「ソプラノ樋口由佳里」ブログ

ソプラノ樋口由佳里による、コンサートの記録など

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1 イメージ 2 イメージ 3 イメージ 4 イメージ 5 イメージ 6 イメージ 7

イメージ 7

2018年8月29日、新潟県十日町市の「越後妻有文化ホール開館記念事業」の一環として
「愛といのちの讃歌〜バロック歌曲と日本の名曲〜」コンサートを開催、
「ヘンデル、バッハ、スカルラッティ生誕333年祭参加」としてのプログラムを中心に
日本を代表する古楽音楽家の皆さまと共演させて頂きました。

 ソプラノ    樋口由佳里
 ヴァイオリン  荒木 優子
 チェンバロ   上尾 直毅
 チェロ     懸田 貴嗣

新潟県内、十日町市内はもちろん関東圏内からも、毎年たくさんお客様がお越し下さり、
2018年は300名様のお客様がご来場下さいました。

 ヘンデル 「9つのドイツアリア」より No4、No6
      「ヴァイオリンソロとチェンバロのためのソナタ・ニ短調」
      「メサイア」より「私は知る、主は生きている」
       オペラ「エジプトのジュリオ・チェーザレ」よりクレオパトラのアリア
         レチタティーヴォ「このようにただ1日のうちに」アリア「涙あふれ」
         アリア「嵐に難破した船は無事港に着くと」

 バッハ  「無伴奏チェロ組曲第3番」より 

 スカルラッティ 「チェンバロソナタ」ニ短調K9、ヘ長調K6

 メールラ 「愛の竪琴に乗せて」

 パーセル 「もし音楽が愛の糧なら」「薔薇よりも甘く」

 山田耕筰 「からたちの花」

 村松崇継 「Far Away 彼方の光」「いのちの歌」

お蔭様で、大変一体感のある充実したアンサンブルができました。感謝で一杯です。
このような素晴らしい音楽家の皆さまと共演させて頂けて、今でも夢のようです。
それぞれの独奏も大変素晴らしく、お客さまからもとても喜ばれました。

荒木さん、上尾さんは昨年に続いて2年目となりました。
今後の共演も懸田さんも含め、ご希望賜ることができて大変光栄です。さらに精進したいと思います!

お客様は、皆さん大変喜んで下さり、最後はほとんどの方が涙されていたとのことでした。
地元の2大新聞社さまも、その後ご好評の記事をご掲載下さっていました。
お蔭様で音楽の持つ力の素晴らしさをお伝えすることができたようで良かったです。

また、共演の皆さまとお客さまから、会場の響きがとても豊かで心地よかったとご好評頂きました。
十日町市に素晴らしいホールが開館したことに心より感謝申し上げます。

毎年、ステージにテーマに合った素晴らしい生け花の作品をプレゼント下さる根津雅子さんをはじめ
多方面でお忙しくご活躍にもかかわらず協力下さるスタッフの皆さま、ご来場のお客様、家族にも、
心より感謝申し上げます。ありがとうございます。
      
      

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事