駄目ブログ

どこにでもいる駄目な人達の日常。たぶんこれも青春。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全151ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

姫の日

 寝っ屁姫の年齢がついに大台に乗ったので、この日は誕生日パーティをしてやりました。
 もちろんサプライズです。
 前にしょーたサプライズパーティをやった時には、本人が来ないという究極のサプライズが発生しましたが、
 今回はそんな事なかったです。
 
 仕事で来れなかった奴もいましたが、まぁまぁそこそこの出席率。
 なかなか全員集めるのも難しくなっちまったね。
 
 
イメージ 1
 
 
 さて宴会の中身ですが、呆れるくらいのいつも通り。
 変わった事と言えば、今までそこそこ色んな所に向いていたしょーたの牙が、
 完全にタケダチに集中していた事でしょうか。
 あとハゲキャラはもう、タケダチのものじゃなくなりました。
 
 さて、みんなにはあらかじめプレゼントを用意してもらっていたのですが、
 それぞれなかなか考えて買って来た様子。
 中でも春さんのプレゼントはセンスが良く、女性陣には好評のようでした。
 ガラスっぽいのでできたコップっぽくてオレンジの…なんだったっけアレ。いいや。
 
 そんで二次会もいつも通りカラオケ。
 俺は二次会の大部分を寝てた気がしますが、もはや朝の男なのでしょうがない。
 適当に歌ってろよお前ら。
 
 まぁこんな感じでこの日は終了です。
 次はいつみんなで集まれるかなー。
 聞くところによると、ハマタが何やら次の集まりを計画してるみたいですが、信憑性は全くないですね。
 
 
 
 本日のタケダチの名言
 「俺は女に掘られたいんだよ!!」
 
 こいつは一体どこに行こうとしてるのか。
 
 
 
                                                      (大将
夏は猛暑だったのにもう雪、秋はどこへ行ったんでしょうか?春さんです。
今回は日帰り旅最終回です。
ではお楽しみください〜

魚津水族館を後にして最後に来たのはこちら
イメージ 1

建物が近未来的な魚津埋没林博物館、通称「ねっこランド」です。
イメージ 2

埋没林とは土石流によって地中に埋まり、海面上昇で海中に没した林で
写真の木は約2000年前に埋まったの物だとか
イメージ 3

一見すると何の変哲もない枯れ木のようですが、正体がわかると歴史を感じますね
こちらには色々な展示状態の埋没林があり↑のは乾燥展示館なのですが、
私が思わず息をのんだのがこちら、
イメージ 5

水中展示館です。
水中では発見されたままの埋没林の根っ子がそのままの形でプールの中で展示されています。
ひんやりとした建物のプールの中にある2000年前に地中に沈んだ木の根。
これだけのサイズの物が腐らずに水中にあることも驚きなのですが、
何といつてもそれが放つオーラがすごいです
根っ子というよりおとぎ話に出てくる、太古から生きてる森の主とか湖の主みたいな感じでしょうか。
こんなこと言うと笑われそうですが、それが放つエネルギーが凄いです。
イメージ 4

こちらのプールは横がガラス張りで地下に降りると水中を横から見れます。
プール一杯に張り巡らされた根っ子が本当に生きてるかのようですね
能登のパワースポットではあまり感じませんでしたが、
これはそれの偉大さがわかるというか妙に落ち着く感じです。
私にとってはここがパワースポットかもなんてwww

そんな感じで色々な出会いの会った魚津旅行でした。
身近な場所でも知らないことや面白いものがたくさんあるのかもしれませんね・・・
最後にもう一つ、
これは帰りに新潟の能生という所の道の駅で食べたアイスなのですが、それがこちら

イメージ 6

アイスに入った緑の粒々がなにか分かりますか?
お茶?ハーブ?ホウレンソウ?キュウリ?
あ〜分かっちゃいましたか!そうだね!「昆布」だね。www
いくら海が近いからってオイッ!?って感じの罰ゲーム感満点ですが、
食べてみてビックリ、昆布の塩気がミルクのアイスの甘さを引き立てて凄く食べやすいです。
昆布も細かいし、感じとしては面白い味の抹茶アイスって感じ。また食べたくなります
これは機会があればぜひ食べてもらいたいです。

