脱脂粉乳世代

ブログ消しました。 再開です。過去記事はhttp://okonnba.blog29.fc2.com/

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全771ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

備忘録(2019年6月18日)

BUSINESSINSIDER:Jun. 12, 2019
欧米メディアのアメリカ批判が鮮明に。米中対立も「対中攻撃は正当化できない」

https://www.businessinsider.jp/post-192507?itm_source=article_link&itm_campaign=/post-192651&itm_content=https://www.businessinsider.jp/post-192507
岡田充 [共同通信客員論説委員]

米中対立が激化する中、欧米主要メディアが、トランプ大統領の対中姿勢を批判する論調を出し始めた。

根底にはトランプ政権の強引な手法が、グローバルな部品供給網を破壊し、同盟国関係にひび割れを生じさせるなど、資本主義システム自体をマヒさせかねないという懸念がある。

<以下略>

【コメント】

米国の主要メディアが、自国の大統領の主要な政策を批判するなど、通常期にはあり得ない事態なので、米国は一種の革命期へと突入していると言えるだろう。

背景にはトランプと、軍事力も利用して、主に米国のグローバル企業の利益を守ろうとする軍や情報機関などの戦争勢力(闇の勢力)との対立がある。(政権内ではイラク戦争を推進したジョン・ボルトン最高顧問とポンペオ国務長官)

トランプの方法は、覇権国家としての軍事的・経済的影響力を駆使して、戦争寸前の瀬戸際的交渉により、強制的に要求を受け入れさせる覇道的方法で、「国益」を守ろうとするトランプとの対立がある。

つまり、人種差別的なトランプの唯一の長所は、軍事力の行使に頼ってきたこれまでの政権の真似はしないという点。もちろん、トランプも政権内の戦争勢力に押し切られて、戦争を始める可能性はある。しかし、巨額の金が掛かる戦争は無駄として、極力回避しようとするビジネスマン的「合理性」もトランプにはある。

転載元転載元: 母系社会研究会blog

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

備忘録(2019年6月18日)

BUSINESSINSIDER:Jun. 12, 2019
欧米メディアのアメリカ批判が鮮明に。米中対立も「対中攻撃は正当化できない」

https://www.businessinsider.jp/post-192507?itm_source=article_link&itm_campaign=/post-192651&itm_content=https://www.businessinsider.jp/post-192507
岡田充 [共同通信客員論説委員]

米中対立が激化する中、欧米主要メディアが、トランプ大統領の対中姿勢を批判する論調を出し始めた。

根底にはトランプ政権の強引な手法が、グローバルな部品供給網を破壊し、同盟国関係にひび割れを生じさせるなど、資本主義システム自体をマヒさせかねないという懸念がある。

<以下略>

【コメント】

米国の主要メディアが、自国の大統領の主要な政策を批判するなど、通常期にはあり得ない事態なので、米国は一種の革命期へと突入していると言えるだろう。

背景にはトランプと、軍事力も利用して、主に米国のグローバル企業の利益を守ろうとする軍や情報機関などの戦争勢力(闇の勢力)との対立がある。(政権内では)

トランプの方法は、覇権国家としての軍事的・経済的影響力を駆使して、戦争寸前の瀬戸際的交渉により、強制的に要求を受け入れさせる覇道的方法で、「国益」を守ろうとするトランプとの対立がある。

つまり、人種差別的なトランプの唯一の長所は、軍事力の行使に頼ってきたこれまでの政権の真似はしないという点。もちろん、トランプも政権内の戦争勢力に押し切られて、戦争を始める可能性はある。しかし、巨額の金が掛かる戦争は無駄として、極力回避しようとするビジネスマン的「合理性」もトランプにはある。

転載元転載元: 母系社会研究会blog

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

【「0616年金返せデモ」 朝日と毎日、共同通信やテレ朝やTBSなどが報道した。これは「消費増税」と並んで有権者に直結する深刻な問題だ 選挙まで再燃し続けなけばならない】
「年金が不足するから、老後のために2000万円貯蓄せよ」――金融庁の報告書をめぐり、自民党は火消しにやっきになっている。
 当初、「いまのうちに考えておかないと」と居丈高な暴言を吐いた麻生金融担当相は、慌てて「不適切だった」と火消ししたが、結局、麻生は自分で審議会に諮問しておきながら「受け取らない」という、前代未聞も対応をしてる。
イメージ

