脱脂粉乳世代

ブログ消しました。 再開です。過去記事はhttp://okonnba.blog29.fc2.com/

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]


 10連休になった今年のゴールデンウイーク(GW)。国内外は問題山積なのに、やっぱり安倍首相をはじめとする13閣僚は、巨額の血税を使ってノンキに外遊ラッシュだ。

 スリランカでは、消滅したとみられていたイスラム国と関連がある過激派組織による凄惨なテロが発生し、日本人が犠牲になった。首相と副総理の地元を結ぶ「安倍・麻生道路」を巡る“忖度”発言や、沖縄県の辺野古新基地建設問題もくすぶっている。そんな状況の中での外遊である。

「天皇の『退位礼正殿の儀』がある4月30日と、新天皇即位の儀式がある5月1日は、全閣僚が国内に滞在する」(永田町関係者)という。この2日間を挟んだ「前半」と「後半」に予定が分かれている。


■どんな成果が期待できるのか不明

 安倍首相は22〜29日、フランスやイタリア、米国など6カ国に出張中だ。公文書改ざんの責任を取らず居直って以降、評判が最悪の麻生財務相は25〜29日、首脳会談同席のため米国、カナダを訪問。後半の5月1日夜以降は、国際会議出席のためフィジーとフランスを訪問する。

 国税への口利き疑惑などで大揺れだった片山地方創生相は、要人との会談のため5月2日からインド、イスラエルを訪れる。危機管理の要諦である菅官房長官は、5月9日から要人との会談のため異例の米国出張だ。

 海外に出かけるのは閣僚だけじゃない。どんな公務があるのか、副大臣、政務官計10人もこぞって米国やフランス、パナマ、ペルーなどへの訪問予定が組まれている。

 本当に必要なのかよく分からない“海外旅行”の原資は、当然、国民の税金だ。


 野党の過去の質問主意書に対する答弁書などによると、安倍首相が過去、政府専用機で米国に3日間出張した際の費用は1億円を超えた。今回は8日間だから、単純計算で2億数千万にも上る。ファーストクラスで渡航する閣僚は日数や出国先にもよるが、1回あたり1000万〜2000万円程度の費用がかかるとみられる。ビジネスクラスを使う副大臣・政務官は閣僚の半分程度として計算すると、トータル経費は実に5億円を超える。「参院選を控え『無駄遣い』批判を避けるため、今年は絞った」(永田町関係者)というが、とんでもない金額だ。

 政治評論家の山口朝雄氏が言う。

「要人との面会というのは、具体的にどんな成果が期待できるのか、巨額の費用をかける必要があるのか不透明です。とりあえず海外に行くための、取ってつけた理由にしか見えません。本当は、『連休中に日本にいてもやることがない』『海外に行くとVIP待遇を受けられる』という理由で、単なる“物見遊山”ではないのか」

 庶民は国内旅行すらままならないのに、フザケた話だ。

転載元転載元: 北海道は素敵です!!

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)



優秀な研究者が貧困に喘いで自死する一方、査読論文が1つもない三浦瑠麗が東大教員・国際政治学者として各メディアに出演して持て囃されるんだから、日本人の知性が衰退するのは必然だな。

文系の博士課程「進むと破滅」 ある女性研究者の自死:朝日新聞デジタル

転載元転載元: 葉梨愛ツイッター的ブログ

開く コメント(1)

開く トラックバック(0)

イメージ

古賀茂明氏「日本の主な製造業は、ほとんどダメになった。…生き残る道は、“下請け大国”になること」 〜民間経済を食い潰している官権力
https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=196657

「中小企業の経営強化法などの一部を改正する法律案」で、参考人として呼ばれた古賀茂明氏が、日本経済のどうにもならない衰退ぶりを暴露してしまいました。

古賀茂明氏の発言の全体は、「衆議院インターネット審議中継」の4月24 日のビデオライブラリでご覧になれます。
http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php?ex=VL&deli_id=48963&media_type=

