脱脂粉乳世代

ブログ消しました。 再開です。過去記事はhttp://okonnba.blog29.fc2.com/

健康

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
手足の筋肉が少ない高齢者は死亡リスクが高い!?
Link de Det  2019.8.14 EurekAlert 

手足の筋肉量が少ない高齢者は、そうでない高齢者に比べて、
死亡リスクが大きく高まるようだ、
というブラジル・サンパウロ大学からの報告。

研究チームは、65歳以上の男性323名、女性516名を
約4年にわたって追跡調査した。筋肉量は、DXAを用いて測定された。
対象者の約20%が低筋肉量であった。

追跡調査期間中に132名が死亡した。
そのうち43.2%は心血管系疾患によるものだった。

解析の結果、手足の筋肉量が低い女性は、
全死因による死亡リスクが63倍近く高く、
男性でも11.4倍高いことがわかったという。

出典は『骨及びミネラル研究雑誌』。
 (論文要旨)      

転載元転載元: Dr ミカのメモ帳: 脳・栄養・心 (発達障害・特別支援教育)

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

スマホ認知症 20代の物忘れ外来患者も

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20180228-00000041-nnn-soci

いま、働き盛り世代の人に「スマホ認知症」の症状を持った人が増えているという。
スマホと認知症の関係とは?スマホ認知症は若者たちがかかるという。
イメージ

脳神経外科医・奥村歩医師
「物忘れ外来を訪れる患者の若年化がどんどん進んでいる」
イメージ

認知症を専門とするクリニックでは、
患者の30%が40代〜50代、10%が20代〜30代と
認知症にならないような世代の受診が ここ数年は増えているという。


脳が健康な状態を保つために必要なことは、情報を脳に入れることと、
その情報を深く考えることをバランス良く行うことだという。

スマホの登場で現代人は“情報入手”だけが多い状態になっている。
気がつけば、脳は情報で“オーバーフロー”となり過労状態になるという。
そのため、物忘れや感情のコントロールができない、自分らしさを失うといった、
うつ病や認知症と同じ症状が引き起こされるという。

奥村医師「長く続くと、本当のうつ病になってしまう危険があるので警鐘を鳴らしているんです」

ほかにも症状が続くと、老後の認知症の危険も高まるということだが、
スマホ認知症は生活習慣を変えれば改善するという。
そのために必要なのは“ぼんやりタイム”だ。
集中して何かをした後にぼんやりする時間が脳には必要だという。

移動中、食事中、休日、就寝前、スマホと一緒に過ごしていたこの時間を
ぼんやりする時間に切り替え、スマホ認知症と無縁の生活を。

【the SOCIAL lifeより】

2/28(水) 14:23配信
______________________________________
転載終了

  cmk2wl
@cmk2wl  
てんかん発作やウツはわかるけど、認知症は違う原因じゃないの。

東北・関東の放射能汚染による 水と野菜・魚介類の汚染により
脳細胞の減少による被曝症状・物忘れや認知症じゃないかな?と思いますが・・・
テレビでこれだけ被曝を隠す情報が流れていると
気がつく人は少ないのでは?と思います。


転載元転載元: 放射能汚染 被曝 情報収集 思う事 関東

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

日本のがん治療の総本山【国立がんセンター】が抗癌がん剤が効かないことを認めた。


日本の癌治療の総本山【国立がんセンター】が抗癌がん剤が効かないことを認めました。

日経新聞(2016/01/11)に掲載された記事で、堀田知光・国立がん研究センター理事長 は以下のように述べている。
国立がん研究センターも次は免疫療法を強化していく必要があると考えている。これまで得意ではなかったので、外部から人材を集めて研究開発を進めたい。ヒトの遺伝情報を調べてこの人には効きそうだ、副作用が少なくて済みそうだと予測する『ゲノム医療』にこれまで力を入れてきたが、それとは別の研究上の横串になる」
 「高齢者向けには、免疫療法などでがん細胞の活動を抑える方法を優先してはどうだろうか。抗がん剤は強い威力で一通り細胞をやっつけて正常な細胞の再生を待つが、逆に寿命を縮めてしまう恐れもある。

