脱脂粉乳世代

ブログ消しました。 再開です。過去記事はhttp://okonnba.blog29.fc2.com/

健康

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
イメージ
「顔は覚えているが名前が出てこない」ときが厳重注意期
 
次に、軽度認知症の正体に迫りましょう。
 
軽度認知症は認知症の前駆症状です。
そして、こんな形で現れます。
 
最も多く現れるのが、人の名前や品物の名前の忘却。
つまり、あれこれ症候群の増加です。
 
「顔は覚えているが名前が出てこない」は、誰にでも現れる症状だけに、軽視されやすい。
その軽視が、絶好のチャンスを見逃すのです。
 
また同様に「あれこれ症候群」も、おふざけか、お笑いのネタ程度に扱われることが非常に多い。
 
「顔は覚えているが名前が出てこない」や「あれこれ症候群」がたびたび現れるようになったら、厳重注意です。
注意がなければ、絶好のタイミングや回復のチャンスを見逃すことになります。
 
また意欲の低下も顕著に現れます。
何事についても、「明日にしよう、後でしよう」になる。
これが意欲の低下の第一歩です。
 
「意欲の低下・面倒」を排除しよう
 
認知症老人に見られる精神状態で、最多のものこそ意欲の低下だと思っています。
 
他の精神症状に比べても、飛び抜けて多い。
50%にも及ぶというのですから、思いっきりの飛び抜けです。
 
意欲の低下も、よくよく調べてみると、名前忘れと縁が深いのです。
 
名前忘れの大きな原因は、名前を思い出すのが面倒だからです。
努力不足からです。
 
すぐに「忘れたっ」と、切り捨てる。
そして「誰だっけ」と他人の記憶を借りたがる。
この「借りたがる」が顕著になれば「振り返り症候群」となって、認知症診断の一項目になります。
 
振り返り症候群とは、診察室などで質問されると、「これこれこれだったね」と付き添いの家族に振り返り、家族の知恵を借りたがる現象です。
 
「振り返る」、「借りたがる」の思いはただ一つ。
思い出す努力が面倒だからです。
面倒でも思い出さねばならぬ。
そこで家族の記憶を借りることになる。
 
振り返り症候群については、記憶低下の不安もあるでしょう。
不安だからこそ、振り返って、家族の記憶で確かめたくなるのでしょう。
 
理由や原因は多々あるでしょうが、面倒が主流であることは確かです。
 
思い出すのは面倒な名前ばかりではありません。
記憶の全てに絡みます。
 
人間の記憶の思い出しは、芋づる式です。
思い出に到達するまでは、どうしても芋づるをたぐらねばなりません。
 
この「芋づるをたぐる」のが面倒になれば、思い出しも不可能になります。
こうした状態を「記憶力低下」といい、脳神経細胞の衰えと決めつけます。
「人の名前が出てこなくなったときに読む本 より」
 
*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*
 
記憶力の減退も、脳の老化を示す典型的な症状ですが、記憶のネットワークを活性化する働きをしているのが、脳の海馬という組織であることはよく知られています。
その海馬には、アセチルコリン系神経が集中しているのです。
 
脳が老化し、萎縮してしまうアルツハイマーとの関係はとくに深く、アルツハイマーの脳ではアセチルコリンが減少していることから、アセチルコリン不足がアルツハイマーのひとつの原因とも考えられています。
 
アセチルコリンの合成にはコリン、ビタミンB1、ビタミンB12などがかかわっています。
同時にこれらの栄養をとることが、アセチルコリンを増やすことにつながるわけです。
通常、コリンはレシチン(フォスファチジルコリン)のかたちで、食材から摂取されます。
 
レシチンはアセチルコリンの材料になるだけではなく、細胞膜の材料にもなっています。
とくに脳の神経細胞の細胞膜にはたくさん含まれていて、多彩な働きをしています。
血液にのって運ばれる栄養の細胞内へのとり込みや細胞内の老廃物の排出、神経伝達物質の放出や情報ネットワークの形成といった、脳の機能全体に深くかかわっています。
これが、レシチンが「脳の栄養素」と呼ばれるゆえんです。
そのレシチンを多く含んでいる食品の代表が卵黄です。
 
また、ビタミン欠乏症が原因で、認知症になるケースがあるそうです。
ビタミンの種類は、ビタミンB1、ビタミンB12、葉酸。
東京武蔵野病院 副院長 田中信夫先生によれば、認知症患者の血中ビタミンB12は、通常の人より少ないそうです。
認知症の方に、ビタミンB12を投与すると、ボケ症状、特に感情障害、夜間せん妄、意欲、自発性の障害などの精神障害が軽くなると言われています。
高齢者が理由のはっきりしない神経症状を呈したら、ビタミンB12の欠乏を考えるべきだという学者もいます。
 
ビタミンB12について?
ちょっと使える身近な情報をお届けしています!

