ここから本文です
森友学園の経営についての追及が進むにつれて、公金横領や詐欺や補助金の略取や、等々どれだけの腐敗が出てくるか分からないような状況になっている。幼稚園の内容も、3才から天皇制国家主義の教育という、安倍政権の理想そのままに、あきれはてたものが暴露されている。安倍政権や反動派も今や、経営者の籠池は教育者の名に値しないとか、森友学園の教育は教育ではないとか云いはやし始めている。これまで、散々に森友学園でやられていた犇軌薛瓩覆襪發里鯣?修掘∋?討呂笋掘▲船筌曠笋靴討い燭を忘れたかに、である。そして今や、国有地を買い戻すと云った、姑息な手段で、この事件の幕引きを図ろうとしています。もちろん、労働者、勤労者はそんなことを許さず、安倍政権の打倒まで、この闘いを拡大して行かなくはならない。
 安倍政権の国家主義政治と腐敗権力の全体が、森友学園のスキャンダルとして、森友学園を巡る疑獄として、腐敗、不正として現れているのだから、安倍政権とその反動と腐敗と国家主義の政治を否定することなくして、森友学園を否定することができない。安倍政権とその政治が森友学園といった、奇っ怪で醜悪なお化けを生み出したのであって、安倍政権は自らを否定することなくして、森友学園を否定できないのである。森友学園は安倍政権とその権力主義や天皇制国家主義、「日本第一主義」等々の生み出した象徴であり、そのおぞましさの集大成である。

 安倍政権は10億近い国有地をたった200万で森友学園に売った根拠を示すことが出来なかったし、今もできていない。たかが大したこともないゴミ撤去に9億余もの巨額な金が必要だなどということは誰もまともに、合理的に(あるいは事実として)説明することは決してできないからである(事実、安倍政権も財務省も大阪府も、できていない)。

 安倍政権や財務省がいいはやすことは、犲蠡海瓩正当であったという形式的なことで、実際的、現実的な話では全くない。安倍政権はこのことを極端に恐れていて、一言も語ることができないのである、つまり事実上、不正な売買が公然と政府と国家の名でなされたということである。

 自民党や政権は、国会で、不当に安く国有地が売られたのではないかという追及に、「ゴミなど撤去する責任は森友側に渡すから、ディスカウントは当然だ」(安倍)とか、「土地の売買価格の算定はなぜ外部に頼まなかったのか、政治の関与がなかったのか」等々の質問には、「国が埋蔵物の撤去費用を見積もり、売買価格に反映させた。適切な対応だった」(佐川財務省理財局長)などとうそぶき、はぐらかせ、ごまかすか、あるいは事実上、自らの関与や犯罪行為を認めるような発言しかやっていないのである、できないのである。

 安倍の答弁はまともな理屈にもなっておらず、そんな応答で疑惑を否定でき、状況を切り抜けられるとおもう思い上がりと、厚顔無恥と、「倫理国家」(稲田の言葉である)日本の完璧な崩壊ぶりを暴露しているだけである。
 なぜゴミ処理を森友学園に「任せる」なら、10億円になんなんとする土地価格を200万に負けてやっていいのか。安倍よ、ちゃんと答えてみよ。南スーダンからコソコソと撤退して、自ら宣言した任務もはたせず、その見返りに600万ドルつまり7億円ほど払うというのだか、森友学園に負けてやった金にも及ばないとは、まさに本末転倒の政権と云うしかない。

また国の役人佐川は、国が撤去費用を見積もった、だから「適切な対応だった」というのだから、これもチンプンカンプンである。国(財務省)が不正をやり、犯罪行為を行ったことを自ら白状していると同然であるが、佐川はこんな発言によって、政治家ではなく、国がやった悪事であって、政治家の口利きなどなかったとでもいいたいのか、財務省が、つまり佐川等が安倍政権や政治家に代わって、罪を引き受けて、やくざ団体よろしくふるまう、穀潰し国家主義徒党の幹部の身代わりとして役に立ちたいのか、そして恩を売って将来、やくざ団体の幹部にでもなり上がりたいのか。

やくざ団体の下走りの佐川は、麻生か、財務省の上級の幹部か知らないが、一体誰の指示や示唆か言外の圧力によって、国会で心卑しい真相隠しの発言を繰り返すのか、一体何のためなのか。

また佐川は、外部の専門的な機関に依頼しないで、大阪航空局が撤去費用を8億円余もの巨額に見積もったことの正当性の理由として、「撤去に時間がかかり開校できなくなれば、損害賠償訴訟を起こされる恐れがあった」、だから急いだからだと、理由にもならない理由を挙げている。