まぁ「恐れもある」などと言ってますが、
現在厚生労働省は毎年35万人癌でなくなっていると発表しているが、80%の28万人は癌ではなくて、抗癌剤の他の副作用によって亡くなっている。
実はこの国立がんセンターが抗がん剤が効かないことを認めた情報は2日前に、がんになったお父様の遠隔浄化を依頼されO様に教えていただきました。

ーーー以下略ーーー

転載元転載元: kakaaのブログ〜土と野草と野菜の生命力を信じて〜

開く コメント(1)

開く トラックバック(0)



夏の塩分・ミネラル補給、
水分だけでは逆効果


(産経 2019.8.4 07:45)

 1年のうちで最も汗をかくこの時季は、
水分補給が大切なのはいうまでもない。
 ところが、水分の取り方を誤ると、
さらなる脱水を招いて逆効果に。
 ナトリウム(塩分)をはじめ、
ミネラルの補給も肝心だ。

 日々の食事からもミネラルを
たっぷりと取ることを心掛けたい。
(榊聡美)


◆ 汗は体のクーラー

 成人の体の約60%は水分で満たされている。
 何もしなくても、呼気や尿などとともに、
1日約2〜2・5リットルもの水分が失われている。
 さらに夏場は多くの汗が加わる。
 汗をかくのは体から熱を逃がし、
体温を下げるため。
 汗はいわば体のクーラーの役割をしており、
暑いときはしっかりと汗をかくことが重要だ。

 失った分を補うために
せっかく水を飲んでも、
かえって脱水症状になってしまうことがある。

 「発汗によって水分とともに、
ナトリウムやカリウム、マグネシウムなど
ミネラルも失われます。
 血液中のナトリウムが少なくなったところに
水分だけ補給し続けると、
さらにひどい『生理的脱水』を引き起こします」

  稲毛病院(千葉市)健康支援科部長で
産業医の佐藤務さんはこう説明する。


◆ 水を飲んで脱水!?

 大量に汗をかいて水ばかり飲むと、
血液中のナトリウム濃度が薄まり、
低ナトリウム状態に。
 脳が感知して濃度を上げようと、
血液中から水分だけを尿で排出する。
 血管内が脱水し、濃縮した“ドロドロ血”に。
 これが生理的脱水と呼ばれ、
熱中症だけでなく、
脳梗塞(こうそく)や心筋梗塞などにも
なりやすくなる。

 佐藤さんはスポーツをするときや
猛暑で大量に汗をかくときには、
水分と塩分・糖分を一緒に取れる
スポーツドリンクをすすめるとともに、
「失われやすいミネラルを
食事からしっかりと取っておくのも大切」と
説く。

 日々の食生活にみそ汁や漬物など、
比較的塩分の多い食べ物を取り入れる。

 朝、昼より夕食後に尿からの塩分排泄(はいせつ)量が
増加することや、
寝ている間の発汗も含めて、
夕食時に多めに取るとよいという。


◆ 塩昆布を調味料に

 医学博士で管理栄養士の本多京子さんは、
ミネラル補給に最適な食材として「海藻」を挙げる。
 「海藻は海の野菜といわれます。
海は地上にある自然のミネラルが
雨で流れて集まった『ミネラルの宝庫』です」

 海藻を使ったこの時季おすすめのメニューが、
水分とミネラルを同時に取れる
「くずし豆腐と塩昆布の冷や汁」だ
 豆腐にミョウガなどの薬味、
塩昆布をのせて冷水や冷茶を注げば出来上がり。
 火を使わずに簡単に作れ、
食欲のない朝でもするすると食べられる。

 「塩分とうまみがある塩昆布は、
ご飯のお供だけでなく、
ミネラルたっぷりのうまみ調味料としても
料理に活用できて便利です」
 汗をかいた後は、コップ1杯の氷水に塩昆布をひとつまみ加え、
“即席すまし汁”にして飲むのもおすすめとか。

 作り置きができる「ヒジキとパプリカの和風マリネ」
は穏やかな酸味で、ご飯にもパンにも合う。
 猛暑では食欲が減退しがちだが、
本多さんは「朝ご飯を食べることが大事です。
就寝中に汗をかいて、何も食べずに
家を飛び出すのは水分不足の第一歩」と指摘する。

 「おいしく塩分と栄養を補うのが
暑い夏を元気に過ごすコツです」

転載元転載元: アッチョンブリケ総研

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

減塩が病気をつくる【塩分が高血圧の犯人説】を覆す衝撃的な論文! 塩分摂取量が少ないグループは脳卒中や心筋梗塞になりやすく、摂取量が多いグループの脳卒中・心筋梗塞の有病率が最も低かった!


