全体表示

[ リスト ]

縄文時代よりの食文化

おはようございます)^o^(
 
最近記事、あまり書けていないですね↓
まめに頑張っていきますのでこれからもよろしくおねがいします!
 
 
 
 
さて!本日は大福城の商品をご紹介させていただきたいと思います(^O^)
 
今まで、の紹介をしてきましたが
 
こちらがその栃を使用した大福城の主力商品!!
 
イメージ 1
 
 
とちもちです
 
とちもちの中には、こし餡や粒あんが入れられますが、大福城のとちもちは粒あんです。
 
 
 
とちもちとは、その名の通り「栃の実」をお餅に混ぜこんだお餅です。
 
 
24年7月5日の記事でご紹介させていただいた、あく抜き工程。
そのあく抜きをほどこした栃の実をお餅に練りこみつきあげます。
 
 
ちなみにこの“とちもち”の茶色っぽいような、黄土色っぽいような色。
この色は着色料などを一切混ぜていない「栃の実色」です。
 
シンプルな素材で栃の実の味をお楽しみいただけるように作っております(^^)
 
 
 
 
 
なぜ鶴岡では“とちもち”が盛んに作られているか。
 
前回もご紹介した鶴岡市朝日地区には、たくさん栃の木の原生林が確認されています。
 
実際、朝日地区で周りを見渡してみると至る所に栃の木を見ることができます。
 
とちもちは、昔から米の収穫が少ない山間部でよく食べられており
昔から大事にされてきた鶴岡の伝統食です。
 
 
 
 
 
ちなみにさかのぼること、縄文時代
縄文時代の遺跡からも栃の実が多数出土されています。
 
証拠として、山形県遊佐町吹浦には、縄文時代早期(約6500年前)〜晩期(約2700年前)の
約3800年間におよび使用されてきた小山崎遺跡があります
 
の遺跡から、湧き水を導いた作業場とみられる水辺の施設が発見され
そこで栃の実のあく抜き作業が行われていたと思われる痕跡が発見されています。
 
 
しかし縄文時代の人々がこの頃から、あく抜き作業をして栃の実を食べていたなんて
考えるだけですごいことで頭があがりません(+_+)
 
 
 
こんな古くからの歴史を持っている栃の実を使ったとちもち、
今後もっと調べていこうと思います
 
イメージ 2
 
 

この記事に

閉じる コメント(20)

顔アイコン

お疲れ様です!
お昼前にこんな大きなとちもちの画像みたら
お腹がすきすきです←

まさか縄文時代までさかのぼるとは思いませんでした笑
まず山形県に縄文時代から人間が住んでいた時点で驚きですね。
都でいじめられた縄文人が山奥に逃げてきたとしか
考えられません。←今流行りのアレです。

しかし新米社員さん詳しいですね〜!さすがです!! 削除

2012/7/25(水) 午後 0:29 [ りえ ] 返信する

顔アイコン

りえさん

おつかれさまです!
お腹がすきすきの中、無事お昼ごはん
食しましたか(^v^)!?

まさかの縄文時代までさかのぼってしまいました(笑)
余談ですが、歴史の中では一番縄文時代が好きです(*^_^*)
あっ!でも古墳時代も好きです(*^_^*)←

山形県だって縄文時代のときには住みやすい
ところだったのかもしれないですよ?(笑)
お互い山形県民なんですから、山形をもっと
大事にしましょうよ(+_+)(笑)

詳しいといってもまだまだ勉強中です。
知らなくて驚かされることは多々ありますよ(゜o゜)

しかし、本日ハンコを押せなかったことが唯一の心残りです…

2012/7/25(水) 午後 3:53 [ 大福城 ] 返信する

顔アイコン

お昼ごはんはカレーパンとツナおにぎりを食べました!

なんで縄文時代が好きなんですか??
私は平安時代か江戸時代か明治時代あたりが好きです。

ほんとに!!!!
楽しみに待っていたのに…佐々木さんのサインでしたorz笑 削除

2012/7/25(水) 午後 5:55 [ りえ ] 返信する

顔アイコン

りえさん

おとといのお昼ごはんはパンとおにぎりだったんですか!
どっちも主食で贅沢なお昼ごはんですね(^^)笑

縄文時代ってなんだか気になりませんか!?
古墳時代もなんであんな大きい古墳を作ったのか、とっても
気になりまくりです!飛行機から前方後円墳が見えたときは
大興奮でした(^◇^)!
平安時代付近は、たくさん活躍した方がいてなかなかお名前
覚えられません(~_~;)

今度の機会まで、綺麗にハンコ押せるように練習しておきます!(笑)

2012/7/27(金) 午後 4:30 [ 大福城 ] 返信する

顔アイコン

お゛〜 (^・^)
とちもちの色が良いですね〜 とても旨そう(^^ゞ
甘い物はそんなに食べませんが、餅は色んな場面で
食べられて来た食物なので、゜全く食べれないと言う人は
少ないのでは無いでしょうか。

縄文時代… そんな時代の事は知りませんが(^^ゞ
生き抜く為の知恵だったのでは無いでしょうか。

これからは栃の実に限らず、保存?環境破壊から守って行く!
と言う事が必要に成って行くんだと私は思います。。。

2012/7/31(火) 午前 1:50 [ mon*e_*igh*er ] 返信する

顔アイコン

mon*e_*igh*erさん

いつもコメントありがとうございます!