 【一般人の呼びかけで2千人集まって、大手新聞が報道するというのは、良い流れだ】
 「日本の民主主義」は国会では既に崩壊してるが、このように、老若男女、満遍なくの市民のデモは、もっと活性化してほしいものである。

私が訴えたいのは、この「国民の人生におけるお金の不安」である。これこそが有権者に届くと痛感するからだ。
 8年前の東日本大震災で、私は岩手沿岸漁師(個人事業)であり、それまでのすべての財産を失い露頭に迷った。
イメージ

イメージ

 その末に、なんとか借金して生業の漁師を復活させた。だが、これが思わぬ、だれも想像していなかった右肩下がりの記録的な大不漁になっている。
「サンマ、イカ、毛ガニ、ミズダコ、マダラ、サケなどなどの大不漁」の連続で史上最低を毎年更新してる現実なのだ。
イメージ


震災前の負債もあり、多重債務者となり酷い貧乏になったのだ。ほかの漁師も同じだし、水産加工企業も原材料不足で倒産、廃業もある。
イメージ

イメージ

 だからこそ、「消費増税反対」だし「年金減額」などは、ホントに死活問題であり、非常に苦しんでいる。

 だから、貧困が如何に「不安」がたまりストレスとなり、不眠状態になっている。このため、4週間に1回のカウンセリングでなんとか凌いでいるのだ。
 
イメージ

【だからこそ、安倍自民党の国民軽視のこれまでの政策などは我慢できない】
 全国でも、庶民の所得が下がり、同じように苦しんでいる有権者は多いと思う。
 安倍政権は、そこで実質賃金統計の改ざんまでしたが、真実がわかり、これををみても、所得はさがり税や社会保障費の負担は増えてるから同じような現実だろう。
イメージ

なんだかんだと言ってもやはり「お金の不安」こそが一番、大変なストレスになると臨床心理士も言っていた。
イメージ

イメージ

 そして、ストレスが貯まりに貯まると、必ず「心の病」になり「身体の健康を害する」のだ。
 つまり人生までも狂ってしまう。私も貧乏になり、大きく人生が狂ったのです。
だからこそ、この2つの事をを何度も取り上げているのです。


この、「年金問題」は「消費増税反対」もしくは「廃止」と並んで、野党は選挙の争点にしなけばならない
 消費増税は安倍政権になってから、社会保障費には、たった15%しか使われおらず、私は「廃止」に共同歩調をあわせるべきだ。
イメージ

イメージ

 何故なら、「野党共闘」の1人区だけの調整だけでは不十分であり、この2つのことを訴えなければ、有権者の心は動かない。前回選挙の惨敗と同じようになるだろう。
 
【これを追求する野党の国会審議にも応じていない。これは、森加計のときの支持率20%まで下落したときの対応と同じで自民は逃げの姿勢だ】
 国会審議にも応じることもなく、このままでは選挙前に有権者はこれを忘れてしまう。この世論を選挙までひくずって行く必要がある。
 16日に「0616年金返せデモ」が行われ、朝日と毎日、共同通信やテレ朝やTBSなどが報道した。
 これは、珍しいことだがいいことであるが、ありがたいことだ。やはり、国民に関心があることだからだろう。
イメージ

イメージ

イメージ



【朝日と毎日、共同通信やテレ朝やTBSなどが報道した】
❶【「生活できる年金払え」日比谷でデモ 政府の対応に抗議】朝日新聞 2019年6月16日20時45分
https://digital.asahi.com/articles/ASM6J5HKPM6JUTIL00T.html
▼「年金返せ」「年金払え」などと書かれたプラカードを掲げてデモ行進する人たち=2019年6月16日午後1時59分、東京都千代田区、渡辺洋介撮影
イメージ

要旨:老後の資産形成における「2千万円不足」をめぐる政府の対応に抗議するデモ行進が16日、東京都千代田区の日比谷公園周辺であった。約2千人(主催者発表)が参加し、「生活できる年金払え」などと声をあげた。
 初めてデモに参加したという東京都中央区の主婦(30)は「『100年安心』と言っていたのに、十分な年金がもらえなくなるなんておかしい」と指摘。10カ月の子どもがいるが、「自分の老後も不安な状態では、安心して子育てもできない」と語った。
【都内で「年金返せ」デモ 報告書・麻生氏受け取り拒否など受け】(動画ニュース)
毎日新聞2019年6月16日 17時36分
https://mainichi.jp/articles/20190616/k00/00m/040/098000c
イメージ

