ここから本文です
チャレンジプロジェクト2010 目指せ!高齢者と障害者の生活便利サービス網の構築

書庫全体表示

ダイエイは長崎県内(長崎市・諫早市・雲仙市・島原市・南島原市・西海市・長与町・時津町)の8市町へ
 
粗大ごみ処分、引越しごみ処理、施設入退去支援、遺品整理など、多くの支援活動を展開中です。
 
今回は… ごみ屋敷撤去処分。
 
ごみ屋敷と言えば、テレビ等で面白可笑しく取り上げられ
 
風変わりな住人が怒鳴り散らす様なイメージがあるのでは?
 
テレビ等を真に受ける方はいないと思いますが…
 
ごみ屋敷の住人は極普通の高齢者の方ばかり。
 
イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ごみ屋敷は少子高齢化社会の弊害なのかも知れません…
 
これまでの経験上、高齢者の方は物に執着・依存するのは紛れもない事実。
 
反面、掃除や片付けなどへの意識は薄れるように感じます。
 
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
何故?
 
一概には言えないとは思いますが…
 
掃除や片付けより意識が優先されることがあるのかも…
 
イメージ 4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そのひとつの要因として感じるのが寂しさ…
 
子ども達に会いたい。孫達に会いたい。ああしたい、こうしたい…
 
一概には申しませんが、人間強い方ばかりではありませんよね。
 
イメージ 6
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
また、地域コミュニティ等に参加することが苦手な方…
 
人に甘えるのが苦手な方などが孤立化する傾向にあるように思います。
 
そこを如何に理解してあげれるかが地域福祉の課題でしょうね。
 
イメージ 5
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
その様な気持ちから、ダイエイは高齢者のごみ出し介助(見守り声掛け)を
 
週2回の有償ボランティア事業として長崎市内で活動しています。
 
孤独死だの何だの言う前に「まず孤立させないこと!」
 
イメージ 7
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そう… 今こそ古き良き昭和の時代へと原点回帰するべきかと思います。
 
お互い持ちつ持たれつ隣近所との助け合い。
 
私達が幼き頃見た風景ではありませんか?
 
イメージ 8
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ごみ屋敷なんて我々プロの業者であれば大概の状況なら1日あれば片付けられます。
 
何とかごみ屋敷になる前の汚部屋の状態で発見してあげれば…
 
何とか… 何とか… 何とか…
 
イメージ 9
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
思うことは沢山あります。
 
ただ、昨今の世の中にあっては迂闊に声を掛けると大変な場合も…
 
学校教育では知らない人には挨拶しなくて良いなんて世の中。
 
イメージ 10
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
事実、我々も不審者に間違われたことがあります。
 
無関心なのは仕方ないことなのかも知れませんが… 邪魔するのはご勘弁下さい。
 
誰しも老いは必ず訪れます。
 
当事者となったその時、自らの無力さに困惑なさることでしょう。
 
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
それまで自らが経験するまでわかり得ないことなのだと思います。
 
また、その時きっとこのブログの意味がおわかり頂けることでしょう。
 
これからもずっとダイエイは継続します。
 
有事の際の皆様方の心の拠所として。
 
株式会社 ダイエイ
 
 

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事