全体表示

[ リスト ]

■日本株(終了)TOPIXまた安値、米金融機関に不安−銀行中心売り
http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=infoseek_jp&sid=aaEjZMOYgdEQ
■アジア株:MSCI指数が下落、金融機関の損失懸念−HSBC安い
http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=infoseek_jp&sid=a9Ut7GKWw12Q
■欧州株(6日):下落、ウニクレディト安い−週間では4週連続安
http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=infoseek_jp&sid=aRanoVj3.ADo

■■米ウェルズ・ファーゴ、85%減配−年間50億ドルを留保へ
http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=infoseek_jp&sid=a4QuZz_fBvAU
米銀大手のウェルズ・ファーゴは6日、普通株の四半期配当を34セントから5セントに減額すると発表した。この85%の減配により、年間50億ドル(約4885億円)の資金を留保する。同社はまた、1−2月の事業が「堅調だった」ことを明らかにした。株価は通常取引開始前の時間外取引で5.9%高。

■フィラデルフィア連銀総裁:苦戦する金融機関に一段の公的資金投入を
http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=infoseek_jp&sid=achEaYNo5FPo
■■ダドリーNY連銀総裁:政府は銀行に十分な資本を供給へ、規制も強化
http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=infoseek_jp&sid=aNhnk5MpC7.o

■■■住宅ローンの全リスク負わせる証券化は禁止を−米下院金融委員長
http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=infoseek_jp&sid=alLFxclKK210
「100%の証券化はいかなるものでも違法とする」法の整備を目指す意向を示し、「証券化現象」が住宅市場の問題の大きな部分を占めると述べた。さらに現在取り組んでいる法案が、証券化される住宅ローンに一部の信用リスクを残すことを金融機関などに義務付ける内容であることを明らかにした。

☆金融機関の財務状況は悪化している、規制強化と資本注入、秩序をどの様に回復できるかが鍵となる。

■■ルービニ教授:世界のリセッション、2010年末まで続く可能性も
http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=infoseek_jp&sid=aT0yHzKkKxUU

■ハイブリッジの旗艦ヘッジファンド、年初来リターンが4.5%−関係者
http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=infoseek_jp&sid=aNII4kMTYFtM

■■■「危険な魅惑」放つ米国債相場上昇、4−6月期には反落へ−メリル
http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=infoseek_jp&sid=aCeLqw5KSCEs
5日付リポートで、「米国債の執拗(しつよう)な大量供給の影響」で米国債利回りは上昇に向かうだろうと予想。米国の経済成長率は7−9月(第3四半期)に「プラスに転じる」との見方も示した。バンク・オブ・アメリカ(BOA)傘下のメリルはプライマリーディーラー(政府証券公認ディーラー)16社の一角。
財務省が10日に予定する3年債入札は過去最大の340億ドル、 11日の10年債入札は180億ドル、12日の30年債入札は110億ドルの規模となる見通し。

■■商品相場:底入れ始まっている、4−6月に上昇へ−英バークレイズ
http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=infoseek_jp&sid=aJgdJM74XjpI
■08年の商品相場高騰:投機でなく需給が要因−証券監督者国際機構
http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=infoseek_jp&sid=aD8DSCK1Nl8M

☆景気対策と経済安定の為の通貨の大量供給、それに伴う国債増発、拡大する中央銀行のバランスシート、そして、債権下落による毀損リスク、通貨の希薄化不安定化が進む中で、資源価格が再び上昇をはじめた。バランスとりに失敗した場合、ハイパーインフレが待っている。

■米自動車業界は燃料電池市場でアジア勢に遅れ−フォードCEO
http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=infoseek_jp&sid=aAKu3a6dq36k
■米GM:今年の中国自動車販売見通し引き上げ−政府支援策受け
http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=infoseek_jp&sid=aduuzhlDYYro

■米BOA、買収直前のメリルのトレーディングを調査−NYタイムズ
http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=infoseek_jp&sid=a.KonUsgvuNQ