佐川が、なぜ狎賁臈な甞杏機関に依頼しないで、国家機関が途方もない、常識外れの巨額な撤去費用をでっちあげたかという質問に答えないで、あったかなかったかも分からない、将来の「訴訟費用」などの偽りの理由を持ち出すしかないところに、森友学園事件がどんなに深刻で、悪質な国家犯罪、政府犯罪であるかを教えて余りある。

猜歇蘿畢瓠↓牋国主義派瓠安倍一派や安倍政権は、籠池に対して「怒っている」などと云う安倍一派擁護派がいる。

それが本当かどうかは知らないが、本当だとするなら、彼等は一体何を「怒っている」のか、彼に対して立腹するなら、それはまるで奇妙で、筋違いではないのか、自分自身に腹を立てることにならないのか。

 籠池はいわゆる猜歇蘿畢甅牋国派瓩覆襪發里遼楡を――その反動性や時代錯誤や醜悪さを――暴露しているのであって、彼等は籠池を見て、鏡に映る自分をみているのと同じであることを自覚し、反省すべきであって、「怒る」などと云うことになるはずもないのである、「怒って」いていいはずもないのである。

彼等自身、籠池の犯罪行為と腐敗と常識外れが明るみに出る前までは、籠池は安倍や安倍自民党や国家主義派、牋国派瓩離曄璽廚任△蝓彼のやっていることは彼等の教育の理想像であり、彼等の中のアイドルでさえあって、安倍等や昭恵や麻生や菅や鴻池らによってさえ散々に持ち上げられ、ありとあらゆる犢埓上の疝ザ?筺∪権ぐるみ、財務省(国家)ぐるみ、自民党や維新の会ぐるみの「口利き」特権(刑事犯罪を厳しく、しかも直ちに問われるべき口利き特権)を享受してきたのである。

散々に籠池を持ち上げ、はやし立て、世間に押し出し、宣伝しておいて、今さら、犁瓦短勠甍靴い離丱奪轡鵐阿鬚靴討いい里、爛肇ゲの尻尾切り瓩里茲Δ吻猖魂犬劉甍靴い鬚靴討いい里、彼等はどの面さげて、そんなことができるのか。

彼らは今や、彼等の猯∪擇雖瓩傍嫋紊靴凪特咾本当のことをしゃべるのを恐れてただ戦々恐々するだけである、そして国会招致に何が何でも反対することによって、彼等がどんなに大きな、「人には言えない」ような、明るみに出ては困るような数々の悪事を積み重ねてきたかを自ら認めるのである。

 しかし森友学園疑獄は安倍政権と財務省(国)の根底にかかわる深刻な問題であり、森友学園のスキャンダルといった爛肇ゲの尻尾切り瓩能わっていい問題では全くなく、悪徳と腐敗と刑事犯罪の掃きだめであり、オンパレードだというなら、悪いのは尻尾ではなく、トカゲの全体である、つまり安倍政権とそのもとでの国家機構の問題であり、その全体の悪徳と腐敗と犯罪が暴露され、摘発され、厳しく断罪され、罰されなくてはならない。

 もしそれがなされないなら、腐敗と反動の安倍政権がこれからも何の責任も取らず、自らの本性を隠し、ごまかしながら継続するなら、日本は再び、天皇制軍国主義下のかつての日本のような、悪徳と腐敗と軍国主義の日本に、ヒトラーの下でのドイツのようなファシズム国家に、忌むべき国家に転落、堕落し、破滅の途を歩むしかなくなるのである。

 そして籠池自身もまた、猜歇蘿畢瓠愛国派、天皇制軍国主義派のヒーローとしてもてはやされるのが落ちである。

 今や安倍政権は権力犯罪にふけるしかない、やくざ団体やゴロツキ集団の政権に堕したかである。安倍政権のもとで明らかになったことは、権力犯罪のオンパレードである。彼等の用いる手段は、国家財産のタダのような払い下げ、カネの不正なばらまき、収賄、口利き、補助金の違法供与、公然の、あるいは言外の脅しや恐喝、官僚への圧力や不正への示唆誘導、等々、やくざ団体にふさわしいものばかりである。

国家主義者の政府、安倍政権は、稲田が何といい、取り繕うとも、「倫理国家」の正反対のものと化した。今こそ、労働者、勤労者の力を結集し、この悪徳国家を粉砕し、一掃せよ!