とちもち褒めていただいて嬉しいです(*^_^*)
今もお祝い事のときなど、お餅を食べる文化は
多くのところで引き継がれていますもんね♪
大福をメインに作っている弊社としては
洋菓子のほうに流れがちな若い世代の方々にも
もっと和菓子にも興味を持っていただきたいです(^^)

やはり縄文時代に生きていた人々は生きることが
困難なゆえ、このような素晴らしい知恵を編み出した
んでしょうね。本当にすごいです(゜o゜)!

朝日のあたりでもナラ枯れ(?)など非常に問題に
なっていましたし、やはり環境の変化も影響している
のでしょう…私達もできるところから実行して
いかなければ!!(>_<)うん

2012/7/31(火) 午後 3:50 [ 大福城 ] 返信する

顔アイコン

初めまして。

昨日、東京都調布市パルコで大福城さんが出店されており、栃餅とゆべしを購入しました。

ゆべしは10名程の会合で頂いたのですが、大変好評でした!
栃餅も風味豊かで、もちもちで、とてもとても美味しかったです♪

山形の本店まで足を運べないのは残念ですが、また恋しくなったら、通販で購入させていただきます。
銀座のやまがた物産館にも今度、大福城さんの商品があるかどうか、足を運んでみます。^^y 削除

2012/8/27(月) 午後 4:26 [ Rosarossa ] 返信する

顔アイコン

Rosarossaさん

はじめまして(^_^)
コメントありがとうございます!

商品お買い上げいただきましてありがとうございました♪
まして嬉しいお言葉まで(*^_^*)本当にありがたいです!

山形は少し遠いですけれども、もし山形に来る機会がありましたら
是非お立ち寄りくださいね。
もちろん通販でもいつもでお待ちしております(^O^)!

銀座のやまがた物産館さんには弊社の商品、
お取扱いいただいておりません↓↓
さまざまなデパート催事にお邪魔させていただいておりますので、
どこで催事しているかなと思ってくださった際はご連絡ください(^^)
これからもよろしくお願いします!

2012/8/29(水) 午前 11:31 [ 大福城 ] 返信する

顔アイコン

そのとちもちすごくおいしいですよね!里帰りした際は必ず庄内観光物産館にて購入しています! 削除

2012/9/5(水) 午後 0:29 [ 岩手県民 ] 返信する

顔アイコン

岩手県民さん

コメントありがとうございます!

岩手県民さんは庄内のご出身なのですね(^O^)!
いつも商品お買い上げいただきましてありがとうございます♪
また里帰りの際は、是非庄内観光物産館にお立ち寄りください(^^)
私が働いているかもしれません(笑)

2012/9/6(木) 午後 4:16 [ 大福城 ] 返信する

顔アイコン

始めまして(ぺこり)
私も栃餅だ〜いすきです
実は栃の実を沢山拾ったので
自分で栃餅作りに挑戦してみようと思いました・・・が
アク抜きは上手く出来たと思ったのに
いくら蒸しても実が柔らかくなりませ〜ん
やっぱり素人には無理なんですねぇ 削除

2012/9/19(水) 午後 8:25 [ ば〜ば ] 返信する

顔アイコン

ば〜ばさん

はじめまして(^^)
コメントありがとうございます!

栃餅作りにチャレンジしてみたのですか♪
実が柔らかくならない現象ですが、製造している者に
聞いてみたところ、アク抜きに原因があるのではないか
ということでした。
そこをクリアすれば、お餅と蒸したときに柔らかく
簡単に潰せるような状態になるそうです!

しかしば〜ばさんのそのチャレンジ精神
とっても尊敬します(;O;)!
しかもアク抜きからなんて…
もし不明なことがでてきたらいつでもご質問ください!
私が責任もって製造している者に聞きます!(^皿^)笑
成功祈ってますね(*^_^*)

2012/9/21(金) 午前 11:40 [ 大福城 ] 返信する

顔アイコン

アク抜きが原因??
インターネットを参考にしたのに〜
どこが違ったのかなぁ
なんとか柔らかくしてみたいけど
アク抜き方法を間違えてしまった実は
もう使えないんでしょうか?
10日間もかけて頑張ったのに
もったいないよ〜

