♪〜♪damukoのお気楽生活♪〜♪

1か月早く生んじゃいました。母親初心者、育児奮闘中。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

篠山で採った山菜で
何種類かのお料理をしました\(≧▽≦)/


だむこの覚書のために記事にしておきます。



♪いたどり♪

        **いたどりのあく抜き**
皮をむいて節を手で押しつぶす
サット湯がいて水にさらしてあく抜き(酸味抜き)。
茹ですぎるとズルズルになるので注意
       ↑ズルズルにしたことあり(^。^;)
酸味を抜きすぎると、苦味が強く感じるそうなので、途中でかじって確認?

包丁は使わずに、皮をむきながら食べやすいべやすい大きさにポッキンポッキンと折りました。

※1 茹でてからのほうが皮がむきやすいのかな?今度機会があったらやってみます。

※2 ネットで調べたら・・・
     <皮を剥ぎ、塩もみをしてしばらくおきます(あく取り)
      塩を洗い落とした後、よく水気をふき取り調理します>
   とありました。今度試してみようっと(*^_^*)

いつも遊びに来てくれている
おっちゃん(&嫁ちゃん)頑張ってブログってますでもイタドリ料理を紹介されてます(*^_^*)

おっちゃんさんの記事
嫁ちゃんの記事
ふふ〜〜ん!だむこの使ったイタドリのほうが太いやんv(≧▽≦)v
親指と人差し指で○を作ったより太いのもあったでぇ!!
証拠写真ヽ(^◇^*)/



今回は、レシピを持って帰っていなかったのですが・・・
一昨年だったかな?テレビで九州だか四国ではお浸しにして食べていると聞いて
一昨年試してみましたが・・・自己流でやったため、茹ですぎてズルズルになってしまいました(^。^;)

芦屋に帰ってきて調べてみたら、
嫁ちゃんレシピの『炒める』ってのが一般のようです。


リベンジも兼ねて・・・今回はお浸しにこだわってみました
(しかも自己流(^。^;))

今回は時間がなくって、
茹でたあと水にさらす時間が少なかったのでちと酸味が強かったけれど、
それはそれで美味しかったかも。

イタドリのお浸し(自己流(^。^;))

,世圭舛砲靴腓Δ罅砂糖で味付け(好みで酒・みりん使用)
下処理したイタドリを入れて沸騰したら火から下ろし、漬けておく
  ・・・翌日の方が酸味もまろやかぬなって、味も染みておいしかったです。
   七味や鰹節をかけてもおいしいかも☆


サイトより引用
1.皮を剥ぎ、塩もみをしてしばらくおきます(あく取り) 
2.塩を洗い落とした後、よく水気をふき取り 
3.フライパンでさっと炒めます 
4.味付けは、砂糖、醤油、酒、みりん、ごま油等 
5.仕上げに、鰹節を振りかけて出来上がりです 
ヒント あまり炒めすぎるとすっぱくなります。
    出来立てもおいしいですが一晩冷蔵庫で寝かしてから食べますと一味違います 

イタンコ、イタズリ、スッポン、イタンポ、イタズイコ、スカンポ、シャシッポ、ゴンパチ・・・
色々な呼び方があるのですね。
子供の頃、『スッポン』と呼んでいたような記憶もありますが・・・
植物採集で正式名知ってからは、『イタドリ』としか呼んでないので忘れました。

スイバも何だかちがう呼び名で呼んでたような・・・。










野ぶき

        **ふき あく抜き**     
‖腓目の鍋に水を入れ沸騰させる
 (重曹を少しいれるといいようですが、私は水だけでしました)
△佞を入れて茹でる
やわらかくなったら水にさらしておく
 (水から出したら黒っぽくなるのでヒタヒタにしておく。)

※1 作り蕗(太い)は、茹でる前に皮をむいて、茹でた後水にさらしながら残った繊維を取るか、
   茹でたあとに水にさらしながら皮をむく。
   茹でた後のほうがむきやすい。
    ***水から上げると黒くなるため、水にさらしながらむく!!***

