全体表示

[ リスト ]

■新作『本当にヤバイ!欧州経済』発売中!
http://www.amazon.co.jp/dp/4883927091

■1月26日発売の『ニューモデルマガジンX3月号』にインタビュー記事が掲載されます。
■Twitter始めました。(ブログと違った裏ネタあり)
http://twitter.com/daitojimari
渡邉哲也へのお問い合わせや執筆や講演などのご依頼はdaitojimari@yahoo.co.jp
■月刊宝島2月号(12月26日発売)で、三橋氏との対談記事が掲載されています。メインは日本経済などですが、その記事の中で、『バーナンキ氏の再任が怪しい。どちらにしろ米国金融は保護主義に進む、ボルカーの影響力が強まるかもしれない。』と述べております。とりあえず、予測に近いところに落ち着きましたね。かなり、ドキドキものでした、本当に外さなくて良かった。
http://www.amazon.co.jp/dp/B0030EL1ME/
★トップニュース★
☆昨日の金融規制法案、世界各国、ウォール街に大きな影響を与えることになります。オバマ大統領が厳しい金融規制を出さなくては行けなくなった背景は、マサチューセッツの敗北、いくら候補者が弱かったとはいえ、30年以上にわたり、民主党の指定席を確保していた椅子を取られたのは、非常に厳しいですね。今年11月の中間選挙、中間選挙に向かって議員の世論優勢の議会活動が活発化することになります。『ウォール街叩きが正義』になった意味は非常に大きいのでしょう。議会で下手にウォール街の味方をすると、悪役にされてしまう可能性がある。米国人の心象風景は、『西部劇であり、アメリカンコミック』なんですよね。『ウォール街は悪の巣窟』という印象付けがされたのかもしれない。

■モルガンSのローチ氏:オバマ米大統領の規制案は「銀行たたき」
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=infoseek_jp&sid=aGwWika5fbK8
この提案は、経済回復諮問会議議長を務めるポール・ボルカー元米連邦準備制度理事会(FRB)議長のアイデアに基づいている。
■PIMCOエルエリアン氏:銀行の「リスク離れ」加速へ−CNBC
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=infoseek_jp&sid=ag8MpQAbSey0

■オバマ規制案、ゴールドマンなど5行で影響1.2兆円か−JPモルガン
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=infoseek_jp&sid=adfbWFtHlhls
■ゴールドマン、銀行業務免許を返上の可能性−フランク下院金融委員長
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=infoseek_jp&sid=auNA_vRQIw7k
■米ゴールドマン、銀行でなくなる構想は「非現実的」−ビニアーCFO
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=infoseek_jp&sid=aWFQP3DiCe.c
☆2008年リーマンショック後の金融の混乱の中、ゴールドマンは投資銀行から銀行持株会社の転換しました。これは、金融危機によりゴールドマンの存続に疑念が拡がったことで、TARP資金を確保し、信用の補強をしたかった為と言われております。そして、銀行持株会社になったことで、FRBによる窓口融資が可能になり、政府保証債の発行も可能となった。そのおかげで破綻を逃れたとも言えます。また、AIGのCDS精算に関しても、FRBによる闇支援であったという見方が優勢であり、これがゴールドマンの収益を改善させたとも言われています。今更、必要が無くなったから、銀行免許を返上したいといって、通るのでしょうかね、、、出来ないことはないでしょうが、その後の報復は非常に大きなものになるでしょう。
■米大統領の金融機関規制案、議会通過へ−ホイットニー氏が予想
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=infoseek_jp&sid=akEwFbs351fw

