全体表示

[ リスト ]

一昨年訪れた時の写真
この時は「あぁ、こんな設備もあるんだ・・・」程度に撮影

イメージ 1


左にある船に乗るためのモノレールです

イメージ 2



ところがぎっちょんちょん
今回のイベントで私はこの乗り物に乗っています
「ダム湖巡視体験」の巡視船に乗るためです

このとき、車内で流れていたのがこれ

「発車します、発車します
プルルルル
本日はモノレールのご乗車頂きありがとうございます
少しの時間ダムの説明をさせていただきます
高山ダムは名張川のいちばん下流に昭和44年に建設されたダムです
名張川の水はダムのすぐ北の上野盆地から流れてくる木津川へ流れ込み八幡市まで下り
ここでさらに宇治川と桂川と合流し淀川となり大阪湾まで旅しています
ダム湖の水の量は大阪ドーム47個分に相当する5680万立方m
湖はドームの77倍の広さです
ダムの長さは25mプールの8個分
高さは3個分の67mです
ダムの形はコンクリートの重さで水を支える重力式と
両岸で支えるアーチ式の両方の特徴を併せ持った重力アーチ式となっています
ここで高山ダムの4つの目的について説明します
1番目は台風や梅雨のシーズンに予めダムの水位を低くしておき
空いたところに大水を貯めて洪水被害を防ぐことです
2番目はダム下流の川に流れを作ることです
昔は日照りで米や野菜が採れないことがありました
渇水のときでも川の流れを安定させるようダムに溜まった水を農業のために流します
川の魚も喜ぶことでしょう
3番目は・・・・・・・・

イメージ 3





ここで到着しました

イメージ 4




ライフジャケット装着
いざ出発

イメージ 5




蓮ダム以来の巡視体験
小雨もぱらついているけど気にならないならない

大きくぐるっと回ったんだけど
撮った写真がブレブレで使い物にならず
スミマセン

イメージ 6



どっちがどっちだか忘れました
発電用の取水ゲートと利水放水用のゲート

イメージ 7




はるか彼方にモノレール
かなりはしゃぎたかったけど自分を殺して大人しく施設を見学

イメージ 8




非常用洪水吐きのローラーゲート

こんだけ近くて水に浸かってるとゲートに見えないな

イメージ 9




こちらは常用洪水吐きの予備ゲートのワイヤー

イメージ 10




予備ゲートの上の丸いのが
放流時の空気穴なんだそうです

イメージ 11



後半かなり端折りましたけど
こーんな感じの施設見学会でした

閉じる コメント(2)

顔アイコン

ダム湖から間近で見ると一味違いますね。

というか非常に後味の悪い説明の終わり方ですね。
フルで聞くには水位が低い時じゃないといけないという事なのでしょうか?
これでは3番目が何なのか凄い気になりますね。
大体予想はつきますが。(笑)

2012/1/16(月) 午後 10:11 [ Dai ] 返信する

顔アイコン

かなり下りるのがゆっくりだったんで出水期であと15mほど水位が低い時だったら全部聞けるかもしれませんね
というか、聞けないとおかしいですよね(笑)

モノレールに乗ってるところを動画で撮ってアップしてやろうと画策してたんですが、途中で話し声が入って公開できなくなってしまったのが残念です

2012/1/19(木) 午前 0:01 [ mt.tell ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事