全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

解説 映画『ロミオ&ジュリエット』『ムーラン・ルージュ』のバズ・ラーマン監督が、壮大なオーストラリアの自然を舞台に描く運命的な愛の物語。主演は『ムーラン・ルージュ』に引き続きバズ監督作品参加となるニコール・キッドマンと映画『X-MEN:ファイナル ディシジョン』のヒュー・ジャックマン。広大なオーストラリア大陸のロケーションや、主要キャストをオーストラリア出身者で固めるなど、バズ監督のこだわりが随所に見ることができる。(シネマトゥデイ) 
あらすじ 第二次世界大戦を目前に控えたオーストラリアを訪れた 英国貴族レディ・サラ・アシュレイ(ニコール・キッドマン)。サラは死んだ夫が残した広大な土地と1,500頭の牛を相続し、土地を守るために粗暴な現地のカウボーイ(ヒュー・ジャックマン)と手を組み、遠く離れたダーウィンまで牛を引き連れて行かなければならなかった。反目しあう二人だったが、長旅やアボリジニの孤児の少年との出会いを通し、徐々に惹(ひ)かれあっていく。(シネマトゥデイ)
主演はヒュー・ジャックマン&ニコール・キッドマンの「世界で最もセクシーな人」&「世界で最も美しい人」コンビ。
ヒューとニコキは『ハッピー・フィート』のパパママ役で共演、ヒューとデイジーは『ヴァン・ヘルシング』の相棒コンビで共演、バズ・ラーマン監督、ニコキ、デイジーは『ムーラン・ルージュ』チームですな。
ちなみにこの作品、私がデイジー出演するって知ったときはヒューの役はラッセル・クローになってました。
ラッセル・クローが降りた理由としては、こんな記事がありました↓
ラッセル・クロウが、出演予定だったバズ・ラーマン監督の新作映画について「メジャー・スタジオに対するチャリティーのような仕事」とコメントした。本作は第二次世界大戦を舞台にしたロマンス作品で、クロウはニコール・キッドマンと初共演を果たす予定だったが、製作予算や脚本をめぐる不合意により降板。その理由について「予算の帳じりをあわせて作られるような映画には出たくなかった」と語った。代役にはヒュー・ジャックマンが決まっているが、9月に開始予定だった製作は、2007年2月まで先送りとなっている。(シネマトゥデイ)
観てみて、ラッセル・クローの言ってることが少し分かったような気がします。
決して面白くないわけではないのですが、最初から最後までグッとくるものがない。ポイントは「ニコキ綺麗」「ヒュー格好良い」「景色壮観」で間違っても歴史モノではございません(オージービーフのことはちょっと分かるけど)。・・・これで『オーストラリア』というタイトルもいかがなものかな。
私はデヴィッド・ウェナムという俳優が好きで、それを第一目的に足を運んでいるので全然OKですが、普通に映画観に行ったら「ちょっと」となりそう・・・。
基本は恋愛映画で、ちょいファンタジー入ってる(「物語」というキーワードや『オズの魔法使い』はそれで入ってるのかな)オーストラリアのための作品くらいに思っていった方が良さそう。
前半は普通に面白かったと思います。
この映画は本筋とは別の部分で酷評されてるので逆に「期待しないで観たら結構いいじゃん」と思えるかもしれませんね。

ただ・・・一言だけ言わせてください。









イメージ 3

デヴィッドはウェンハムじゃない!ウェナムなんだよ!!!


ということで本題に入りましょか。
ここからはデヴィッド・ウェナム(愛称デイジー)ファン視点でお送りします。

イメージ 2デイジー演じるニール・フレッチャーは一世一代の大悪党でした。
感想としては「思ってた以上に出番があった」というか出ずっぱりでビックリ。165分もデイジーがいれば無問題。目の色がはっきり分かるくらいのドアップもバズ監督サンキュー!
でもトレーラーで観たフレッチャーのシーンがなかった気がするんだよね。
それから描き方が本当にただの悪党で残念。全体的に主役二人以外は添え物っぽいんですけどね、この映画。最初からサラとドローヴァーがくっついてラブラブする映画だってことは予告とかでもう言っちゃってるから、初っ端からサラの旦那は殺されてしまうし、周囲の人間も、単純にこいつはいい奴でこいつは悪い奴で、あとは思った通りに都合よく動いていく感じがしました。

っていうかなにあのフレッチャーの格好。超萌える!
ブルーのチェックのシャツ激しく可愛い。思わず似たもの買っちゃったよ。
履いてたブーツもかっこよかった。あれワニ革?
舞踏会のズブ濡れへべれけフレッチャーさんもキュン♡ときちゃいました。

