ここから本文です

京のはんなりスイーツぶろぐ-

イメージ 1

今回、相谷麗菜さんが訪れたのは京都三条会商店街内にあるカフェ『らん布袋』さん。ちょっと変わった名前のお店です。

イメージ 2

イメージ 3

実はこのお店、カナダ人茶道家のランディー・チャネルさんがプロデュースする抹茶スイーツが名物のお店なのです。
『らん布袋』の「らん」はランディーさんの「ラン」から取っています。さらにタイ語で「お店」という意味があり、『らん布袋』は「ランディーさんのお店と布袋様のお店」という意味があるのだそうです。
 
イメージ 4

こちらがランディーさん。ふだん講演や茶道教室で大忙しだということで取材当時は残念ながらご不在でした()
 
こちらのお店では人気No.1の『濃茶tofuケーキ』をいただきます。
 
イメージ 5

この『濃茶tofuケーキ』、生地に豆腐を使用しているため、カロリーがなんと普通のチーズケーキの1/6という驚くべきヘルシーさ!
スイーツのはしごができちゃいます!
 
さっそく一口。

イメージ 6

イメージ 7

麗菜「お抹茶と豆腐の風味がふわっと香ります!
   食べ応えもあってちゃんとスイーツを食べてる!っていう満足感がありま
   す。」
 
商品がホール1/6サイズなので、つまりこのケーキをホール1個分食べてもチーズケーキ1個食べるのと同じカロリーということに!
女性にはうれし過ぎる夢のような情報です()
 
さらに我々が気になったのがこの『元祖抹茶炭酸水』。 
こちらも人気メニューです。

イメージ 8

麗菜「どんな味なのか想像がつかないですね・・・()
 
相谷さん、期待と不安が入り混じった様子です。やはりどんな味なのか気になって注文するお客さんも多いのだそう。

イメージ 9

底に沈んでいる抹茶を軽くかき混ぜて飲みます。
かき混ぜるとしゅわしゅわーっと炭酸がはじけます。

イメージ 10

麗菜「うん!?あっ!合います!」
 
イメージ 11

味わったことのない感覚に思わずヘンなリアクション()
 
麗菜「なんて言えばいいんやろ・・・抹茶がしゅわしゅわしてます()
でもすごく合うんです。爽やかでいくらでも飲めちゃいます」
 
イメージ 12

ほのかな甘さと抹茶と炭酸の爽やかさ。
不思議な感覚の抹茶炭酸水、ぜひ一度飲んでほしい一品です!
 
さらに『らん布袋』ではペット同伴OK!
愛犬のお散歩がてらぜひぜひ立ち寄ってみてください♪
 
最後に店長栗山さんの愛犬mapleちゃんとの2ショットを♪
 
イメージ 13

 
【らん布袋】

京都市中京区上瓦町64 
TEL:075−801−0790

営業時間:〈月〜水〉11:30〜20:00 〈金〉11:30〜23:00 〈土日〉11:00〜20:00
定休日:木

この記事に

イメージ 1

今回、児島真理奈さんと林奈緒美さんが訪れたのは京阪清水五条駅から徒歩10分ほどのお店『ことたま』さん。
こちらは白玉がたっぷりのったパフェが楽しめる白玉パフェの専門店です。
春休みシーズンなどは2時間待ちになることもあるという超人気店です!
 
イメージ 2

2階のお座敷席でゆったりとくつろぐことができます。

こちらのお店の最大の特徴は自分好みのパフェを自由にカスタマイズできること!
メニューがそのままオーダー表になっていて、ソースからトッピング、白玉の種類まで自分の好きな組み合わせを選ぶことができます。
その組み合わせは実に600万通り以上!とても選びきれません!(笑)
 
イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

2人ともかなり真剣に悩んでいます・・・。
迷って選べないという人も、お店の方が相性のいい組み合わせをアドバイスしてくれるので安心です♪
 
そして2人の選んだ組み合わせがこちら。
 
イメージ 6

児島さんは〈チーズ揚げ白玉〉・〈抹茶わらびぷりん〉・〈チョコソース〉・〈ベイクドチーズケーキ〉・〈白みそあん〉・〈生クリーム〉・〈パイナップル〉の組み合わせをチョイス。

揚げ白玉はここでしか味わえないお店のオススメ!

