ここから本文です
JH1VDMのブログ
無線や旅、道路ネタが趣味。迷コメ×(あれば即削除)。写真はいなばあ!とE14館山道にある各路線のナンバリング入りの距離標識。

書庫過去の投稿日別表示

全8ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

[ 前のページ | 次のページ ]

保護7年目の犬も 「命の期限」を設けない京都動物愛護センターの取り組み

6/12(水) 13:36配信

デイリースポーツ

 今春、京都の桂川河川敷の「野犬問題」が度々、報道されました。具体的な数字は見聞きしなかったので、自然繁殖によって増え続けているのかと心配したのですが、管轄する京都動物愛護センターによれば、「平成30年度に42頭を保護し、現在は10〜20頭程度ではないか」とのこと。「数が増えているのではなく、防災のための護岸工事などで犬が暮らせるエリアが狭くなり、人間の生活空間に近い場所、人目につく場所の犬の密度が上がったことで、心配の声が挙がったのだと思います」。そう説明してくれたのは、獣医師でもある同センターの河野誠さんです。

【写真】平成24年に保護されたプードル。「穏やかに時間をかけて向き合っていただける方を募集」

 もちろん、放置していい問題ではなく、現在も捕獲・保護に向けた努力がなされていますし、昨年度、保護された犬の中には譲渡対象となり、「家族」ができるのを待っている子もいます。「保護」よりも「捕獲」のイメージが強く、「捕まったら殺されるのではないか」との心配から食べ物を与えてしまう人もいるようですが、それは大きな間違い。いつ食べ物や水にありつけるか分からない状況よりも、愛護センターに保護されたほうが、人も犬も幸せになれるのです。

 そもそも、京都動物愛護センターは動物を「殺処分」するための施設ではありません。保護された時点で瀕死の状態だったり、回復の見込みがなく生きていることが動物に苦痛を強いる場合などは、やむなく「安楽死」が選択されることもありますが、センターに収容されて7年になる犬もいるのです。保護された動物たちに「命の期限」は設けられていません。

 ただ、そうしたことが一般に広く知られていないのも事実。同センターでは今年度の強化ポイントの一つとして、「センターの認知度アップ」を掲げています。

 「小学校での出張授業など、動物愛護についての啓発活動はこれまでもしてきましたが、ペットに関する小規模相談会の実施など、もっともっと外に飛び出していこうと考えています。また、センターの“見学ツアー”も企画しています。ここは交通の便が良く(近鉄十条駅から徒歩5分)、上鳥羽公園の中ということもあって、ふらっと立ち寄ってくださる方も結構いるのですが、逆に『愛護センターってどんなところだろう?』と思いながら敷居が高いと感じている方もいる。子供さんも含め、気軽に来ていただけるようにツアーを始められればと思っています」(河野さん)

 実現に向けて大きな戦力となるのが“ボランティアスタッフ”の皆さんです。同センターではボランティア事業に力を入れており、登録から3年間活動すると“卒業”するシステム。卒業生たちはセンターのサテライト的な立場で、それぞれの地元で啓発活動などに取り組んでいます。そのボランティアスタッフが見学ツアーのプログラムを考案中で、実際にツアーが始まれば案内役も務める予定です。

 センターの特徴は他にもあります。一つは「京都方式」の導入です。これは「犬の収容から譲渡に至る過程で、しつけインストラクターなど専門家のノウハウや広範なネットワークを大胆に活用し、その監修の下、さまざまな取り組みを行う」というもの。これにより、吠えや噛み癖などの問題行動を修正して譲渡につなげられるようになったり、譲渡後も家まで出向いて相談に乗るなど、アフターフォローの充実を図れるようになりました。譲渡条件に「京都府域に居住」とあるのは、このアフターフォローのためでもあります。

 また、京都市獣医師会との連携も特徴の一つ。併設する「夜間動物救急センター」は一般に開放されていますが、日中は収容動物へのワクチン接種や治療が行われています。京都市獣医師会による5000万円規模の寄付により、レントゲンや超音波など設備も充実。保護犬・保護猫も高度な医療を享受できるというわけです。

