オーメン72

http://blogs.yahoo.co.jp/run_the_hazard72 に移転しました!

全体表示

[ リスト ]

ガンダムUC ep5前夜祭 レポート

イメージ 1

昨日、仕事帰りに参加してきました新宿でのイベントのレポートです。

前回は、徹夜でep1〜4を見て、間にスタッフによるトークショーが挟まれておりました。今回は、ep4とep5を見て、終了後にスタッフによるトークショーでした。

トークショーは、原作の福井晴敏さん、監督の古橋一浩さん、脚本のむとうやすゆきさん、サンライズのプロデューサー小形尚弘さんの4名でした。前回からは音楽の澤野さんが抜けたメンツです。

最初に、関東地方では18日に地震があったのですが、小形Pの居たサンライズ内の部屋に、冨野御大が入ってきた時の地震が発生したらしいです。それで、『あなたのせいで地震が起きた』というと、『そんなわけない』と言って、部屋に置いてあったワンピースの単行本を持って出て行ったそうです。

それを聞いて、福井さんが一言、『やっぱ、あの人を(ユニコーンに)近づけちゃいけないんだよ!(笑)』と言われてました。

トークの内容は、先日のFilm&Liveと同じく、ep7に関することが多かったです。

福井さんが、最初は45分×4話という企画でスタートしたユニコーンが、結局、60分×6話でスタートし、しかしながら尺が足らなくなって、第7話まで延長となってしまったが、当初から無理だなと感じていたようです。しかし、6話でアナウンスしたものを、すぐに掌を返して延長を発表するわけにもいかず、先日の発表まで伸ばしたと言われてました。

脚本のむとうさんは、第1話が、小説1〜2巻をまとめているので、OVA1本を小説2巻でまとめていけば大丈夫と思っていたが、途中から、原作の小説のページ数が増えているので、とてもじゃないけど6巻で終わるわけがないと思っていたとのこと。7巻延長決定は、あの作業をまだ続けなきゃいけないのか…と少し気が重くなったと言われてました。

小説の内容を、噛み砕いて取捨選択しつつ脚本にまとめ、それを古橋監督がコンテを切って、映像化する、それぞれの過程でみんなで協議して、最終的に映像として出来上がるまで練り上げられているとのこと。劇場限定のブルーレイディスクに付属する脚本では、小説と映像の間の制作過程を確認できるので、是非とも、比較して読んでほしいと言われてました。

古橋監督は、(期待の)ハードル上げないでね、なんて言われてましたが、自身では、第7話は、第1話以来久しぶりにリミッターを外して良いと制作サイドから言われているようなので、とにかく悔いの残らないように、やり切ったと自信を持って言えるように仕上げたいと言われてました。コンテ切りはこれからなので、頑張りますと言われてました。

その反動かもしれませんが第6話は、あまりメカ的に広げないようにしているようです。その代わり、第7話には期待してくださいと言われてました。作画監督の玄馬宣彦さんのやりたいようにやらせていると、とてもじゃないが、今の作業レベルでは収まらないとのこと。とにかく第7話で好きにしていいので、第6話は我慢して、と説得しているとも言われてました。

小形Pから、とにかくユニコーン関連の売上は非常に好調とのこと。当初、誰も想像できなかったほどの大成功で、OVAとしては破格の展開になっていると言われてました。まずはサントラ、OVAで何枚もサントラが出るなんて珍しいそうです。しかもユニコーンは既に3枚出ており、第7話用に4枚目も発売予定らしいです。音楽に関しては、澤野さんの楽曲が、とにかく凄まじく映像にマッチしてて、ep5では特に尺の調整が必要ないくらいピッタリとハマるそうです。また、時には楽曲で聴かせたい部分があるときには、その曲に合わせてシーンを延長することもあったようです。

ここで福井さんが皆さんの投資が、この作品に生きています!と力強く言われてました。これを受けて、小形Pから、皆さんからの投資は確実に完成したフィルムに還元されています!とのこと。(もちろん、最後までお付き合いいたします!)

イベント的には、渋谷のオーチャードホールで2回イベントを行ったので、まだまだ同じようなイベントを企画したいと言われてました。次はどこだ?みたいなことを福井さんが言われてましたので、なんか驚くような企画をしてくれそうです。

嘘か、本当かはわかりませんが、キャンペーンの一環として、秋葉原のガンダムカフェのRX-78ガンダムのアンテナが看板になっておりますが、それをユニコーンの角に変えてもらって、かに道楽の看板みたいに定期的に開いたり、閉じたりするようにしたいと言われてました。皆さんもガンダムカフェの行かれたら、店員さんに『角はいつ開くようになるんですか?』って聞くようにしてくださいと言われてました。(笑)

最後に小形P自身の思いも含めて、ここにいるスタッフは40代、50代になっても未だにガンダムを見ている。そういう私たちと同じような長い間ガンダムを支えてきた人に、『あー、今までガンダムをずっと見てきて、本当に良かった』と思ってもらえる作品に仕上げたいと言われてました。

ちょうど、このイベントが始まる前に嫁から、一体いつまでガンダム見続けるんだろうね?なんて言われてました。自分も小学生低学年からガンダム&ガンプラブームを経験し、それ以来、長年ガンダムを見続けているので、自分に向けて言われたような気持ちになってしました。まあ、とにかく微力ながら支援しつつ、ep7に向けて気持ちを盛り上げていきたいと思いました!



お土産&購入品

イメージ 2

このイベントは、チケット代は高いですけど、いろいろオマケが付いております。

まずは、劇場限定のシナリオ付きの限定BD。これが一番の目当てです。そして、ガンダムUCバンデシネ特別版コミックの小冊子、ガンダムトライエイジのカード、先日のFilm&Liveでも貰ったep6&ep7の告知ポストカード。



イメージ 3

BDには、フィルムが同梱されておりますが、今回は、ブライトさんがバナージと話しているシーンでしたので、当たりですね。



イメージ 4

HGUC1/144ユニコーンガンダム2号機バンシィ(デストロイモード)劇場限定NT-DクリアVer.です。



イメージ 5

前回はつけてくれなかったので自分で購入したパンフレットですが、今回は、チケットのおまけに含まれておりました!1000円するので、地味にうれしいです!



イメージ 6

これらのオマケは、バンシィの角がデザインされた特性バッグに入っております。



イメージ 7

劇場で一般販売されているグッズもいろいろありましたが、私はユニコーンとバンシィのサイコフレームを模した携帯ストラップを購入しました。まあ、サイコフレームと言っても、ただのアクリルの棒ですけど…。(^^;)

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

もしよければ中にはいってたガンダムマスターズのカードのパスワード教えてもらえませんか?

お礼はなんかするんでもしよければお願いします!
後くれるならメッセージでお願いします^^

2012/5/20(日) 午後 6:15 あさひだけっ@由美子勢 返信する

顔アイコン

こんばんわ。羨ましいですね。こっちでもやてくれないかな?

2012/5/20(日) 午後 9:53 [ - ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事