「塩分が高血圧の犯人」説を覆す衝撃的な論文とは|NEWSポストセブン



「塩分が高血圧の犯人」説を覆す衝撃的な論文とは(NEWSポストセブン) 高血圧になるのを防ぐには塩分を控えると…|dメニューニュース(NTTドコモ)

「塩分が高血圧の犯人」説を覆す衝撃的な論文とは

NEWSポストセブン2017年12月12日07時00分



高血圧になるのを防ぐには塩分を控えるというのが多くの日本人が信じる定説だった。だが、いま、その定説を覆す新たな理論が注目を集めている。『脳梗塞・心筋梗塞は予知できる』の著者で、循環器に詳しい真島消化器クリニック院長の真島康雄医師は、こう解説する。

「高血圧をもたらすのは塩分ではなく、血管に溜まったプラークです。プラークとは脂肪の塊のことで、日本語では『粥腫(じゅくしゅ)』と呼ばれ、その名の通りお粥のようにドロドロしています。これが溜まって血管の内側が狭くなるから、そこを流れる血液の圧力が高まる。実にシンプルな理屈です」

そもそも、なぜこれまで「塩分」が高血圧をもたらす犯人とされたのか。『減塩が病気をつくる!』の著者でイシハラクリニック院長の石原結實医師はこう語る。

「塩分には、水を引き寄せる『吸湿性』があります。体内に取り込まれた塩分の吸湿性によって血液の全体量が増加すると、心臓が血液を押し出そうとするので確かに血圧が上がります。

ただし、体内の塩分量は一定になるよう調節されており、健康な人ならば、摂取した塩分はほぼ同じ量が尿や汗として排出されます。そのため、塩分摂取による血圧の上昇は一時的なもので収まる可能性があります」

「塩分容疑者説」が広まったのは、1954年に米国のダール博士が発表したある調査が発端だった。

ダール博士が日本の鹿児島と青森を含む世界5地域を調べたところ、1日の塩分摂取量が14グラムの鹿児島の高血圧発症率が20%であるのに対し、28グラムの青森では40%だった。そこでダール博士は、「塩分の摂り過ぎが高血圧につながる」と結論づけた。わずか5地域の調査には疑問の声も上がったが、当時は塩分と高血圧を結びつける考察は画期的だったため、瞬く間に世界中に広まった。

1972年には、米国のメーネリー博士が発表した、「10匹のラットに毎日20〜30グラムの食塩を摂取させたところ4匹が高血圧になった」という論文で「容疑者説」は「塩分犯人説」に昇華する。

「しかし、このラットに投与された量も、人間に換算すれば500グラムに相当し、厚労省の推奨値の約63倍にあたる。つまり、非現実的で極端な前提に立つため、塩分が“真犯人”と結論づけるには至らなかった」(前出・石原医師)

◆減塩して血圧が上がった!?

そんな中で、高血圧と塩分は関連しないという調査結果が続々と発表される。中でも有名なのは、1988年にロンドン大学などが英国、日本など32か国、約1万人を対象に行なった大規模疫学調査「インターソルトスタディ」だ。

この調査では、1日の塩分摂取量が6〜14 の人たちには、塩分摂取と高血圧に相関関係が見られないという結果が出た。

「日本高血圧学会が推奨する『1日6グラム』はおろか、日本人が平均的に摂取する『1日10〜12グラム』を上回る塩分でも、高血圧の原因にならないことを示唆する結果でした。厚労省の調査によると、山梨、青森、福島、福井など寒い地方の食塩摂取量が多い一方、高血圧疾患による男性の死亡率は大阪、福岡、佐賀などが高い。食塩摂取量が少ない都道府県でも高血圧で死亡する傾向があることから、塩分と高血圧に因果関係があるとは言いにくい」(同前)

塩分と高血圧が関係しないどころか、「減塩で血圧が上がる場合がある」との研究結果も存在する。

1987年の米国のミラー博士らの研究報告によれば、正常血圧の男女82人を対象にして1日の塩分摂取量を9.2グラムから4グラムまで12週間にわたって減塩したところ、血圧値にほとんど変化のない人が53%、血圧が下がる人が30%、そして17%は逆に血圧が上昇した。