※2 野ぶきは皮はむかずに皮のまま調理
※3 皮をむく時、あくで指先が真っ黒になります(^。^;)

♪ふきの佃煮(キャラブキ)♪

〆重・醤油(好みでみりん・酒)を入れて弱火にかける
⊆冦ったらカットした野ぶきを入れ、焦がさないように時々鍋をゆする
汁気がなくなってきたら味見をして味が足らないようなら,猟缶N舛鯊して再び煮込む。
ぬが決まるまでを繰り返してできあがり。

* 今回は昆布も5cmくらいにカットして入れました。
* 最後に昨年作った山椒の佃煮が残っていたので
  エグミが強いため、すり鉢ですりつぶして細かくして入れました。

※ 山椒だけでなく刻んだ昆布や鰹節を入れてもおいしいです!!
もうちょっと濃い色に仕上がったのですが、何だか緑が濃い色の写真になってしまいました。
もっと黒っぽいですよ!










せり

        **せり あく抜き**
スーパー等で売っている栽培されているセリは、あくが強くないのですが、
山菜のセリはとってもあくが強いです。

茹でて水にさらしてあくぬきします。

♪せりの胡麻和え♪

食べやすい大きさにカット

だし・しょうゆ(酒・砂糖かみりんは好みで)をサッと沸騰したら火から下ろす
せりを浸してゴマをまぜる
  今回は砂糖も少し入れました。
  酒を入れたときはアルコールが飛ぶくらい加熱

面倒くさければ、めんつゆを使用するとお手軽(*^_^*)
 麺つゆは甘いのですが・・・
煮浸しにしてもgood

♪せりの卵炒め♪

胡麻油で適当にカットしたセリを炒める
砂糖・しょうゆ(好みで酒・みりん)で味付けしてとき卵を入れて炒める

色をきれいに仕上げたい時は、しょうゆの代わりに塩を入れる。

私は醤油味が好きなのでいつも醤油です(*^_^*)
塩で炒める時は香り付けに最後に鍋肌に醤油を少したらして炒めてます




今回はこれらの調理で大量の山菜を二人で食べ切ってしまいました。
せりはだんなのお気に入りになったようで、一人で半分以上たいらげていました( ^∀^)

たらの芽と筍は後日・・・

閉じる コメント(29)

◆mintoさん、せりは、だんなもめっちゃ気に入ってくれてます。春先にスーパーで山菜売ってることありますが、高いですよね〜

2007/5/14(月) 午前 8:31 だむこ

◆はりっちさん、あくの強いものやピリピリするもの、くせのあるもの、香りの強いもの・・・苦手だったものが美味しく感じるのが不思議ですよね。だむこは・・・お酒のつまみみたいなのが子供の頃から好物で、キャラブキとか、ふきのとう味噌とか、普通に食べてましたが(^。^;)

2007/5/14(月) 午前 8:34 だむこ

◆soraさん、これぞ本物のロハス?スローライフ?実家に住んでいた頃は山菜に感激することもなかったのですが・・・。離れたら食べたくなるのって不思議ですね。実家を離れなかったら作ろうとも思ってなかったと。

2007/5/14(月) 午前 8:35 だむこ

◆かじkenさん、奥様も仕事されてるの?我が家も毎日はこういうものは出ませんよ〜。たまーにです。普段はあく抜きとか、手間かけてられませんもの。普段は超スーパースペシャル手抜き料理です(^。^;)かじkenさんが田舎料理朝鮮されるのもいいかも(*^_^*)

2007/5/14(月) 午前 8:37 だむこ

◆嫁ちゃん、だむこもデパチカ料理おいしいと思う!大阪で仕事してた時、閉店ギリギリのデパチカに飛び込んで、半額以下のお惣菜を買って帰ったこともしばしば。仕事で遅くなると、買って済ませちゃうこともしばしば。山菜料理、嫁ちゃんの弟子にしてください!

2007/5/14(月) 午前 8:40 だむこ

◆嫁ちゃんトラバありがと!

