+++ ぴ〜ちな時間 +++

2/22(金) また意味もなくお休みをしています。汗

全体表示

[ リスト ]

先日の スイング記事 で、Sandyさん からの問いかけをいただきました。

>そういえば、こういった子供用品って、日本はかなり遅れているように思いましたが、如何でしょうか?あるとしてもかなり高価?

Sandyさん、ありがとうございます☆ これに関して私も前々から思う事があったので書いてみます。個人的に思っただけなのと、私の場合はまだ赤ちゃんグッズに限られた事なので、単なる一意見として流してくださいネ。笑

ネットで色々と物色したり、実際に里帰りで日本に帰った際にトイザラスや赤ちゃん本舗などの子供用品店に足を運んでみて、やっぱり『床文化』と『椅子文化』の違い、『日本の家』と『アメリカの家』の違いでおもちゃの需要も違うんだな〜と思いました。

こちらアメリカでは家が比較的に広い事が多いので、スイングや ソーサー(※下記参照) をわざわざ片付ける必要がありません。例えば世話をしているママが電話に出たい時など、赤ちゃんを抱っこしている状態からちょっと解放されたい(笑)時に、スイングやソーサーがあるとさっと赤ちゃんを置く事が出来てしかも泣かない(静かにしてくれる)でいてくれるような工夫がされているので便利です。

反対に日本ではスイングやソーサーで遊ばせるために、居間のテーブルを片付けてスイングやソーサーを出してくる状況が多いと思います。そんな面倒で場所を取るような事になるのであれば、プレイマットをさっと敷いて、赤ちゃんを寝かせて回りにおもちゃをちりばめる方が現実的なのではないでしょうか。片付ける時もおもちゃごとくるんでしまえます。

私が物色(笑)した結果では、アメリカでプレイマットを売ってるお店が少なかったです)。あるにはあるのですが、種類が限られていて選べるほどではありません。また、赤ちゃんが生まれる前からの準備で、クリブセット(赤ちゃん用のベッドに使うリネンセット)を予め用意している人が多いです。そのセットの中に、ベッドの柵部分に装飾するキルトが付いていたりするのですが、使いたければこれをプレイマットとして代用できます。

ただ、こちらの人たちは 『かがむ』 事に慣れていないため、プレイマットに赤ちゃんを置いて、時には自分もかがんだり、床に一緒に寝そべって遊んだり、かがんだ状態から赤ちゃんを抱き上げる事は辛いと思います。なので床にプレイマットを敷く習慣があまりないんです。でも何故か プレイジム なら売っています。

もう一つ気が付いたのが歩行器。これも家のサイズ違いもあるな〜と思いますが、片付ける事に限定すると、アメリカでは歩行器=歩き回るだけのもの、ソーサー=動かずにおもちゃで遊んでくれるもの・・・と大雑把に言ってしまいますが、この概念は少なからずあると思われます。ソーサーだとおもちゃも一緒にひっついているので、これも片付ける必要がありません。

また、歩行器に赤ちゃんを乗せて移動出来るようにしたとしても、日本だと家事をしていても比較的に目の届く範囲で遊んでくれますが、こちらだと目が届かなくなる恐れがあったりして気が気ではありません。わざわざプレイルームを作ってその中で・・・となるでしょう。それでは家事が出来ません。日本ではソーサーを探すのが難しいですが、歩行器はよく目にします。逆にこちらでは既に月齢の低い赤ちゃん用歩行器は少数で(売ってます)、少し大きくなった赤ちゃん(1才半〜2才くらい)用の 『足こぎの乗り物』 の方が良く目につきます。

なんだかんだと理屈を書きましたが、結局は世話をする人の利便性であって、あとはその人の好みだと思います。そんな理由から、私は日本では日本人の生活にあったもの、アメリカではアメリカ人の生活にあったものが、店頭に多く並ぶのだと思います。もちろん、日本にいてアメリカの製品が欲しい人もいるでしょうし、性能の良いものは取り入れられるでしょう。でも販売当初はやはり輸入になるでしょうから、当然価格も高価になると思われます。

おもちゃから離れて、例えばベビーフードや低月齢幼児のおやつ類。これは日本の方が豊富です。なので日本が遅れているとは思えませんし、アメリカが遅れているとも言いがたいのです。必然的な需要と供給なんですネ。


