ここから本文です

書庫全体表示

やるときはやる、というわけで
エンジンかかってきた棒蜂講座
 
この巣箱だけど
最初パラパラっとしか読んでなかったし
この講座始めてからは
自分も次回がどんな記事か
楽しみにしながら
(まぁでも最初のページくらいはチラっと見えてしまってだいたいわかるけど)
進めてきてたけど
もうこの時期的にも(88年あたま)
そろそろくるなぁってなわけで
ここ2回くらいは
パパっとやったわけですね
 
この88年をすごい楽しみにしてました
 
歴史の授業でいうならば
自分の好きな武将が出てくるとこだけ
やたら盛り上がるセンセみたいだけど
まぁ適当にやっていきましょう
 
そいでは巣箱、157ページ
パチパチの88年4月号です
 
BLACK LIST
BARBEE BOYS
 
かぁしびれるねえ
 
87年の8月
バービーは夏のイベントに結構出演してるので
まぁおそらくは月末であろうこのアメリカ話
えっと8月は・・・
2日福岡
8日大阪
9日石川
15日岩手
16日秋田
18日青森
22日名古屋
ビックリな数のイベント出演だなあ
 
そして9月は
えっと22日が京都会館でon the Runツアー初日
 
つまりは8月23日から9月21日までのどっかですね
 
でもon the Runツアーのリハもあるからなあ
さすがイマサってことですね
 
で、その間にうちらは
8月26日 シングル、泣いたままでlisten to me
9月9日 アルバム、Listen!がリリースされ
9月12日にはフィルムコンサートがあったわけだ
大阪は御堂会館だったね
 
イマサは8月4日20時半から2時間
オノヨーコとしゃべってますね
 
地方ライヴの反応の話があるけど
これはもう時代としかいえませんね
例えば、今だったら
バービーがどれだけのシングルやアルバムを出してるとか
知らない曲をどっかでこっそり聴くなんてこともでるかもしれないけど
当時はなんてったってアナログ三昧だから
雑誌のプロフィールを見るくらいしかなかったんぢゃないかな
でもそれも完全とはいえないしね
翔んでみせろ、は、どこに収録されてるのか、とか
あいさつはいつでも、は、とか
負けるもんか、のイントロがちがーう、とか
まぁ色々と問題疑問を耳にした気がしますね
もちろん通販とかもないから
自分んチの近くのレコード屋さんが唯一の情報源で
そこにないレコードは知るわけがない、みたいな・・・
 
で、超格好良い画像をみながらページをめくりましょうか
 
161ページには選曲の話が出てきます
ちなみに、このNYでTDされたリストがあって
それをそのまま書くと
BARBEE BOYS
Side A
1. I Won't Let You Go     帰さない
2. Blue Rose          Blue Blue Rose
3. Listen To Me         泣いたままでlisten to me
4. We Got A Chance      チャンス到来
5. Leave Me Alone       離れろよ
6. Dance In The Dark     暗闇でDANCE
7. But, We Can't Help     でも!?しょうがない
Side B
1. Kids               小僧-cryin' on the beach
2. Fed Up             もォやだ!
3. On The Run          女ぎつねon the Run
4. Co'mon Let's Go        C'm'on Let's go!
5. 7 Days             なんだったんだ?7DAYS
6. I'll Never Give Up       負けるもんか
7. Damage             ダメージ
 
ここから
泣いたままでlisten to me、離れろよ、なんだったんだ?7DAYS、女ぎつねon the Run
がはずれ
瞳の奥でまばたくな、MIDNIGHT CALLが入ったのかな
 
よくよく考えると
バービーってまともなベストアルバムが『蜂』くらいしかなくね???
Black Listは、こんな感じだし(悪い意味ではない)
B7、は、サードからのメンバーセレクションだし
BARBEE BOYS、STAR BOX、LEGEND、はメンバーノータッチっぽいし
 
あーそういえば、なんか変なベストも出てるよな
 
では最後に平山雄一の証言を・・・
「BARBEEは客と一緒にコンサートを作ってきた。で、その素材として1枚目から3枚目までの
 アルバムがあって、それをもう一度レコードとして完成させようと思ったのが『Black List』だっ
 たんだよな。だからすごく意味のあるアルバムなんだよ。
 インディーズで3枚目まで出してたようなもんだよね。このレコードは初期のテンションの高
 い曲作りと、後期のいい音の間にある作品なんだよ。ほんとにこのアルバムは、俺自身、す
 ごいアルバムだと思うよ。
 きっとBARBEEの一枚を選ぶっていったら、これを選ぶよね。日本のロックっていうことで選
 んでも10枚の中に入れたいほどのアルバムだよ。『Black List』はそれほどBARBEEにとっ
 ても、日本のロックにとっても意義のある作品なんだよ。」
 
このヒトは『ファンがバービーを育てた話』が好きでそれはどうかと思うけど
このアルバムを絶賛してくれてるからオッケーです

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事