ここから本文です
JH1VDMのブログ
無線や旅、道路ネタが趣味。迷惑コメント禁止(あれば即削除)。写真は開通目前の北千葉道路の表示が隠されたものといないいないばあっ!

書庫全体表示

キモおもしろい動きに釘付け シンクロして身を守るハバチの幼虫

1/14(月) 10:17配信

NIKKEI STYLE

 驚くほど息が合っている――動画に映るペルーのハバチの幼虫のことだ。ハバチは幼虫の間、すき間なく積み重なり、移動するのも、自分たちを捕食しようとする敵を追い払うのもいっしょ、まさに一心同体だ。この珍しい様子を、ぜひ映像でご覧いただきたい。

【動画】面白いけどキモい。息ぴったりで動く様子

 一般に、ハバチの幼虫はイモムシのように軟らかく、攻撃する術ももたない。だから、クモや鳥に簡単に食べられてしまう。そこで、彼らが編み出したサバイバル術が、大勢で束になることだ。幼虫たちは、危険が近づくと、一斉にぴくぴく動きながら体を起こす。

「スパルタ軍の密集隊形を思わせます」と話すのは、ナショナル ジオグラフィック協会が支援する昆虫学者のアーロン・ポメランツ氏だ。同氏がこの動画を撮影した。ポメランツ氏は、アマゾンの熱帯雨林に囲まれた街、ペルーのタンボパタで氏は数年前から調査を行っているが、ハバチの幼虫の不思議な振る舞いを見たのは初めてだった。

 遠くから見ると、幼虫の一団は木の幹にある1輪の花のように見える。しかし、観察しようと近づくと、くねくねと動き出すのだ。ポメランツ氏は学者としてこの発見を記録せずにはいられず、イモムシのような小さな幼虫たちの様子を映像に収めた。

 ポメランツ氏が幼虫の集団に手を近づけると、幼虫たちは動きを止めて固まり、やがて上に向かって一斉に体を曲げたかと思うと、ぱたんと下に落ちたという。ポメランツ氏はナショナル ジオグラフィックの取材に「ハバチの幼虫たちが一番びっくりしていたのは、私が集団の上で息をしたときと、木の幹に手を置いたときでした」とメールで答えている。

「ウェーブのようなこの反応とヘッドバンギングはおそらく、鳥などの襲ってきそうな動物に対して、1匹の大きな生物のように見せるための方法なのでしょう。こうした捕食者は、1匹ずつならハバチなど簡単に捕まえてしまいますから」とポメランツ氏は説明している。

 集団行動がハバチの生存確率をどう高めているのか、科学者たちは研究を重ねている。


転載元転載元: nk8**6eのブログ

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事