栃餅づくり、68歳の婆にはやっぱり難しいよね
とっても残念
大福城さん
嬉しいコメントどうも有難うございました 削除

2012/9/21(金) 午後 9:09 [ ば〜ば ] 返信する

顔アイコン

大福城さん、おはようございます。
残っている栃の実を何とか栃餅にして
「ばばが作ったんだよ」って
孫達に食べさせてやりたいのです
厚かましいとは思いましたが
朝からお邪魔致しました。
私がやってみたアク抜きの手順を見て下さいますか

―Δ辰深造鬘各間水に浸しておく。
鍋のお湯に入れ一晩おく。
M眛、栗剥き器で一番上の固い皮を剥く。
て蕕鉾蕕鯒蹐い深造鯑れお湯をかけそのまま冷ます。
水がきれいになるまで2日間くりかえす。
タ紊きれいになったら火にかけ煮る(ここで実が一旦固くなると書い てありました)
煮立ったら灰を入れる。
Р个鮖澆畆蠅入れられる位に冷めたら更に灰を足し
ドロドロの粘土のようにする。
┐修里泙泯各間放置する。
灰を洗い流し薄皮を剥ぎ完成。

この手順を参考にしたのですが・・・
もしかして、灰が不足だったのかなぁ
どこが違ったのでしょうか?
大福城さん、教えて下さい

※残った実は天日干ししてカラカラになっております
どうぞどうぞ宜しくお願い致します 削除

2012/9/24(月) 午前 9:37 [ ば〜ば ] 返信する

顔アイコン

ば〜ばさん

コメントありがとうございます!
お返事大変遅くなってしまい申し訳ありません(;O;)

ば〜ばさんが手作りした栃餅をお孫さんたちが
食べる姿を想像したら気持ちがほっこりします(*^_^*)♪

アク抜きの手順、細かく書いてくださりありがとうございます!
とちの実農家の方から聞いてみました。
アク抜きの方法は、人によってそれぞれ独自の方法があり一概には
言えないのですが、ば〜ばさんが試した方法はちゃんと
アク抜きなっていると言っておりました!
(前回と話が二転三転してしまい大変申し訳ございませんm(__)m)

アク抜きが完了したとちの実をミキサーなどで細かく砕き
もち米をふかす直前に細かく砕いたとちの実を混ぜこんで
みてください。とのことでした(>_<)

ば〜ばさんのおかげで私も非常に勉強になります。
もしこの方法でもうまくいかないようでしたら
いつでもご連絡お待ちしております(^^)!成功しますように♪

2012/9/25(火) 午後 4:53 [ 大福城 ] 返信する

顔アイコン

↑補足です。

砕いてもとちの実の風味は変わらないそうです(^^)v

2012/9/25(火) 午後 4:58 [ 大福城 ] 返信する

顔アイコン

大福城産、丁寧に調べてくださったんですね
本当にごめんなさい(ぺこり)
婆のアク抜きでよかったのですか
でも私にも心当たりがあるんですよ〜
灰の量が少なかったような気がします
「頑張ってみま〜す
好い報告が出来たらいいなぁ
どうもありがとう〜〜〜〜 削除

2012/9/25(火) 午後 7:59 [ ば〜ば ] 返信する

顔アイコン

ば〜ばさん

いえいえ!
私は聞くぐらいしかできませんがお役に立てれれば(;O;)

ば〜ばさんのアク抜きの方法を一つ一つ説明したら
「うん、その方法だったらアク抜きなってるな」とおっしゃって
いましたので確かだと思います!(*^_^*)

灰を手に入れるのも大変ですよね。
手間や労力がかかりますが頑張ってください(^v^)!
報告お待ちしておりますね(^O^)♪

2012/9/26(水) 午前 10:18 [ 大福城 ] 返信する

顔アイコン

栃餅できましたぁ〜〜〜〜
アドバイスを参考に
まず、石のように硬くなっていた実を細かく刻み
それをミキサーにかけ、餅米の上に広げて蒸しました
こしあん入りの美味し〜栃餅が完成
初めて食べた孫達は「ちょっと苦いねぇ」と言いながら
「もう一個ちょうだい」なんて嬉しい事を言ってくれました。
これも大福城さんのおかげです。
本当に有難うございました(ぺこり)
お忙しいのにご迷惑ばかりかける婆ですが・・・
また遊びに寄らせて下さいね 削除

2012/9/26(水) 午後 9:02 [ ば〜ば ] 返信する

顔アイコン

ば〜ばさん

わ〜〜っ!!(*^o^*)成功しましたか!
おめでとうございます。本当によかったです(^v^)

栃餅と餡の相性は本当にバッチリですよね。
お孫さん達もおいしくておかわりしてくれて
ば〜ばさん、苦労して作ったかいがありましたね!
私達は何もしておりません(^皿^)ば〜ばさんの
苦労のおかげでおいしい栃餅が完成したんですよ(^^♪
私もば〜ばさんの作った栃餅食べたいです!

ぜひまた遊びにきてくださいね)^o^(
お待ちしております♪

2012/9/27(木) 午後 2:04 [ 大福城 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事