イメージ 7

 
林さんは〈白玉〉・〈ほうじ茶わらびぷりん〉・〈メイプルソース〉・〈チョコアイス〉・〈キャラメルクリーム〉・〈生クリーム〉・〈パイナップル〉をチョイスしました!
 
しばらくするとパフェができあがります。

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

期待以上の見た目に2人とも大興奮!
さっそくいただきます。
 
真理奈「白みそあんめっちゃおいしい!」
 
イメージ 11

あんこの苦手な人にも白みそあん、きなこあんは特におすすめなのだそう!
たくさん種類があるので、何回足を運んでも新しい発見がありますね!
 
イメージ 12

友達どうしでシェアするのも楽しいですね♪

イメージ 13

イメージ 15


奈緒美「本当においしい!自分の夢がつまったパフェ!」
 
2人とも大満足のパフェでした♪
 
店主・濱崎さん親子とパシャリ☆

イメージ 14

 
【ことたま】
京都市東山区慈法院庵町584
TEL:075−203−8008
営業時間:〈平日〉12:30〜17:30 〈土日祝〉11:30〜18:30
定休日:水

この記事に

今回、相谷麗菜さんが訪れたのは京都の台所・錦市場の中にある『こんなもんじゃ』さん。
創業50年を超える豆腐店『京とうふ藤野』さんが展開する豆腐スイーツのお店です。

イメージ 1

イメージ 2

スイーツだけでなく京とうふ藤野さんが製造する豆腐も販売しています。

イメージ 3
 
ここで意外な事実が。
実は麗菜さん、高校生のころに何度か訪れたことのあるお店なんだそう!
 
麗菜「友だちとお買い物ついでにこのお店に来てました!」

イメージ 4

図らずして再訪問という形になりました。
 
今回は人気の『豆乳ドーナツ』3種類のシロップがけ(チョコレート、キャラメル、黒蜜きなこ)をいただきます。
 
イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

(※通常は6個入り、食べ歩き用のみでの販売です)
 
イメージ 10

イメージ 8

イメージ 9

麗菜「カリカリもちもち!」

(外はカリカリ!中はもちもち!という意味ですって!)

イメージ 11

麗菜「10代の女の子にはたまらないですね。いちばんバクバク食べたくなる味だと思う」

6個入り300円というリーズナブルなお値段もうれしいですね。

そしてこちら『胡麻とうふの黒蜜きなこ』もいただきました。

イメージ 12

イメージ 13

麗菜「プルプル!フォークで持ち上げてもくずれないですね」
 
胡麻とうふはにがりではなく葛で作るので、くずれずプルプルになるのだそう。

思いっきりほおばります。
 
イメージ 14

麗菜「ツルツル〜!」
 
ツルツル?()
 
麗菜「食感がツルツルです!」
 
食感がツルツル・・・なんとなく伝わるような伝わらないような・・・?()
 
麗菜「食感が最高だし、冷たくて気持ちいいです」

ユカイな表現が次々とびだす美味しさです♪
 
イメージ 15

錦市場にお越しの際はぜひふら〜っと立ち寄ってみては?
 
【こんなもんじゃ】
京都市中京区錦小路堺町通角中魚屋町494
TEL:075−255−3231
営業時間:10:00〜18:00
定休日:無休
 

この記事に

今回、児島真理奈さんと林奈緒美さんが訪れたのは八坂神社の南側鳥居から下ってスグ、町家風のカフェ『をちょぼ庵』さん。

イメージ 1
 
築150年、ここ数十年は手つかずの状態になっていた民家をリノベーションしてお店を作られたそうです。
日本人とチュニジア人のご夫妻で経営してらっしゃいます。

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 13

テラスも客席として利用することができます。テラス席はペットもOK!