■米上院銀行委員長:FRB議長再任の1月末までの上院承認望む
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=infoseek_jp&sid=aL01m5eAcUwE
■オバマ大統領はバーナンキ議長を信頼、議会承認確信
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=infoseek_jp&sid=ah7pPyG.pncg
☆まずは、バーナンキ氏の再任がどうなるか、1月末までに議会承認をとれないと、自動的に失職することに、ウォール街叩きの影響は彼の再任可能性を低下させています。万が一、彼が失職した場合、同時にガイトナー氏の立場も危うくするものとなると思われます。
■ガイトナー米財務長官:ファニーとフレディ法案、議会審議は来年に
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=infoseek_jp&sid=aVf3CoIBOZSM
赤字が続く、フレディとファニーメイ 企業としての存続の可能性に赤信号が灯り始めました。受け皿を作り、そこに移管するという解決法などが考慮の対象に上がっています。時期にもよりますが、同様の財務環境にあるシティやAIGをどうするかという議論にも影響を与える可能性があります。基本的に、ボルカー氏などの考え方は、守るべきものはシステムであって企業ではない。と言うものではないでしょうか?

■ペロシ米下院議長:上院の医療改革法案、下院での可決は困難
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=infoseek_jp&sid=aLGwEI0mgrOg
上院の医療保険改革法案を可決するのに必要な賛成票は下院で集まらないとの見通しを示した。医療保険問題を国内最優先課題に掲げ、同法案の迅速な成立を目指すオバマ大統領の望みが砕かれた格好だ。

■IMF:ギリシャからの融資要請ない見込み−専門家グループ訪問終了
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=infoseek_jp&sid=afzMkX220Dp8
■ギリシャ政府、「近く」最低30億ユーロ起債へ−公債管理当局責任者
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=jp09_newsarchive&sid=anAnVgFJlUBs
訂正します、公募のようです。申し訳ありません。以下間違い☆私募債ということなので、未達の可能性は低いですが、金利や条件がどのようなものになるかですね。失敗した場合、一気に信用不安が拡がることになります。

■独ヒポ・レアル:不良資産27兆円相当のバッドバンクへの移管申請
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=infoseek_jp&sid=aCFciR4yy71s
☆ピポは、リーマンショック後の、欧州金融危機の要因となり国有化された銀行の一つです。やはり、不良債権の増加に悩まされていますね。アイルランドの不動産融資が直接原因であり、他の地域にも多くの不動産融資を保有しています。欧州の不動産バブル崩壊の影響が表面化してきました。

■UBS顧客データ、米への開示差し止め−スイス裁「詐欺に当たらず」
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=infoseek_jp&sid=aEQYvlQ3gCl0

■三橋貴明参院選出馬
http://sankei.jp.msn.com/politics/election/100122/elc1001221939001-n1.htm
☆私の共著者であり盟友である三橋貴明氏が、参議院比例代表で自民党の公認を頂きました。皆様にご報告させていたただきます。
★昨日の市況★
■今日の国内市況:日本株は今年最大の下落、債券上昇−円上昇
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=infoseek_jp&sid=a0G92.DTevOo
■アジア株:続落、豪州の税制めぐる懸念で鉱山株安い−円高も嫌気
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=jp09_newsarchive&sid=aUATv5nUub54
■1月22日の欧州マーケットサマリー:株が3日続落、銀行株が安い
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=infoseek_jp&sid=aUllZmrlcdWQ
★ニュースヘッドライン★
■投資家バフェット氏:銀行破たん時にはCEOの資産没収を−FOX
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=infoseek_jp&sid=aYQhzecAemSg
■米GE:10−12月は22%減益、事業の選別化進む
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=infoseek_jp&sid=agUKcVmWdLIU
■米アメックスの10−12月:2倍強の増益−顧客の支出急増(Update2)
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=infoseek_jp&sid=aUT8X0TtaT38
■米ゴールドマン、クオンツヘッジファンドのGEOを昨年閉鎖−関係者
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=infoseek_jp&sid=aZ9sGG4QE03E

■ブラウン英政権:オバマ型銀行規制案には追随せず−各国で事情異なる
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=infoseek_jp&sid=aRo_ZX.Vv9Rg
■ドイツ:金融規制の独自案を6月までに作成−「米国案は推進力」
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=infoseek_jp&sid=ac.eo18YXRT0

