「ソプラノ樋口由佳里」ブログ

ソプラノ樋口由佳里による、コンサートの記録など

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1 イメージ 2 イメージ 3

イメージ 3

 
2018年8月29日(水)に十日町市の越後妻有文化ホールの開館記念事業として

「愛といのちの讃歌 〜バロック歌曲と日本の名曲〜」コンサートを開催致します。

今年は、G.F.ヘンデル、J.S.バッハ、D.スカルラッティが生誕333年を迎えましたので、
プログラムは3人が作曲された名曲を中心に選曲し、
日本のバロック音楽界を代表する素晴らしい音楽家の方達と共演させて頂きます。

          ソプラノ    樋口由佳里
          ヴァイオリン  荒木優子
          チェンバロ   上尾直毅
          チェロ     懸田貴嗣

十日町市は、越後湯沢駅から電車で30分、六日町インターから車で20分と東京からもアクセスが良く、
豊かな自然と美味しい水が育んだ山の幸、海の幸、米、そば、お酒なども魅力です。

同ホールのこけらおとしでオーケストラ・リベラ・クラシカ他の記念公演が開催されました。
ご出演された音楽家の皆様から、響きが良く、バロックや古典派の音楽に最適な大きさの
素晴らしいホールであると ご好評頂いておりまして、
「このようなホールで演奏を聴くことのできる皆さんはしあわせです」という内容のお言葉も
頂戴しております。
 
イギリス、イタリア、ドイツと時空をかけぬける音楽旅行の最後は、
日本の歌曲をお聴き頂き、ふるさとに帰って参ります。
小さい頃から眺めた風景、優しさに包まれて安心していた記憶、愛され、愛すること、
人や音が調和すること、山あり谷ありの人生、「いのち」への感謝など、
さまざまな想いを巡らせて頂けるひとときになって頂ければ幸いです。

ポスターの風景画像は、山田務さんが撮影された新潟県小千谷市から越後川口にかけての
信濃川の風景に朝日が昇る瞬間のものです。(2017年9月1日撮影)
この川の流れはすぐ隣の十日町市につながっており、
美しい朝日が希望のエネルギーを感じさせてくれます。

会場でお会いできますことを楽しみにお待ち致しております。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事