最も衝撃的だったのは、1985年に米国のアルダーマン医師が約20万人の生活調査を行ない、英国の権威ある医学誌『ランセット』に発表した論文だ。それによれば、塩分摂取量が最も少ないグループは脳卒中や心筋梗塞になりやすく、最も摂取量が多いグループ(8.94〜12.80グラム)の脳卒中・心筋梗塞の有病率が最も低かった。

イタリアでは高齢の軽度認知症患者172人を対象に血圧と認知機能低下の関連が検証され、降圧剤で血圧が低くコントロールされた患者ほど認知機能が低下していたことがわかった。

また、降圧剤のなかでもARBやACE阻害剤、利尿剤などはインポテンツ(ED)を引き起こす可能性が高いとされる。この副作用は日本性機能学会が監修する『ED診療ガイドライン』に明記されている。2006年にギリシャで実施された調査では、降圧剤を服用した高血圧患者の40.4%がEDに罹患したという。また、1つの降圧剤よりも複数の降圧剤を併用している患者の方がED罹患率は高かった。

◆そもそも塩は人間に必要

一連の結果から、塩分が高血圧を招かないどころか、塩分の摂取量が少ないと血圧が上がったり、重篤な病気を招く危険性が示された。前出・石原医師が指摘する。

「そもそも塩は人間の生存にとって必要不可欠な栄養分です。世界の専門家から減塩のリスクが指摘されるのに、日本の医学界では塩分を目の敵にしたような十把一絡げの“減塩処方”が目立ちます。腎不全など腎臓に持病のある人を除いて、極端な減塩をすべきではありません」

塩分の評価が揺れることには、もう一つの理由がある。塩分を摂取しても血圧が「上がる人」と「上がらない人」がいることだ。

「食塩を摂取すると血圧が上がる体質を『食塩感受性』と言います。食塩感受性が高い人は、腎臓からナトリウムを排出する機能が弱く、塩分を摂取すると血圧が上がります」(同前)

1995年に東大の藤田敏郎教授が公表した調査では、日本人のうち食塩感受性が高い人は約2割、低い人は約5割とされた。日本人の2人に1人は塩分を摂っても血圧は上がらないという結果だ。しかし、どんな人が食塩感受性が高くなる(低くなる)のかは判明していない。

※週刊ポスト2017年12月22日号


フォローお願い致します→復活マッジクアワーTwitter

減塩で死ぬ!殆どの国民が知らない【武田邦彦】減塩のほうが健康に良いなどという根拠は医学的には皆無です!動画あり「減塩」=「塩分悪者」にする必要があった「降圧剤」を売る連中の策略!減塩食はヘルシーではない!高血圧で血圧の基準を10下げると降圧剤が4千億円ほど余計に売れる!塩は生命の源、とても大切、生きる為に不可欠なモノ! - みんなが知るべき情報/今日の物語

【武田邦彦】殆どの国民が知らない「減塩で死ぬ」 - YouTube

減塩食は「ヘルシー」ではない!減塩のほうが健康に良い!などという根拠は医学的には皆無です!高血圧説も根拠なく、減塩の嘘!武田邦彦氏 - みんなが知るべき情報/今日の物語

減塩で死ぬ!殆どの国民が知らない【武田邦彦】減塩のほうが健康に良いなどという根拠は医学的には皆無です!動画あり「減塩」=「塩分悪者」にする必要があった「降圧剤」を売る連中の策略!減塩食はヘルシーではない!高血圧で血圧の基準を10下げると降圧剤が4千億円ほど余計に売れる!塩は生命の源、とても大切、生きる為に不可欠なモノ! - みんなが知るべき情報/今日の物語



大嘘サギ【130を超えたら高血圧】某飲料メーカーのCMは不正広告だ!金儲け医療マフィアが基準値を180から50下げ130になった!降圧剤の恐怖!がん、脳梗塞、認知症のリスクが高まる!高血圧=脳溢血、その常識は時代遅れ!高血圧はほっとくのが一番!減塩で死ぬ! - みんなが知るべき情報/今日の物語