■米大統領:31日から欧州歴訪、英、独、仏、チェコを訪問−報道官
http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=infoseek_jp&sid=aezERc_nwFzk

●2月の米非農業部門雇用者数、60年ぶりの大幅減少へ−BN調査
http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=infoseek_jp&sid=aydbKo9Dk_48
●2月米雇用統計:65万人減−失業率8.1%に上昇、83年来の最高
http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=infoseek_jp&sid=aS8IOqWDVr7o
●1月の米消費者信用残高:18億ドル増、4カ月ぶりのプラス
http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=infoseek_jp&sid=aRrUjlglhseo

■■英ロイズ:資産保証で合意近い、政府出資率60%に上昇も−BBC
http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=infoseek_jp&sid=acDSAgBVA5co
■■英中銀のキング総裁、手探りの領域に−資産買い取りに未経験のリスク
http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=infoseek_jp&sid=akWs.nMY9coI  
 英中銀は5日、政策金利のレポ金利を0.5ポイント引き下げ、ゼロ金利に一段と近づく年0.5%とする一方、国債や社債の買い取りを通じて、英経済に最大1500億ポンド(約20兆8800億円)の資金を供給する権限を獲得したと発表した。市場が目詰まりを起こし、経済活動が縮小するなかで、キング総裁がこの賭けがうまくいくと確信しているはずはない。

●2月英生産者物価:出荷価格3.1%上昇−07年来の低い伸び
http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=infoseek_jp&sid=a5xmuZKYNfpM

☆大きすぎる損失額と金融リスク、米国以上に欧州の現状は厳しい。

■■ユーロ:対ドルでさらに下落の公算、東欧の「ストレス」懸念―UBS
http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=infoseek_jp&sid=am8VB_5laRnU
■■欧州の高リスク債保証コストが過去最高−CDS取引
http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=infoseek_jp&sid=a4k6AdQPqIao
■■欧州社債スプレッドが過去最大、信用危機が世界不況招くとの懸念
http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=infoseek_jp&sid=awtxRA0nCM3c

■■仏BNP:フォルティス事業買収めぐりベルギー政府と新合意−仏紙
http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=infoseek_jp&sid=aYI2PnZ.hfCQ

■バービーちゃん、上海にお引越し−不景気の米欧にはサヨナラ
http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=infoseek_jp&sid=aPZ5lZJU6Dc0

☆汚染された水、汚染された空気、私には上海が住みよい地域とは思えないが、、

■エルピーダ株急反落、不透明な台湾政府の政策に失望売り−具体性欠く
http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=infoseek_jp&sid=a1SqjJYu1Oos

■白川日銀総裁が7日からスイス・バーゼルに出張−BIS総裁会議
http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=infoseek_jp&sid=aDaN3rv8v9dw

■■新生銀:3月中に数百億円の資本増強−アプラス分中核に振り替え
http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=infoseek_jp&sid=aDDA9t3y.VNo
■大手行:12月末の証券化商品の累計損失1兆8590億円、23%増−金融庁
http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=infoseek_jp&sid=aU7rMAFgrmcg

閉じる コメント(19)

アメリカにしても欧州にしても持ち札が少ない。できる手段が限られているとしても、国債や通貨の乱発行。行き着くところは見えていてもそこにしか対策がないのが悲しい哉。

2009/3/7(土) 午前 9:14 [ 古の碧き泉より ]

顔アイコン

海運不況で空船がSubic Bayに集まっているとBloombergが報じていましたが、ftによると、ジェット機もmothballされてCaliforniaやArizonaの砂漠を混雑させているとのこと。
http://www.ft.com/cms/s/0/4839bb2c-09ee-11de-add8-0000779fd2ac.html
記事によると、全世界で20,293機ほどジェット旅客機がある中で11%がmothball状態、年末までに13%になりそうとのこと。ここで最も影響を受けているのが、それぞれ1,000機以上をリースしているAIG傘下のILFCとGE傘下のGecasとのこと。特にGecasは、GEのAAA格付けがなくなるとファイナンスのコストが高まって、ますます飛行機を砂漠送りにしそうとのこと。mothballされた飛行機を、white tailと呼ぶそうです。

