daisun.jpのブログ

気軽に絡んでくださいね♪うぇるかむ ブラザー

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全13ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

家電量販店7位のベスト電器買収で、売上高2兆円を超え、業界最大手の座を盤石にしたヤマダ電機。業績不振とされるベストを傘下に収めてまで規模拡大を急ぐ背景には、米アマゾンに代表されるインターネット通信販売会社が家電市場でも存在感を高めていることがある。

家電不況が続く中、M&A(企業の合併・買収)を駆使し、新分野にも果敢に打って出る成長戦略からは、さらなる再編を仕掛け、家電を軸にした巨大流通グループの形成を目指すという“野望”が透けて見える。

日本勢の活躍に沸くロンドン五輪だが、家電量販の店頭は2008年の北京五輪や04年のアテネ五輪に比べて、盛り上がりに欠く。政府の家電エコポイント制度や、11年7月の地上デジタル移行前の駆け込み需要で、薄型テレビの買い替えが“先食い”されたからだ。そもそも、国内の家電量販店の市場は縮小が続き、ピークだった10年の約9.5兆円から、11年は8.5兆円に縮小。「今後7兆円まで落ち込む」(業界関係者)との予想もある。

市場縮小に追い打ちをかけるのが、米アマゾンなどのネット通販の躍進だ。「店舗がない地域の市場を、アマゾンにとられている。利便性があることが最大の要因だ」。ヤマダの山田昇会長はネット通販への危機感を隠さない。調査会社GfKジャパンの試算では、11年の国内家電小売りの市場規模約8.5兆円のうち、ネット通販は前年比1ポイント増の7.5%を占めるまでに成長した。

米国ではネット通販大手のアマゾンの値下げ戦略が、米家電量販大手のサーキット・シティを経営破綻へ追い込んだとされる。アマゾンの日本での売り上げは非公開だが、「数千億円規模に拡大している」(市場関係者)との観測もある。幅広い家電商品を扱うネット通販では「まずサイトで価格を比較、実物をチェックしに量販店へ行き、最終的にサイト上で最安値の商品を購入するといった顧客が増えている」(業界関係者)という。

危機感を募らすヤマダは昨年10月、自社の通販サイトでヤマダの価格より安い家電通販サイトの情報を知らせれば、その差額分の値引きやポイントを加算するサービスを始めた。「店舗とネットの連動」(山田会長)を実現した対抗策で、最近はゲームなども楽しめる独自の総合サイトを新設するなど、サービスを進化させている。

大手家電量販店はヤマダ=ベスト、ビックカメラ=コジマ連合のほか、エディオン、ケーズホールディングス、ヨドバシカメラに集約された。ヤマダが警戒するのが、4位ケーズと5位ヨドバシの連携だ。郊外に強いケーズと、都市部に強いヨドバシは相互補完関係で、売上高は2兆円に迫り、業界2位に躍り出る。また、関西地盤の6位の上新電機や7位ノジマの動向からも目が離せない。

家電量販店は、シェアの拡大によって、家電メーカーとの価格交渉を有利に進めることが可能になる。メーカーから多額のリベート(販売奨励金)を受け、小売価格を大幅に下げるなど、他店との価格競争力を高められるわけだ。家電量販市場のヤマダのシェアは、3割を超えており、九州ではベストを加えて5割近くのシェアを握る。山田会長は「売上高3兆円」という数値目標にこだわるよりも、「シェアを高める」戦略への転換を示唆する。

だが最大手のヤマダでも、家電販売だけに頼る収益構造は限界を迎えている。12年3月期の連結売上高は前期比14.8%減の1兆8354億円、営業利益は27.5%減の889億円と大幅な減収減益だった。そのためヤマダはM&Aなどによって、成長の原動力を新市場に求める。中堅ハウスメーカー、エス・バイ・エルを買収し、太陽光発電などを備えた省エネ住宅の「スマートハウス」を提案。本社のある群馬県では、中国の富裕層を誘致しようと「医療ツーリズム」を、県内の温泉リゾートや医療施設と組んで今秋にも実施する。