ともあれ、まずはこんなにデカデカとスクリーンに映るデイジーは『300』以来なので大大大大大興奮(『あぁ、結婚生活』も観ましたが、あれはチョイ役だったのでね)。
デイジーがちゃんと馬に乗れていることにも一安心(『LOTR』からのファンなら分かりますよね)。
あまりにもフレッチャー寄りの視点で観てたため、景色もヒューもニコキもアウトオブ眼中、フレームの外です。
いつもデイジーの出演作を観ると舞い上がってこうなるので、話の内容はあんまり。。。今回も見終わった後主人公の名前すら覚えてなかった(汗)。
だから最初ナラがフレッチャーの嘘を暴露ったシーンでも「このクソガキ!」と思ってしまうし、サラがフレッチャーに鞭を奮うシーンも「ひっこめー!」と思う他ありません。
きっとナラのママの名前がデイジーだったのには全国のデヴィッド・ウェナムファン一同ニヤニヤしたに違いない。私も然りです。
カーニー氏をワニワニパニックに突き落とすシーンは、バコッ→ボチャッ→「ワーッ」ってなんだかバラエティっぽくて笑っちゃった。
空爆後のシーンも、日本人なら思うところあるでしょうし、主人公たちの行く末を占う重要なシーンにも関わらず「で、フレッチャーはどうなったのよ?」とそればかり気になって仕方がない。
そして最後も、心は『自分はフレッチャーの手下になって、無一文になった彼を救うんだ』という夢と愛に満ちた妄想の世界に半分飛び立ってた最中に・・・「オヤジ、コラーーーーーッ!」。
というかスクリーンでデイジー(のやってる役)が死ぬのを初めて観たのでかなりショックだったみたいです。こんなことでショックを受けるなんて普段ないので、自分でも意外でした。多分、愛。きっと、愛。

そういえば最初にオーストラリアの観光PRみたいなのが流れましたが、そこにシドニーのオペラ・ハウスの映像も。
デイジーは今度そこでミュージカルの主演をつとめます(歌わない役らしいけど)。頑張って!

あともう何回か行きたい。デイジーを観るためだけに!
デイジーLOVE。デイジー大好き。
ということで★は今回つけられず。ここまで読んでくださった方ありがとうございます。一般的な感想は他のところにいって聞いてください(ダメじゃん)。

閉じる コメント(10)

顔アイコン

おお〜、盛り上がられておりますな〜♪私もこの映画を是非観てみたいと思っています。引っ越したばかりでどこに映画館があるのか分かりませんが・・・。雛菊さんとしての評価は∞ですね☆私の映画の感想は文として成り立っておりませんが、雛菊さんのそれは非常に熱意がこもっていて素晴らしいと思います。読む者を引き付けますね。

2009/3/5(木) 午後 1:02 樹葉 緑 返信する

顔アイコン

オーストラリア,いつか遊びに行ってみたいです・・・と,映画には全く関係ないコメですいません(^^ゞ.ヒュー・ジャックマンが笑っていいとも!に出て「パイオツカイデー!」と叫んだ後に這いつくばって「生まれたての子馬」をやっていました.プロモーションも大変だな〜と思うと同時に,さすがプロフェッショナル!とも思いました^^;.

2009/3/5(木) 午後 4:52 Arakinskywalker 返信する

樹葉さん
引越し御苦労様でした。映画館近くにあるといいですね。
★はデイジーにならいくらでもあげちゃうけれど、作品自体にはどうでしょう?そこら辺次行ったときに考えてみます。
そしてお褒めの言葉もありがとうございます。ただ書き散らかしてるだけですが。。。もうちょっとスマートな文章を、と思うときもあるのですが無理みたいです(苦笑)。

2009/3/5(木) 午後 4:58 daisygips 返信する

Arakinさん
私は二度オーストラリア行ったことあるのですが、観光地には行ったことがないので是非大自然を満喫してみたいですね。
私もヒューの凱旋みました。アカデミー賞といい、日本でのプロモーションといいエンターテイナーとしての才能もある世界で最もセクシーな人にはビックリです。

2009/3/5(木) 午後 5:05 daisygips 返信する

顔アイコン

待ちに待った作品だったのですね〜

ヴェナムさん
とことん悪役でしたね〜

この映画でも、まるでスーパーヒーローのように
振舞うニコールとヒューは
流石スた〜☆ですね〜

2009/3/5(木) 午後 11:15 DEVI 返信する

長かったですね〜。ようやく春が来ました。
でも色々情報集めまくってたのでほぼネタバレしてた状態観てたんですけど。
ニコール&ヒューカップルは完全無欠過ぎますね。オーラピカピカですもの。流石「世界で最もセクシーな人」&「世界で最も美しい人」コンビでした。

2009/3/6(金) 午前 1:23 daisygips 返信する

映画見られて(違うかな?^^)アゲアゲですね♪
記事読ませていただいてこっちまで↑になりました
よ〜☆
大好きな俳優さんが出演している映画を観ると異常なほど興奮しますよね^▽^

オーストラリア本編よりdaisygipsさんの記事の方が壮大で楽し♪かったですw。
いよいよ来週公開になるドラゴンボールで僕も
大興奮したいな☆
凸&TBさせて頂きますね♪

2009/3/7(土) 午後 10:25 Love&Piece 返信する

明らかに映画を観ているテンションではなかったですね。ノリノリでした。
そしてあの『ドラゴンボール』をご覧になるのですね!勇気ある〜!ブルマ役のエミー・ロッサムは個人的に注目株なので気になるといえば気になるのですが。。。来週、楽しんできてくださいませ♪
こんな浮かれポンチな記事に凸&TBありがとうございます。

2009/3/8(日) 午前 8:55 daisygips 返信する

この作品は期待してたんですけど。
ニコキでも観に行きますかね。

2009/3/11(水) 午後 11:08 marr 返信する

marrさん
ニコール・キッドマンは美しいし、ヒュー・ジャックマンは格好良し。景色もキレイだったんですけどね。
個人的なオススメは・・・(いわずもがな)。

2009/3/12(木) 午前 10:13 daisygips 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事