ここから本文です
JH1VDMのブログ
無線や旅、道路ネタが趣味。迷コメ×(あれば即削除)。写真は4m前のいなばあと大泉JCT外環外回り→関越下りのランプウェイ

書庫全体表示

穏やかでのんびりした性格の犬種2選とは?

6/13(木) 19:35配信

いぬのきもち WEB MAGAZINE

犬種によって、性格にはさまざまな傾向があるといわれています。今回はその中でもとくに「穏やかでのんびりした性格」の犬種についてご紹介します。どんな犬種が選ばれたか、チェックしてみてくださいね!

【関連記事】甘えん坊な犬の特徴や犬種って?飼い主さんが好きすぎると問題も…

賢くて穏やか!「シェットランド・シープドッグ」

“シェルティ”の愛称で親しまれるシェットランド・シープドッグ。もともとはイギリスの最北端、シェットランド諸島で、その名の通り牧羊犬として活躍していました。
長く人のそばで生きてきた犬種なので、大変賢く、飼い主さんの言うことをよく聞き、しつけのトレーニングもしやすいと言われています。そのため飼い主さんといっしょにいるときは、ゆったりと落ち着いています。また、その上品で優雅なたたずまい、つぶらな瞳も、より穏やかな印象を与えます。

愛情深くて穏やか!「ゴールデン・レトリーバー」

もともとはセッター系や泳ぎが得意なスパニエル系の犬種などと交配されたゴールデン・レトリーバー。猟で撃ち落とされた鳥をくわえて運ぶ賢い犬種となりました。
“シェルティ”と同様に、人と行動を共にしてきた犬種なので、温和で愛情深い性格です。また、子どもやお年寄りにはやさしく接するなど、相手にあわせられる一面も。飼い主さんの気持ちに共感し、家族の一員として愛されることを望むため、しっかりとコミュニケーションをとり、いい関係性を築くと満足します。ゴールデン・レトリーバーならではのやさしげな表情も魅力です。

いかがでしたか?  今回は2犬種だけの紹介でしたが、このほかにも、穏やかな犬種はたくさんいます。愛犬の犬種はどうか、ルーツや歴史を調べてみると、性格の傾向が見えてくるはず! ぜひ調べてみてくださいね。

参考/いぬのきもち16年4月号「犬種連載シリーズ I Love ゴールデン・レトリーバー」、
いぬのきもち16年10月号「犬種連載シリーズ I Love シェットランド・シープドッグ」
文/melanie

いぬのきもちWeb編集室

最終更新:6/13(木) 19:35
いぬのきもち WEB MAGAZINE

転載元転載元: nk8**6eのブログ

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事