 「人と動物とが共生できる、うるおいのある豊かな社会」を理想とする京都動物愛護センター。ドッグランやトリミングルームもあり(有料)、かつての「保健所」のイメージとはかなり違います。興味がある方は一度、足を運んでみてはいかがでしょうか。(まいどなニュース特約・岡部充代)

最終更新:6/12(水) 13:46
デイリースポーツ

転載元転載元: nk8**6eのブログ

飼い主に捨てられ殺処分寸前だったボクサー犬がセラピードッグに

6/7(金) 18:01配信

テレ東プラス

今回は、アニマルセラピー犬である吾郎に密着! 熊本地震で飼い主に捨てられ殺処分されるはずだった吾郎が、人を癒し、人に癒されていく過程を追っていきます!

すれ違う人も思わず振り返る大きなボクサー犬・吾郎。こんな強面ですが、すごい資格の持ち主なのです。その資格とは、セラピードッグ。動物とふれあうことで、精神の安定をはかる。そんな癒しの活動を行うワンちゃんなのです。

吾郎は一年半前の熊本地震で飼い主に捨てられ、殺処分寸前で動物学校が引き取ったのです。当時はやせ細り、体重は18kg。現在は平均体重に戻りましたが、お尻には捨てられたショックからか円形脱毛症が残っています。

そんな吾郎がセラピードッグになった理由は、動物にとっても心のケアになるため。人は犬に触れ、犬も人に触れられることで、双方ともに癒されるのです。

4ヵ月の研修を終えた吾郎は、デビューの日を迎えます。舞台は、アニマルセラピーの要請があった小学校。周囲は地震の被害が大きかった地区で、今も校庭には仮設住宅で暮らす人たちがいます。今回は学童保育に通う子どもたちへのアニマルセラピーです。

吾郎が初めて子どもたちの前へ現れます。この日はワンちゃん4匹と猫1匹が参加。中にはうれしくて泣きだしてしまう子も。動物たちに会えて、よっぽどうれしかったんだね。

ご挨拶が済んだら、いよいよふれあいの時間。子どもたちは気に入った動物たちのもとへ向かいます。でも、吾郎には誰も来てくれていません。大きいし、強面のせいでしょうか。でも、少し経つと男の子が勇気を出して近づいてきました。最初に習った挨拶のとおり、鼻先に拳を近づけて、あご下から触ります。

いつの間にか吾郎の周りは子どもたちでいっぱいに。でも、中にはどうしても近寄れない子がいました。小学3年生の高田幸生(こうせい)くんは、おじいちゃんが大きな犬に噛まれたことがトラウマになり、犬が苦手になってしまったんだとか。でも、地震で半壊した家を建て直し、そこで大きなワンちゃんを飼うことになっているため、犬嫌いを克服したいという事情もあるのです。

1/2ページ

最終更新:6/7(金) 18:01
テレ東プラス

転載元転載元: nk8**6eのブログ

愛犬が吠えるのをやめさせるには?犬目線でわかった犬が吠える理由

6/6(木) 11:35配信

いぬのきもち WEB MAGAZINE

愛犬に頻繁に吠えられて困っている飼い主さんもいることでしょう。でも、ぜひ知ってほしいのは、犬が吠えるのには、それなりに理由があるということです。警戒心や恐怖心から、思わず吠えてしまうことがあるのです。そんなふうに犬を吠えさせるのは、犬にとっても、飼い主さんにとってもストレスフル。犬が吠えがちなシーンを犬の目線でながめてみると、犬が吠える理由がわかります。犬の気持ちを考えて、適切に対処していきましょう。

【関連記事】むしろ犬の吠えグセが強まる?! やりすぎなNGお世話3選

シーン1:掃除機に吠える

大きな音を立てて不思議な動きをする掃除機。なかには「おもしろそう」と血づいていく犬もいますが、とくに小型犬には掃除機自体が大きく見えるので、怖がって吠えることがあります。

小型犬には掃除機自体が大きく見える

掃除機を怖がって吠える犬なら、掃除が終わるまでの間、愛犬を別の部屋に避難させて。掃除機の音を極度に怖がる場合は、掃除機の音が聞こえない離れた部屋で休ませましょう。