2009/3/7(土) 午前 9:48 [ equus ]

顔アイコン

大昔 : ♪わかっちゃいるけどやめられない…ア・ホレ・スイ…

昔 : ♪やめられない・とまらない…カッパエビ…

今 : ♪国債発行〜債権買取〜資本注入〜…ドドン・パッ…

津波が襲ってくる直前にはいったん急激に引き潮になるといいまが、現状のドル独歩高はまさにそれでしょうね。近い将来、ただの水のように無価値になったドルの大波がドドンッっと全世界を襲ってくるんでしょう。
今のうちに高台に登っておきたいとは思うものの…悲しいかなほとんどの庶民は為す術もなく、じっと水平線のかなたを固唾を呑んで見つめているだけです。

そういえば昔、こんなのもありましたっけ。

♪ア〜ア〜 やんなっちゃったぁ、ア〜ア〜 驚いた。

いや、こんなお笑いごとではありません。迫り来る事態はほんとうに深刻です。

2009/3/7(土) 午前 11:03 [ グリーン ]

顔アイコン

デリバティブ取引で膨らみに膨らんだ世界の金融経済は実態のない花見酒経済でした。今回の金融崩壊は花見酒バブル崩壊と名づけた方がわかりやすい。
商取引の売買当事者でもない第三者が勝手に売買リスクの値決めをして保険証券を作り上げそれを当事者の知らないところでこれまた実態取引とは無関係な相手に細切れにして売ったり買ったりしているうちに、儲かった儲かったと皆がやって騒いでいたというのですから、まさに落語の世界です。
酔いが醒めるとあれだけ儲けていたはずの大金が幽霊のように消え失せ、あるのは足元に転がった空瓶だけ…。 怪談花見酒。

いや死の階段花見酒か…。お、おそろしい…ガチガチ…。

2009/3/7(土) 午前 11:32 [ グリーン ]

顔アイコン

CNBC で興味深い記事があったので紹介。
http://www.cnbc.com/id/29550506/
Berkshire HathawayとGEと言えば、米国でも数少ないtriple Aの格付けを誇る会社なんですが、昨日の本ブログで取り上げられたように、CDS スワップの世界では、社債がすでにジャンク扱いになってしまいました。どれくらいジャンクかというと、Berkshire HathawayはVietnamよりも危険で、GEはRussiaよりも危険とのこと。まあ、国のデフォルト期待値と民間会社のデフォルト期待値を同列に論じるのがおかしいという突っ込みはあると思いますけど。

CDS スワップの値を市場の声として見れば、「triple Aの会社は、非常な低コストで借金をしておいて、実際には、かなりリスキーな投資をしてきた。もう騙されないよ。格付け会社も信用しないよ」と、いうことなのかも。

2009/3/7(土) 午後 1:25 [ equus ]

顔アイコン

あれ、日本語がおかしかったですね。CDS スプレッドでした。Credit Default Swap Spreadでしたから。失礼。

triple Aの会社でも信用されないほど悲観的な状況で、GMが倒れたらどうなるんでしょうね。ある程度織り込み済みで準備はできているとしても、市場でパニックが発生するのでは。経済学とか金融政策とか、市場がそれなりに合理的に動くことが前提で理論ができていると思うのですが、市場がまったく合理的に機能しない状況になりそうで。

2009/3/7(土) 午後 1:48 [ equus ]

顔アイコン

話題に出てるロイズさん、事実上国有化って話ですが、
始まっちゃいましたねえ。

2009/3/7(土) 午後 2:10 [ 通りすがり ]