要旨:デモには主催者発表で約2000人が参加。千代田区の日比谷公園から6グループに分かれて銀座方面へとデモ行進し、「生活できる年金払え」などと気勢を上げた。
 参加した女性(50)は「(政府の姿勢に)とにかく怒りでいっぱい。くらしを守るよう、みんなの声で変えたい」と訴えた。年金受給者の男性(68)は「報告書を受け取らず、無かったことにしようとしている。フェアではなく、許されない」と話した。
❸【「年金払え」デモに2000人=政府に怒りの声−東京】
時事ドットコム 2019年06月16日17時07分
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019061600307&g=soc
イメージ

要旨:友人と参加した千葉県船橋市の女性会社員(23)は「社会人になり、問題意識を持った。不安なまま(年金保険料が)天引きされており、きちんと説明が欲しい」と批判。高校で社会科を教える男性教諭(28)は「生徒から『年金は大丈夫か』と尋ねられても答えに窮する。政府はごまかさず、議論のきっかけにすべきだ」と語気を強めた。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【「年金問題」は「消費増税」と並んで有権者に直結する深刻な問題だ 選挙まで再燃し続けなけばならない】
 最新の各マスコミの世論調査で、有権者の大多数が「年金制度に不信感を抱き」、「消費増税10%反対」し「老後に不安」を抱えていることが判明したのだ。
イメージ

 やはり、老若男女すべての人が「人生にお金のことで不安を感じてる」のだ、これを野党は、同じ視点で選挙の争点の第一に据えるべきだ!!
15、16両日の世論調査ーー。 

【「2000万円報告書」麻生氏の受け取り拒否は「問題だ」71.3% 共同通信世論調査】
毎日新聞2019年6月16日 18時46分
https://mainichi.jp/articles/20190616/k00/00m/010/116000c
要旨:共同通信社が15、16両日に実施した全国電話世論調査によると、95歳まで生きるには夫婦で2000万円の蓄えが必要と試算した金融庁金融審議会の報告書を巡り、麻生太郎金融担当相の受け取り拒否表明は「問題だ」とした回答が71.3%に上った。「問題ではない」は19.1%。公的年金制度について問うと、信頼できないと答えた人が63.8%を占めた。信頼できるは28.2%にとどまった。
 安倍内閣の支持率は前回5月調査から2.9ポイント減の47.6%で、不支持率は1.9ポイント増の38・1%だった。 
 毎日新聞の調査でも、麻生氏の報告書受け取り拒否について「納得できない」が68%に上っている。公的年金制度について「老後の生活の柱として頼りになると思うか」には「頼りになると思う」は31%にとどまり、「頼りになるとは思わない」は57%に達した。
 内閣支持率は前回5月調査より3ポイント減の40%、不支持率は6ポイント増の37%。支持・不支持が拮抗している。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
やはり関心の高い、「年金不安」ネットでも凄いことになっている。
6月10日の参院決算委員会で行なわれた、「年金破綻」の問題について共産党・小池晃書記局長が安倍総理を厳しく追及する動画多くの共感を呼んでいる。
小池氏は、より多くの深刻な貧困層を生み出すことに繋がる、安倍政権が行なってきた「富裕層優遇政策(アベノミクス)」を厳しく批判小池氏が「大企業の法人税を上げて年金の財源を作るべき」と指摘したのに対し、安倍総理は「富裕層の税金を上げるなんて、馬鹿げた政策だ」と一蹴
「安倍総理の本質」が見えた答弁として、現時点でTwitterで250万再生を突破するほどになっているのだ

【年金破綻の正体】GPIFが株で儲けた金は何処へ行ったのか❓共産党 小池晃議員「庶民が払う消費税を上げるのではなく内部留保金400兆円もある大企業の法人税を上げて財源を作るべきだ」自民党 安倍首相「富裕層の税金を上げるなんて馬鹿げた政策だ」2019年6月10日 参議院決算委員会