イメージ 4

春ももうすぐ、あたたかい陽気に包まれながらお茶を楽しむのもいいですね!

こちらではオススメの『をちょぼもなか』『きなこオーレ』をいただきます。
 
イメージ 5

真理奈「めっちゃおしゃれ〜!」
見た目はマカロン風で可愛らしいですが、丹波の大納言小豆を使用した本格的なもなかです。
 
イメージ 6

児島さん、手でもなかを表現しているんでしょうか・・・?(笑)

まずは『きなこオーレ』をひとくち。

奈緒美「・・・お茶漬け?」
あられが浮いてるだけでお茶漬けではないですよ〜!
 
イメージ 7

ほっとする味わいに思わず2人とも息が漏れます。
 
真理奈「すごくいい香り〜!」
 
通常のきなこよりも香りの強い『焦がしきなこ』を使用しているのだそう。

イメージ 8

児島さん、すごく気に入ったようです。 この笑顔。
 
そしてこちら『ガトーショコラ』も。
抹茶アイスが添えられているのもうれしいですね!

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

奈緒美「普通のガトーショコラとちょっと違う!ちょっとあっさりしてる」

あっさりの秘密はバター不使用だからとのこと!でもしっかりとチョコレートの味わいを残しています。
欧米の方からの人気が特に高いのだそうです♪

ぜひ一度ご賞味あれ!
 
イメージ 12

【をちょぼ庵】
京都市東山区下河原八坂鳥居前下ル南町420
TEL:075−744−0514
営業時間:11:00〜18:00頃
定休日:不定休

この記事に

今回、相谷麗菜さんが訪れたのは阪急四条大宮駅から歩いて5分ほどの所にあるicingcookies TOBIRA(アイシングクッキーズ トビラ)』さん。
昨年5月にオープンしたばかりのこちらのお店は、25歳オーナーのmayuさんが製造から販売まですべて1人で行っています!
京都初のアイシングクッキー専門店として、すでにたくさんのメディアに取り上げられている話題のお店です。

イメージ 1

お店に入った瞬間、目を引くディスプレイ!
デザイン・成型・着色、すべてmayuさんの手作業なんです。

イメージ 2

ディスプレイは季節や行事に合わせて入れ替わります。
ちなみに保存料、合成着色料は無添加。すべて果物や野菜などから採った天然由来の素材で着色が施されているんです。

こちらはレギュラー商品。

イメージ 3

イメージ 4
 
さらに昨年の祇園祭ではこんなものを作ったのだそう!
可愛いですね♪
 
イメージ 5

月並みな感想ですが、食べるのがもったいなくなりますね()
実際、賞味期限が過ぎても食べすに取っておくお客さんも多いのだそう。
 
随時オーダーメイドも受け付けており、希望のデザインでクッキーを作ってくれます。
プレゼント用や企業のノベルティとしてたくさん注文が来るのだそうです!
 
こちらはご出産・ご結婚祝いのサンプル。喜ばれること間違いなし。
 
イメージ 6

麗菜「ミライウサギのクッキー作って配りたい!」

麗菜さんも思わず夢がふくらみます♪

特別に試食させていただきました。

イメージ 9

イメージ 7

麗菜「すごくちょうどいい甘さです。いくつでも食べたくなっちゃいます」
 
味はココア、抹茶、黒ごまなどがあります。少し温めて食べるのもオススメ!
 
麗菜「見た目でも楽しめるし大好きになっちゃいますね!」
 
イメージ 8

大切な人への贈り物にぜひご利用してみてください♪
 
いつかミライウサギクッキーも実現するかも・・・?

【icingcookies TOBIRA(アイシングクッキーズ トビラ)】
京都市中京区壬生梛ノ宮町13−32
TEL:075−823−0303
営業時間:11:00〜19:00
定休日:水(不定休あり)
 

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事