熱中症、夏バテ対策に《たまご》で体つくり!卵はスーパーフード!卵の蛋白質とビタミン、ミネラルが体を作る!1日3個以上!麦茶より《ほうじ茶》タマゴに不足のビタミンCもとれる!牛乳はよくない、人は牛乳のタンパク質を分解できない!ホルモンバランスをくずして発ガンのリスクが増大する!卵アレルギーの人は肉!- みんなが知るべき情報/今日の物語

「ガンにならない体」卵、肉や魚介類!元ハーバード大学准教授・荒木裕/癌は熱い風呂、味噌、重曹で治る位の病気!ガン細胞は糖質が大好物「三大療法」ではガンは治らない!減塩は悪魔のささやき!純ココア・高カカオチョコレート、カレー粉など!糖尿病、認知症、動脈硬化…生活習慣病!高齢者は、魚には必ず、卵か肉を、アミノ酸バランスが魚は不十分です。動物性蛋白質・脂肪で体を作り体温を上げて免疫力がアップします。プロティン、アミノ酸サプリメントの人工食品はは腎臓に負担をかけ副作用があります。卵はスーパーフードです。スポーツマン、受験生にも最適です。急ぐ時は生卵で。食品のコレステロールは余分な分は排出されます。- みんなが知るべき情報/今日の物語



がん、脂肪肝改善【高カカオチョコ】食前3食・間食前に…1日25グラム/生活習慣病、癌、糖尿病、認知症、肝臓、心臓疾患 、便秘、動脈硬化、高血圧 、免疫力アップ、脳卒中予防 、インフルエンザ、風邪、疲労回復、滋養強壮、記憶力、美肌、ダイエット、ピロリ菌など!純ココア=無糖カカオチョコ- みんなが知るべき情報/今日の物語

パンと牛乳と小麦粉は【癌・糖尿病・認知症・生活習慣病】のリスクを高める!パンは腸と脳をこわす!牛乳は【がん細胞を活性化】骨と血管を弱くする!乳ガン患者はパンと牛乳と砂糖、糖質が大好き!疲れ、肥満、腸トラブル、うつ、湿疹! - みんなが知るべき情報/今日の物語


集団検診被曝の背後に恐ろしい勢力の暗躍!朝日新聞が設立した【日本対がん協会】検診ムラ!生体実験・日本軍731部隊とX線胃がんバリウム検診の医療被曝【がん発症】日本は世界一、医療被曝が多い! 731部隊の指揮官は安倍の祖父・岸信介! - みんなが知るべき情報/今日の物語




米国公文書に明記!ガン3大療法もワクチンもブドウ糖点滴も人口削減計画の一環と!癌じゃないのに癌という診断を受けて本物の癌を発症!危険性のある手術、抗がん剤、放射線療法の三大療法を受け、命を落としていると!癌は身体が生き延びるための手段で、外敵では有りません!重曹など癌対策記事あり! - みんなが知るべき情報/今日の物語


がん細胞は【正常細胞に戻る】食事習慣、生活習慣条件によって変わる!がんは自己防衛のために先祖返りの【単細胞生物】がん遺伝子も変えられる…食事、運動、生活環境で!薬が病気をつくる!自分を守るのは医者ではなく自分自身!新説は癌治療の常識を変えるか!- みんなが知るべき情報/今日の物語





『重曹』は癌や、被爆、肝臓病、インフルエンザ、アレルギー、虫歯、便秘、腎臓病・胃潰瘍・痛風など…あらゆる病気を治す効果がある?!コップ一杯分の水に小さじ半分程度を溶かし重曹水を作り、それを飲むだけ!癌対策記事あり

『癌は味噌がきらい』発がん抑制効果、死亡率も減!放射能対策にも! 胃癌、乳癌、肝臓癌、肺癌、大腸癌、前立腺癌など…長崎原爆、味噌で原爆症にならず!日本は癌で死ぬのではなく、がん治療で死ぬのである!日本だけが癌死亡率が上昇し続けている! 米国、カナダは抗ガン剤や放射線治療から抜け出した! 医者自身が癌になったら、三大療法は受けず食事療法・食養に走る!ガンは砂糖は糖質が好き!  - みんなが知るべき情報/今日の物語


フォローお願い致します→復活マッジクアワーTwitter

ブログランキング・にほんブログ村へ クリックお願い致します

http://blog-imgs-84.fc2.com/k/i/m/kimito39gmailcom/20151129160928804.jpg

転載元転載元: 日々物語

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事