※同志会ブログより転載

この記事に

2月26日、働く者のセミナーが開かれました。会場となった国労会館にはかつての国鉄(JR)労働組合の闘いぶりを彷彿とさせる写真が多く掲載されていました。地下一階の部屋に多くの参加者が集い活発な議論が行われました。


 テーマとなったのは「安倍の同一労働同一賃金は看板だけ、差別労働、搾取労働を一掃せよ」ですが、今日の日本の労働者の過酷で悲惨な状況を告発し、それと闘う道を模索するものでした。


 主催した「働く者のセミナー実行委員会(関西)」は事前に一万枚を超える呼びかけビラを配布し、多くの参加を呼びかけました。


 参加者の中には広島から来られた人が居られました。各地で開催されている資本論学習会に参加されている人が参加されていました。セミナーが始まる前、大阪堺の資本論学習会に参加されている人は本屋で購入された講師の林さんの本を持参してこられ、それにサインをしている著者の照れくさそうな姿が見受けられました。さらに府立高校で君が代強制に反対して闘う人に対する応援署名用紙が配布されていました。


 チューターの林さんからは正規労働者の長時間労働に対する告発、それに非正規労働者に対する差別的な処遇に対する憤りが表明されました。総理の安倍が直ぐにでも労働者の悲惨な状況を改善するかに云いながら、何だかんだと理屈を付けて問題解決を引き延ばしている実態が暴露されました。


 参加者からは以下のような発言がなされました。「雇い止めはすぐにでも廃止すべきだ」(そうだ・講師)、「同一労働同一賃金と云う際の労働は労働時間で評価すべきと講師は言われるが、それなら同一労働時間同一賃金とすべきであり、平たく言えばすべての人の時間給を同じにと要求すべき」(戦術として言っているのか)、「民主党は同一労働価値同一賃金とすべきと云っているが、それはどう評価するか」(ちょっと違う)、「タクシーの運転手をしているが賃金は歩合給だ、賃上げのためには何が必要か」(組合にまとまって闘うことでは)、「同一労働同一賃金がどんな内容にせよ、それはあくまで改良の要求であって、革命的な要求ではない、搾取の廃止と云う革命的要求をすべきでは」(改良は改良として掲げればいい)などでした。


 「参加者アンケート」には次のような声が寄せられていました。「打ち解けた雰囲気が良かった」「忌憚なく意見が言えるような雰囲気があった」「いろんな意見が聞けた」「質問者の意見とチューターの理解とに食い違いがあったように思う。自分も理解できないところがあった」「テーマの内容と報告者への質問を分離して議論を導くべきではなかったか」など色々でした。(大阪・S)
※同志会ブログより転載

この記事に

同志会は、4月に労働者党を再建しますが、その綱領・規約(案)が公表されました。同志会では大会に向けて徹底議論し、新しい綱領・規約を採択する予定です。


 現在の政治状況を見ても、民進党や共産党の政治的堕落、退廃は明らかであり、何も期待することはできません。

 民進党は民主党政権の3年間で自民政権と本質的に変わらないブルジョア政党であることが明らかになりました。多くの労働者、勤労者の失望や怒りの中で、反動的的で国家主義・軍国主義的な安倍自公政権の誕生を準備したと言えます。

 また、共産党の日和見主義的退廃も極まっています。つい数年前までは「自共対決」をお叫んでいましたが、最近は「野党共闘」を前面に掲げ、共闘のためには日米安保も自衛隊も天皇制も容認すると言い立てています。ブルジョア第二党の民進党と同じレベルまで転落していって、まともに安倍政権と闘えるわけがありません。
 そして天皇の生前退位問題では、自公の特例法に柔軟姿勢を見せ始めています。これまでは民進党と一緒に皇室典範の改正が「筋」と主張してきたのですが、その立場を投げ捨てて自公に協力し、民進党を困惑、孤立させるのです。その意味するのは共産党の自公への追随、すり寄り、屈服です!


 自民党と闘うべき野党がこうした体たらくでは、労働者、勤労者の闘いは発展しようがありませんし、その労働や生活はいよいよ厳しく困難になるもの不思議ではありません。今こそ新しい労働者、勤労者の政党が必要であり、喫緊の課題になっています。


 職場、地域での闘い、個々の課題に対する闘い、グループやサークルなどいろいろな活動がありえます。しかし、それがバラバラでは大きな力を持つことはできません。階級として一つの党に団結し、闘うことが必要不可欠です。その結集軸になるのが綱領(・規約)です。


 毎日の苦しい労働、厳しい生活に怒りを抱えている皆さん、労働者の闘いの発展、その解放を目指して闘っている皆さん、闘いたいと思っている皆さん、そしてそうしたグループ、団体の皆さんに訴えます。是非この綱領・規約(案)を検討し、ともに闘っていかれるよう呼び掛けます。
 (必要なら、ご連絡ください。説明・議論に伺います)。


 なお綱領・規約(案)はこちらから見ることができます(綱領案・規約案)。A4判でそれぞれ21ページ、3ページです。印刷も可能です。党名は、「労働の解放を目ざす労働者党」(仮)です。

※マルクス主義同志会ブログより転載
綱領案等はこちらから見ることができます
http://blog.livedoor.jp/marxdoushikai2016/archives/19024127.html

