ここから本文です
とっとりU42/JE4OFK
昭和56(1981)年1月14日開局 BCL・ハム・オーディオ・エレクトロニクスの入門ブログ

書庫全体表示

2018年12月1日(土)
秋葉原BCLクラブミーティングの情報続編。
ここにその一部をご紹介します。


※北陸放送(JOMR)ベリカードの発行を終了
MRO北陸放送がベリカードの発行を終了した模様。
金沢城のイラスト、青色基調、今どきのお嬢さんのデザインはFBでした。
受信報告をしておけばよかった...と、またまた後悔。
もともと発行を終了する...との噂があったようです。


※電波新聞社、BCL書籍を来年発行
かねてより噂のあったBCL関連書籍の発行が電波新聞社より発行されます。
同社より3冊発行された「BCLマニュアル」の続編のような位置づけになりそう。


イメージ 1

発行は来年のハムフェアごろになりそう...とのこと。
BCLブーム時代の楽しみ方と今を比べると、内容がどのように変化するのか?
注目したいところですね。


※鬼ヶ島国際放送
もしも、鬼ヶ島に国際放送局が存在したら...
おもしろいシミュレーションでした。
もともと国際放送は自国宣伝の要素を含んでいます。
1970年代のBCLブーム時代は東西冷戦の真っ只中。
米国とソ連、ソ連と中国、中国と台湾、韓国と北朝鮮...
お互いに自国の宣伝、相手国の非難、妨害電波の掛け合いなど。
モスクワ放送、北京放送はどの放送バンドでも強力に聞こえてきました。
ふと、あの時代の短波放送事情を思い出してしまいました。
米国と中国の経済摩擦を始め、昨今の国際情勢も怪しい雰囲気ですがね。


※NHKラジオID送出時刻
ラジオ第1放送…0459、1159、1859
ラジオ第2放送…0559、1314(※1)、1619、2440(※2)
 (※1)月〜金、土日は1309
 (※2)放送終了時の月深夜〜土深夜、日深夜は2430

第2放送の開始・終了時、16時の気象通報終了時に送出されるのは知っていました。
13時台は時間的に遠方局の受信には適さないかもしれませんね。

この記事に

  • 新BCLマニュアル楽しみですね。

    各局のプロパガンダ放送、あれを全て真に受けたら、洗脳されてしまいますね。
    冷静に、一本引いて聴くことが大事です。

    [ jk1wsh ]

    2018/12/3(月) 午後 9:16

    返信する
  • > jk1wshさん、おはようございます。
    もう少し具体的な情報もありますが、今はこの程度にしておきます。期待したいですよね!プロパガンダの件、おっしゃるとおりです。

    [ Tottori U42 ]

    2018/12/4(火) 午前 9:35

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事