■中国中銀総裁、適度に緩和的な金融政策を再確認−GDP発表後に
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=infoseek_jp&sid=aLSnMXxNSfyo

■中国は早ければ4月にも利上げの可能性−交通銀行
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=infoseek_jp&sid=a2k3UozvmTbM

閉じる コメント(39)

顔アイコン

(途中で切れてしまいました つづきから)

特に今回のアメリカの金融規制の対応と,このリンク先で記載されている「中期努力目標:金融市場規制の段階的手法」と何らかの関係があるのか,個人的に気になりコメントしてみました. 削除

2010/1/24(日) 午前 3:00 [ daism ] 返信する

顔アイコン

daism様、

よいドキュメントをご紹介いただき、ありがとうございました。私も、このコメント欄で麻生さんと中川さんの功績については、なんどか説明してきたつもりです。政治家の価値を決めるのは、現実世界で何を成し遂げたかであり、漢字が読めないとか酒飲みであるとか言って貶めるのは、まったくの的外れなんですけどね。

2010/1/24(日) 午前 4:29 [ equus ] 返信する

顔アイコン

Obama 大統領の weekly address、やはり今回の最高裁の企業と団体の選挙資金に関する判断に対するものでした。判断の内容は上のほうのコメント欄に参照リンクを貼ってあります。

Obamaさんの演説資料:
http://www.whitehouse.gov/the-press-office/weekly-address-president-obama-vows-continue-standing-special-interests-behalf-amer (トランスクリプト)
http://www.whitehouse.gov/WeeklyAddress/2010/012310-MKJQWZ/012310_WeeklyAddress.mp4 (144MB)
http://www.whitehouse.gov/WeeklyAddress/2010/012310-MKJQWZ/012310_WeeklyAddress.mp3 (4MB)

2010/1/24(日) 午前 4:34 [ equus ] 返信する

顔アイコン

Columbia River Bank,The Dalles,OR $172.5m
Evergreen Bank ,Seattle ,WA $64.2m
Charter Bank ,Santa Fe ,NM $201.9m
Bank of Leeton ,Leeton ,MO $8.1m
Premier American Bank ,Miami ,FL $85m

以上が今週末の訃報でした。昨年よりあきらかに多いですね。 削除

2010/1/24(日) 午前 8:05 [ 七資産 ] 返信する

顔アイコン

世界の気温:2000−09年が最高、1880年の統計開始以降−NASA
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90920011&sid=aC8xAXEZ2OcE

2010/1/24(日) 午後 0:23 [ - ] 返信する

顔アイコン

Freight rates rise on tight position of trucks
http://www.financialexpress.com/news/freight-rates-rise-on-tight-position-of-trucks/570900/
インドです。国内のトラック輸送料が値上がりしています。多分、短期間の影響に留まると思いますが、長期化してしまうとやっかい。 削除

2010/1/24(日) 午後 1:18 [ kankumar ] 返信する

顔アイコン

proprietary trading の話が出ているので。

http://online.wsj.com/article/SB10001424052748704509704575019032416477138.html
quants が信用危機を悪化させた真犯人という話。

あらすじ。

住宅市場崩壊始まる。
→住宅関連に投資していたヘッジファンドのポートフォリオが腐る。
→ヘッジファンドが損失穴埋めに、流動性の高い株などの金融資産を投げ売り。
→quants の数学モデルから外れた銘柄の動きが頻発。
→理解不能の動きに quants たちもポジションの解消に動く。
→多くの空売り対象の銘柄でshort squeeze発生。
→表面的には値が上がっているが、裏で大損のquantsが続出。
GSのGlobal Alphaが一ヶ月で16%近く下げて$1.5bnの損失。
→quants 不在で流動性の無い市場では、逃げようとした一般投資家も巻き添え。

2010/1/24(日) 午後 2:23 [ equus ] 返信する

顔アイコン

いやぁ…。
きれいさっぱり小沢のコメントが消えてるのには驚きましたね。
ここの皆さんの嫌いなマスゴミと検察はこれから国民にどう申し開きするんでしょうかね。 水谷建設に嘘を言わせたのか、嘘に乗ったのかは別にしても検察の大チョンボですな。 削除