2007/5/14(月) 午前 8:40 だむこ

◆JIN嫁ちゃん、いいお母さんやね〜。ウラヤマシイ。もらって食べるのが一番おいしいとだむこは思います(*^_^*)

2007/5/14(月) 午前 8:42 だむこ

◆abuyameiさん、プランターですかぁ。せりって、水の近くに生えてるから、沢山水遣りが必要なんでしょうか?うちのベランダ広くないから、これ以上プランター増やせないからなぁ(^。^;)山野草の花を庭で育てたりするのが夢です(*^_^*)

2007/5/14(月) 午前 8:44 だむこ

お店で売っている山菜しか使ったことがないので、歩きながら「これは○○!」ってわかってしまわれるだむこさんに憧れます♪ 私もちいさいころはあの苦味が苦手でしたが、いつのころからか「春のほろ苦さ」が大好きになりました♪

2007/5/14(月) 午前 8:52 [ dor*co*6 ]

山菜はアク抜きが大変だから、なかなか自分では作った事なかったです。ちゃんと作られてるだむこさんエライ〜〜〜(゚∀゚)せりってほんとアクが強いのに、ウチの母は適当にアク抜きするからいつもアク強いな〜って思ってましたが、ちゃんとアク抜きすればあっさり頂けるんですね〜!!

2007/5/14(月) 午前 10:23 [ キラキラ ]

篠山の山菜美味しそう〜。山菜ってアク抜きとか、何かと面倒くさい気がして、自分ではあまり料理しないけど、食べると美味しいですよね。私、こういう料理は、いつも主人の母が作ってくれるのを楽しみにして待ってるんです。

2007/5/14(月) 午後 11:04 [ ren*ora*a ]

◆doricoさん、小学生の時、通学に時間以上かかってて・・・道草くいながら(本当に食べていた)帰ってました( ^∀^)イタドリとスイバはもちろん、花の蜜を吸ったり、木苺やグミを採って食べたり、人の畑の若いえんどう豆をチョコット拝借したり。・・・そんな経験、私の母の世代でも都会の人はしてないですよね〜。

2007/5/16(水) 午後 1:29 だむこ

◆キラキラさん、料理のサイトみたら、セリはわざわざあく抜きしてないので、栽培したセリはそのままで、逆にあくを春の味わいとしていただくのかしら?買って食べたことないので・・。せりが一番癖がなく食べやすかったみたいです

2007/5/16(水) 午後 1:31 だむこ

◆rentoraraさん、私も、実家にいた頃(と言っても高校までですけど)は母任せでした。手に入れたくても都会では高かったり手に入らなかったりで。たまにしか田舎に帰らないからよけいに食べたくなるのかもしれません。たまにしかやらないのに、こうやって記事にしてるから、まめまめだむこに見えます?普段は超手抜きでごじゃります(^。^;)

2007/5/16(水) 午後 1:33 だむこ

凄いいっぱい〜☆私は食べるの専門なのでお邪魔してつまみ食いしたいです^m^*どれもおいしそうでいいなぁ〜。

2007/5/17(木) 午後 0:15 kur*sir*us*gis*n

◆くろしろさん、もうほとんど食べつくして・・・キャラブキは、ほんの少しのこってますが・・・あと、筍を瓶詰めにしたのもあるけど・・。つまみます??(*^_^*)(あ、記事のネタばらししちゃったぁ)

2007/5/24(木) 午前 8:39 だむこ

ありがとうたすかたぜ

セリをつんだんだけど、どうしていいか知らなかったからさ

2009/4/18(土) 午前 11:00 [ もとゆき ]

*もとゆきさん
はじめまして
三つ葉よりももう少し香りの強い、春の香りのセリ、
私もお料理忘れそうなので覚書をかねて記事にしています。
お役にたてて何よりです。

2009/4/20(月) 午前 8:40 だむこ

顔アイコン

はじめまして、みなさんは山へ行く方ですか?

2009/5/1(金) 午後 5:47 [ みつ太 ]

*ミツルさん
はじめまして。
私の場合は「山へ行く」ではなく、山に実家がある人です(^。^;)
このGWも沢山の山菜を採ってきて食べました。

2009/5/11(月) 午後 0:01 だむこ

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事