1:56
2,552,432回再生済み
https://twitter.com/beppanman/status/1138040866772176897

この、動画はYou Tubeでもアップされて、完全保存版である。

安倍晋三の富裕層優遇、法人税優遇して、庶民に押し付ける思想が完全にわかる。
「生活できる年金に底上げを」参院決算委員会 小池晃議員の質問 2019.6.10 

だから、今でも、自民党はこの問題の火消しに、躍起になってるのがわかる。
今日こんなニュースが流れたのだーー。

転載元転載元: 山と土と樹を好きな漁師 ー「佐々木公哉のブログ」

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

金融庁「老後最大3000万円必要」独自試算 WG4月提示

6/18() 6:01配信 毎日新聞

 

金融庁が作成した老後資金に関する試算

 

 夫婦の老後資金として公的年金以外に「30年で2000万円が必要」とした金融庁の金融審議会市場ワーキンググループ(WG)の報告書問題で、この報告書に採用された試算とは別に、金融庁が独自に「30年間で1500万〜3000万円必要」とする試算を行い、WGに提示していた。麻生太郎副総理兼金融担当相は報告書を「公的年金で老後生活をある程度まかなえるとする政府の政策スタンスと異なる」としたが、金融庁も公的年金を補うのに必要な具体額をはじいていたことになる。


【「老後資金2000万円」を巡る与党幹部の主な発言】

 

 金融庁の試算は412日のWGに「事務局説明資料」として提示。厚生労働省の課長が総務省の家計調査をもとに差額を月5.5万円程度と説明したのと同じ日となる。議事録によると、金融庁担当者が「私どもでどれぐらいの資産形成をしたらいいのだろうと、一つ試算した」と説明した。

 

 金融庁の試算は夫が65歳で退職後、夫婦2人で月25万円の生活費を軸に30年間支出する前提で行った。

 

 それによると、支出は総額9500万〜11000万円で、収入は、厚労省が公表している厚生年金の標準的な年金額(2018年)を根拠に公的年金が月221000円として、30年で8000万円。退職金や私的年金(1000万〜2000万円)にローン(最大1000万円)を加味してもまかなえない1500万〜3000万円を「必要な資産形成額」と記した。

 

 同時に資料には「一律に必要な資産形成額を示すものではない」と付記。金融庁の担当者はWGで、退職金や私的年金がない企業に勤めている人や、国民年金だけの自営業者もいるとして「さらにどれぐらい必要かを各自で判断し、資産形成することが必要になる」とも説明していた。

 

 WG63日にまとめた報告書では、金融庁の試算は使わず、厚労省が提出した根拠に基づき、「30年間で2000万円必要」と記述。金融庁の試算を採用しなかった理由をWG委員は「家計調査を基にしたほうが消費者から見て分かりやすいと考えたため」と説明する。【古屋敷尚子、佐藤丈一】

転載元転載元: kat*r*giki*iem*nnのブログ

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

MLB】大谷翔平、第2打席で4試合ぶり93ラン! 通算105勝右腕から豪快な一発

6/18() 8:38配信 Full-Count

 

エンゼルス・大谷翔平【写真:GettyImages】

 

14日のレイズ戦以来となる4試合ぶりの一発は豪快9号ホームラン

■ブルージェイズ エンゼルス(日本時間18日・トロント)

 

 エンゼルスの大谷翔平投手は17日(日本時間18日)、敵地でのブルージェイズ戦に「3番・DH」で6試合連続でスタメン出場。第2打席で4試合ぶりとなる9号ホームランを放った。

 

【動画】鮮やか逆方向へ打球速度161キロの豪快弾! 4試合ぶりに放った大谷翔平の9号3ランホームラン

 

  3点リードで迎えた22死二、三塁で迎えた第2打席。初球の87.1マイル(約140キロ)のスライダーを捉えた打球は左翼席へ飛び込む93ランとなった。

 

 初回の第1打席は2ボール2ストライクからの7球目、75.8マイル(約122キロ)のカーブにバットは空を切り空振り三振に倒れていた。

 

 この日、ブルージェイズはオープナーを採用。先発にはデレク・ローがマウンドに上がり1回無失点。2回からはMLB新記録となる14球団登板を達成している通算105勝右腕・ジャクソンが登板した。

 

 大谷は前日のレイズ戦では第3打席で右前打を放つなど5打数2安打を放ち、今季12度目のマルチ安打をマーク。9号ホームランは13日(同14日)のレイズ戦で日本人初のサイクル安打を記録して以来、4試合ぶりの一発となった。

 

Full-Count編集部

転載元転載元: kat*r*giki*iem*nnのブログ

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全771ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事