転載元転載元: 縁処日記

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

 甘い飲み物とがんリスク
Link de Diet  2019.8.14 BMJ 


糖分の入った飲み物の摂取量は、がんリスクに比例する可能性が明らかに
なった。砂糖を入れた飲料はもちろんのこと、
100%果汁飲料も同様とのことだ。仏・パリ13大学の研究。

糖分入り飲料の制限で、がんにかかる人が減る?−
糖分入り飲料の摂取量が多いほど、
がんリスクが高まる可能性が示された。

慎重な判断が必要ではあるが、今回の研究結果は、糖分入り飲料への課税や
販売規制、摂取の制限によってがん発症数の減少につながり得るいう証拠を、
また一つ増やしたことになる。

この数十年間で、糖分入り飲料の摂取は世界中で増えており、
肥満リスクとの関係は明らかである。
肥満は多種のがんの強いリスク因子であると考えられているが、
糖分入り飲料とがんリスクの関係についての研究はいまだ限られている。

そこで研究者らは、糖分入り飲料(加糖飲料と100%果汁飲料)、
人工甘味料入り(ダイエット)飲料と、がんリスク
(全がん、乳がん、前立腺がん、大腸がん)との関係について調べた。

対象者は、フランスの「NutriNet-Sante」コホート研究に参加していた
健康な成人約10万1千人で、参加開始時の平均年齢は42歳だった。

対象者にはオンライン食事調査票への記入を複数回行ってもらい、
3300もの飲食物の習慣的摂取量を把握、最大9年間の追跡を行った。
がんの罹患状況については、自己申告されたものを医療記録で確認し、
健康保険の全国データベースとリンクした。
また、年齢、性別、学歴、がんの家族歴、喫煙状況、身体活動レベルなど、
がんに対するいくつかの既知の危険因子を考慮に入れてデータを解析した。

その結果、糖分入り飲料の摂取量が1日あたり100ml増えるごとに、
全がんリスクが18%、乳がんリスクが22%増加することが示された。
糖分入り飲料の内訳をみても、加糖飲料と100%果汁飲料のいずれもが
全がんリスク上昇と関連していた。

一方で、前立腺がんと大腸がんとの関連はみられなかったのだが、
今回の対象者では全体的に、これらの部位のがんの発症数は少なかった
という。

対照的に、人工甘味料入り飲料はいずれのがんとの関連性もみられなかった。ただし、対象者の人工甘味料入り飲料の摂取量は比較的少なかったことから、この結果の解釈には注意が必要だ、と研究者は警告している。

今回の結果の要因として考えられるのは、糖分入り飲料に含まれる糖分が、
内臓脂肪の蓄積や血糖値、炎症マーカーに影響したことだ。これらはみな、
がんリスクの上昇と関連している。
添加物も無縁ではないかもしれない、とのことだ。

この研究は観察研究ながら、大規模なものであることや、
様々な交絡因子による調整後も結果がほとんど変わらなかったことから、
精査に耐えうるものであることが示唆されている。

出典は『英国医学雑誌(BMJ)』。
 (論文要旨)      

転載元転載元: Dr ミカのメモ帳: 脳・栄養・心 (発達障害・特別支援教育)

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ
脳の健康を保つ基本は水分
 
脳の衰えや認知症をチェックするときに「昨日食べたものが思い出せない」「食べたかどうかを忘れてしまう」という行動を例に出すことがあります。
なぜかといえば、脳と食事は密接につながっているからです。
だから脳のためにも、食事には気を配ってもらいたいものです。
 
脳に悪い食べ物は、実際に存在します。
また、高コレステロール血症、高血圧、糖尿病なども、認知症のリスクを高めます。
そのため、このような病気の誘因となる食べ物を避け、脳に良いものを摂取するようにしてもらいたいものです。
 
