大魔神のつぶやき

おかげさまで訪問者数110,000人突破!いつもご訪問ありがとうございます!!

全体表示

[ リスト ]



 レース前の最終局面に来て、なんと風邪をひいて体調を崩してしまった私。
 レース直前のテーマはいかに本番までに体調を回復させるか?
 それが全てと言っても過言でないくらいです。

 そして、来年山頂コースに参加するためには、どれだけ体調が悪くても2時間30分以内を死守する事。
 攻めではなく守りの姿勢ですが、潰れないレース、負けないレース、で臨む事が重要です。
 7/3の試走では2時間21分で走れたわけですが、この9分を貯金と思って我慢のレースをしようと思いました。

 というわけで、今年は前日会社を全休して完全休養。
 しかも前夜現地泊と準備段階で考えうるベストを尽くしました。
 まあ、前夜泊というのは2ヶ月くらい前に決めていたんですけどね。
 それに、レース前/中のサプリもきちんと準備しました。

 装備の準備を済ませ、前日15時頃に応援のワイフ同伴で自宅発。
 富士吉田市役所には16:30頃着いて、まず受付完了です。

イメージ 1

 市役所の中庭はすでにレース(お祭り)の雰囲気に満ち溢れていました。

イメージ 2

 ここで若干気になったのは、考えていた以上に気温が低い事。
 暑くなる事しか想定していなかったので、防寒はあまり考えていませんでした。
 五合目は市役所から1,500m標高が上がるので、気温はさらに9℃下がります。
 走れば身体は温まるので寒い分には大丈夫かな? と自分に言い聞かせながらもやはり不安でした。

 そして、まず最初のポイント。
 レース前のカーボローディングの総仕上げ。
 そう、山に登る前の日はパスタの大盛り です。
 これは、映画「岳」の三歩君の教えです(笑)。

 宿付近でイタリアンレストランを探してサイゼリヤを発見。
 比較的油分の少なそうなパスタを普通盛りで3皿(計1600〜1700kcal?)食べました。
 ちなみに7/3の試走時前夜は軽めのパスタを4皿食べています。
 おまじないみたいなもんです(笑)。

 あとは最後の身体の手入れをして寝るだけ。
 温泉付きの宿でゆっくり温泉に入ってから体重を測れば70.9kg。
 重力と戦う富士登山競走ですので70kgを切りたいところでしたが、まぁ想定内です。
 登山ランナーがかなり泊まっていたみたいで、引き締まった身体をした人を沢山見ました。

 部屋に入って入念にストレッチ、そして、レース装備の整理を済ませ、21時過ぎには就寝です。
 直前にひいた風邪が抜けるかどうかがとても心配でしたが、それには睡眠がとても重要です。
 枕が変わると眠れない神経質な私にとって、前夜現地泊は両刃の剣でもあり、一つの賭けでした。
 ここで一つの朗報は、気温が低いゆえ冷房をかけずに床に入れた事です。
 どうも最近冷房に喉が負けがちだったもので、この点もかなり神経質になっていました。
 ここはさらに万全を期して加湿器も利用しました。

 寝つきが悪くて苦戦しましたが、気付けば眠りに落ちていたようです。 
 翌朝は3時半頃目が覚めてしまいましたが、それでも1.5時間×3回転の4.5時間は眠った事でしょう。
 これだけ眠れれば十分で、賭けは吉と出ました。
 風邪についても若干の鼻詰まりと頭の重さが気にはなりましたが、喉の痛みがないのは吉兆です。

 4時半には朝食におにぎり2つ(400kcal)&カロリーメイト(400kcal)。
 そして、軽く朝の体操と排便を済ませ、6時半には宿を出ました。
 山頂コースのスタートは7時なので、その交通規制が始まる前に市役所に入ります。
 そして、ワイフには車で五合目に先回りしておいてもらいます。

 外はかなり寒かったですが、更衣室は温かいのでここでレースまでを過ごします。
 15分ほどかけてストレッチと深呼吸を入念に行います。
 例によってアップ走は一切しない予定、レース序盤の浅間神社までの約3kmがアップ代わりです。
 ここはもう徹底して体力温存です。

 トイレには行けるだけ行っておきます。
 ちなみに水分は3日くらい前から意識して摂っていたので、この段階ではもう控えていました。
 それでも尿はけっこう何回も出るんですよね。
 便については、市役所についてからは便意は催すものの何も出なかったです。

 7:45頃にヴァーム×1(42kcal)とアミノバイタルマルチエネルギー×3(480kcal)摂取。
 食べ過ぎかとも思いましたが、浅井えりこさんの本によればレース前はお腹いっぱいで走れないくらいでよいとありましたので。