顔アイコン

戸締役様、皆様こんばんは〜equus様、確かに国と企業とを同列に扱うのはどうかとは思いますが、『市場からどの程度に信用されているか』の目安としては、分かりやすいかと。
んま、それはともかく、欧州金融危機の進行はもはや破滅的なレベルにも見えますが、これがどの程度アメリカに跳ね返るかが今一つ不透明な感もありますね。
クリントン妻が米露の関係修復を図るべくモスクワへ乗り込みましたが、なんかありきたりな話に終始したようで。おそらくは4月のG20後から本格的な丁々発止になるのではないでしょうかね?それまでロシア経済は持つのかね、と云う突っ込みはそれはそれとして。

追記。日本代表、韓国代表フルボッコ。お互い何か悪いもんでも喰ったのか?いくら何でもコールドは無いだろう。

2009/3/7(土) 午後 10:32 [ やまちゃん ]

顔アイコン

UK政府の始めたAsset Protection Schemeですが、UKのdefaultの原因になるかも。現在、RBSに続いてLloyds Banking Groupが、このSchemeに入りました。
RBSの場合、£325bnの不良債権を政府が保証しました。初めの6%(£19.5bn)の損失はRBSがもちますが、そこから後の損失に関しては、10%だけをRBSがもち、あとの90%は政府もち。保険料は £325bnの2%で、たったの £6.5bn、しかもこれは株での支払い。結果、政府がRBSの株の80%以上を保有する可能性があります。
Lloyds Banking Groupの場合、詳細は不明ですが、£260bnの不良債権が政府保証に入る予定。結果、政府が、50%以上75%以下の株式を保有と。
予想される莫大な損失をファイナンスするために、UK政府が国債を大量発行しますが、市場で売れないと困るので中央銀行が直接買う予定。GBPはreserve currencyとしての地位がUSDに劣りますから、こんなことをやると、キャピタルフライトが起きてデフォルトになるかも。

2009/3/7(土) 午後 11:58 [ equus ]

顔アイコン

RBSによると、損失の主原因は買収したABN AMROからのものですが、これは経営判断の失敗ですから自業自得かと。Lloyds Banking Groupの場合は、Lloyds TSB銀行が、政府の斡旋でHBOSを救済合併したことが原因のはずなので、少し気の毒に思います。HBOS は不動産ローンの会社で、不良債権を大量に抱えて潰れそうだったので。Lloyds TSBにしてみれば、政府に言われて救済したところが、思いのほか腐っていたと。
こうなってくると、みんなBarclaysに注目しているようです。ここもAsset Protection Schemeに興味があるようですが、直近の増資の際に入れた条項をめぐって、中東の王様たちと揉めるかも。Asset Protection Schemeに申し込める期限が月末ですから、まだ少し時間があります。

2009/3/8(日) 午前 0:20 [ equus ]

顔アイコン

3連投もして済みません。読んだソースを張っておきたかったので。
http://www.iht.com/articles/2009/03/06/business/lloyds.php
http://www.cnbc.com/id/29565338
http://blogs.ft.com/maverecon/2009/02/a-tax-payer-rip-off-of-surprising-boldness/

2009/3/8(日) 午前 0:24 [ equus ]

顔アイコン

equusさん
>UKのdefault

本当にそうなれば、今回の危機を象徴する大きな出来事の一つに
なることは間違いない、なんて生やさしいものではないかもです。
あの大英帝国が、ですからヨーロッパ中心に回ってきた世界史に
区切りが入ることの象徴的出来事になりかねないです。
さて、UKの運命や如何に?

2009/3/8(日) 午前 7:22 [ 七資産 ]

顔アイコン

連投すみません>皆様

今週末も、また、米国の銀行が逝きますた。
http://jp.ibtimes.com/article/biznews/090307/30853.html

この記事の中で
>FDICは、08年末時点で問題を抱える米銀の数が252行あると明らかにしている。
とあるのは見逃せないかと。まだまだ何も終わってないことを示して
いるわけですから。また、これに伴い古い記事ですが

米FDIC、銀行破たん増加に備え預金保険料引き上げ決定
http://business.nikkeibp.co.jp/article/reuters/20090302/187716/?ST=money

