なる異名も持ち、今年1月に彼が就任してからというもの、アマゾンの森林が破壊されると懸念されてきました。

なぜ森林伐採が山火事をもたらすのか

ではなぜ森林伐採が山火事に繋がっているのでしょうか。

それは森を開拓するための方法として、人々が森に火を放ち、それが制御できなくなっているためです。本来ならば、アマゾンは湿度が高いために、自然に山火事が起こることはないそうです。

さらに森林伐採で木々が減ることで空気が乾燥し、火災が起きやすい状況になっているといいます。こうした負のスパイラルが、大規模な山火事を生んでいる一因です。

なおブラジル国立宇宙研究所は、今年6月の森林伐採の面積が前年に比べて88%も多かったと指摘し、間接的に現政権を批判しました。これを受けて大統領は、現在は焼き畑の時期であると主張し、同研究所の所長を解任しています。

異常現象が増える

今年はグリーンランドやシベリアといった場所で記録的な規模の山火事や氷の融解が起きています。

ただでさえこうした事態が起きていることに加えて、地球全体の2割の酸素を生成し「地球の肺」とも呼ばれるアマゾンが燃焼を続けていることで、好ましからざる現象が世界的に増加する可能性が高まっています。




転載元転載元: フルタマンタロウ 京都から発信中

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全936ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事