まずは水。
成人の脳の約60パーセントは水でできています。
当然、水分を補給しなければ脳は不健康になります。
 
水分すらまともにとっていない拒食症の患者がいました。
この人の脳をMRIで撮影したところ、脳が脱水症状を起こし、硬くなっていることが分かったのです。
そこで点滴などで水分と栄養を与えると、この患者の脳は数日で正常になっていきました。
水分もきちんと補給しなければならないことの証左でしょう。
 
普段、生活をしていると、水道水、天然水、ミネラルウォーター、炭酸水、スポーツドリンク、お茶、コーヒー、お酒、味噌汁、スープなど、いろいろな水分を摂取することでしょう。
ただ可能な限り、糖分やカフェインの入っていない水分を摂取するように心がけてください。
ついつい糖分やカフェインなどの刺激を求めてしまいますが、糖分は少量でも血糖値を変動させ、思考を不安定にします。
また、カフェインを多く摂取し過ぎると、心臓への負担が増します。
 
些細なことですが、小さなことの積み重ねが脳と体に蓄積し、やがて症状が顕在化します。
ですから、体内に入れる水分や食べ物を選ぶ力を養ってください。
それが脳と体を強くします。
50歳を超えても脳が若返る生き方 より」
 
*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*
 
認知症の多くは、脳血管障害の積み重ねで起こり、その原因のほとんどが脳梗塞です。
ですから、脳梗塞の前兆である隠れ脳梗塞を早期発見することで多くの認知症を防ぐことができるのです。
 
脳梗塞は、高血圧や糖尿病などの病気が原因となったり、生活習慣などによって血液がドロドロになって血液循環が悪くなったりして、血管が厚く狭くなり、脳の血管が徐々に詰まって進行していきます。一般的に、脳梗塞の初期には、大きさ数ミリ程度の微小な梗塞が数個出現し、段階をへるごとにこの梗塞が脳のあちこちに見られます。このような症状のないごく小さな梗塞が隠れ脳梗塞(無症候性脳梗塞)です。
「隠れ脳梗塞(無症候性脳梗塞)は、早い人だと30代からあらわれ、40代を過ぎると急に増加するといわれています。
脳梗塞をはじめとする脳血管障害を生活習慣病の一つととらえ、ふだんから健康に保つ生活を心がけましょう。
 
動脈硬化は年齢とともに発症しやすくなり、50代になるとほとんどの人(女性は60代から)に動脈硬化が見られるようになります。
ビタミンB12や葉酸の吸収が悪くなると、ホモシステインという老化物質が増え、動脈硬化を生じることがわかっています。
ビタミンB12は、脳からの指令を伝達する神経を、正常に働かせるために必要な栄養素です。
十分にあると、集中力ややる気が高まり、不足すると、神経過敏などの症状が起こりやすくなります。
また、脳や神経と関連が深く、不眠症にも効果があるといわれています。
ビタミンB12は、悪性貧血のみならず神経や免疫系にも効果があることが明らかになり、高齢者のうつや認知症の予防等に利用されています。
高齢者が理由のはっきりしない神経症状を呈したら、ビタミンB12の欠乏を考えるべきだという学者もいます。
 
ビタミンB12について?
ちょっと使える身近な情報をお届けしています!

転載元転載元: 縁処日記

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ
認知症が逃げ出す三つの海産物
 
さて、認知の予防に効果があると注目されているのは「プラズマローゲン」という栄養素です。
これは体のなかにある抗酸化作用を持ったリン脂質の一種で、人体のリン脂質の約18パーセントを占める成分です。
 
さらにプラズマローゲンは神経細胞「ニューロン」をつなぐ成分になっています。
脳はニューロンが伸びることで成長するため、プラズマローゲンは脳を活性化させ、認知症を防ぐのに欠かせない栄養素だというわけです。
 
ちなみにアメリカの研究で、アルツハイマー病の患者の脳では、プラズマローゲンが減少していることが明らかになりました。
また、九州大学の報告によれば、プラズマローゲンを摂取すると認知症が改善するということです。
 
プラズマローゲンにはコリン型、セレン型、エタノールアミン型という化合物の異なる三種類があります。
脳に含まれるプラズマローゲンはほとんどがエタノールアミン型です。
そしてこのエタノールアミン型は、植物には含まれていないので、動物性食品から摂取しなければなりません。
たとえば、母乳には含まれていますが、人工乳には含まれていません。
また、鶏肉や貝類に多く含まれています。
 