・・・と、ネット通販能力を高めようと奮闘する山田さん!?
けっこう前から4〜5年前からやられているような気がしますが・・・ 変わっていない!
そこには気づかないのでしょうか? 山田モールを見て思うことは・・・残念なサイト。
サイトのデザインから〜構造全て他の大手サイトの基本マネなんだけど、そのレベルが低い・・・。
悪口を言うつもりはないんです。 後発でスタートしたのに「なぜ?」と考えます。
デザインや、機能が少なくとも今大手で突っ走っている諸先輩方よりも数段劣れば 使わないでしょう。
アマゾンを比較と脅威で見ていますが、 別格です。
アマゾンは見事といえるくらいシステムがよくできてます。 「倉庫とロジスティックスの連携」と簡単に
いえないくらいシステムが見事。 デザインも無駄が無い上に、探しやすい、HITしやすい、安価適正価格!
すばらしい会社だと思います。 真似したい!!(心の声:ww)
http://store.shopping.yahoo.co.jp/ilsung-y/newlineup1.html
山田は確かにでかい。 家電業界シェアもでかい。 でも中身が薄っぺらい。
接客は? 店内のイメージ戦略は? 商品ラインネップが多い?? 
まず、しっかりと地固めをしないと山田はいけないと思います、私的には。

中身の充実度は、 ヨドバシに及ばない。 ヨドバシは少し泥臭いやり方でシステム的で無い部分も多いですが、
店内に活気を呼び込めている。 ビックも、 ・・・山田は無い。特に少し地方に行けば社内教育ができてないことが丸わかりなくらいにできていない・・・。 残念です。
いくら、シェアがあってもあんな活気の無い店舗を、商品知識の乏しい店員にあいに行きたいと思わない。
http://store.shopping.yahoo.co.jp/ilsung-y/leda5cda1b.html
お店の黄金律は、
「明るいこと」、 「店舗雰囲気が明るい」、 「お客さんに気づく」、 「声が飛び交っている」、 「必要以上に接客しない」、 「気持ちよく対応する」、 「ありがとうございました」 です。
ほとんどこの数パターンを守ればお店は繁盛点で頼りにされていきます。
マーケットシェアや、メーカーへの競争力は本部の仕事、 本社の仕事。
各店舗の教育と、マネージメントは誰がやるんですか? 
それをやらないかぎり山田は負けちゃいますよ。 見る方向は外でなくて内です。
景気以外の部分で、お客を逃していませんか??    そこからじゃないでしょうか・・・・。

イメージ 1
これはいい! 何がいいかっていいますと、キャッチコピーにもなってる「新しい可能性」が見える。
難しく言わなければ、 なんだかワクワクする感じだ〜♪
自動車産業は、このところ面白くなかった。 そう感じている人は多かっただろう・・・。
自動車産業だけではないが、自動車を筆頭に(!)・・・面白くなかった。
理由は簡単だ。 各社似た様なものしかださないからだ、あげくに経費削減だとかで車体フレームが一緒だの・・
本当に形が一緒で、メーカー違いで”名前”や”価格”が違うだの、、つまんな〜いモノばかり平気で作っていた。
そして、とうとう・・・・ 海外のメーカーに日本の製品はデザインがどうしてあんなに魅力が無いのか!と
言われちゃいました・・・。(笑)


「ワクワク」しないモノを作って、売り上げがあがるとおもってる製作会社は既に創造会社ではなくなってる。
経費削減ばかりに走ってアイデアを捻出できない冒険心の無い会社は指示され続けはしない・・・。
消費者はバカじゃない。 それこそ消費者をバカにしている。
日本の景気低迷を一生懸命ひっぱていってるだけだよね。 いつか・・・
大きなツケを一番弱い人達に渡すだけなんだから!!

システム改善に飽きている! 経費削減なんかに飽きている!
おんなじ車や、隣と同じ合理的システムなんかに皆飽きているんだ!
それで、景気低迷、税金アップ、堂々巡り、諦め、そんなわかりきったシナリオを望んでいないんだ。
苦しんで、苦しんで、耐えて耐えてきたんだから、今度は・・・変わる為に(良くする為に)、苦しみたいと思っている。
そうじゃなきゃ、明るくならないんだから〜♪(゜口゜)
ホンダのこの車は、いい! その路線にいるように思える。
いま、変わり始める分水嶺なんじゃないのかん!? 
同じ苦しむにしても、ワクワクやドキドキが詰まった苦しみが良いな。
AKB48からHKT48へ移籍した指原莉乃が、秋葉原・AKB48劇場での最後のステージに立った。
特別公演「指原莉乃 壮行会」と銘打ち、前田敦子らチームAメンバーとパフォーマンス。
HKTのメンバーも駆け付け、指原の新たな門出にエールを送った。
同じ“地方組”の友人・北原里英からの手紙がサプライズで読み上げられると、思わず涙した指原。
「AKBを離れるのはすごく寂しいけど、もうHKTメンバーとも仲良くなっている。悲しいけど、すごく前向きです」と話した・・・。
なんて記事を読んで、プロデューサーとメンバーの潔さが気持ちよい。
それにいいチームでいようとする互いの”熱意”が感じられるな〜。

下を向くことが今求められてないよね。
愚痴を言ってても良くはならないよね。
「切り替え」と「前進」が今のキーワードだと思う。
だから、大阪の橋本さんも好きだな! 

