ここから本文です

書庫全体表示

棒蜂講座 vol.30 LISTEN!

前にも書いたとおりに
バービーのページ数が格段に増え
もう半ページとか1ページとかのアレはほとんどなく
2ページ以上があたりまえの感じになってきたわけで
テキスト巣箱、は、131ページなんだけど
1回の講義で数ページ消化 できる してしまうのは
嬉しい いや残念ですね
 
それではいきましょう
131ページ
当時はちょっとびっくりしたバービーボーイズの東京散歩
 
ちなみに最初に書かれてるイマサの
「オレたちにとっては忘れることが次にいくこと」
っていうのは、なんか記憶にあるなあ
ほかにもどっかで書いてたと思います
さがしてみてください
ココとは限らないけど・・・
 
7月9日
うちのえっとバービーの歴史系のアレコレには
これも書かれてます
 
さてメンバーの声をひろっていきましょうか
 
まず渋谷と新宿の違いみたいなことを書かれてますね
関西と東京の違いはよくきくけど
こういうのもあるんですね
あっそっか
同じ関西でも京都と神戸と大阪、そして河内あたりが全然違うのと同じかあ
河内弁は関西人でも引くときあるからねえ
 
まぁ関西ならば、この企画えらいことになってたかもですね
 
この公園通り
関西でいうところの・・・っていうのがないわけで
ちょっと残念です
 
次が渋谷公会堂
85年9月29日
まだセカンドアルバムも出てない時なんですよね
この年のアタマは、ライヴハウスでツアーしてたわけで
いやーびっくりな話ですわ
ちなみに関西ではまだ中ホールな頃で
的確かどうかはわからんけど
ステイタスというところでいうならば
そうだな渋谷公会堂と同じホールというのは
やはり大ホールだったり、フェスティバルホールだったり
神戸国際だったり、京都会館だろうし
それは、いつかメンバーがいってた東京と他の地方の違い、ズレ(?)で
それはどちらが良かったのか・・・
うーん
 
まぁこれまた仮に
バービーがこてこての関西バンドで
同じようなことをいうんだとしたら
神戸チキンジョージから
ぐんぐん坂を下っていって
神戸国際、そして橋をわたってワールド記念、っていうんだろうけど
坂をくだるって表現があかんわね
 
大阪だったら大阪梅田のバーボンから四ツ橋筋をくだって
フェスがあって厚生年金があって
そっからえっと中央大通りを曲がって大阪城・・・
くだってるし曲がってるしで・・・
やっぱ公園通りには勝てないわけっすね
 
エピックソニー
LIVE EPIC25も感動したけど
まぁたしかに昔っからええアーティストがいましたわ
で、自分がバービーを聴くキッカケになったモニターとか
そういう試行錯誤がけっこうあったです
もうすこし先には
ソニー系のCDだけ少し安かったと思うし
ソニーの会員さんとかは
モニターのほかにもアレコレと特典があったなあ
だからってわけだけぢゃないけど
ソニーのCDがけっこううちにはあった気がする
10枚買ったら1枚くれるんだったかなあ
 
ここでメンアットワークの名前でニンマリ
おこぼれ話としては
R・O・M・AのOHJIが
1年半前だったか、このまえKONTAとかチャカとかとコレやったから
あーぜったいやると思ってました、って言ったら
「バービーやってたころに好きだった曲ぜんぶやってやろうと思ってたんだ」
なんて言ってたっけ
客入れでもかかってましたわね
 
武道館
86年11月4日
記憶に新しいのは10年3月の方やわね
見逃した、もしくはここ数カ月のうちにファンになった人にも
あの夜をもう一度というわけでDVDがちゃんと発売されてます
チャートはわからんけんども
ノーカットなんで良い感じです
 
イマサ「昨日初めてオレはビデオを買ったんだ」
えっと87年の7月8日に、そんなことがあったんですね
これはマニアックなテストに出そうな感じです
 
ミッキーマウスのくだりは
書いてはいけないことだな
それはそれでスタッフがんばってんだろうし・・・
 
はい
 
ファンが、武道館のステージに立った彼らをどんな思いで見ていたか・・・
メンバーが分析してくれてますが
これって実際のとこどうなんでしょうね
自分は、会場がどこだからどうとかってあんまり考えたことなかったし
そこがライヴハウスであろうが1万キャパであろうが
あー次はここでやるのね、ってだけだったから
段階ふんでたのもあるし
おーぞくぞくと集まってくるようになったねってな感じを
甲子園でかなり感じたくらいですかね
たとえば、武道館だったら九段下だっけ???
あの駅のあの出口
想像できたりするだろうけど
それがすべてではないわけだし
そこいらに会社とか店舗や観光名所があるわけだけど
阪神の甲子園駅って
まぁ甲子園球場以外には、そんな何かがあるわけでもないし
あっ当時は甲子園パークってテーマパークがあったけど
年齢層でまぁわかるわけでしょ
で、駅から歩いてちょっとなんだけど
その道をいくのが、おーファンなんだね、って思えるわけ
あっ大阪城ホールも公園駅からそんな雰囲気もってるわね
これって、ファンにとったら、なんかしらんけど笑ける感じなんですよねえ
 
だから
イマサのいうヘン、とか、KONTAのいう不思議ィ、ってのはあんまりなくて
あはははは、が、正解ぢゃないかなあ
 
最後にメンバーがアルバムのことをそれぞれ書いてますね
気になるところでいうとやっぱりイマサ
「3枚目売れたからこのまま気に入ってもらおう、
 みたいなカンジで作っちゃいけないと思うのね。
 やっぱりね、ピュアで押し通さなきゃいけない。」
 
そゆことです
 
LISTEN!!!

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事