ただ、脳のためには、鶏肉よりも貝類を食べてもらいたいのです。
なぜなら貝類にはEPA(エイコサペンタエン酸)やDHA(ドコサヘキサエン酸)など、脳の健康に欠かせないほかの栄養素も多く含まれているからです。
これらの栄養素は鶏肉には含まれていません。
 
プラズマローゲンを含む食材はたくさんありますが、特にお薦めするのは、以下の三つです。
 
1.ホタテ:ホタテから摂取できるプラズマローゲンには、EPAやDHAも含まれており、脳の老化を防止する栄養を効率よく摂取できます。また、ホタテには疲労回復に効果的なタウリンやアスパラギン酸などの豊富に含まれています。仕事などで目を酷使しているという人こそ食べるべきでしょう。
 
2.タコ:タコにはプラズマローゲンはもちろん、エイジングケアに効果のあるビタミンE、血行をよくするナイアシン、肌を健康に保つ亜鉛が豊富に含まれています。また、肥満防止効果があり粘膜を保護するビタミンBも含まれており、見た目の若さを維持するのに効果を発揮してくれます。
 
3.サケ:プラズマローゲンの量はホタテやタコほどではないものの、魚のなかでは比較的多めです。サケの身のピンクの色素はアスタキサンチンという物質ですが、これは抗酸化作用が強く、老化の原因となる活性酸素から体を守ってくれます。EPAやDHAも豊富に含まれているため、コレステロールの抑制にも効果がある食材です。
50歳を超えても脳が若返る生き方 より」
 
*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*
 
認知症の多くは、脳血管障害の積み重ねで起こり、その原因のほとんどが脳梗塞です。
ですから、脳梗塞の前兆である隠れ脳梗塞を早期発見することで多くの認知症を防ぐことができるのです。
 
脳梗塞は、高血圧や糖尿病などの病気が原因となったり、生活習慣などによって血液がドロドロになって血液循環が悪くなったりして、血管が厚く狭くなり、脳の血管が徐々に詰まって進行していきます。
一般的に、脳梗塞の初期には、大きさ数ミリ程度の微小な梗塞が数個出現し、段階をへるごとにこの梗塞が脳のあちこちに見られます。
このような症状のないごく小さな梗塞が隠れ脳梗塞(無症候性脳梗塞)です。
「隠れ脳梗塞(無症候性脳梗塞)は、早い人だと30代からあらわれ、40代を過ぎると急に増加するといわれています。
 
ビタミンB12や葉酸の吸収が悪くなると、ホモシステインという老化物質が増え、動脈硬化を生じることがわかっています。
ホモシステインはLDLと一緒になり血管壁にコレステロールを沈着させます。
また活性酸素と一緒になり、脂肪やLDLの過酸化、血管内皮細胞や血管の平滑筋の異常を引き起こします。
その結果、動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞になるのです。
脳梗塞をはじめとする脳血管障害を生活習慣病の一つととらえ、ふだんから健康に保つ生活を心がけましょう。
 
老人の認知症の3割〜5割を占めるアルツハイマー病の場合は、脳細胞が萎縮する病気です。
この萎縮を食い止めるためには、脳細胞を生成するためのタンパク合成、核酸(DNA)合成が順調に行われる必要があるのです。
ビタミンB12は、脳細胞のタンパクと核酸(DNA)の生合成を司っています。
新しい核酸、タンパク質が生まれ、それによって細胞も新しく生まれ変わり、「こわれた組織、細胞」と「新生の組織、細胞」が入れ替わります。
その結果若さにもつながると考えられます。
アルツハイマー型認知症の方々の脳脊髄中にはビタミンB12が少ないことが確認されています。
 
ビタミンB12について?
ちょっと使える身近な情報をお届けしています!