※ソーサー
低月齢の乳幼児が立った状態になれる補助付きの椅子が中央にあって、椅子のまわりには興味を持つ工夫のされたおもちゃがひっついています。おもちゃの付いたプレート部分はスプリングの付いた足で支えられていますので、そこに座ると乳幼児が足をピョンピョンさせてバウンド運動をする事が出来ます。

閉じる コメント(22)

普段使うようなものだと確かにアメリカの方が安くて日本のは高いイメージがあります。 日本の姉や従姉が、Sippy cupとかはアメリカの方が安くて丈夫で便利、と言っていて、お土産にすると喜んでいました♪

2006/4/2(日) 午後 8:35 hikiwarinatto 返信する

顔アイコン

生活習慣の違いから、かちゃんグッズも違いが出るのですね。トイザラスのおもちゃで、輸入物を見ると、子供は飛びつきます。興味をひくようにできてるなーって感心してます。でも、ちょっとお高いですね。

2006/4/2(日) 午後 10:21 [ まーママ ] 返信する

Sandyしゃん、今回はつい最近、私自身がソーサーを購入したのでこの内容(笑)になりましたが、おっしゃる通り、普段使いのものは米のが安いイメージがあります。一番その差が大きいのが下着や服。でもこれは大人のものもそうなので納得かなぁ。米独立当初からそもそもコットン栽培が大きな産業だった歴史もあるし。あとファミリアってもうそのブランド名で高くなってますね(ミキハウスしかり)。日本から送ってもらった服、15,000円の表示が付いてて本当に驚きました。同様のものがこちらでは10分の1の値段であるのに。

2006/4/3(月) 午前 1:42 ぴ〜ち 返信する

たどんママ、あ〜、それも分かります〜。いくら海外に住んでてもやっぱり日本人なので出来る範囲で日本式にも暮らしたいですもん(特に食生活)♪全体的に思うんですけど、やっぱり日本の物は気が利いていて親切丁寧に作られたデザイン・素材ものが見つかります。たとえば赤ちゃんの体を洗うスポンジとか。笑 ストローの中も洗える長いブラシとか。でも色はこちらの方が鮮やかで確かに赤ちゃんの目を引くんですよね〜。

2006/4/3(月) 午前 1:48 ぴ〜ち 返信する

なっとうしゃん、Sippy cup系とかもそうですね!^^ 丈夫だし、しかもプラスチックなのにキズも何故か付きにくかったり。昨年末に訪ねて来た産科勤務で看護婦の友人が哺乳瓶の乳首の巧妙さ(笑)に関心してました。哺乳瓶やマグ系って意外とドイツ製やイギリス製が良く目に付きます。

2006/4/3(月) 午前 1:53 ぴ〜ち 返信する

ま〜またん、あとやっぱり親の趣向も大きいと思うんです。部屋数やサイズが限られている日本だと『インテリアの美観を少しでも壊さないおもちゃ』とかって考える人もいるだろうし(←私は別にいいですがw)。子供の興味を引くと言えばベネッセのしまじろうとかアンパンマン、キティーちゃんとか、日本にも独自のキャラがあったりしますけど、アメリカにもドーラやスポンジボブ、ブラッツってキャラもありますが、こちらは物に応じてデザインそのものが斬新な物が豊富なような気がします。

2006/4/3(月) 午前 2:04 ぴ〜ち 返信する

ソーサー(って言うんですね!)ホントに欲しいです!!海外の物は可愛いのも沢山あるし、うらやましいです!

2006/4/3(月) 午前 2:23 めぐにゃ 返信する

めめたん、日本にもこれがあったら便利なのにね〜。動かないし。おもちゃを片付けなくていいかも知れないけど、その代わりにホコリがたまりそう。私はパソコンのキーボードに使うエアーダスターでこまめに吹いてます。笑

2006/4/3(月) 午前 4:29 ぴ〜ち 返信する

顔アイコン

わたしはアメリカに住んでるのに、やっぱり日本人なのか床で子供を遊ばせたくなっちゃうんだよねー。うちは床に布敷いておもちゃで遊ばせてます。でもプレイジム(ちっこいの買ったの)は寛太もすっごく好きみたいで絶叫しまくってる。全体的にアメリカのおもちゃはよくできてる気がするなあ。色とか形とか大人が見るとなんじゃこりゃあって感じだけど子供は好きなんだよね、不思議。