日本も皆で、いいチームになりたいよね。 そうなりたいと思ってる人はいっぱいいるはずなんだ。
(・・・手を挙げるのが苦手な人が多いだけでさ。)
(そしたら、挙げるのが得意なやつが代行して挙げればいいだけじゃんね。 協力するさ。)



最近の報道状況はひどい!!
特に近隣諸国に対する国内報道はひどい!
実態とあっていない報道を平気でするところは憤りしかかんじない!
中国の企業や一般があんなに反日感情むき出しに暴れていない。
それを正しく伝えていない、国内の報道機関はいったい何を考えているのか疑問しかない。
中国の実態は事実違う、「上がなんかやってるね〜」それくらいのものでしかない。
前回の韓国の潜水艦沈没問題でも日本の報道は常軌を逸しておかしかった!
韓国では強いアメリカバッシングで非難しているような報道を平気で日本国内で日本の報道機関は繰り返していたが・・・・そんなことはなかった!「あぁ〜そんな話も出てたね〜」くらいの感触しか韓国国民にはなかった。
報道って、事実をねじ曲げていいのかね?スポットの事実をただ伝えていることで誤解をうむなら
それは正規の報道ではないでしょう?! 表現の自由はこんなに乱用されていいもの???
 
日本の報道の稚拙さは残念でしかない・・・。
日本人の私が、近隣諸国と取引をする私が直に感じる事でもある。
是正してほしいですね。
 

開く トラックバック(1)

臭いが気になるのは…
女性も男性も同じです!!

ただ、気にする対象はちょっとづつ違います。特に昨今男性用に(特に中高年層向けに)臭いを抑えたりするタイプの消臭剤やら石鹸やらが続々出てきました…。
また、それがすごく人気が出ています〜!!
こんな商品を見つけました・・・
男性のお悩みを解消する、デリケートな部分のお悩みを解消してくれる、万能ソープが登場しました!
男性特有のニオイを抑えるだけでなく、アソコが何度もでもたくましく立ち上がる強い男作りを手助けしてくれます。
「スッポン」「ショウガ」「スオウ木」のスペシャルトリプルブレンドで、H前に使えば、すぐにギンギンに!
また「ノニ」と「クミン」のパワーで、何度も立ち上がるタフさを手に入れられちゃいます☆
この石鹸があれば、いつものHがさらにパワーアップ!
彼女も元気なあなたのモノに夢中になること間違いないかもっ!!
Hに自信のない人にもオススメです☆
イメージ 1
これは、言わば男性用の石鹸!
売りもwww 臭いと精力と!?まあわかるきもしますが・・・。
確かに男性向けにはズバリ!の商品ですね。
女性の臭い対策の商品も基本的に似たようなものがありますが
考え方が違います!
女性は、生理現象などもありにおいに対してはかなり気にしてる人が多いです。
男性が顔を近づけるだけでも女性は気になってしょうがなく行為に集中できなくなってしまう
方は多いいといいます。男性にとってみれば、相方の女性が気持ちよくなってくれれば
男性自身が自信がつき、元気になれます!男性はご存知の通りナイーブです。
相方の彼女が何か不安そうだったり気持ちよくなっていなさそうだったりが見えると…
男性自身の技術や方法が悪いんでは?または自分のものが悪いんでは…!?と
つまらない思考に支配されていき消化不良な形で終わってしまいます。
(最悪、相性があわないんだの…、相方との不和へ発展していったりします。)
…ここで男性は意外にもきづけていない事があります!
女性がそこの臭いなどをかなり気にして行為に集中できないという事を!
そんなこと別にたいしたことが無いじゃんだの、愛があれば問題ないじゃんなど…実は軽く考えていて
気づけていません! 
その為に、男性と女性の間でズレが生じていることにも気づいていません!!
女性を安心させるように、その部分に気遣ってあげることも大切です〜。
そうすれば、二人ですんなり気持ちの共有ができます。
だからと言って、男性から女性にプレゼントを軽くするとさすがにあらぬ事を思われて喧嘩になっちゃうかもしれませんから…ww
たま〜に、こんな話を相方としてみてください。
それだけで解決する話でもあります。 
あるアンケート調査で女性に対して「臭いが気になるかどうか?」を聞いた結果ではゆうに60%の女性が
「気になる!」と答えています。 特に男性が女性器に顔を近付ける時など気にするという解答がほとんどです。
臭いというのは最近の一つのブームですが、これを機にそんな話も仲を深くするチャンスだと思いますよ。
 
 

全13ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事