とのことです。この記事の中にも

>このペースでいくと年末までに100行以上が破たんし、

とあり、まだ何も終わっていないことが示されております。

2009/3/8(日) 午前 7:32 [ 七資産 ]

顔アイコン

Lloyds Banking GroupのAsset Protection Scheme参加の概要は、こちらからpdfでダウンロードできます。
http://www.lloydsbankinggroup.com/investors/financial_performance/presentations_and_webcasts.asp
ほぼRBSの場合と同様ですが、トリッキーな部分もあるような。

UKの銀行セクターですが、銀行の資産を合計すると、昨年末の時点で£7,919bn、GDPの5.5倍もあります。単純化して書くと、RBSとLloyds Banking Groupの2行だけで£585bnの不良資産をUK政府に移した恰好になるかと。この数字がどこまで膨れるか。UKの経済の状況を考えると、かなり怖いです。

2009/3/8(日) 午後 0:45 [ equus ]

顔アイコン

おおっと、忘れるところでした。Lloyds Banking Groupのサイトからダウンロードできる上記のpdfですが、日本向けではないようです。最初のページに次のように書いてあります。私は米国在住なので、問題ないと思いますけど。
NOT FOR RELEASE, PUBLICATION OR DISTRIBUTION, DIRECTLY
OR INDIRECTLY IN TO CANADA, AUSTRALIA, JAPAN OR SOUTH
AFRICA OR ANY STATE OR JURISDICTION IN WHICH IT WOULD BE
UNLAWFUL TO DO SO

2009/3/8(日) 午後 0:54 [ equus ]

顔アイコン

米下院金融委員長が住宅ローンの100%証券化は違法とすると提案してるそうですけど、今更どれほどの意味があるんでしょうか。時価会計の見直しの議論も今更どうなるんでしょう。Rubiniさんの仰るように回復が遅れるんでしょうね。英国の様子からすると回復という言葉が空しくなってきます。日本もさっぱりだし、中国が良くなると言う噂を信じて来週も頑張ろう!

2009/3/8(日) 午後 2:55 [ hiroyan ]

顔アイコン

皆様こんばんは〜equus様、英国は厳しいですね。以前、極楽蜻蛉様と、英連邦諸国に助けて貰えるのでは?と少し議論しましたが(私はカナダとかの話を聞くと、未だに少し疑問視してますが。)やはり僅か二社を助けるだけでこれほどでは…。
hiroyan様遅きに失したとは言え、行き過ぎた証券化の規制は必要でしょう。あるいは金融商品ISOみたいな考え方も必要かも。
中国市場に関しては、そもそも余りにも透明性が無さ過ぎ。目下全人代でもかなりの議論が交わされた様ですが、矢張り他の資本主義国が何度も痛い目に遭って来た歴史をきちんと研究して理解しないと厳しいのでは。『上に政策あれば下に対策あり』と言うようじゃ、何とも。それに最早歴史は銃口から生まれる時代じゃありません。
七資産様週末恒例、FDIC発の黒枠の付いたはがきですか。問題行が破綻する分には覚悟が出来ているからいいが、思わぬ大規模破綻が生じたらばどうなるのかね?さて。

2009/3/8(日) 午後 9:04 [ やまちゃん ]

おはようございます。
ロイズの国有化が決定しましたね。英国の金融危機も悪化していますね。しかし、損失を出していない欧州系の銀行どうなるのでしょうね。まだまだ、何も始まっていませんね。

2009/3/9(月) 午前 7:13 [ 渡邉哲也 ]

顔アイコン

やまちゃん様>
>思わぬ大規模破綻が生じたらばどうなるのかね?さて。

思わぬところからシステミックリスクの連鎖が始まって、ついに、
大きすぎてつぶさないところまで危機に陥った状況でしょうか。
そうなると小浜氏の力量にかかっているような気がします。
正直なところ、一小市民な私にも想像がつきませぬ(^^;

2009/3/10(火) 午後 10:41 [ 七資産 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事