シーン2:来客に吠える

信頼関係のある飼い主さんに頭をなでられるのは、犬にとってうれしいこと。ただ、基本的に犬は警戒心が強いため、頭をなでられるのはあまり好みません。とくにまだ信頼関係のない見知らぬ人、たとえば、飼い主さんの来客などに、急に頭上から手を出されると、「捕まえられる!」「襲われる!」という恐怖を犬に与えることに。恐怖のあまり、犬は吠えたり、噛みつこうとしたりすることがあります。

恐怖を犬に与える

来客に、愛犬の頭などを急に触らせるのは避けたほうがよいでしょう。犬の警戒心をとくために、来客には手のひらにおやつをのせて、犬が食べにくるまで待ってもらいましょう。

シーン3:散歩中に吠える

家の中だけでなく、散歩をするときも注意が必要です。人にとってはなんの変哲もない風景も犬の目線で見ると、思わず吠えたくなるシーンがあります。
たとえば公園や広場で、人々がジョギングをしたいたり、サッカーを楽しんでいたり、散歩道で人が台車で荷物を運んでいたり。そんなごく日常的な風景も犬にとっては「怖い」と感じることがあります。

犬には別の生き物に見える

散歩ですれ違う人の中でも、写真のジョギング中の人のように黒い服を着ている人を怖がる犬は多いようです。服と顔の明るさが違うため、犬には頭だけが浮いているように見えて「怖い」のかもしれません。
転がるサッカーボールは、犬には別の生き物に見え、捕まえようと突進する犬もいれば、怖がって吠える犬もいます。
大きな段ボールなどが載った台車も、体高の低い犬にとっては、巨大なかたまりが迫ってくるようで、思わず「あっちいけ!」と吠えてしまうのでしょう。

散歩中、愛犬が怖がるようなもの、吠えそうなものが近づいてきたときは、飼い主さんが早めに気づいて、そうしたものから離れるように誘導しましょう。場合によっては、抱っこをして、怖がるようなものが愛犬の視界に入らないようにしてもよいでしょう。

いかがでしたか。犬の目線で見ると、犬が吠えるのにも理由があること、犬に恐怖や警戒心を感じさせないように対処することで吠えを防げることがわかります。もしも犬が吠えたら、まずその理由を考えて、飼い主さんが適切にサポートしていきましょう。

参考/「いぬのきもち」2016年9月号『犬目線で過ごす一日』(監修:荒井隆嘉先生 犬のしつけ教室DOGLY代表)
文/犬神マツコ

いぬのきもちWeb編集室

最終更新:6/6(木) 11:35
いぬのきもち WEB MAGAZINE

転載元転載元: nk8**6eのブログ

人気のスタイリッシュ犬2種! スラッとかっこよくて憧れる

6/9(日) 16:35配信

いぬのきもち WEB MAGAZINE

犬種は、一説によると1000種類以上もあるといわれています。そのなかで、今回は体がほっそりとしたスタイリッシュな2つの犬種について、その歴史や魅力についてご紹介します! 愛犬と同じ犬種があるか、特徴が同じかどうかチェックしながら読んでみてくださいね!

【関連記事】柴犬のしぐさや行動からわかる柴犬のキモチ

子鹿のようなナイススタイル 「ミニチュア・ピンシャー」

引き締まったスマートな体と、軽快な動きが特徴のミニチュア・ピンシャーはスタイリッシュな犬の代表。出身国はドイツで、ジャーマン・ピンシャーと呼ばれる中型の猟犬が小型化されて、子鹿のようなすらっとした四肢をもつ犬種になりました。引き締まった体つきと、勇敢な性格から、番犬として活躍してきたこの犬種ですが、警戒心の強さかが、吠えやすさにもつながりがちです。運動量もたっぷり必要な犬種なので、遊びや散歩であり余るエネルギーを発散させると◎!

ミニチュア・ピンシャーの飼い主さんに聞いた「うちのコってこんな犬!」

ミニチュア・ピンシャーを飼っている飼い主さんに、愛犬との日常を少しだけお伺いししたところ、下記のような回答が届きました!