そんな感じで、日帰り旅行でした。投稿がまちまちでご覧の方にはご迷惑を
おかけしました。最後までご覧いただきありがとうございました。
また何かあれば投稿させていただきますので、それまでお楽しみに〜ノシ
ではでは
春さん
先週、初雪が降りました。いつまでも夏の話してる場合じゃないですね・・・春さんです!
今回も日帰り旅三回目です。
では、どうぞ〜
前回の観覧車から見えた建物それがこちら
イメージ 1

ミラージュランドから歩いて5分の所にある魚津水族館です。
また水族館か!と思ったあなた!私もそう思いますwww
今まで何年も行ったことなかったのに今年だけで実は三回目
しかも全部違うところ・・・マニアの人かwww
ってことでまず一枚目
イメージ 2

水中ドームです。
こちらの水族館は身近な日本海の魚の展示に力を入れているようでなじみの魚が多いです。
イメージ 3

タイにブリ・・・不謹慎かもしれませんがおいしそうですwww
イメージ 4

↑カラフルなウツボ。顔は怖いですが綺麗ですね
イメージ 9

↑かなりやる気の無いサメ!これだけ接写するとかわいいですwww
イメージ 5

↑能登とは違うクラゲです。前も言いましたがこれ部屋に欲しい
イメージ 10

↑有名な絵本「スイミー」をテーマにした水槽。教科書で見た世界がここに!
魚津水族館にも魚を利用したショーがあります。それがこちら
イメージ 6

石鯛がプレートを器用に引っ張って・・・
イメージ 8

大歓迎してくれますよ
イメージ 7

小さな魚が5つの輪を潜リます。どちらも能登のイルカショーのような派手さはありませんが
こちらは味があり十分に楽しめますよ!
最後は水族館屋上から撮ったこちら
イメージ 11

写真では分かり辛いかもしれませんが、真ん中に金沢→新潟行きの列車が映っています
そう、京都帰りにここを撮った時に乗ってた列車です。
何か運命的なものを感じますね。
そんな感じで魚津水族館でした。
そして水族館を後にして向かったのはこちら
イメージ 12

この謎の建物が何なのかはまた次回です
さて次回は日帰り旅最終章ですのでお楽しみに〜
ではでは
春さん
みなさん、ついてきてますか?春さんです。
今回も日帰り旅二回目です。
では、はじまり〜

色々寄り道しながら新潟を後にして富山県魚津市に到着
カニ丼で腹ごしらえして、いざ行かんってことで
それがこちら、
イメージ 1

魚津の遊園地、ミラージュランドです。
イメージ 2

こちらは回数券を買って乗り物によって回数券を払うスタイルです。
券売機が回数券をその場で印刷していて笑いました
感動の再会は最後にしてそしてまず行ったのはこちら
イメージ 3

−30℃の世界です。
猛暑だったのでまず涼もうと思ったのですが、それが間違いでした。
厚い扉から入った瞬間、汗で湿ったシャツがカチカチに凍りました。パキって音がするほど
もうかき氷着てるみたい、靴も床に張り付いて歩きにくい、もう笑うしかないです
しかも夏なので半そでハーフパンツwww死ぬかも
しかし中はこんな感じ

イメージ 4

北極の動物の展示や氷像などがあって綺麗でしたよ・・・5分も居れなかったけど
そしてお約束、
イメージ 5

出た瞬間カメラと眼鏡も曇りました。
続いての紹介ははこちら
イメージ 6

メリーゴーランドです。
綺麗ですね!ちゃんとしたのを見たのは初めてかもしれません。
二十歳すぎの男が乗るのは勇気が居るのでやりませんでしたが、
空いてるとこれがあなた一人のだけのために回りますよ〜
もうひとつはこれ。
イメージ 7

回転ブランコというんでしょうか?
これ写真では分からないかもですが、これかなり回るので
気を付けないと見てる人の頭に足当たりそうになります
ハイジもびっくりですwww
そしてついに感動の再会です。
イメージ 8

この観覧車、ゴンドラによって色が違い風水の効果で自分の望む効果の色のゴンドラに
乗ることが出来ます!いいことあるかもwww
そして、いきなりですが観覧車からの写真
イメージ 9