2006/4/3(月) 午前 8:52 col*p*ko 返信する

顔アイコン

イメージとしては、デカものはUS,こまものはJPって感じがある。 あと、質とか使い勝手の問題もあるよね〜。 USモノは作りがアバウトで、簡単に壊れそう・・・(あくまで「イメージ」っつーことで。ww)

2006/4/3(月) 午前 10:30 [ ani**_bear ] 返信する

コロ奥様、私もアメリカの家に住んでるのにマットを敷いて自分も床に座って相手をしてます!笑 やっぱり日本人だもんね。 そうそう、大人が見るとなんじゃこりゃ?なのに(Chuck E Cheese のネズミとかバーニーってピンクの恐竜とか、あと配色とか!)、子供は夢中になるんだよねぇ。本当に不思議だわ。

2006/4/3(月) 午前 11:09 ぴ〜ち 返信する

アニキ、私もそのイメージある〜! 日本製は良質でアメリカ製は壊れやすいって。笑 おおざっぱだもんねぇ。

2006/4/3(月) 午前 11:11 ぴ〜ち 返信する

顔アイコン

あとねぇ、USのモノは「お母さんが如何に楽できるか」に、日本の物は(哺乳瓶の精巧な乳首をはじめとして)「如何に赤ちゃんが快適に過ごせるか」に主眼があるようなイメージがある〜(笑) だから、お母さんの立場からすれば、USモノのほうが便利グッズが多いように思うんじゃないかなぁ?

2006/4/3(月) 午後 0:25 [ ani**_bear ] 返信する

アニキ、それは言えてるね。日本も最近はそうだけど、そもそも昔からシングルマザー、ワーキングマザーの多い国なんだよね。笑

2006/4/3(月) 午後 0:42 ぴ〜ち 返信する

顔アイコン

なるほど〜,確かに違いはあるよね。やっぱり生活環境とか価値観の違いとかからくるものなんでしょうね?どっちがいいとか悪いとかないと思うし,ぴ〜ちちゃんは両方のいいところを選べるのでいいね♡そういえば友達の出産祝いにラック(ハイ&ローチェア・ベッド)をみんなで送ったけど,それ自動スイングで4〜5万したよ!需要が少ないからお高いのかな?

2006/4/3(月) 午後 9:29 peachcobbler** 返信する

顔アイコン

ただね,日本のベビーベッドやベビーカーは背の低い私にとっても低すぎて,腰を屈めて赤ちゃんのお世話をするのは辛かったです。ベビーカーは道路で赤ちゃんを座らせて進むには,一番暑くて危ない位置のような気がするし。あんまり高いと落ちたら危ないからなのかなぁ?

2006/4/3(月) 午後 9:35 peachcobbler** 返信する

ピーねぇちゃん、やっぱり違いはありますよね。チェアベッド、うひょ〜、いいお値段でしたねぇ。手作り一点ものだったとか!?ベビーカー、そう言えばそれも思った事の一つでした。日本にストローラーを持って帰ったんですけど、大きすぎてJRの改札を通れなかった。外では常に車椅子の経路を探して歩いてましたよ。あとスーパーなんかでも日本のベビーカー、おっしゃるように、私も『わ〜、低い〜』と思いました。野菜売り場なんかの冷気も全部赤ちゃんに当たる位置だし。つづく↓

2006/4/3(月) 午後 10:31 ぴ〜ち 返信する

↑つづき:夏場もたしかに暑い位置ですよね。なんであんなに低いんだろ。自分の膝を折らないとお世話も出来ませんよね。ブランケットをひきずって押してるママさんも見かけましたよ。笑 日本にもベビーカーの種類が(軽量の折りたたみとそうでないもの)ありましたけど、折りたたみでないものでもやっぱり小さいと思いました。こちらのはショッピングカートみたいに自分が寄り掛かっても進めます。

2006/4/3(月) 午後 10:35 ぴ〜ち 返信する

顔アイコン

なるほど...確かに文化、生活様式の違いでベビーの商品も当然違ってきますよね。考えても見なかったですが...なるほど。

2006/4/6(木) 午後 4:57 turumaki 返信する

つるまきさん、こんにちは!たまたま自分の身近にある事を取り上げてみたんですけど、本当に色々なところで違いを目の当たりにします。日米でこんなにあるんだから、全世界と日本だったらもっと。笑 文化や習慣の違い、面白いです。

2006/4/6(木) 午後 11:37 ぴ〜ち 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事