ここから本文です
JH1VDMのブログ
無線や旅、道路ネタが趣味。迷コメ×(あれば即削除)。写真はいなばあ!とE14館山道にある各路線のナンバリング入りの距離標識。

書庫過去の投稿日別表示

全12ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

日本広域の進路予想

2018年7月26日 15時00分現在
  • Facebookにシェア
台風画像
きょう26日は、西日本では晴れて35℃以上の猛暑日になる所がありそうです。東〜北日本でも晴れて気温が上がるでしょう。ただ、あす27日にかけて大気の状態が不安定となるため、急な雷雨や突風などに注意が必要です。暴風域を伴った台風12号は、あすには小笠原諸島に接近する見込みです。暴風、高波などに警戒してください。その後28日に本州に接近・上陸するおそれがあります。最新の台風情報に注意してください。(気象予報士・原田雅成)

台風概況

台風11号
2018年7月26日16時30分発表 台風第11号は、26日15時には日本のはるか東にあって、北西へ毎時30kmで進んでいます。中心気圧は996hPa、中心付近の最大風速は20m/sです。この台風は、27日3時には日本の東に達し、27日15時には千島近海で温帯低気圧に変わるでしょう。この方面の船舶は、十分な警戒が必要です。次回の台風情報は、27日10時30分の予定です。
台風11号
名称WUKONG(ウーコン)
大きさ---
強さ---
存在地域日本のはるか東
中心位置北緯39度25分
東経154度00分
進行方向北西
速さ30km/h
中心気圧996hPa
最大風速中心付近で20m/s
最大瞬間風速30m/s
暴風域
(25m/s以上)
---
強風域
(15m/s以上)
東側560km
西側220km
台風12号
2018年7月26日16時30分発表 台風第12号は、26日15時には沖ノ鳥島近海にあって、東北東へ毎時15kmで進んでいます。中心気圧は980hPa、中心付近の最大風速は30m/sです。この台風は、27日15時には父島の南東約140km、28日15時には八丈島の北北東約80km、29日15時には日本海に達するでしょう。台風周辺海域および進路にあたる海域は、しけ〜大しけとなるため厳重な警戒が必要です。次回の台風情報は、26日22時30分の予定です。
台風12号
名称JONGDARI(ジョンダリ)
大きさ---
強さ---
存在地域沖ノ鳥島近海
中心位置北緯22度35分
東経139度10分
進行方向東北東
速さ15km/h
中心気圧980hPa
最大風速中心付近で30m/s
最大瞬間風速45m/s
暴風域
(25m/s以上)
中心から90km
強風域
(15m/s以上)
中心から280km

浪江の4路線、8月2日正午に通行制限解除 自由通行再開へ

7/26(木) 11:11配信
福島民友新聞
 政府は24日、東京電力福島第1原発事故に伴う帰還困難区域で通行を制限している浪江町の4路線の制限を8月2日正午に解除し、自由通行を再開すると発表した。同町から郡山、二本松両市に避難している被災者の一時立ち入りの利便性向上などが期待される。
 自由通行となるのは国道399号(約4.2キロ)、国道459号(約4キロ)、県道いわき浪江線(約4.7キロ)、県道落合浪江線(約3キロ)で、いずれも2011(平成23)年4月から一般車両の通行が禁止された。現在は通行証が発行された住民や復興事業者らの通行が午前9時〜午後4時に限り認められている。
 政府によると、自由通行となる区間を時速30キロで走行した場合の積算被ばく線量は国道399号が0.035マイクロシーベルト、国道459号が0.024マイクロシーベルト、県道いわき浪江線が0.15マイクロシーベルト、県道落合浪江線が0.10マイクロシーベルト。
 除染は国道399号と国道459号が16年度、県道いわき浪江線が15年度、県道落合浪江線が17年度にそれぞれ終了している。

火星で初めて液体の水を確認、地下に「湖」か

7/26(木) 10:46配信
BBC News
メアリー・ホルトン科学記者、BBCニュース

欧州宇宙機関(ESA)の火星探査機「マーズ・エクスプレス」が、火星に液体の水が存在している証拠を見つけた。米科学誌「サイエンス」で25日発表された。

火星の極冠の下に、幅20キロの湖があるとみられている。

これまでの調査では、火星の地表に断続的に液体の水が流れていたとみられる痕跡が見つかっていたが、現在の火星に水の存在を示す証拠が見つかったのは今回が初めて。

米航空宇宙局(NASA)の火星探査車「キュリオシティー」が探索した湖底の跡から、過去の火星表面に水があったことがうかがえていた。

しかし、薄い大気の影響で火星の地表温度は下がり、大半の水分は氷になった。

科学者たちはかねてより、火星上に液体の水がないか調べてきたが、決定的な証拠は得られていなかった。それだけに、今回の発見はきわめて興味深いものとなっている。

地球外生命の可能性を探る人にとっても興味深い発見だが、まだ生物が存在する可能性が高まったと言える段階ではない。

湖の存在は、火星軌道上を周回している欧州宇宙機関 (ESA)の「マーズ・エクスプレス」に搭載されたレーダー装置、「マーシス」によって明らかになった。

研究を主導するイタリア国立宇宙物理学研究所のロベルト・オロゼイ教授は、「それほど大きな湖ではないかもしれない」と話した。

マーシスは水の層の厚さを推定することはできなかったが、研究チームは最低1メートルの深さがあるとみている。

「深さがそれだけあるからこそ、まとまった水だと言うことができる。地球の氷河で見られるような、岩と氷の間に貯まった溶けた水ではなく、湖がある」

今回の発見は? マーシスのようなレーダー装置は、送った信号の反射から火星の地表やすぐ下の地中を調査している。

レーダー上部の長く続く白い線は南極層状堆積物(SPLD)と呼ばれるもので、氷と土がパイ生地状になっている。

調査チームはこのSPLDの下、氷から1.5キロほど地下に珍しいものを見つけた。

「地表の反射よりも強い、明るい青色の反射が確認できる。これが我々にとっては水の存在を示す何よりの証拠だ」とオロゼイ教授は説明した。

火星に生命がある可能性は? 今のところ、はっきりしていることは何もない。

英オープン大学のマニッシュ・パテル博士は「火星表面は我々の知る限りの生命の生存に適していないことが、以前から分かっている。そのため、火星の生命探査は地中に向かっている」と話した。