日本海+魚津の街一望です。美しい、感動しました!
この観覧車かなり海に近いので見渡す限りの日本海を俯瞰で見ることが出来ます
しかもこれだけの高さまで上がるのに一回、牛丼並盛くらいの値段で乗れます
いいんでしょうか・・・安すぎです
京都の時に見かけただけの所に一年後に居るというのは不思議なようなうれしいような感じ
もっとこういう体験が出来ればいいと思いました。
イメージ 10

おまけ、真下をみるとかなり怖いです。
感動の再会に大満足です。
しかもかなりすいてたので満喫できましたよ。おススメです
そしてミラージュランドを後にして次に向かったのは観覧車から見えるここ、
イメージ 11

さて、今回は魚津ミラージュランドでした上の写真ががどこなのかはまた次回
お楽しみに〜
ではでは
春さん
どうも、たびたび春さんです。
今回は予告通り、夏の日帰り旅の紹介をしようと思いますので、
興味のある方だけ軽いノリで見ていただければ幸いです。
では始まり始まり〜

みなさんは旅行や仕事などで電車や車に乗っている時、
興味を引かれる風景に会ったことはありませんか?
「何あれ、面白い」とか「なんなんだろ言ってみたい」
などと思っても目的があって乗っているわけなのでぶらり途中下車というわけにはいきません。
私はよくそういうことがあって、今回のそれは京都一人旅の時でした。
京都を満喫し特急を金沢で乗り換えて家に帰る途中、思い出にふける私の目に飛び込んできたのは
日本海でした。地元に帰って来たと実感している時にそれは現れ、
私は思わず鞄からカメラを取り出してそれを夢中で撮ったのでした。
それがこれ
イメージ 1

夕日の沈む日本海の前に突如現れた観覧車、その美しさと違和感にまるで夢のような感じでした。
そしてそれから一年後今年の能登の旅の途中にその観覧車に偶然にも再開したのです。
それがこちら、
イメージ 2

まぁ、海沿いを行ったので石川までは京都の時と同じ道を辿っているので必然かもしれませんが
それはともかく時間があれば帰りに寄ろうと思ったのですが帰りに来てみたら
時間が遅くてもう閉館していたのでもう一度この観覧車に会うために、
私は夏の終わりの快晴の日に愛車とともにもう一度旅に出ました。
今回は予定が少ないのでぶらりドライブの旅です。
まずは前回も来た新潟県名立の道の駅です。
イメージ 3

地元にあるのより3倍はある風力発電の風車があります。
イメージ 4

写真では見えませんが根元の部分に魚のオブジェがありいい感じ、
それにしても天気が良くていいですね!
続いては同じく新潟県糸魚川にある絶景ポイント弁天岩です。
イメージ 5

そしてこれが岩の上からの風景です。
イメージ 6

まさに絶景日本海一望ですね
続きまして新潟の県境近くの断崖絶壁が続く難所「親不知」(オヤシラズ)です。
イメージ 7

写真では分かりにくいかもしれませんが、絶壁の通りに道が付いているのでカーブとヘアピン
の連続、ジェットコースターのようで楽しい半面、すれすれでトラックなどと
すれ違うので最高におっかないです。
それがこちら、
イメージ 8

(注・大変危険ですので良い子は運転中の写真撮影はやめましょう!www)
まさに最高のスリル?!
そしてこちらが前回が最悪だった富山県境です。
イメージ 9

二度目の県外脱出です!前もこれぐらいだったらな〜
唐突ですが富山県に入りあの観覧車のある魚津に到着し
お昼になったので感動の再会を前に腹ごしらえということで、
魚津の道の駅内の食堂で頼んだのがこれ、
イメージ 10

魚津特産?な海洋深層水を使ったラーメンとカニ丼のセットです。
いいんですか?昼からカニとかwww最高!しかも驚くほど安い!
この二品で1000円でお釣りが来ます。
そんなこんなで、新潟から富山までの道でした。
次回はいよいよ感動の再会?!
私が観覧車に乗ることが出来たのかはまた次回
ではでは
春さん

全151ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事