 携行するサプリはアミノバイタル SUPER SPORTS×3(300kcal)と塩飴×5(100kcal)です。
 アミノバイタル SUPER SPORTSは、中の茶屋・馬返し・二合五勺で摂取予定。
 塩飴は適宜、水はエイドステーションに期待。
 基本は早めの補給です。
 試走時より数量を増やしましたが、たかだか100gの話。
 それよりも、レース中のガス欠の方がよっぽど怖かったので。

 8時から開会式ですが、スタート地点を見に行くと、すでに場所取りが始まっていました。
 ですので開会式は中座して、恥も外聞もなく今年は最前列をゲットです。
 昨年は 2分8秒の壁 に泣いた私。
 今年は、利用できるものは全て利用するのです(笑)。

 しかし、ここで懸念点が。
 スタート地点に並んだ後で、若干の尿意と便意が。
 8:30出走ですからトイレに行く時間はありますが、代償としてスタートの好位置を失います。
 少し葛藤しましたが、「まぁ、何とかなるやろう」と、スタート位置をとりました。
 経験上、便はおそらく出ないだろうと思いましたが、尿は少し心配でした。
 でも、自分なりに腹を決めたのです。

 基本的な作戦は、前半(馬返しまで)はとにかく我慢。
 目安は、 心拍数160以下をキープ です。
 試走時は結局心拍数165くらいまで上がりましたが、今回はそれよりも抑えると決めました。
 過去3大会の経験で、途中でつぶれたら終わり、という事はわかり過ぎるほどわかっていたので。

 スタート前のセレモニーの中、山頂コース先頭選手が1時間16分で五合目を通過 との報が入ります。
 私が馬返しまで行くよりも早く五合目を通過するんだ、すごいな・・・

 この時点で気温は20℃。
 思ったより気温が上がっていますが、昨年は確か27℃くらいあったはず。
 湿度も低くて、今の季節にしてはおそらく最高に近いコンディションです。

 そして気付けば、尿意はまだ気になりますが、風邪はあまり気になりません。
 おそらくはレース直前の高揚感からアドレナリン大量分泌。
 完全に交感神経優位に立ち、これからレースを戦う準備は整いました。

 ただし、絶対に忘れてはいけない事が一つ。
 とにかく前半は抑える事。
 どれだけ皆が飛び出しても、一か月前の試走の経験をベースに自分をコントロールする事。
 心拍数160以下キープ、馬返しまでは昨年並み(81分)に時間がかかってもOK、必ず後半巻き返せる、そう肝に銘じる事です。

 そして、時刻は8:30。
 号砲一発、ついにスタートです。


 → 第64回富士登山競走挑戦記(3)レース編


★ブログ・ランキングにご協力をお願いします!
(読んでみて面白いと感じて下さった方は、ぜひ以下のリンクをクリックお願いします)
 https://sports.blogmura.com/jogging/img/jogging88_31.gif
 にほんブログ村(文字をクリック)
 http://image.with2.net/img/banner/c/banner_1/br_c_1232_1.gif
 人気ブログランキング(文字をクリック)
 スポーツ広場
 Blog-bell スポーツ人気ブログランキング
 くる天 人気ブログランキング
 ブログランク7

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

大魔神さん、完走おめでとうございます。(^o^)/

大魔神さんのレースに対する取り組みはこのブログを通して、私自身とても勉強になりました。 私が完走出来たのも大魔神さんのお陰でもあります。

「ありがとうございました。(^ー^)」

そして次回、山頂コースも参加しようと思っていますのでこれからも大魔神さんのブログを楽しみにしておりますので、どうぞ宜しくお願いします。(^o^)/

2011/7/24(日) 午後 7:37 [ kazu ] 返信する

kazu さん、こんばんは。
ありがとうございます。
kazuさんも初挑戦にして2時間切りという驚異のタイムでの完走、おめでとうございます。
でも、kazuさんのBlogを読んでいたら、タイムはある意味予想通りでした。
私は体力及びメンタルの問題で、今はとてもkazuさんのような練習量がこなせません。
そんな状態で来年山頂コースに挑むのはまさに無謀である事は十分自覚しています。
でも、知恵と工夫で少ない練習量でも何とかならないか、と無駄な抵抗を続けるつもりです(笑)。
来年も一緒に頑張りましょう。
まずはエントリーが大変そうですが・・・(汗)

2011/7/24(日) 午後 10:44 大魔神 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事