この記事に

2月の住道資本論カフェの報告をします。

この日、初めての方が参加されました。皆さんはどんな動機で資本論を学ばれているのですかという質問がその方から出されました。「リーマンショックに驚いて、昔読んだ資本論を今一度読んでみようと思った」「老人のボケ防止です」「資本主義社会が階級社会であるという確認のためです」ということが参加者から出ました。

商品の二要素である使用価値と価値(第一節)が終わりました。レポーターからは18パラグラフすべてを図にしたレジメが出されました。何でも小学校の時に先生から問題文を図にして考えたらいいと云われたことがヒントになったそうです。

議論になったのは17パラグラフでした。その中でマルクスは商品の価値の大きさはその生産に必要な労働時間によると云っています。労働時間が変わらなければ価値の大きさは変わらないが、労働時間が変われば変わると云っています。その労働時間の変化に影響を及ぼすのは生産力ですが、それには色々な要因があります。それはそれで好いのですが、他方マルクスは「金は未だかつてその価値が全額支払われてはいない」とか「ダイヤに至っては(全額支払われていないと云うことが)もっとよく当てはまる」と云っています。金やダイヤの価値が全額支払われていないというのが本当なら、労働時間によって価値量が決まると云うのと矛盾しているという疑問が出されました。

色々な意見が出ましたが、確かに商品の価値に対して少なく支払われたり、或いは多く支払われるかということはあります。しかしだからといって、労働量によって価値量が決まるという考えとその事象は両立しないのか、という疑問が逆に出されました。それは言い過ぎではと云うことでした。

来月からは商品の二面的性格に表現されている労働の二面的性格について取り上げます。こうご期待。

次回は3月18日(土)13時から
大東市文化会館にて

この記事に

先日、関西セミナーが開催されました。

続いて5日(日)午後一時半より東京の『北とぴあ』で中央セミナーを開催します。
セミナーのテーマ、趣旨をあらためて紹介します。

【テーマ】
安倍の同一労働同一賃金労働は看板だけ
搾取労働、差別労働を一掃しよう!

 日本の労働の現実は、長時間労働に代表される搾取労働にしても非正規労働者の差別労働にしても、極めて深刻な様相を呈しており、根本からの変革が求められています。

 電通の女性新入社員が過労自殺したことは、長時間労働の一端を教えてくれました。彼女は、月100時間を超す残業を強要されていましたが、それは電通に限らず日本の多くの企業に共通するものです。昨年厚労省が出した「過労死等防止白書」では、過労死の危険ラインとされる月80時間以上の残業をした社員のいる企業が23%という調査も出されました。

 労働基準法では、一日8時間、週40時間と決めているのに、それを骨抜きにする36協定があり、企業=資本は犢臻‥に疣働者を長時間労働、殺人労働に駆り立てて来たし、今も駆り立てています。

 長時間労働が蔓延するのは偶然ではありません。資本にとっては労働者を搾取し、より多くの利潤を上げることこそ「正義」であるからです。しかし、もうこうした労働者を苦しめ、死に追いやるような搾取労働(長時間労働、殺人労働に代表される)は、直ちに一掃、廃絶すべきです。

 長時間労働とともに、狄畔差別瓩箸發い┐觝絞模働が急速に広がっています。すでに勤労者の4割に達する非正規労働者は、賃金差別、福利厚生や社会保障など、様々な処遇差別に苦しめられています。

 安倍政権も同一労働同一賃金を口にしていますが、肝心の基準となるべき「同一労働」についての内容はあいまいです。昨年12月に発表された同一労働同一賃金についてのガイドラインでは、労働時間による単純な基準ではなく、勤続年数、能力、業績、成果、貢献度などを勘案するといったもので、資本の利益や思惑に十分に配慮したものでした。日経連の榊原会長が、ガイドラインは日本の賃金制度、雇用慣行に「留意しており、妥当なものだ」と語っていることから、その本質(限界)がわかります。

 2千万人もの非正規労働者が、生きていくのも困難な低賃金で苦しむのは、資本による労働の搾取が行われているからです。資本は低賃金で解雇が容易な大量の非正規労働者を利用して、利潤拡大を目指し、競争に勝ち抜くために策動を強めるからです。
 だから、差別労働を一掃するには搾取労働を一掃しなければならないし、搾取労働を一掃するには差別労働を一掃しなければなりません。

 今こそ賃金制度の廃止、「労働の解放」という旗を高く掲げて闘いに立ち上がる時です。それは正規、非正規を問わず、全労働者の共通の緊急課題です。共産党のように「民主的改良」を施して長時間労働を是正すればいいとか、非正規社員を正社員に狆些吻瓩気擦譴从僂爐箸い辰垂箴な問題ではありません。

 セミナーに参加し、ともに議論し、労働者の闘いの道について考えましょう!

  

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事