2010/1/24(日) 午後 6:52 [ グリーン ] 返信する

顔アイコン

三橋様、ご出馬とか。 ネトウヨの集票力を過信して立候補者全員が無残に討ち死に(それもボロ負け)した泡沫党がついこの間の選挙でいたことを覚えておられないのでしょうかね。ご存知ないのかも。
自民党から立たれるのですから勝算はおありなんでしょうが、ご健闘下さいませ。 削除

2010/1/24(日) 午後 7:13 [ グリーン ] 返信する

顔アイコン

ところでちょうど2年前の今頃、「本当はヤバクない韓国経済 本当はヤバイ日本経済」という(上下)のブログ記事がありましたけど、これがいまとなっては概ね当たってるんですねぇ。ちなみに私の見方と同じ。http://blogs.yahoo.co.jp/lifeartinstitute/28559396.html
面白いのは数百のコメントがついてますけど、当初のブーイングの嵐から最近は「だいたいその通り」って変化してるんですよね。
まぁ、どうでもいいですけど。 削除

2010/1/24(日) 午後 7:14 [ グリーン ] 返信する

顔アイコン

Commodity Trends:Soymeal export slump worrying
http://www.commodityonline.com/news/Commodity-TrendsSoymeal-export-slump-worrying-25045-3-1.html
インドです。大豆粕の輸出量が、去年4月から12月までの9ヶ月間で前年同期間比50%以上の減少でした。NY先物は下がり調子なので、あまり影響は出ないかな。一方crude, petroleum refinery products, coal, electricity, cement, finished steelでは4.8%増でした。自動車の売り上げも大きく伸びていますし、差が大きいです。出稼ぎが増えそう。 削除

2010/1/24(日) 午後 8:26 [ kankumar ] 返信する

顔アイコン

Americans forced to quit coffee due to acidity
http://www.commodityonline.com/news/Americans-forced-to-quit-coffee-due-to-acidity-25057-3-1.html
まあ、どうでもいいですけど日曜日なので。米国人も嗜好が変化してきたのでしょうか。胃もたれが気になるみたい。 削除

2010/1/24(日) 午後 8:31 [ kankumar ] 返信する

顔アイコン

皆様こんばんは〜それにしても、アメリカはねぇ…銀行破綻が加速しそうですが、3月以降が怖い気も。
インドやらどこやら次のバブル探しに必死みたいだが、手の内がバレた今、誰もホイホイ話に乗らんて。
また、温暖化スキャンダルに更に一石を投じるような発表もあった事でもあるし、環境バブルも厳しそう…どうするのかね… 削除

2010/1/24(日) 午後 10:03 [ やまちゃん ] 返信する

equus様
軍産複合体やメジャーなどを配下に抱える共和党有利であるように思います。

daism様
情報ありがとうございます。

DEF様
経団連の会長が旧財閥系から選ばれるのは初とのこと、様々な思惑がありそうですね。
「副会長以外」「旧財閥系」異例の経団連会長
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20100124-OYT1T00192.htm
旧財閥系は人脈も広く、金融面での支配力も大きいので、民主党政権に対する抵抗力に期待している感もありますね。

2010/1/24(日) 午後 10:56 [ 渡邉哲也 ] 返信する

グリーン様
誤解を受けたくないのでひとことだけ、私は公序良俗に反する性的な宣伝コメント以外一切消しておりません。それと、他所のブログの評論はそちらでどうぞ。

2010/1/24(日) 午後 10:58 [ 渡邉哲也 ] 返信する

顔アイコン

こんばんは。

Frankfurter AllgemeineがEU法の専門家にギリシャ救済の可能性について一問一答しています。
http://www.faz.net/s/Rub09A305833E12405A808EF01024D15375/Doc~EEDFC5F7196574891A4D3239F89606E19~ATpl~Ecommon~Scontent.html(独)

