ここから本文です
とっとりU42/JE4OFK
昭和56(1981)年1月14日開局 BCL・ハム・オーディオ・エレクトロニクスの入門ブログ

書庫全体表示

自由中国の声(その3)

The Voice of Free China. 自由中国の声。
1977年6月3日2000JST受信、11.745MHz。

イメージ 1

イメージ 2

現物にはデータ欄の右側に私の名前が書いてあります。
11.745MHzは比較的強力でしたが変調が浅かったです。
7.130MHzは強力で変調も深かったですが、混信が多かったように憶えています。
現在、7.130MHzはアマチュアの周波数帯。私たちが使うことができますね。


放送開始後、最初の番組はニュース。担当は石橋さんというアナウンサーでした。
石橋さんの話し方はとてもゆっくりでしたが、その理由は「中国語の原稿を日本語に翻訳しながら放送している」というものでした。

放送終了時に流れる「陽明春暁」という曲については以前にもご紹介しました。
もう一つ、ニュースのあとの番組の合間に流れた、ドラや太鼓、笛などで演奏する、いかにも中華風の音楽が「陽明春暁」と並んで好きだったので、よく聞きました。
その後、1978年ごろには残念ながら流れなくなってしまいました。

確か日本語のタイトルで「初春を祝う」?だったような記憶があるのですが...
You tubeで検索してもまったくヒットしません。
この曲を録音したカセットテープは実家に眠っていると思うのですが...
発掘してご紹介できれば、と思っています。

この記事に

  • 顔アイコン

    僕も自由中国之聲のベリカード持ってます!1978年7130KHzでの受信でした!

    さいたまUG100

    2018/1/10(水) 午後 11:12

    返信する
  • > さいたまUG100さん、こんばんは。
    自由中国の声...好きな放送局のひとつでした。
    受信報告を送るとべリカードとは別便で、薄い紙質の小冊子「自由中國之聲」が送られてきましたね。

    [ Tottori U42 ]

    2018/1/11(木) 午後 6:39

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事