転載元転載元: 縁処日記

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ
脳が老化する八つの生活習慣
 
普段の生活で思い当たる項目があればあるほど、あなたの脳は老化している危険性があります。
 
1 イライラすることが多い
2 一方的に怒ることが多い
3 よく人の悪口をいう
4 自己否定をしがちである
5 「いまどきの若い子は……」と若者を突き放している
6 家と会社などを往復するだけの毎日を過ごしてい
7 妻や夫や人の言いなりになっている
8 昨日の食事の内容を忘れがちである
 
上記の八項目の何がいけないのか?
「感情的になる」「物事をネガティブに捉える」「自分とは違う価値観を受け入れられない」「自分で考える機会を持たない」という人の脳は、老化しやすいからです。
 
これらを克服するためにお薦めしたいことはいくつもありますが、その例として、三つの手段を紹介します。
 
1 怒らない日を設けて必ず実行する
 
普段から怒ってばかりの人は、実践するのが難しいかもしれません。
「今日は怒らない」と決めていても、つい部下や子供を叱ってしまうものです。
しかし、何とかそれを我慢して、1日絶対に怒らないでいましょう。
それが感情をコントロールするトレーニングにもなるからです。
 
2 喜怒哀楽――さまざまな表情を作る練習をする
 
脳番地を使わないと顔の表情は硬くなりがちです。
そこでまず、喜怒哀楽、それぞれの表情をしてみるのです。
顔の表情を作ることは脳番地に刺激を与えます。
 
お薦めなのは二人で行なう「喜怒哀楽反対トレーニング」。
ルールは簡単で、相手と反対の表情をし合うのです。
相手が泣く表情をしたら自分は笑う、相手が怒った表情をしたら自分は喜ぶ、というルールでゲームを行ないます。
 
ゲームをする相手がいなかったら、鏡に向かって1日3回、いろいろな表情を作るだけでも良いトレーニングになります。
 
余談ですが、普段から無表情なのは大問題です。
なぜなら、顔や眼球を動かさずにいると、結果として人は、悩みがちになるからです。
仕事などで悩んでいる人は、解決策を考える前に、まずは目や口を動かしてみてください。
いろいろな表情を作るだけで、実は多くの悩みは吹っ飛んでしまうものです。
 
3 若い世代の話をじっくり聞く
 
自分がもの知りだと思い込んでしまうと、その時点で、脳は働かなくなります。
だからこそ、若い世代の話にも興味を示し、どんな情報でも貪欲に吸収する姿勢を持つべきでしょう。
そして、その姿勢が脳を生き生きとしていきます。
50歳を超えても脳が若返る生き方 より」
 
*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*
 
私たちの脳の中で司令塔のような役割をしているセロトニン神経という神経細胞が弱ってきており、軽い不調からうつ病、パニック症候群、さまざまな依存症などを引き起こす原因になっています。
この現象は大人から子どもまで老若男女に広がっています。
セロトニン神経は、日を浴びることや意識した呼吸、簡単な運動をすることなど日常生活に少し工夫を加えることによって鍛えることができます。
仕事がたまっていたり、疲れていたりするときに、自分の思いどおりに物事が進まないと、イライラしやすくなります。
つねにイライラしやすく、状況によってキレやすくなるという人もいます。
こうしたイライラの原因は、脳の神経を伝達する機能の低下によって、脳の緊張・興奮状態が過剰になっているのではないかと考えられています。
 
脳には無数の神経細胞があり、その神経細胞の末端からセロトニンやアセチルコリン、ドーパミンなどの神経伝達物質を放出しています。
イライラしやすいときは、脳の神経伝達物質であるセロトニン、アセチルコリン、ドーパミンなどが不足していることが考えられます。
そのため、これらの材料となるアミノ酸と、アミノ酸を取り込むために必要な糖分やビタミンB12の不足を疑ってみましょう。
また、脳の唯一のエネルギー源であるブドウ糖が足りなかったり、神経伝達物質を放出するときに働くカルシウムが不足したりしているのも原因のひとつと考えられます。
さらに、ビタミンB12や葉酸をはじめとするビタミンB群は、ミネラル、アミノ酸などの栄養素と協力し合っているため一緒にバランスよく摂ることがとても重要なのです。
 
脳を酷使するときには、たくさんのビタミンB群が消費されています。
B群は脳の働きに重要な役割を担っているのです。
糖質を分解するB1が不足すると、脳のエネルギーが不足し、とたんに頭が回らない状態になります。
脳の神経伝達物質の合成すべての段階に関わっています。
神経の働きを整えたり、傷んだ神経を補修したり、タンパク質をドーパミンやセロトニンといった神経伝達物質に作り替えるなど、「脳力向上」のためにもB群は欠かすことができないのです。
 
ビタミンB12について?
ちょっと使える身近な情報をお届けしています!

転載元転載元: 縁処日記

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事