EU法123条によれば、ECBも各国中銀、政府も借金で苦しんでいる加盟国を救済するのは禁止だそうです。
122条では当該国が、自然災害や緊急事態に陥ればその限りではないが、財政破綻危機は該当しないと。
故に、市場よりも低利で融資したりはできないようですね。ギリシャ、難局を乗り切れるでしょうか。

EU法
http://eur-lex.europa.eu/LexUriServ/LexUriServ.do?uri=OJ:C:2008:115:0001:01:EN:HTML

2010/1/25(月) 午前 0:24 [ 田中由美子 ] 返信する

顔アイコン

こんばんは。
equus様ご紹介の怪傑ベアーさんの議会証言。
http://www.fcic.gov/hearings/pdfs/2010-0114-Bair.pdf

なによりも市場規律を重視し、TBTFを排除するために合理的な、規制のリフォームのグランドデザインを説明しています。
オバマさんの規制案の、金融危機責任手数料、プロップトレーディング・HF・PEの禁止、BSサイズ上限、の方がより直截的で乱暴ですが、基本的な目的、方法は同じだと思います。

預金保険対象預金以外の資産に課すチャージは、金融機関清算費用のリザーブファンドとして予め徴収し公的資金に依らずに清算できるようにし、同時に規模と複雑性を落とすインセンティブにするように提言されています。プロップトレーディングや複雑なストラクチャードファイナンスなどハイリスクな活動に対してはよりチャージを大きくして、規模縮小のインセンティブを働かせるよう提言。

2010/1/25(月) 午前 1:28 [ 笛土 ] 返信する

顔アイコン

つづき
怪傑ベアーさんの証言から示唆される今後の規制強化の方向は、これ以外に、
1、システミックリスクを監視、管理するシステミックリスクカウンシルの創設
2、金融持ち株会社を清算するプロセスとその権限の付与
3、BISのリスクベースの“先進的アプローチ”よりもより単純なレバレッジ比率規制の強化、など。
1は、ヴォルカーさんはFRBを中心にすべきと言ってます。金融機関の最終決済機能をもつFEDが中心になるのが合理的だと思いますが、今のバーナンキさんが議長では躊躇するのでは。個人的には怪傑ベアーさんが一押しですが。
3は、BISの官僚群団の複数年プロジェクトを役立たずで規制アービトラージの温床だとこきおろしています(←正しい認識)。

最後の結論部分で、金融セクターの利益のシェアが、50〜60年代の15%から90年代の25%、08までの10年間の34%へと増加していることを不均衡ととらえており、リフォームの過程で金融セクターの縮小を示唆。

2010/1/25(月) 午前 1:29 [ 笛土 ] 返信する

顔アイコン

中東の産油国の株式市場、だいたい下がっていますね。
http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=20601087&sid=aATM5s3GmemA
The Volcker Ruleの発表で米国株式が下がり、支那の金融引き締めへの動きで原油需要の減退も予測される状況なんで、こんなもんでしょうけど。Dubaiは、Abu Dhabiに比べると乱高下が激しいそうです。

2010/1/25(月) 午前 1:31 [ equus ] 返信する

顔アイコン

ギリシャの経済悲劇、Munchau(最初のuにウムラウトがあるのですが、ここでは書けない)さんが4つのシナリオを検討しています。
http://www.ft.com/cms/s/0/408cb3be-079c-11df-915f-00144feabdc0.html

1)デフォルトしたギリシャをEUR圏あるいはEUで救済。これはペロポネソス戦争の後始末に似た結末になりそう。うまくいかないだろう。
2)デフォルトしたギリシャを放置。危機はポルトガルとスペインに広がるかも。
3)ギリシャが賃金カットなどで競争力を回復。まあ、これは。。。
4)なんとかごまかして先送り。これは、将来の回復可能性を断つだろう。

ペロポネソス戦争の後始末を持ち出すあたりが、欧州の人らしい。

2010/1/25(月) 午前 1:51 [ equus ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事