古賀氏の指摘を要約すると、

「日本の主な製造業は、ほとんどダメになった。

新しいものも育っていない。

有機ELで韓国や中国に水を開けられ…

ジャパンディスプレイも中国・台湾企業の参加が発表された途端に株価が上昇。

経産省の日の丸主義は、マーケットから完全に見限られている。

エネルギーでも原発にこだわって、太陽光パネルはベスト10に1社もない。

風力も日立が撤退。

もう壊滅。

経産省が水素に賭けたため、電気自動車は置いていかれた。

自動運転もGoogleに、AIではアメリカと中国に完全に水を開けられている。

もう競争は出来ないと言われている。

生き残る道は、“下請け大国”になること」

という感じです。

古賀氏は、世界3大投資家であるジム・ロジャーズ氏の言葉を引用しています。
https://twitter.com/beppanman/status/1120152403683053569

「私がもし10歳の日本人なら、直ちに日本を去るだろう」

「安倍が日本をダメにしたと振り返る日が来るだろう」

古賀氏の言葉が決して大袈裟ではないのは、一連のツイートを見ると、よくわかります。

古賀氏も指摘していますが、民間企業の経済活動が行政の規則、指導、監督その他によって、二重三重に縛られて市場での競争能力を失っていることが問題です。

しかし、官僚たちは天下り先の確保と保身にしか関心がなく、実体としては、官権力が民間経済を食い潰しているという状況です。


イメージ

この辺りのことは、昨日紹介した石井紘基議員の動画とこの時のコメントを、もう一度ご覧ください。
https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=196606

イメージ

「安倍が日本をダメにした。生きる道は、下請け大国!」古賀茂明4/24衆院・経産
https://www.youtube.com/watch?v=ljTLXGpjIvQ&feature=youtu.be

イメージ

イメージ







イメージ


転載元転載元: きなこのブログ

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

福岡伸一「北里柴三郎は反骨精神あふれる明治人」 成し遂げた数々の偉業とは?〈AERA〉

4/25(木) 7:00配信

AERA dot.

 生物学者・福岡伸一による週刊誌「AERA」の人気コラムが「AERA dot.」でリニューアル! メディアに現れる科学用語を福岡伸一が毎回ひとつ取り上げ、その意味や背景を解説していきます。いわば「科学歳時記」。第2回は、2024年をめどに千円札の「顔」になることが決まった医学者の「北里柴三郎」です。

*  *  *
 コッホの三原則、というものがある。

 病気と病原体を関係づける際のクライテリア(評価基準)で、ドイツの細菌学者ロベルト・コッホが確立した。

 まず病原体と目されるものが、病巣から必ず見いだされなければならない(第一原則)。でもこれだけでは原因か結果かわからない(病気になったところへ取りつく菌もいる)。そこで、その病原体を単離し、シャーレの中で純粋培養したのち、健康な宿主に投与すると同じ病気が発生することを確認しなければならない(第二原則)。でもこれでも不十分である。培養液に含まれる毒素や重金属のような物質でも病気をもたらしうるからだ。そこで増殖した病原体が再び宿主から確認される必要があるとした(第三原則)。

 19世紀末、コッホの元に留学し、ジフテリア菌の研究とその血清療法で画期的な成果を上げたのが北里柴三郎である。

 コッホ門下の同僚ベーリングが、第一回ノーベル医学生理学賞を受賞したとき(1901年)、北里も当然、共同受賞者となるべきであった。帰国してからは福沢諭吉と協力し、日本の公衆衛生向上のため、伝染病研究所を設立した。それが東大に移管されることに反発し下野、北里研究所を作った(現在の北里大学の母体)。

 さらには官学に対抗して慶應義塾大学に医学部を設置。初代学部長となった。日本医師会も創設した。いうなれば北里柴三郎は日本の医学界の父であり、反骨精神あふれる明治人でもあった。

 またプライベートでも精力旺盛で、正妻とのあいだに6人の子ども、複数の妾(めかけ)とのあいだに5人の婚外子をもうけた。このようなエネルギッシュな人物こそお札の肖像にふさわしい。日本の経済を牽引していただきたいものである。

◯福岡伸一(ふくおか・しんいち)
生物学者。青山学院大学教授、米国ロックフェラー大学客員教授。1959年東京都生まれ。京都大学卒。米国ハーバード大学医学部研究員、京都大学助教授を経て現職。著書『生物と無生物のあいだ』はサントリー学芸賞を受賞。『動的平衡』『ナチュラリスト―生命を愛でる人―』『フェルメール 隠された次元』、訳書『ドリトル先生航海記』ほか。

最終更新:4/25(木) 7:00
AERA dot.

転載元転載元: nk8**6eのブログ

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ

転載元転載元: 日本共産党野田市議会議員 おだ真理ブログ2

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事