常にチョコチョコを動き回っている犬種です。「マッテ」というと、動きたくてたまらないのか、プルプル震えながら待っているのがいじらしいです(笑)
堂々とした筋肉質の体つきがカッコイイのがこの犬種。運動神経もすばらしく、ドッグランではいつまでも飽きずに力強い走りを見せてくれ、その姿にほれぼれします。
初対面の人には警戒して吠えてしまう繊細さがある一方、飼い主の私にはベッタリで甘えん坊。抱っこをせがんだりすり寄ってきたり、愛されているのを感じます。

走る姿はまるでスポーツカー!? 「イタリアン・グレーハウンド」

イタグレ”という愛称で親しまれるイタリアン・グレーハウンドも、スタイリッシュな体が特徴の犬種。その起源は古代エジプトまでさかのぼり、ヨーロッパ王室や貴族の愛玩犬として寵愛を受けてきました。

なめらかな毛並みの下に透けて見える筋肉質な体つきや穏やかな表情、先がちょこん垂れた耳がチャームポイント。温厚な性格ですが、興奮しやすい面もあるので、ふだんからしっかり運動させたり充分に遊んであげて、体力を発散させることが大切です。まず、ドッグランなどで自由に走らせ、イタグレが満足して落ち着いたあとに飼い主さんをいっしょに歩く散歩スタイルがおすすめです。

1/2ページ

最終更新:6/9(日) 16:35
いぬのきもち WEB MAGAZINE

転載元転載元: nk8**6eのブログ

男のコ犬あるある! 元気で活発なコが多いってホント?

6/6(木) 21:35配信

いぬのきもち WEB MAGAZINE

みなさんは、オスのわんちゃん男のコ犬“はどのような性格をしていると思いますか? 
やんちゃ? 活発? それとも甘えん坊? ……。
愛犬やお知り合いが飼っている男のコ犬がいたら、そのようすを思い浮かべてみてください。

【関連記事】専門家に聞いた! 犬は「異性の人」を好むもの?男性には悲しい現実も…

実は、わんちゃんのオスとメスでは基本的な性格が違います。
これはオスとメスのホルモンの違いが性格に影響しているといわれているからなんです!
ここでは、男のコ犬″がいったいどんな性格なのか見られやすい3つの性格について紹介します!
男のコ犬と暮らす飼い主さんはもちろん、女のコ犬と暮らしている飼い主さんも愛犬との違いを楽しんでみてくださいね!

元気いっぱいでエネルギッシュ‼

男のコ犬は女のコ犬に比べて筋肉が発達していて、体内のエネルギーも活発に生成されるため、スタミナも旺盛です。女のコ犬よりも運動能力にすぐれているので、体をおもいっきり動かすような遊び、例えばですが、ボール遊びや引っ張りっこなどを好む傾向があります。つまり、元気いっぱいでエネルギッシュな性格と言えます。

そんなエネルギッシュな男のコ犬には……

散歩中にニオイかぎなどをさせて、エネルギーの消費をしましょう!
わんちゃんにニオイかぎをさせると、ほかの犬の情報を収集するなど、嗅覚を刺激することができて、エネルギーの発散になります。拾い食いなどの心配のない場所で、ニオイかぎさせていい範囲を飼い主さんが決めてからニオイかぎをさせてみましょう♪

感情表現がストレート‼

女のコ犬に比べて男のコ犬の行動は単純でわかりやすい傾向があります。おねだりをするときも、まっすぐ飼い主さんを見ながら「遊んでよ〜!」「なでてよ〜!」「おやつが食べたいな〜!」などと言わんばかりに直球でわかりやすく表現することが多いようです。

そんな感情表現がストレートな男のコ犬には……

良い行動をしたときにほめよう♪
例えばですが、「チャイムが鳴ったときに吠えずにいられた」「散歩中にほかの犬を見ても飛びつかなかった」「おとなしくフセをしている」といったような、わんちゃんが「良い行動」をしている姿を見かけたときは、すかさずほめるようにしましょう。単純なところがあるので、ほめられた嬉しさから「ほめられたからまたやろう!」と思い、ますますやる気になりますよ!

1/2ページ

最終更新:6/6(木) 21:35
いぬのきもち WEB MAGAZINE

転載元転載元: nk8**6eのブログ

全8ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

[ 前のページ | 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事