又吉直樹著『火花』を読んで…

 当時、お笑い芸人のかたが直木賞を受賞されたということで話題になった作品だったので一度は読んだことがありました。あまりテレビを観る機会がないので、この芸人さんの芸風も何もわからないままではありましたが、芸人さんがお書きになった作品には思えなかったというのがそのときの印象でした。  芸能界という私には未知の世界、さらにお笑い芸人さんというお客さんを笑わせることが商売というのは常に面白おかしく時が流れている世界で、そういうことが自然にできる人たちが集まる世界だと思っていましたが、すべてがそういう人たちというわけではなく、かなり苦労のある世界であることがわかりました。  どんな商売もいいときもあれば悪いときもあり、楽しいときもあれば辛いときもある。特にどんな仕事も始めたばかりの初期すべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

記事がありません。



.


みんなの更新記事