ここから本文です

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

BEATザウルス

イメージ 1

1992年から
毎週土曜深夜にテレビ大阪で放送された音楽番組
司会はコンタとYOUと中井雅之
コンタが他のアーティストの音楽をたっぷり語ってました

「あらゆる音楽情報をいち早くインプット!」
「大阪のミュージックキッズはめぐまれている!」

1989年の夏のイベント<JT SUPER SOUND>に出演したバンド
杏子を主体としたバンドで
子供バンドのうじきつよし、千年コメッツの茂、チャッピー、小野沢のユニット
杏子バンドで通じるが後に<NA・BO・NA>と杏子が命名した

JT SUPER SOUND↓
http://blogs.yahoo.co.jp/danceinthedark19840921/2846250.html

イメージ 1

1989年8月19日、夏のイベント「JT SUPER SOUND」に出演したバンド
イマサ、コンタ、松浦雅也、おすぎ、一秀のスペシャルユニットです
演奏曲は「RADIO-K」のもあるし、それの発展型と書いてるものもあるが違うでしょ
コンタがギター弾いたりWX11を吹いたりしたステージです
あと当時未発表の「ノーマジーン」をコンタが1人で歌った
(歌詞が少し違って ♪輪になって踊れ などがあった)


 8月19日、横浜アリーナでのJT SUPER SOUND'89に名もないバンドが出演した。イキのいいビート
もあれば、派手で攻撃的なサウンドもある個性豊かな顔ぶれのイベント。その中にあって、名もなく最
初にして最後(?)のライブの5人組が目を引いた。
 マスコミ関係者に配られた資料には、5人バンドだの、IMASA KONTA BANDだの、ROCK MANIAだのと書
かれていたが、統一性のないところからみて、どれも便宜的につけられた名前らしく正式名はないよう
だった。
 彼らは新人らしからぬペースで鳴り始めた。新人にして新人にあらず、一夜の出来事にしては、豪華
な布陣で鳴り始めた。バービーボーイズからイマサ、PSY・Sから松浦雅也、この両巨頭がステージ両翼
に陣取る。フロントにはバービーボーイズのコンタがいる。バンド名はないのに、威圧感はある。新人
のくせに威風堂々としている。「JUST TWO OF US」のインストバージョンで彼らは鳴り始めた。コンタ
の泣かすサックスが主軸になり、そのメロディにイマサのギターがかぶりつく。重なり、もつれ合い、
くんずほぐれつ・・・ギターが主役に変わる。続いて、松浦のブルージーなキーボード・ソロ。そし
て、再びギターへつなぐ。一大セッションというような超テクの見せびらかし合戦はなく、自分のテリ
トリーの中で、各自が“らしさ”を表現した。プレイヤーとしての歌心を三者三様に示したようでもあ
った。
 「オレたち、初めてだから、挨拶はHOW DO YOU DO?」とコンタ。非現実的で相手と一線を画すよう
なしゃべりはコンタらしい。その口調がオーディエンスをアジテートする。そして、「HOW DO YOU
DO?」という曲を演奏。このあたりまで、客は戸惑いっぱなしだ。“バービーボーイズの”という先
入観だけで立ち上がってはみたものの、拳振り上げチックなノリはなし。それでも踊るか、それとも座
るか・・・気分は中腰。ひねりのきいた彼らの術中に、まんまとはめられた。かも。
 イマサはかねてから、この機会を狙っていたのかもしれない。友人であり、互いに才能を認め合う松
浦とのジョイントをだ。松浦がバービーボーイズのアルバム『LISTEN!』などに参加し、イマサがPSY・
Sのライブに飛び入りしたり、RECに参加したりの交流はあっても、同じバンドのメンバーとしてステー
ジに立つのは初めてのことだろう。
 3曲目は「たいくつだから」。コンタはボーカルに専念。あの高音でスローなメロディをを奏でた。
神経の中に、もし使われてない余白があるのなら、そこでキャッチしたい一曲。奇抜ではないが、新鮮
だった。その新鮮さは真新しい神経で受け止めたいものだった。
 (書いてないが、4曲目が「ノーマジーン」)
 ラストは「DAY LAST DAY」。オープニングの「JUST TWO OF US」同様、RADIO-Kのナンバーだ。RADIO
-Kとは、昨年、東映映画“ふたりぼっち”の音楽をプロデュースしたしたイマサとコンタを中心にした
プロジェクトである。彼らのアルバムに収められている近藤敦作詞・作曲のナンバーがこれだ。
 コンタと松浦もギターを持つ。松浦のサウスポーのギターはPSY・Sのライブでもお馴染みだが、“コ
ンタにギター”はバービーボーイズのライブではなかったと記憶する。つまり、初公開(!?)。ギター
を突き上げるようなイマサのチョーキングが目に焼きついた。バービーボーイズのステージ以上にギタ
リストだった。イマサのボディとギターが一体化してるように思えた。
 こうして名もないバンドの真夏の出来事は幕を閉じたのだった。


JT SUPER SOUND↓
http://blogs.yahoo.co.jp/danceinthedark19840921/2846250.html

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事