「地中なら有害な宇宙線からも十分に守られ、重力や温度も生命に適した水準に向上する。何よりも重要なのは、生命に不可欠な液体の水が存在できることだ」

地球外生命体の可能性を研究する宇宙生物学にとって、水の存在は鍵となる。

ただし、水がある可能性が示されたとはいえ、水があるからと言ってそれ以上の何が確認されたわけでもない。

パテル博士はBBCニュースに対し、「実際に生命の存在を突き止めたとは言えないが、今回の発見で、火星のどこを探査したらいいかが分かった。まるで宝の地図だが、宝の位置を差すXマークはほかにもたくさんあるはずだ」と述べた。

水温や含有物も、火星に存在するかもしれない生命にとっては大きな問題となる。

研究チームは、水が上層の氷と触れる部分の温度は零下10度〜零下30度だと予測している。このような寒い状況で液体の状態を保てる場合、水には大量の塩分が含まれている可能性が高い。

英セントアンドリュース大学の宇宙生物学者、クレア・カズンズ博士は、「この水が非常に冷たくて濃い塩水だという可能性は高い。その場合、生命にとってはかなり過酷な環境だ」と説明する。

次の段階は? 今回の発見は、火星に生命がいる、あるいはいた可能性に興味のある人にとって、実に魅惑的なものだ。しかしまずは、湖の特徴を今後の調査で確定する必要がある。

オープン大学のマット・バルム博士は、「この先は、似たような信号を探すために測量を繰り返すし、そしてできれば、この信号が何を意味するのか、他の可能性を全て精査し、その上でできれば(水以外の可能性を)排除する必要がある」と話した。

「それができれば、この湖に向かって火星表面を掘削するという野心的な新ミッションにつながるかもしれない。ちょうど地球の南極で氷河の下にある湖を見つけた時のように」

南極の氷底湖ボストーク湖では、ロシアの科学者がバクテリアの存在が確認できたと発表している。しかし、火星での掘削探査は確かに野心的なプロジェクトとなるかもしれない。

「火星に到達し、これが確かに湖だという決定的な証拠を手に入れるのは簡単な仕事ではない」とオロゼイ教授は話す。

「厚さ1.5キロの氷を掘削できるロボットを飛ばす必要がある。その技術は今はないので、そのための技術開発が必要になる」

(英語記事 Liquid water 'lake' revealed on Mars)
(c) BBC News
最終更新:7/26(木) 10:46
BBC News

土砂崩れで橋が崩落、高知道の復旧に1年以上

7/26(木) 10:21配信
読売新聞
 西日本高速道路会社は25日、西日本豪雨の土砂崩れで崩落した高知道の復旧に1年以上がかかるとの見通しを明らかにした。

 高知道は、高知県大豊町の上り線の橋が土砂崩れによって崩落したが、13日から、下り線の一部を2車線の対面通行にしている。上り線を全面復旧するには、新たに橋をかけ直すのと同様の工事をしなければならず、1年以上の期間が必要だとみている。

 同社管内では豪雨の影響で16路線49か所で土砂崩れなどが発生し、現在も東九州道の椎田南インターチェンジ(IC)―豊前IC間と、広島呉道路の坂北IC―呉IC間で通行止めにしている。対面通行などの通行規制は、橋が崩落した高知道の新宮IC―大豊IC間と、中国道の北房IC―新見IC間で行われている。
最終更新:7/26(木) 12:28
読売新聞
にほんブログ村のポチにご協力お願いします。
第4問答え:バイパス道路
バイパス道路は渋滞緩和の為に用いる道路。日本には多くのバイパス道路があります。東松山バイパス(国道254号、国道407号)や竜谷バイパス(千葉県道・茨城県道44号成田小見川鹿島港線)、結城坂東バイパス(茨城県道20号結城坂東線)、春日部野田バイパス(国道16号)、熊谷バイパス(国道17号)、甘楽吉井バイパス(国道254号)、行田バイパス(国道125号)等思い付けばきりがないほどの名称のバイパスが浮かびます。これ等のバイパスも渋滞緩和の目的があるといっても過言では無さそうですね。
イメージ

イメージ
いないいないばあっ!アロハの姿が何か良かったです。※再放送は寝過ぎて見られませんでした。起床したのは今から30分前。
イメージ
今日のJH1VDMランチ。
イメージ
旨い!
イメージ

イメージ

イメージ

イメージ
お!東京外環自動車道(C3)三郷南インターチェンジ〜高谷ジャンクションの区間の各インターチェンジの名称がGoogleマップに遂に映りましたね。良かったです。そろそろストリートビューで見られるようになるでしょうか?
イメージ
しかし、地図を小さくしていくと新規開通区間は何故か消えちゃいました。何故?
第5問:自分の知っているバイパス道路を自由にあげてください。

転載元転載元: 親子ハムのブログ

全12ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事