ここから本文です
夕日を見つめて〜〜
美しい夕日は美しい朝日へと続きます!!

引っ越しました〜〜


ヤフーブログは早々と見切って

まだ手探り状態ですが
ライブドアブログに引っ越しました


やっぱり名前は「ゆうやけ〜〜」ですm(_ _)m

ゴモジュの花〜その他


私の庭にとてもいい芳香を漂わせ
可愛い花を今を盛りに咲いている樹があります

なかなか名前を思い出さなかったのですが
やっと検索で行きつきました(名札を付けました)


ゴモジュ「御門樹」(スイカズラ科ガマズミ属)

別名  タイトウガマズミ・コウルメ(6月になる赤い実から)
原産地    奄美大島〜沖縄



イメージ 1

葉を揉むと胡麻のようなニオイがすることから「胡麻樹」となり、 それが転訛してゴモジュとなったという説があるそうです



白色〜淡紅色の高坏形(たかつきがた)の花を多数つけます
近くに行けばやはりゴマのような匂いがします

イメージ 2


毎年バッサリと剪定をしますが
春にはちゃんと葉をつけ花を咲かせます

イメージ 3


ついでに


ヒイラギナンテン

イメージ 4



もう一つついでに

おととし298円で買ったガーデンシクラメン
毎日の声掛けと水やりで
こんなに立派なシクラメンになり
現在30個の花をつけています

5月頃までは花を咲かせ
また来年〜〜です
私はこれを自慢したかったのです(笑い)


イメージ 5

開くトラックバック(2)


拝啓  ヤフーブログ様
  
急なヤフーブログの終了に動揺が隠し切れません

仰る通りヤフーブログを開設するためにPCを買い
カメラにも初めて触り
やっと色々のシステムにも慣れてきて
数年間交流のあるブロ友さんも出来ました

ブログネタを探し記事にすることで
健康寿命とボケ防止が出来ると張り切っていたのに
終了とは・・・それはちょっと酷い
もう一度考え直していただけないでしょうか

と、私はヤフーブログさんに言いたい〜〜のです





さて〜〜気を取り直して・・・

室戸岬のはずれ徳島県境近くに
12年前に廃校になった小学校を
2018年4月26日に水族館としてリノベーションしたら
これが予想外に大人気だそうで私も行ってきました



イメージ 1


入場料600円を払い入ります


かっては子供たちのはしゃぎ声が聞こえた25mのプールでは
サメや亀や魚が泳いでいます


イメージ 2

運営はNPO法人「日本ウミガメ協議会」のメンバーが行っているので
カメが沢山いるのです 


イメージ 3


かっての手洗い場にはヤドガリや貝類が住んでいます

イメージ 4


跳び箱の中にも魚が・・・

イメージ 5



ここにいる亀や魚は地元の漁師さんの定置網にかかったのを頂いたそうで
とても珍しい魚は居ませんが・・・

イメージ 6

身近なイセエビや
ウツボが展示されていて
それはそれでとても興味が沸きます
イメージ 7

アジやサバと一緒にエイも泳いでしました

イメージ 8


エイからは私たち人間はどんな風に見えるのでしょうかね〜〜
にらめっこをしましたが負けました (~_~;)(笑い)

イメージ 9



そこかしこにある学校の教材や
小学生の机やイスがあります
私も60数年ぶり(自分でも驚くぐらい昔の事です)にイスに座ってみました
あら〜〜お尻がはみ出ます〜〜(笑い)

イメージ 10




この近海に住んでいる魚やカメに癒されて
もうすっかり忘れていた小学生時代にタイムスリップをして
たっぷりとノスタルジーに浸った時間でした

青いコチョウラン



牧野植物園で展示されている
「青いコチョウラン」が最終日だというので行ってきました



「ツユクサの遺伝子から」
魅惑的な青のコチョウランを作ったそうです

イメージ 1


白やピンクしか見たことが無いので不思議な気がします
ネットを調べるともう商品化されているのには驚きました
値段ですか・・?
さぁ〜もちろお高いでしょうね!!




特別室でガードマン2人に見守られての展示でした

イメージ 2



せっかくの牧野植物園です

終わりかけでしたが
いつも可愛い「バイカオウレン」です

イメージ 3



             「ユキワリイチゲ」

イメージ 4




早春の室戸路



春の陽気に誘われて
室戸へ行ってきました(往復250キロの旅でした)


室戸の東側徳島県境にある夫婦岩に着いたのは
朝日が上がった頃でした

イメージ 1



浸食されて蜂の巣構造と風紋が美しい

イメージ 15


その岩の上に

イメージ 2


ここに住み着いている”つがい”の「ハヤブサ」の
情報を頂き見に来たのです

全く動きません
もう一羽は・・?


イメージ 3



しばらく待ちましたが動く気配も無いので
「廃校水族館」へ行って帰って来ると
元居た「ハヤブサ」ではなくて♀の「ハヤブサ」だと思いますが
少し下に居ました


”つがい”がいるという事なので
子育を大いに期待をしています

イメージ 4



この日に会った鳥達です
この「ジョウビタキ」は鮮やかな赤色をしていました

(後で気が付きました・・
目の手術をして初めて見るととても鮮やかな赤茶色でしたが
本来の色なのでしょうね・・2月22日)

イメージ 5

早朝の波打ち際を歩けば
「イソヒヨドリ」の♀とオハヨ〜〜

イメージ 6



ランチの後でも「イソヒヨドリ」の♀をパチリ
♂には会えなかったで〜す

イメージ 7


海岸線の道端には
「ハマダイコン」が沢山咲いていて
目を楽しませてくれます


イメージ 8



室戸は「アロエ」街道が有るのですが
もう花が終わりかけていて寂しい限りでした
本来は太平洋の青に映えるアロエの花なんですがね〜〜 (~_~;)
ご愛敬に〜〜m(_ _)m

イメージ 9


この辺りは僻地のためまだ手づかづの自然が有り
「ヤブツバキ」の数本の大木が山一面に咲いていました

イメージ 10


山の中腹に沢山の白い花が・・・と
思いきや

イメージ 11


一つ一つかん袋をかぶせた「ビワ」の実でした

こんなにお世話して大変なので
高級品になってしまいとても私の口には入りません (~_~;)


イメージ 12


海がキラキラと光ってとても綺麗でした
そこの釣り人さ〜ん
釣れますか〜〜?

イメージ 13


春の海 ひねもすのたり のたりかな (与謝蕪村)
とはいかない荒々しい太平洋の海です

イメージ 14


次回は
今評判を呼んでいる「廃校水族館」を記事にします

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事